2016年03月05日

晩御飯と鈴木健司さんの漆椀

野菜はそのままある姿で美しい。けど、切ることで違った美しさを見せてくれますね。
トントンと切って、はっと心を打たれることってありますね。
 昨晩、残っていた雲仙赤紫大根を切りました。少し「す」が入りかけていたけど、千切りに。
そして、やはり残っていた赤紫リアスからし菜と和えて、オルチョサンニータを回して、
        雲仙赤紫大根・赤リアスからし菜.jpg

        雲仙大根からし菜肉巻.jpg
焼肉で巻いて食べました。肉はひとり3枚づつね。私は柚子果汁をちょっと垂らして。

蛤の酒蒸し。せりを入れました。
        2016ハマグリ酒蒸し鈴木健司椀生地呂.jpg
蛤は身の大きさがバラツキがありました。当たり外れ。高価なのに外れてしまったお客様、ごめんなさいね。

ひろっこ(山形在来浅葱)とまぐろの酢味噌和えとご飯。以上が晩御飯でした。
せりとひろっことしゃきしゃき音が美味しいです。

話題になったのは蛤の酒蒸しをよそった漆椀のこと。
猪狩史幸さんのと、鈴木健司さんの生地呂と赤を使いました。3つの中で写真に撮った鈴木健司さんの生地呂が一番、蛤が美しく映えるという意見になりました。
器はものを盛るとものを引き立てますし、入れたものによって器自体の表情を変えるのが面白いです。
器に料理を入れることをよそうといいますが、まさに装うだな〜と感心しました。
台所には感性を刺激してくれることが全部揃ってますね。

鈴木健司さんは岩手県浄法寺の漆職人です。漆掻きでもありますので、全て自分の漆で漆器を作られます。品格ある椀です。
生地はけやき。地固めし、下塗り、上塗りを施します。黒・生地呂・赤があります。写真の椀は1客¥12000


2016年02月16日

赤子椀

綿引千絵さんの赤子椀についてのお話を、
         DSC02688.JPG
どのような気持ちで赤子椀を作っておいでか、そのことをみなさんにお伝えしたいと思います。
綿引さんからのメールをちょっとだけ編集しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
赤子椀の形状はふくらみが二つあり、それだけでも手間が倍なのですが、
赤ちゃんでも握力の弱い方でも持ちやすくある為に
私なりに思う「適した形」のイメージが
細部まではっきりとあります。

具体的には、椀のくびれ部分が膨らみすぎないこと、
指がスッと入って、くびれに支えられる状態になること、
その辺を注意して、木地にやすりをかけたり、
塗り過程でも少しずつ調整しております。
赤子椀はきわめて簡素な作りなのですが、実際に掛けている手間と時間、注意(気持ち)は格別なものです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
  そのことは、赤子椀を実際に見たり、手に取ってみると実にすっと伝わってくると思います。
一作一作に丁寧に向き合う職人としての報酬としては、現在の価格としては合わないようです。
モチベーションを支える意味で次回作からは値上げさせていただくことになります。
予定価格は8000〜8500円程度と考えていらっしゃいます。
みなさまにはよろしくご理解ください。

現在、寡作でいらっしゃいます。次回の仕上がりは未定ですので、なお一層、今回届いた赤子椀が愛おしい気持ちがします。
できましたら、同じく綿引千絵さんの汁椀黒、赤と赤子椀を一緒にお求めいただけるお客様が現れたら、と思ってしまいます。お父さん、お母さん、子供のお椀。みっつ並んだ食卓を想像してしまいます。
          DSC02691.JPG
赤子椀の実際の色は、写真よりも濃い赤朱色です。汁椀赤と同じとお考えください。
          DSC03860.JPG
販売者の勝手な希望です。みっつ揃ってのご購入の方をを優先させてください。
汁椀黒・赤各¥15000、赤子椀¥7050 (各本体価格)

2016年02月13日

赤子椀 入荷!

小さい人のための漆器
赤子椀が届きました。
小さい人は素直に感覚で分かるのでしょう。良質の漆器だと良く食べるのだそうです。
離乳食からの漆椀。作者は綿引千絵さん。
   DSC00101.JPG
持ちやすいように、スプーンで掬いやすいように、美しいフォルムであるように、考えられた形です。
毎日使う漆器の肌触りと美しさは無意識のうちに柔らかな心を養ってくれると思います。

娘が言ってました。漆器というのは見て美しいだけじゃなく、皮膚感覚に溶け込む気持ちのよい道具。
口当たりがよく、食べ物の印象そのままを深く味わえるから、内的感覚がひらかれるような、味覚が立体的になるような、そんな感じなんだよ。

赤子椀¥7050(箱¥250入り・税抜価格)
1客のみの入荷です。
可愛い可愛いお椀です。DSC02686.JPG
           DSC02688.JPG
           DSC02690.JPG
          DSC02692.JPG
赤子椀と猪狩史幸さんの親子椀の小¥6500を並べてみました。

赤子椀も親子椀小もお年を召して食が細くなった方にお使いいただくのもよいかと思います。

また、綿引千絵さんの汁椀 黒、赤と赤子椀で家族3人のお椀を揃えるのはいかがでしょうか。
          DSC03860.JPG 

今回、1客づつの入荷です。
ただ今、制作中ではありますが、半年後になるか1年先か未定です。
       

2016年02月10日

サラダマスター

サラダマスター316Ti鍋の販売店になりました。
        DSC03862.JPG
ちょっと前から店主が賄いをサラダマスター鍋で作ってくれてます。

我々も使いこなしているかといえば「いえまだまだ」なんですが、毎日使って単に、湯の沸き具合、鍋からの泡の出方なんて小さなことを感じています。煮崩れしにくいとか。


サラダマスター316Ti鍋は、医療機関でも使用される安全性の高い高級ステンレス316Tiチタン合金ステンレスを鍋の内側全面に使用しています。
316Tiチタン合金といってもチンプンカンの私がね、ぴぴん!と反応したのは、下町ロケットを夢中で見てたからなんですよわーい(嬉しい顔)へへへ〜

使いながらこの鍋の良さや使用法を体験し、ゆっくりお伝えしていきたいと思います。

高額なものなので即断はお薦めしませんがご検討の方はパンフレットや実物がありますのでご覧ください。
3月から10%ちょっと値上げが予定されていますので、もうすでにご存じで欲しい方は2月中がよろしいかと思います。

汁椀 赤

丁寧な仕事です。
漆職人 綿引千絵さんの汁椀 赤
        DSC03853.JPG

        DSC03854.JPG

              汁椀 黒
         DSC03591.JPG
黒と共に夫婦で ちょっと熱々ハートたち(複数ハート)
         DSC03860.JPG

もちろん、1客づつでもハートたち(複数ハート) 各¥15000

漆ほど堅牢な天然塗料はないそうです。高温・低温に強く酸にも強い。毎日使ってより美しくなる。
夫婦の間もかくありたいわーい(嬉しい顔)手(グー)ですか〜?

実際の色形が写真では上手く現せません。
明日は祝日。営業日です。実際に掌においてみてくださいね。お椀は掌に添います。
         

2016年02月08日

漆椀

   あけまして、おめでとうございます
旧暦 正月元旦 
あちらこちらから梅便りが聞かれ、
初春のお慶びを申し上げます がしっくりしますね。

新暦 新年あけてからもう2月過ぎ。時間が経つのが早くて、今日が元旦なら嬉しいと思ってしまいます。
まだ残っているお餅で雑煮でも作ろうかしらん。

お目出度い重ねに
綿引千絵さんの汁椀 赤 が仕上がりまして、近々、届きます。
縄文時代から好まれた日本の色 朱。
昨年、汁椀 黒 が届いています。
        DSC03591.JPG

       DSC03592.JPG
赤が届きましたらご紹介します。
二つ並べて夫婦椀にいかがでしょう。各¥15000

2015年11月07日

漆職人 綿引千絵さん

漆職人 綿引千絵さんの汁椀が届きました。

丁寧な仕事をみていただきたくて今日はあえてこの視点で撮ってみました。

       DSC03591.JPG

       DSC03592.JPG

本品は2014年4月に完成しました。すぐにお使いいただけます。と使い方の栞に書いてあります。
掌におさまる、普段使いの汁椀です。1客¥15000

2015年10月03日

漆椀を買い足す

漆椀を日常の暮らしで使っていらっしゃるお客さんが

少しのご飯をよそったり、シリアルを入れるお椀があればいいと思って、

と、猪狩史幸さんの子ども椀とお母さん椀をお求めになりました。

在庫切れしていた子ども椀は今日届いたばかりで、大事に使ってくださる方のもとに行きました。

子ども椀、こんなにちょっとのご飯なんでいいんですか〜わーい(嬉しい顔)

お年を召して小食になった方にも丁度いいかもしれませんね。

        お父さん椀 ・お母さん椀 ・子ども椀
      DSC03043.JPG
お父さん椀¥10000、お母さん椀¥9200、
子ども椀¥6500

漆椀が欲しい季節になったのでしょうか。お求めになる方がぽつりぽつりと増えました。
秋も深まってきますからね。
          
      

2015年09月29日

浄法寺 漆掻き漆職人 サラメシ

お客様からメールをいただきました。

メールおはようございます。
昨日NHKの「サラメシ」に出ていた岩手の漆かき猪狩さんは自然村さんにある器の作者の猪狩さんですね?
漆を集める大変さ、漆の器の貴重なことをより一層理解しました。買わせていただいた器の美しさ(奥行き)は漆の1滴1滴と猪狩さんのような方の正直さによるのですね。手元の器に対してまた更にいとおしさが増しました。
次に伺った時にまた猪狩さんの作品を見たいと思っています。
メール

私たちはサラメシに登場するなんて知らなかったから見逃してしまいました。
木曜日NHKお昼に再放送があるそうです。楽しみです。

 猪狩史幸さんと漆器です。
       DSC00886.JPGDSC00876.JPGDSC00878.JPG

メールをくださったお客様は同じ浄法寺の漆掻きであり漆職人である鈴木健司さんの漆器をお求めになっています。鈴木さんはBSプレミアムの「イッピン」に登場したことがあります。
       DSC00949.JPG


    

2015年09月04日

ベビースプーン

発注したことを忘れた頃に届くわーい(嬉しい顔)それくらい制作に時間が掛かるということです。
       DSC03359.JPG
平岡正弘さん制作のベビースプーン。¥5600(税抜)
匙の部分はスグロメ5回塗り。従来よりもクロメを塗り重ね強度を増しています。
柄は黒檀。拭き漆仕上げ。

お誕生祝い、お食い初め祝いの贈り物だけでなく、敬老の日のお祝いにもいかがでしょうか。
大分産孟宗竹、奥久慈産漆の大変扱いやすい軽いお箸もございます。

敬老の日 9月21日(月)

鈴木健司さん作 ぐい呑み ¥5600(税抜)
       DSC03360.JPG
ご自身が漆掻きであり漆塗り師であります。岩手県浄法寺産漆100%。
お酒が一層美味しく感じられます。
       DSC03361.JPG
仁井田本家 長命の一滴 金寶自然酒と共に。
お酒の好きな方へ、長寿を祝って、これからの長寿を祈念してお贈り下さい。

2015年04月29日

子ども椀 入荷しました。

漆の器は日々使用していただくことで成長する器です。
毎日のお食事にお使いくだされば、漆の器も喜びます。

猪狩史幸さんの子ども椀仕上がりました。

       お父さん椀 ・お母さん椀 ・子ども椀
      DSC03043.JPG
       ¥9700 ・¥9200 ・¥6500

子ども椀は私の掌にすっぽり収まる大きさです。
      DSC03046.JPG
小食になったご高齢の方にも軽くて美しく品よいお椀です。

小さい歯が芽生えた初孫へのプレゼントに私もひとつ求めます。
      DSC03044.JPG
先に平岡正弘さんのベビースプーン¥4300を贈りました。家に遊びに来る度にスプーン持参できてくれる。
食べさせてあげるならフィーディングスプーン¥4300が良いかと思います。
      DSC01208.JPG

深みのあるほ椀¥12000は饂飩や蕎麦、丼物によさそうです。
根来写し椀¥14500も一目ぼれ。

2015年02月05日

荒井智也

高知県 谷相で暮らしながら木工を仕事にする
荒井智也さんの暮らしの道具が届きました。

ご飯杓文字 ¥1600
へら    ¥1800
匙へら   ¥2800
すぷーん  ¥2100
DSC02892.JPG
DSC02894.JPG
鑿で彫っていきます。栗の素の地肌と鑿跡のみの姿です。
裸んぼで自然の中にひとり横たわっているようなそんな感じ。
お料理をする中でそこの台所に馴染んでいく、そんな無垢な杓文字たちです。

店で実際にご覧いただけら嬉しいです。

荒井智也さんの詩です。

一日
山の鐘 犬の遠吠えで目覚める
少し身体を伸ばす
朝 栗の丸太を近くでもらう
長いままなたで割る 小気味よくわれる
みずみずしい 白い肌にうっとりする
皮もむいてみる 匙をつくってみる
椀 杓子 杓文字にと板にして
夕 犬と子 連れて 少し 歩く
遠くから 煙突のけむり 晩御飯
      一日
山の鐘 犬の遠吠えで目覚める
少し身体を伸ばす
昨夕 頼まれていた 子のおもちゃをつくる
子が起きて来て 長びく 煙突のけむり 朝ご飯
桜の丸太をとりに行く 皆、田の周りにいる
淡い 美しい切口 甘ぬるい香り 赤く 重い
子と 田で もぐらの道を うめる
妻が 犬を 連れてくる 皆で 家に帰る
煙突のけむり 晩ご飯

2014年12月16日

漆のアクセサリー

漆職人 綿引千絵さんの作品です。数珠玉に朱色の漆を塗っています。
    DSC02817.JPG
実際はもう少し濃い朱。
鎖、シルバー 40p¥5200(税込¥5616)

可愛く清楚なネックレスです。
一年通して胸元を飾ってくれます。朱は魔除けの色でしょうか。
縄文遺跡からも朱色の漆が発掘されています。日本の色です。

クリスマスプレゼントに贈る。大切なあの人へ、大切な私へ。

2014年11月15日

赤子椀 入荷!

2〜3年越しでしょうか。仕上がりを楽しみにしていた小さい人のための漆器
赤子椀が届きました。
小さい人は素直に感覚で分かるのでしょう。良質の漆器だと良く食べるのだそうです。
離乳食からの漆椀。作者は綿引千絵さん。
   DSC00101.JPG
持ちやすいように、スプーンで掬いやすいように、美しいフォルムであるように、考えられた形です。
毎日使う漆器の肌触りと美しさは無意識のうちに柔らかな心を養ってくれると思います。

娘が言ってました。漆器というのは見て美しいだけじゃなく、皮膚感覚に溶け込む気持ちのよい道具。
口当たりがよく、食べ物の印象そのままを深く味わえるから、内的感覚がひらかれるような、味覚が立体的になるような、そんな感じなんだよ。

赤子椀¥7050(箱¥250入り・税抜価格。今回から値上がりになりました。)
在庫2客。(当分、この先の入荷はありません。)
   DSC02686.JPG
   DSC02688.JPG
   DSC02691.JPG
平岡正弘さんのベビースプーン¥4300と一緒に
   DSC02690.JPG
猪狩史幸さんの親子椀の小¥6500と揃えてみました。
   DSC02692.JPG
   DSC02695.JPG
実際の色目は写真といくぶん違いますので、ご来店の上、実際にご覧いただくのがベストだと思います。
赤子椀も親子椀小もお年を召して食が細くなった方にお使いいただくのもよいかと思います。

寒くなって、お正月が近づいて、お椀が欲しくなった・・・という人もいます。
猪狩史幸さん、鈴木健司さん、町田俊一さんの漆椀、それぞれ素敵です。
お気に入りを選びにお越しください。

このブログを書いたその日に、猪狩史幸さんの親子椀小が売れていきました。
出産祝いだそうですプレゼント

2014年09月17日

奥久慈にて 漆を知る

奥久慈は国産漆の産地のひとつです。

安価な中国産漆に国内市場を奪われ、国産漆は危機に瀕しています。(といっても中国産漆の価格も高騰しているそうですが・・・)

NPO法人壱木呂の会は2009年から漆の木を植え育てる活動をしています。自然村は9月14日、壱木呂の会が主催するクロメ会に1日参加しました。
  DSC02413.JPG
組合長さんのお話を聞く機会に恵まれて、実際に漆畑に立ってどんな条件の所がよいのか、生育の早さなどいろいろなことを知って漆が身近に感じられました。
  DSC02416.JPG

漆器は高価なもの、とても買えない、正月など特別な行事に使う非日常的なもの、普段の生活にはとてもとても扱いが難しい。いいと思うけど買えないわ・・と眺める対象。
そんな思い込が一般的かもしれません。私たちもそうでした。
でも、ひとつ手に入れて使ってみたら漆器のある食卓に潤いが感じられるんです。違うんですね〜

プラスティック、ポリエチレン、ウレタンそれらと同列の単なる天然塗料漆ではなく、
漆の里山を育てる人、木地の木を育てる人、木地を削る人、漆器を作る人、生活の中で使う人、そのつながりの輪によって守られてきたものそれが漆。(壱木呂の会のパンフレット参照)
漆はJAPANとよばれるそうです。

今回のクロメ会に参加して知りました。
日本の漆の文化はなんと縄文時代には完成されていたというのです。

自然村のある練馬にも近い東村山。多摩丘陵の端に縄文時代の下宅部(しもやけべ)遺跡があるそうです。(初めて知った目
川の中に打ち込まれた杭に漆の木が栗の木に次いで多く発見されたのです。(大がかりな土木工事がなされていた)そして杭には漆掻きをした傷跡が残っていました。
遺跡からは漆塗り土器や容器、漆液を溜めた木の器、漆塗櫛などが出土しています。杭の年輪から10年位の漆の木が使われていたことが分かっています。漆は自然では育ちにくいことから10年を見通した計画的な栽培が行われていたと考えられるそうです。
季節に対応した食と、食と結びついた文化、そして不断の技術の継承と長期に渡る計画性。
現代に生きる私たちが学ぶべきことが縄文時代にあるな〜と感じながら、東村山ふるさと歴史館学芸員さんと国立歴史民俗博物館准教授工藤雄一郎氏の講義を受けました。
 
 漆畑で縄文の漆掻きの体験をしました。
  DSC02424.JPG
縄文時代の杭に使われたと同じ位の太さの漆の木に黒曜石で傷をつけます。
  DSC02430.JPG
ぐるっと1周する掻き殺しで漆を採取します。傷から白い樹液が滲んできます。
  DSC02433.JPG
掻いた後、やはり縄文人がしていただろう石の斧で木を切り倒しました。
  DSC02446.JPG
  DSC02449.JPG
漆の中は黄色でした。漆染でとても美しい黄色に染まるのはこの色がでるのだと思いました。
縄文人も美しく染めた衣を身にまとっていたかもしれないと想像しました。

今日はこれまで。また、つづきます・・・。




2014年07月04日

いかご

遠方のお客様から電話でいかごのお問い合わせがありました。

だいたいのサイズをお話してもイメージが湧きにくいですね。

そこで、来店のお客様にお願いしてモデルになっていただきました。

     DSC02147.JPG¥3000
     

     DSC02145.JPG
中¥3300:A4サイズが横でぎりぎり入る長さ。
DSC02143.JPG
¥3500:A4サイズが楽に入って余裕のある横の長さ

     DSC02144.JPG
特注¥3500:横の長さは中と同じ。マチの幅が一番ある。

モデルになってくださってありがとう。素敵に撮れました。

写真をよく見ると、うへへへ〜〜と私と店主で笑いあうことを発見。なんでしょ。

2014年07月01日

漆掻き始まる。

漆の器が届いた。
左:鈴木健司さんのぐい呑¥5800
右:猪狩史幸さんの端反豆皿¥5500
    DSC02138.JPG

    DSC02140.JPG
写真より実物は深い葡萄酒色。1月か2月ころご注文をいくつかいただいて、ようよう仕上がってきた。お待ちどうさま。美味しいお酒を呑んでください。
少しのおかずやデザートにも合います。 在庫2個有。
    DSC02142.JPG端反豆皿在庫3個
鈴木健司さんも猪狩史幸さんも自分で山に入って漆を掻く掻き子です。自分で採った漆で塗っています。

猪狩さんから葉書が届いた。6月、漆掻きの仕事が始まった。
    DSC02112.JPG
葉書を拡大してみて。漆の木に横に溝が入っている。
目立てといって「これから漆掻きを始めます。よろしくお願いします。」の挨拶になると聞いた。
HPで漆掻きの様子を知ることが出来ます。
http://information.urushikaki.net/

2014年06月07日

漆器

玉ねぎとかぼちゃのポタージュ。
猪狩史幸さんのお椀で
     DSC02081.JPG
    
特別な日の特別な漆器でなく、毎日使う日常の漆器です。

日常の食卓で
しっとりした艶と柔らかい手触り、
唇につけて汁を吸うときの感触、
洗っている時も、水が肌を流れて現れる艶に、どきっとトキメク。

漆器に限らない。器はものを入れると表情が生きる。いれるものを生かす。
面白いな〜。心がぶるっとふるえる。

こちらは町田俊一さんのお椀。¥15000(税別)
     DSC02076.JPG
懐かしいような色合い。使っていくうちにさらに美しい色になっていく予感がする。

猪狩さんの根来椀¥14500(税別)も入荷しました。
根来椀といっても根来塗でなく、以前見た根来椀の形に似せたのでそう名付けてあります。
口の広い、高台も少し高い椀です。汁、煮物、お浸し、ご飯なんでも重宝に使えると思います。

ご自身の、ご家族の、お父さんへのプレゼントに漆器いかがでしょう。
使ってみるとよさがわかります。まず、ご自分に1つ。

猪狩史幸さん、鈴木健司さん、町田俊一さん、綿引千絵さんの漆器を置いています。
*綿引さんの器はただ今在庫なし。漆のアクセサリーあります。
平岡さんの木と漆のカトラリー、孟宗竹と奥久慈の漆の箸(¥2000)も好評です。

父の日のプレゼントにご検討ください。

2014年05月15日

平岡正弘さんのカトラリー

平岡正弘さんのカトラリーの在庫状況のご案内です。

    DSC02023.JPG
2014年2月から値上がりいたしました。各本体価格です。消費税が+されます。 
左から
@ロングスプーン(旧朝鮮スプーン)¥6500:在庫1本
Aベビースプーン¥4300:在庫1本
Bフィーディングスプーン¥4300:在庫2本
C2色ティースプーン¥4500:在庫1本
D2色ケーキフォーク¥4500:在庫1本

カレースプーン¥6300は現在完売中です。制作依頼中。

ご来店の上、実際にご覧いただくのがベストですが遠方の方に通販もしております。
当店では通販サイトがありませんのでお手数ですがメールにてご希望の番号と品名を明記の上、
お名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。
代金+送料は先払いになります。
尚、お届け後の返品はイメージと違ったなどということではお受けできませんので予めご理解の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
    DSC02024.JPG
    DSC02025.JPG
  

2014年03月13日

いかご

「まじめに一生懸命作っています。」
このことがどんなに素晴らしいことか!

須波さんにお願いして今年もいかごを作っていただきました。
      店のあそこに
       DSC01899.JPG
      ここに。    イ草の香り、分かりますか?
      DSC01900.JPG

これは須波さんのいかごの存在を教えてくださったお客様のいかご。
こんなふうに毎日のお買いものに使っていらっしゃいます。陽に焼けて素敵な色合いに。
畳みも女房も古くなるほどに味わい深くなりたいものです。わーい(嬉しい顔)
            DSC01715.JPG
須波さん、ご主人は80歳をとうに越え、奥様も80歳近い年齢。
作成依頼の電話をして、元気な声が聞けると、「お元気でよかった!」と安堵するのです。
これほど美しくいかごを編めるのはもう須波さんしかいないそうです。
いつまでもお元気で仕事をしていただきたい。