2024年04月11日

あまどころ 地葱

昨日の夜にあまどころ.jpg  地葱.jpg
真室川 地ねぎのぬた
天然山菜あまどころのお浸し

店主、酒の肴に喜んでました。
           地葱のぬた.jpg
酢味噌は藤原みそこうじ店の白みそに
有機純米酢老梅を少し混ぜるだけで美味しい。


           アマドコロのお浸し.jpg
あまどころのシャキシャキ食感と甘さとほろ苦さが酒の肴に「合う!」と、酒を全く飲まない私でも判りました!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

昨日あまどころを買ってくださったお客さんは、天婦羅にしたそうです。葉の先がほろ苦さがあって、小学生のお孫さんが
「美味しい」と食べて下さったそうです。苦みのあるのが好きな小学生。凄い!


野菜、山菜の苦みは冬の間溜まった毒素を排出してくれると聞きます。
苦みのある春の野菜、山菜
自然の恵みは偉大ですね。人間も自然です。
posted by 自然村 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190852229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック