2022年10月01日

来年の為に忘れないために

書いておきます。

今年、晩成の桃の美味しさを知ったと何度もブログに書きました。
果肉が硬めで、置いておいても白鳳系のように柔らかくはならないと、皮が剥きにくくて皮ごとカットして食べてとても美味しい。と。
「さくら」はその通りでした。良い状態なら比較的日持ちします。そして置いておいても硬めで皮はするりと剝けません。よく洗って産毛を取り、皮ごと食べるのがお勧めです。かりっとしてとても甘い桃です。

「ゆめかおり」もそのようにお客さんに伝えていましたが、違ってました。
         110月1日ゆめかおり (2).jpg
初めは硬めですが、長く置いておくと追熟して果汁の多い柔らかくなります。皮もするっと剥けます。
果肉は「ゆめかおり」の名前ぴったりの夢のような色合いです。
         10月1日ゆめかおり (2).jpg
今店に残って販売しているのはそうのようなゆめかおりです。

晩成の桃も一律でないことを勉強しました。
来年のご案内に活かせるようにします。
【商品紹介(野菜・果物・米・たまご)の最新記事】
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189842509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック