2021年09月08日

越田商店のさば文化干しとカマス開き

凄い鯖といわれる越田商店さんのさば文化干しが入荷しました。
今回は一緒に、カマス開きをいただきました。
            五月一日かますひらき.jpg
大きなカマスです。1枚¥790

銚子港に水揚げされた旬のカマスを開き、さば文化干しと同じ発酵液に浸けて天日干しました。

発酵液とは
「当初は液体ではなく鯖を塩につける工程で、鯖のエキスが溶け込み、塩が液状になりつけ汁となりました。このつけ汁には、48種類もの酵母菌や乳酸菌、日本に居ないはずの菌などが住みつき独自の生態系を構築しており、干物にとっては非常に良い環境で旨味成分がぐっと増えていきます。そのため塩辛さや、くさみもなくつけ汁をなめてみると甘く感じるほどです。」(HPより引用)

程よい脂がのって、上品な旨みの味わい。発酵液の程よい塩気です。

来店の折には冷凍ケースを覗いてみてください。
【商品紹介(魚・干物・練り物・海産物)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188982275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック