2021年09月21日

中秋の名月は芋名月 甚五右ヱ門芋始まる

山形県真室川 伝承野菜 甚五右ヱ門芋
室町時代から佐藤家だけに伝わる家宝芋
里芋です。
9月21日 甚五右ヱ門門芋 (2).jpg

他に類をみないきめ細かな粘りの強い、そして甘みを感じる風雅な味わいの里芋です。
緑の色がある芋がありますが、硬くありません。
これも甚五右ヱ門芋の特徴の一つです。

今夜は、十五夜 中秋の名月です。満月
芋名月ともいわれます。
団子、すすき、里芋、秋の果物などお供えします。

丁度その日に届くなんて!!最高に嬉しいです。

自然村で販売する里芋の一番初めは、甚五右ヱ門芋と決めています。
そのくらい、みなさんに食べていただきたい在来の里芋です。

無農薬・無化学肥料栽培。
室町時代から種を繋ぎ守られてきた里芋です。

同じく、真室川在来のいんげん 弥四郎ささぎも柔らかく歯に触らず、甘味のある風雅な味わいです。
美味しいだけで表現できない、風雅な味わいであるということは私にとって大事なことの一つです。

いよいよ明後日は、宝のように思っている肴豆が届きます。
大切に思っているものたちで店の中はいっぱいになります。


#自然村
#真室川伝承野菜
#甚五右ヱ門芋
#室町時代
#中秋の名月
#芋名月
#里芋をお供え
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189011516
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック