2017年01月26日

お昼ご飯

ご飯と味噌汁はつくりたい!という店主のたっての希望で、ご飯・味噌汁は店主担当。
この頃は、昼ご飯のおかずは家からのケータリングです。残り野菜を丁寧に調理してくれる。

今日はおやつ付。保温瓶に入れて持ってきてくれた。
苺もトッピング
            生乳ぜんざい DSC04991.JPG

以後アいちご園のいちご、本日あります。
posted by 自然村 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月24日

ゆり根 晩御飯

    晩御飯は白いリゾットDSC04985.JPG

ゆり根のリゾットでした。
お米・ゆり根・牛乳・木次ゴーダチーズ・クラタペッパー白胡椒を。

ゆり根 あります。

ゆり根の白和えが一番好きるんるんという声もあがりますが、
これを春巻きに包んで揚げたのも美味しいです。


金時豆と根野菜、佐久間さんの黄金千貫のスープも一緒に食べました。
佐久間さんの黄金千貫はもう終了ですがとてもとても美味しいさつま芋。次のシーズンには積極的にご紹介したい。
posted by 自然村 at 09:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月18日

晩御飯

ワンプレートの晩御飯

唐桑半島の生牡蠣を取り持ってくれる貫正さんが贈ってくれた第八十一大喜丸のメカジキのニンニクソテーをメインにして、DSC04951.JPG
金時人参のソテー・南瓜サラダ・御飯・クレソンと鹿尾菜(ひじき)の白和えのワンプレート。

貫正さんが贈ってくれたのはメカジキの刺身もです。旨かった!DSC04947.JPG
貫正さんは本当に良いものしか出さないという誇りを持って目利きしてくれるので、
送ってくれる生牡蠣もとってもとっても美味しいのです。

クレソンとひじきの白和えは、新栄丸のひじきの磯の香りいっぱい。
クレソンも白和えに合います。毎週火曜日にマザーアースクラブのが入ります。
posted by 自然村 at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月16日

寒い 冷たい

寒いよりも 冷たい冷たいと声がでる朝です。

昨日は温泉に行って温まりました。
付近を少し歩いていたら氷柱がありました!氷柱なんて長い間 見ていませんでした。

外は寒いけど
ストーブを使っている家では、豆を煮るのにいいですね。次第に部屋に広がる豆の匂いに「あっ、煮えてきた」と気付く時もいい感じです。

赤えんどう豆とハト麦のリゾットです。甘みのあるしゃき・もっちりの蓮根と一緒に。DSC04943.JPG

最近は雑穀を取り入れることが以前より多くなりました。
posted by 自然村 at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月10日

七草


七草セットを整理しながらたくさん見つめあいました。
見つめるっていいです。

「はこべ」ってどこにでもある草です。柔らかな葉と白い花。
発見目はこべってクレソンみたいに茎の節のところから根が出るのね。DSC04911.JPG
島崎藤村の小諸なる古城のほとり 雲白く 遊子悲しむ 緑なす 繁縷は萌えず 若草もしくによしなし が浮かんできます。

御形 母子草 これもよく見かける草です。DSC04910.JPG
繭のようなのが柔らかく芽を包んでいるようです。引っ張るとと真綿を引くようになります。
母子草という呼び名の由縁はどこからきているのでしょう。真綿で赤子を守るかのような姿から名付けられたと、これは私の想像です。当たっているかどうか・・?
昔、母子草というドラマがあった記憶があります。


posted by 自然村 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月07日

七草粥

2017年1月7日

6時半に目覚まし時計鳴ったけどいつもの如く止めて布団のぬくぬくを愉しんでうつつ。
しかし、今朝は七草粥を作るんだ!と起床。

みなさん家は何分粥ですか?
私はゆるい粥が好きです。
サラダマスター鍋でふっくら炊き上がりました。DSC04905.JPG
今年も無病息災で過ごせますように。いただきます。DSC04906.JPG

これだけ〜?って言われたので数の子も食べようか。DSC04907.JPG
タイコウの本節を削って添えると一段と美味しく映えます。

義父と父の写真にもお供えしました。
今年も見守ってください。

お椀は鈴木健司さんの赤です。父たちには鈴木さんの赤のぐい呑みに装いました。丁度可愛いお椀になりました。
posted by 自然村 at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月06日

新年初めての

1月4日、新年一番初めのご来店はDSC04904.JPGでした。

1月6日 新年一番初めの通販はDSC04903.JPGでした。下にネーブルと干し柿・梅干しも入ってます。お芋さんいっぱい。

おやおやドライ林檎が人気ですねハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年12月25日

クリスマス

こどもたちはもう大人になって
それでもクリスマスイブと誕生日をお祝いしたいと思いますが仕事が忙しく。
サンタさんのプレゼントに干し柿とチョコを枕元にと手提げ袋に持ち帰ったが、見つかってしまった。間抜けなサンタでした。

本棚からクリスマスの絵本を開いたら、DSC04886.JPG
DSC04887.JPG

3人の子の誰の仕業か?
こんなのも懐かしく。
こどもはいつまでもいつまでも一番愛する人です。
夫よりも?????

クリスマスの朝(12/25)、ふとつけたテレビ。NHK 
「足元の小宇宙 絵本作家と見つける生命のドラマ」
私への素敵なクリスマスクリスマスプレゼントになりました。
甲斐正枝さんの絵本は子供たちに読み聞かせていた懐かしい福音館のかがくのともでした。



posted by 自然村 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年12月23日

贈り物

クリスマスのプレゼントを探しにきてくれた人が幾人かいます。
選ぶのって楽しいよね。
そしてみなさん、いい選択をなさってレジで笑顔になられます。
店を見回しながら
素敵なものばかりでしょう。ってお客さんに言ってしまいました。わーい(嬉しい顔)

よかったらクリスマスプレゼントや帰省のお土産を探しにお越しくださいね。

このようなお歳暮を作ってくれた。DSC04847.JPG
箱に収めながら楽しくて。
posted by 自然村 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年12月08日

上野公園の銀杏

上野公園の銀杏を200g¥300で販売しています。
い〜〜〜ぱいあるので、い〜〜ぱい買ってください。
この銀杏は、毎朝、弁当を手づくりし、上野の路上生活者の人たちに届けている石崎さんが贈ってくれたものです。売上金は赤銀杏会への寄付に使います。

12月5日付の東京新聞朝刊 5面に掲載された記事をお読みになった方も多いのではないでしょうか。
写真を拡大して読んでいただけたら嬉しいです。お願いします。DSC04829.JPG

もし、石崎さんに直接の応援をしたいという方は、東京新聞社にお問い合わせください。
posted by 自然村 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月28日

晩御飯は

日曜日はリフレッシュの日。
普段は十分な家事をしていないので、なんとなく臍下が安定していない気持ちがあるのです。
朝、十分寝てから洗濯、拭き掃除と目についた汚れを落として気持ち良し。

東伏見アイスアリーナ広場のたい焼きやさんのたい焼きとろばやの珈琲を食べながらTUTAYAで借りたアニメ「百日紅」を観ました。
私は、盲目の妹 猶と主人公が大川の橋に立ち、行き交う物売りの声・音、下駄の音などを聞いている場面が印象的でした。

日曜日はゆっくりと料理ができる。
晩御飯は
米のとぎ汁でことこと茹でた「大根の鶏そぼろあんかけ」。これは娘が作ってくれました。
私は、
福島在来野菜信夫菜の辛し和え。
信夫菜の味を店主は「ほうれん草とニラを合わせたような味」と表現しました。娘から「味、分かるんだ〜」と認めてもらえました。わーい(嬉しい顔)

西北農園(奈良)さんの富有柿をサイコロに切って、DSC04790.JPG
柿の白和え」です。
和え衣は、
大豆工房みやの木綿豆腐をグラッとひと茹でし、水を切ったものをすり鉢に当て滑らかに。やさかの有機白みそ、生甘酒で調味し、炒った胡桃を入れて粗く摺混ぜました。
柿の白和えは美味しいですね〜

もうひとつ。大豆工房みやさんの登場です。DSC04786.JPG
おいなりさんるんるん
油揚げが売れ残ると冷凍してとっておきます。貯まるとおいなりさんを作ろうか、ということになります。DSC04779.JPG
四万十の鰻を贅沢に使いました。甘くした薄焼き卵を添えたのもよかったです。

すし酢は、以前 紹介しました飯尾醸造の手巻きすし酢¥1200を使いました。DSC04702.JPG
さっぱりした手巻きすし酢と甘辛く煮含めた稲荷の味がぴったりでした。

よい一日でした。
posted by 自然村 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月26日

遠方より来る!

愛媛県松山市のWさ〜ん、
ご主人が愛車で来てくださいましたよ〜

野菜もご購入です。ちゃんと料理しているんですね。手(チョキ)

単身赴任中のご主人、豊洲から、しまなみ海道も走った愛車で寄ってくださいました。
           DSC04778.JPG

posted by 自然村 at 13:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月22日

晩御飯

晩御飯

飯田さんのいろいろかぶのサラダです。DSC04749.JPG
野口種苗さんご自慢の固定種 白いみやまこかぶ、島根県在来種赤紫と白のツートンカラー津田かぶ、滋賀県在来種可愛い赤の万木かぶ、赤紫のグラデーション丸い形の長崎赤紫かぶ
全て飯田さんが長年種を採り続けています。形も味も素晴らしいです。

薄く切りながら食べていきます。食感、味を確かめながらね。
丸のままの形とはまた違う表情が現れて目が開かれる瞬間でもあります。

生甘酒・アックアサンタ・塩・柚子勘助を混ぜ混ぜしたドレッシングで和えました。食用菊があったので混ぜました。緑は万木かぶの葉です。生でも食せます。

いろいろかぶは5種類のかぶが入っています。もう一種類は江戸東京野菜である品川かぶです。
品川かぶはミニ大根のような形です。白かぶと一緒に昆布出汁でことこと茹でて、
今、絶賛お勧め中のポラーノの鶏つくね団子、春雨、水菜の汁物にしました。味は料理酒・味醂・醤油・塩。
昆布とつくね団子からの旨味を春雨が吸っています。
鶏つくね団子はポラーノの鶏肉を日東醸造の白だしなどで調味してあるので美味しいんです。

あらめの煮物。以上の晩御飯でした。

ポラーノの春雨DSC04750.JPG100g¥298
天日干し仕上げでコシが強く煮崩れしにくい春雨です。奈良県産。



posted by 自然村 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月14日

日曜日の御飯

普段は昼ご飯は店主が作り、夜は娘が作ってくれます。
私は?
昨日の日曜日のお昼ご飯は、おむすびが食べたくなっておむすびに決定!DSC04730.JPG
塩漬けにしておいた大根やかぶの抜き菜を混ぜたおむすび。芥屋かぶと平家大根の間引きの薄紅が可愛いです。
佐久間さんの農林22号のおむすびです。ふんわりと結びました。

農林22号は締まった体の強〜いお相撲さんのようなお米だな〜って思います。粘りというより噛みしめると力強い弾力があります。
農林22号は旭の血を引き、こしひかりの片親であります。ササニシキも農林22号の血が流れています。

大根・蓮根・黒田5寸人参・生椎茸・油揚げ・岩槻ネギ・かぶ菜・豚肉の豚汁。昆布といりこ出汁で丁寧に煮ました。DSC04729.JPG

ほうれん草の胡桃和え。味噌を入れる前の豚汁の汁をちょっと流用しました。DSC04728.JPG
胡桃がたくさんあるので最近は野菜の胡桃和えをよくします。家族が喜んでくれます。

人参の糠漬けと作り置いたいろいろかぶの甘酢漬けも食卓に並べました。

夜は、人参葉と椎茸のかき揚げと、厚揚げと花芯白菜の煮物を作り、残っていた豚汁と共に食べました。

夜のテレビ。日曜美術館の速水御舟とNHKの宮崎駿さんのドキメンタリー、見て良かったです。

気持ちの良い一日でした。


*サラダマスター鍋、使っていていいと思います。
高価ですが価値あると使い続けていて感じます。カタログございます。
posted by 自然村 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月07日

援農

日曜日はキウイフルーツ収穫の援農でした。DSC04696.JPG

逗子や船橋、埼玉からのいつものメンバーが集いました。

暖かい晴天で、富士山が霞んで見えました。DSC04698.JPG
写真では小さく見えますが、実際は大きいんですよ。
紅葉の始まった葡萄棚が斜面に続いています。その中にある雨避けハウスが澤登さんの小公子の畑です。

キウイフルーツの品種はいっぱいあるんですね。みなさんお馴染みのヘイワードは晩生です。
これは軟毛種・黄肉種 ゴールデンキング DSC04701.JPG
軟毛種は早生です。今、店でお勧めしている紅妃も軟毛種です。

これは牧11号 DSC04700.JPG
 澤登芳さんが1975年にブドウとキウイフルーツのルーツを尋ねて中国を訪れた際にフリーマーケットで見つけた野性果実の種子を持ち帰り、それを播いて選抜育種したもので、日本生まれ、牧丘生まれのオリジナル品種です。正式な名前はつけていませんが、オリジナル品種を「牧・・号」と名付け、本品種は牧11号と呼んでいます。
特徴は、果肉が黄色で果皮に毛がなく、果実が小さく、味と香りに優れ、成熟期が早くて追熟しやすいこと。
 軟らかくなったものからお召し上がりください。果実をさわった時、少々硬めと思われるくらいの方がおいしくいただけます。

間もなく、中国・北京の植物園から澤登さんに預けられた品種も届きます。
こちらもお試しくださいね。


本当にうららかに気持ち良い一日でした。
恵林寺あたりの地域は百目柿を干した枯露柿の産地で、ここの枯露柿はブランド品なんだそうです。
塩山駅から牧丘への道すがらたわわに実った百目柿や軒下に吊るし柿も見えました。

澤登さんの庭にも大きな木があって熟柿が陽に映えて美味しそうです。下に落ちたのを掬って食べましたが美味しいこと美味しいこと。
いつか百目柿の熟柿とよい枯露柿が見つかったらお客さんに紹介したいものだな〜と考えていました。

庭につやつやのクレソンが茂っていますが、DSC04699.JPG「ください」と言いそびれてしまいました。

午後5時には薄闇になってキウイが見えません。
空には弓月が輝いて下の街の灯りが光っています。
ズボンにいっぱいついた草の実と心地よい疲れを連れて帰りました。
posted by 自然村 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年11月03日

銀杏

風が吹くとカサコソ落ち葉のお客さんが多くなります。
イチョウの黄金の葉も舞っているでしょうか。

今年も届きました。DSC04683.JPG
多分、上野公園の銀杏です。
上野公園のホームレスの人々に手作り弁当をボランティアで毎日届けている赤銀杏会の石崎さんが贈ってくれました。
昨年もいっぱい送ってくれました。
それを販売して寄付の一部にしました。
大変お値打ちなのと味も好評で全て売り切れました。銀杏の好きな方は多いですね!
袋詰めして店頭に並べます。今年もよろしくお願いします。

赤銀杏会 石崎さんのことは東京新聞の佐藤直子論説委員が心を寄せられ、何度か記事になさっていますので、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。
http://blog.sizenmura.jp/article/61454877.

一袋200g入り¥300です。
posted by 自然村 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年10月13日

栗名月

曇り空で今日はお月見ということを忘れている人も多いかな〜
9月15日の十五夜と今日の十三夜。
昨夜は豆の形の輝くお月様を雲の影が流れて現れたり隠れたりして
それも美しい月の夜でした。
今夜はどうでしょう。

十三夜は豆名月とも栗名月ともいわれるそうです。

そこでというのではありませんが、栗の渋皮煮を作ってくれました。
          DSC04607.JPG
丁寧な仕事です。
これで栗クリームのロールケーキを作ってくれました。
今日は違うお菓子を作るそうです。

渋皮はこんなに綺麗な色に染まります。(2012年のこと)sibukawani.JPG
                栗渋皮染め


posted by 自然村 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年10月12日

お月見 十三夜と

明日はお月見
旧暦9月13日の月 十三夜は明日10月13日です。

お客さんがお庭のすすきを持ってきてくださいました。DSC04605.JPG
拝見したことはありませんが、野原のようなお庭なんですって。
すすきが風に撫でられる時の音が好きでそのままに生やしているそうです。
情景がぱーっと頭に広がりました。

この方とお話しするのが楽しいのです。
ご家族、バイオリンを弾かれ、音楽のお話も楽しい。今、店で流れている藤原由紀乃さんのピアノ演奏も大変気に入ってくださって、そのお話も楽しい。

           DSC04537.JPG
かおり梨を買ってくださった後日の話しです。
「とっても美味しかったですよ。皮も芯も食べました。」
>えっ?皮も芯もですか?
「*チャングムで梨を使っていたのを思い出して。梨は薬膳で空気の乾いた今の時期に肺や咽喉を潤し咳や痰に良いというんですよ。」
>どんなふうに食べたんですか?
「ロールキャベツを作ったの。ケチャップとか甘いのを使うから梨もいいかなと思って、皮と芯も入れて煮込んでとても美味しかったですよ。全部食べました。」

この日、私はとっても幸せな気持ちでした。

*昔、TV放送のあった韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」
posted by 自然村 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年10月06日

原材料の原産国表示

昨日の新聞記事です。TVニュースでも報道がありました。DSC04580.JPG
ニュース内の街頭インタビューでは物を選ぶときに商品の裏側のラベルを見るという人や原産国表示を歓迎する声はありましたが、問題点はまだまだいっぱいありそうです。

表示以前になにより、
食べる人への想いのある、ごまかしのない「人に良い」食べ物を作る生産者と
流通と
本物を見わける消費者が増えていくことが大事ですね。
本物を見わける舌(感覚)を得るには毎日の家庭での食事を良い素材で作り続けることだと思います。
お出汁の力も大きいですね。本物は決して高いものでなく、それを作る質と技術の高さと掛ける時間の長さからいうとむしろ安いこともあるのですよ。

このくらい詳しいと選択する手立てになりませんか。
主要お取引先のポラン広場のカタログから。
原材料のところをご覧くださいね。DSC04579.JPG
DSC04578.JPG
           DSC04577.JPG
           DSC04576.JPG    
           DSC04575.JPG
posted by 自然村 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年09月28日

たわいない話

店の前の道路は急こう配の坂道に続いている。
夕日はその坂の真ん中に沈んでいく。
昨日は久しぶりの夕焼けだった。DSC04554.JPG

金木犀の香りに気付いたのは一昨日の夜だった。
踏切の前、都営住宅の傍らに樹はあった。
昨日の朝、自転車でくーっと曲がった坂の途中、ふわっと匂いがした。

夜、娘が
「空気が甘くなっている」とつぶやいた。

街のあちこちに金木犀が香り始めた。


posted by 自然村 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)