2022年04月22日

柚子幹助と小浜島もずく

お陰様で小浜島の新物塩蔵天然もずくの売れ行きが好調です。
           4月21日小浜島もずく (2).jpg
気温が急に上がったのでさっぱりとした酢の物、つるつるののど越しの食べやすさでお手が伸びているかもしれません。
天然もずくと一緒にご利用いただきたいのが高知の無農薬柚子果汁幹助です。
              27柚子幹助と出汁材料.jpg
柚子幹助をちょっと加えると酸味がまろやかに、柚子の香りで一層美味しくなると思います。

大城さんの小浜島の天然もずくと小松商店の柚子果汁はお似合いなんです。
だって、このもずくのご縁は、小松しぶきさんがもずくの収穫の出稼ぎに行っていたご縁なんですから。

ここで、柚子幹助の紹介を再度!小松しぶきさんの文章です。

ゆず山
これが私達の職場です
聴こえる音
木漏れ日や樹々の色
小川を渡る風とゆずの香り
五感で感じる全てが作るものに影響するとすれば。。
幹助シリーズには
100年以上かけて切り開かれた棚田と
50年3代に渡り育てられたゆずの木たち
自然の音と香りだけの環境
そこで働く私達の喜び
そんなアレコレもつまっています
今年もそれがお届けできるのは最高の幸せです

幹助はこの柚子の木の下で木の搾り機でひとつひとつ搾られます。


小松家と柚子山と、柚子山を取り巻く自然からの
私たちへのギフトですプレゼント。ギフトとは想いです。
大城さんからの海の幸のギフトと一緒に受け取っていただけたら幸いです。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189483995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック