2011年10月17日

商店街 秋祭り

日曜日、商店街の秋祭りがあった。
武蔵関駅南口から1本の道沿いにある商店街。
主にリサイクルマーケットが出店し、西東京市の太鼓グループの演奏がある。
自然村は、今まで何回か店頭で食べ物やをして参加している。
・鍋料理や・お好み焼き屋・シチュー屋、飲み屋など。

        今回は塩糀の宣伝に発酵カフェを開いた。

    塩糀メニューや生甘酒ドリンク、手作りドリンクを用意した。

   bbinnmono.JPG
      並んだ瓶は、左から、手作りジンジャーシロップ。
      らっきょうの漬け酢再利用の赤玉ねぎ甘酢漬け
      べにや長谷川商店の在来種豆のピクルス

気づいたことは、意外や塩糀を知らない人の方が多かったことexclamation
TVや雑誌に何回も取り上げられ、塩糀を使うレストランも増えてるらしいので、認知度は高いと思い込んでいた。
「とらぬ狸の皮算用」で、塩糀や甘酒がとぶように売れるわーい(嬉しい顔)とおもっていたけど、それは空振り。
しかし、塩糀を知らない人の方が多いということは、
塩糀の魅力をもっと知ってもらう余地が凄くあるということひらめき


おやおや、またまた「とらぬ狸の皮算用」ですねわーい(嬉しい顔)


早朝の雨も止んで暑いくらいの好天だったが、人出は多くなく、ちょっと寂しい感じ。

当日は、あちこちでイベントやお祭りがあってみんな出かけたんだろう。

商店街もリサイクルマーケットだけじゃなく、魅力ある工夫がいるよね。


そうだひらめき、人ごとじゃない。パンチ
自然村も古い観念に捉われないで
心軽やかにステキなことへ向かって
    ふわりと飛び越えなくちゃかわいい

カフェの準備が遅くなって待たせてしまったけど待っててくれたお客さんたち、
楽しみにしてたと言ってくれたお客さん、
タッパーを持って買いに来てくれたご近所さん、
いつも宅急便を運んでくれてるペリカン便さんも家族で来てくれた。
初めて来てくれたお客さん、
食べたかったけど、もう閉まっていた、とか、用事があって残念だったという人、
みなさんどうもありがとうございました。






posted by 自然村 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48905524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック