2011年07月12日

Dの勉強会

しばらく前のことです。7月3日、九品仏駅から歩いて10分位のところにある、
D&デパートメントhttp://www.d-department.com/jp/へ行った。


Dの勉強会

わかりやすいおだし IN 東京店


本当は3月14日に行われたはずだが、3月11日の大震災で取り止めになった。今回実現できたのはとても意味のあることだと思う。
sannkasya.JPG


ナガオカケンメイさんと こんぶ土居の土居成吉さん
nagaokadoi.JPG


北海道 川汲浜の天然真昆布

mizukonnbu.JPG


タイコウの一本釣り本枯れ節 花くらべ
hanakurabedasi.JPG


透き通った出汁

sunndadasi.JPG
 
おそらく日本で最高の出汁味だとおもいます。(土居成吉)
saikoukyuudasi.JPG

「悪いこんぶといういいかたはしたくありません。どんな昆布でも出汁をとったほうがいとおもいます。
ただ、一番初めはいい昆布やかつお節でとってもらいたい。

ナガオカケンメイさんと土居さんとの出会いは?
取材やデパートとの取引の嫌いな土居さんがナガオカケンメイに引き寄せられたのか、そんな話も面白かった。
doikennmei.JPG

大量生産、大量消費の使い捨てでない、ロングライフなデザインと物。
作り手を使い捨てしない。ロングライフな付き合い。

土居さんの話

美味しい昆布を手にいれるには漁師は必要、二次生産者が必要。その人たちと信頼関係が必要。
昆布は統制経済。一次問屋さんを通さなければならない。生産者のところに直接いくと問屋が白い目でみられる時代だった。
30年位前、昆布のできにバラツキがあってどうにもならなかった時があった。これではだめだと思って直接産地へ行こうと考えた。

1回目、漁協に行ったが挨拶も返事もしてくれない。

2回目も返事もしてくれない。

そのうち、平凡社の太陽に漁師の紹介が載った。TVも浜へいってくれて、そんなことで漁師さんの見方が変わってきて生産者と信頼関係が出来てきた。

しかし、「海にゴミを捨てないでくれ、山をよくしてくれ、」と話しても聞いてくれない。
「高く買ってくれ」と言われるだけだった。

そんな頃、ある人から「子どもと話した方がいい」と教えられた。学校へ行って5年生に昆布の話、出汁とりをしてお好み焼きを作って食べさせた。ここの出汁は日本一だと話した。
 漫画「美味しんぼ」にここの浜と昆布が載った。5年生の子供全員に毎年「美味しんぼ」をプレゼントしている。今年で13年目になる。
そんなことで子供が自分の浜はいいところだと思うようになる。

3年前 高校生が京都へ修学旅行に来た時、「小学校5年生の時に出汁とりの教室をしたこんぶの土居のところにいきたい」という子が4人、大阪へ来てくれた。
次の年は5人。次は全員が大阪の土居へ来るようになった。
そのこどもたちの中から漁師になろうと思うこが出てきた。

後継者ができて大成功とおもうでしょ?いや〜、
こどもが引き継いでくれたのは嬉しい。
しかし、その浜に何の楽しみもない。コンビニ1件あるだけ。喫茶店もない。
土居に騙されたと思うでしょ。 楽しみはパチンコ、お酒くらいしかない。若い女のひとが来ない。
私は悪いことをしたなと思った。

そこでこどもたちに本当の幸せはなにかを考えて欲しいと話をするようになった。

 本当の幸せは
 
 1、温かい家族

 2、正しい食事


 3、心地よい住まい
       できたら自然素材でできてるのがいいですな〜
          修理ができる物、修理してまで使いたくなるもの

           これがあることだよと。


土居の昆布はこんな昆布です。


ナガオカケンメイさんのd design travel 3 OSAKA「こんぶ土居」より抜粋
  食に対する愛が、こんぶ土居のメイン商品であることは空堀通りの店に来れば誰の目にも明らかだ。

  食育活動をサポートしている小学校ではこどもたちにこんな質問をする。
  「たべものとお金、どっちが大切?」


hakodate.JPG
 
昆布の生産地。尾札部・川汲浜は最高級真こんぶの生産地

toukyousinnbunngennpatu.JPG



posted by 自然村 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46695163

この記事へのトラックバック