2013年01月29日

砥ぐ

店主が鰹節削り器のかんなの刃を砥ぎました。
    
DSC00483.JPG
    DSC00484.JPG
上下の写真を上下、上下と目を動かしながら見てください。
動画になったでしょう?わーい(嬉しい顔) えっつ?ならないかな〜わーい(嬉しい顔)

刃を砥石に対して斜めに砥ぐとぶれないと講釈しながら砥いでます。

刃毀れしていい削り音がしなくなってたのですが、
    DSC00488.JPG
やっぱり切れ味が違うと満足気、自慢気な店主です。
鰹節が手に隠れて見えない位の大きさになってます。

昼御飯担当の店主が元気よく削っている音がバックヤードから聞こえます。
聞いたことありませんか?

   keduriki.JPG
削ってある商品も手軽でいいですが1本ものを削る方が安上がりなんですよ。削ってあるのは手間賃が掛かっているから。
それになんといっても削りたては美味しい。その上、削るのが楽しい。自慢気な顔も見られる。
【だしとりの最新記事】
posted by 自然村 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61831509

この記事へのトラックバック