2016年06月11日

てんとう虫

てんとうむしと入れて変換を探したらがありました。わーい(嬉しい顔)

今朝、自転車に乗りながらふと目線を下に落とすと、
シャツの胸にてんとう虫が止まっていました。
輝く黒に赤い点が2つのてんとう虫。シャツの前立てを上ったり下ったり。
光に満ちた青空の下、てんとう虫と出勤です。
このまま店まで連れて行けたらいいな、

踏切の遮断機が降りて自転車を降りた瞬間、羽を広げて飛んでいてしまいました。

てんとう虫がとまると幸せが訪れると聞いたことがあります。
てんとう虫が止まってくれたことだけで十分幸せだったのです。

今日もみなさまが幸せな日でありますように!

それに、佐久間さんから讃岐長莢空豆が届きましたよ。

posted by 自然村 at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年06月09日

しらす卵かけご飯

晩御飯はチンゲン菜と豆腐・バラ海苔の味噌汁と青椒肉絲
そして、釜揚げしらす卵かけご飯でした。
ご飯はハト麦入りです。
          DSC04162.JPG
黄身だけじゃなく全卵にしました。
黄身だけだったら2個分は欲しいな、と思います。
良い醤油をちょこっと垂らすのが大事です。うちはオーサワの生醤油を使ってます。

遅れて帰ってきた店主も
「今日はしらす卵かけご飯だろう」って楽しみにしていました。

あ〜あ、食べちゃってから胡麻油を垂らすのを忘れてた!って気づきました。
お試しになる方は胡麻油を忘れないでね。
posted by 自然村 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年05月14日

らっきょう・梅・さくらんぼ

日差しが強い毎日ですね。

飯田さんご夫婦はラッキョウ畑の草取りをしないといけないんです。
一度くらい手伝わないと罰があたりそうですが、たぶん私は邪魔に成るだけだと思うふらふら
昨年は緑肥を2回撒いて鋤きこみ土作りをするために、飯田さんのらっきょうは販売なしでしたが、今年はあります!
収穫は6月9日ごろを予定しているそうです。45〜50kg位か!掘ってみないと分かりませんが。
緑肥のみ、完全無農薬、素晴らしいラッキョウを期待してね。

栽培期間が長く、手間がかかるラッキョウ栽培ですが、飯田さんは自然村限定で作ってくれています。

梅の西北さんにも生育状況の問い合わせをしたり、

さくらんぼの清野さんに問い合わせしたり、

6月の準備を始めないといけない。

いつも牛歩の自然村ですが、
今年こそもう少し早い案内を出せるようにしよう!

みなさん、らっきょう、梅、さくらんぼをよろしくお願いします。

でも、飯田さんの絶品ちりめん赤紫蘇は今年は0です・・
芽がぜんぜんでなかったそうです・・

どうしよう。どこかに絶品の縮緬赤紫蘇はないものか。

来週は駿河湾の宝石桜海老うあ釜揚げしらす、
待ちに待っていた小浜島の天然もずくが届きます。
高木さんの生糀や生甘酒も届きますよ。

posted by 自然村 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年04月04日

我が家仕込み

我が家は今年は店主が作ります。
大豆4kg、糀4kgだそうです。大量の味噌仕込みです。

豆は店主の母が栽培したものです。岐阜県羽島市在住。現在97才。
足が痛い、腰が痛い、もう動けんわ。といいますが、畑仕事は少しづつやっています。押し車で畑に行ってます。食欲もあるし、凄く幸せな人生だと思います。
盆や正月に帰省すると、「根深はいらんか、じゃがいもはいらんか、切干はいらんか、持ってってくれ。」といいます。
今年の正月は「豆を持ってってくれ」といいました。
豆は売るほどあるのでいらんわ〜とやんわり断りますが、会話の途中で思い出したように「豆はいらんか、持ってってくれ〜」と繰りかえしくり返し。わーい(嬉しい顔)ジャブ、ジャブ、ジャブ。
そのうち、店主は負けますね〜。これはいつものパターンですわーい(嬉しい顔)
母は強し。粘り腰。
大袋に大量の大豆を持ち帰りました。
(こんなにいっぱい、どうすんのよ〜。という私の冷たい言葉に「味噌にする」と店主)
選別の手間が大変だったようです。屑豆は大量の煮豆になって連日食べました。


サラダマスター鍋があってよかったね〜。煮るのが楽だった。
         DSC03987.JPG
ゼンケンのベジフルがあってよかったね〜。楽々。
         DSC03990.JPG

         DSC03993.JPG
店主は今は面影もありませんが、学生時代、空手をやってました。手(グー)
         DSC03994.JPG

美味しくなあれるんるん


posted by 自然村 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年03月08日

晩御飯の支度をしながら

晩御飯の支度をしながら、日本民藝館の話をした。
話しをしているうちに私は自分が恥ずかしくなった。
民藝館へ行った話の最後が「いかご」の宣伝になったことが実に恥ずかしい。
「いかご」は素晴らしい手仕事です。これは紛れもないことです。
「どうです、いかごを民藝館で販売してたんですよ」と思ったことが恥ずかしい。

娘は、今までは いいな〜とかこれが欲しいとかそういう目でみたけど、今回の民藝館行きで一番よかったのは、、ものじゃなかったという。
柳宗悦が美に大いなるサムシングをみていたことが分かったことが一番嬉しい。
やっぱり素晴らしい人は大いなるなにか、神とかそういうものをみているんだと思った。
野菜は人柄がでるよね。種を買ってる人でも素晴らしい野菜を作る人はいるし、種を採ってる人は他にもいるじゃない、でも何故、お父さんやお母さんたちが岩崎さんに魅かれるかというと、何十年も野菜の一生と付き合いながら大いなるなにかをみているからじゃないか、と思った。

実際に話したニュアンスや核心の言葉と違っているかもしれないが、私は自分は表面しかみてないな〜と娘との会話で気づかされた。
posted by 自然村 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年03月07日

民藝館

日曜日、以前から行きたかった駒場にある民藝館に行ってきました。

初めてみる河井勘次郎の焼き物はさすがの美と存在感。

2階の大展示場にある木喰上人自刻像を「上野長一さんがいる」と娘が言いました。成る程、ひげを付けたら上野さんだ(笑)しかも、ひょうたんを持っている。お酒を飲んで上機嫌の上野さん。http://www.mingeikan.or.jp/events/

石彫の仏像がありました。鼻が欠けていましたが仏像にしては大変リアルで美しい女性に思えました。しかも日本人じゃないけどどこか懐かしい顔。松本市と書いてありましたが、
これも娘に「東南アジアの少数民族みたいじゃない」と言われ、「そう、そうなんだよね」

物販室を覗いたらあれま〜、「いかご」を販売してました。「瓶かご」もありました。いかごの持ち手がうちで販売している平編みと違って丸編みでした。なんと、娘が下げていったのも「いかご」でした。
         DSC01989.JPG

         ikagosunami.JPG

「用の美」の殿堂に「いかご」がある!ちょっと鼻を高くしたことでした。

posted by 自然村 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年02月26日

晩御飯

昨日の晩御飯。
幸せな晩御飯

ちょっと春色。
        粟稗蕪クリームスープ2016・2・25.jpg
大野紅かぶと粟と稗のクリームスープ
想いやり生乳の優しさと稗粟のクリーミーが合わさりました。

        DSC03873.JPG
沖縄在来の空豆。粒が小さくその分風味の濃い空豆です。トーマーミー。

トーマーミーを使って、の私のリクエストに応えて        
         ジーマーミーかぶ・チーズのケークサレ.jpg
トーマーミーと賽の目の津田かぶとチーズのケークサレ。
上野長一さんの色々米の米粉で作りました。
在来のケークサレです。3人でパウンドケーキ型1本食べました。

以上にブロッコリーのアンチョビ風味の晩御飯でした。

一昨日は、やはり賽の目に切った蕪とミニトマトとブロッコリーとアサクラクリスチャンの小麦粒のスープでした。
多様なかぶ・大根を賽の目にしてよく食べる近頃です。
皮の色が美しく、硬さ食感もいろいろです。

多様なかぶはそろそろ終盤です。店に並んでいたらどうぞ手にとってください。
posted by 自然村 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年02月01日

雲仙

充実の楽しい雲仙から帰ってきました。

早速、雲仙 種市大学の報告をしたいのですが、
今回は2日目最後のところから紹介しますね。
だってこの場面を最後にすると、まるで自然村は雲仙に食べて遊びににいっただけ!の印象を残す恐れがあるんだもん。わーい(嬉しい顔)

2日目のお昼はブッフェ 立食でした。お料理は岩崎さんの野菜も使っていますが、今回参加した若手農家さんの野菜を使ったものでした。これは後程紹介します。

こちらがデザートでするんるんみんなテンションあがってました。
        雲仙デザート2.jpg
        雲仙デザート1.jpg
写真に写していないケーキまだまだありました。
私、半年分以上のケーキ食べたと思う。こんなにケーキ食べたの初めて。全種類食べてません。心残りなのもありました。

種市大学の報告、1回目、です。ハートたち(複数ハート)




posted by 自然村 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年12月31日

ご挨拶

穏やかな大晦日です。

2016年は1月4日から店を開きます。

来年もどうぞよろしくお願いします。

良い年をお迎えください。
posted by 自然村 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年12月21日

クリスマスの贈り物

今朝、保育園への納品から帰った店主が嬉しそうに手渡してくれました。
       DSC03747.JPG
一所懸命書いてくれたメッセージと
園児さんと保育士さんとの手作りクッキー。
ころころ小さい掌で丸める様子が目に浮かびます。
さくさくほろほろ美味しいクッキー。

ポラン広場の有機野菜や無添加食材を中心にお届けし、
時に農家さんの野菜もお届けしてます。
今日は飯田さんの筑摩野五寸人参と岩崎さんのじゃが芋もお届け。自家採種の野菜もたまに仲間入りさせます。

食事は健やかな体と心を養う大事なこと。育児・保育の要と位置付けている保育園さんは素晴らしいと思います。
ご家庭でも忙しい毎日と思いますが、台所を暮らしの要に。
posted by 自然村 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年11月30日

日曜日

暖かく穏やかな日曜日

「私の絵はグルジアには必要ない。なぜならピロスマニがいるからだ」パブロ・ピカソ

新聞のこのコピーを見た時から、観たいな〜と思っていた。岩波ホールへ。
       DSC03668.JPG
ひと場面ごとが絵画かと思う。と、静止した絵画が動きだす。
グルジアの風景・暮らし、衣装。光・色・そして構成の
どの場面も美しく印象的。

ピロスマニ 初めて知った画家。初めて見た絵。本物を見てみたいな。

神保町を歩いて、山形ラーメンを美味しく食べて、御茶ノ水の駅から日比谷公園へ。
大きな銀杏が輝いていた。
東京新聞社前から銀座まで歩いた。
久しぶりに長く歩いて結構疲れていた。

でも、心に残る映画を観て、歩いて、良い日曜日だった。
posted by 自然村 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年11月25日

岩崎政利さんファミリー

岩崎政利さんの直送野菜セットは、長崎から関東まで中1日、2日目に届くので、収穫日の天候や輸送中の気温などで時に傷みがでたり、しおんとなっていることがあります。
先週店に届いた野菜がそうでしたので、心配で、直送セットを購入なさった方々に問い合わせをしました。
何人かの方から「大丈夫無事」や「許容できる範囲の傷み」と言う返事と共にどんなふうに料理したかのメールをいただきました。
その中から、承諾を得て紹介させていただきます。
メール
岩崎さんのお野菜boxですが、多少傷みはありましたが許容範囲です。というより、今までより良かったような気もします(?!)
あえて言いますと、花芯白菜に溶けている部分があったので一番状態がよくなかったです。他は春菊、水菜、日野菜かぶの茎に少々の傷みありという感じでした。
人参はとっても葉がイキイキしていて、水で土を落とし、同じくきれいに洗った日野菜かぶと一緒にまな板の上にのせたら、調理するのが勿体ないほどとても綺麗で感動しました。

花芯はくさいは土鍋で炊いて、春菊や水菜は軽くゆがいて和え物、さといもは芋煮(おかわりするほど美味しく出来ました!)にと、美味しく頂いています。ミニ冬瓜とつくね芋はこれからなので、どう調理しようか思案中です。

あと、少し前に送って頂いたものの話ですが。
宮崎県産の自然発生生椎茸、と〜ってもジューシーで香りよく美味しかったです。
飯田さんのむかごもむかごごはんにしましたが、よい香りのするごはんになりました。

いつも美味しくて清く正しい品々をご紹介下さってありがとうございます☆
今までお話していなかったような気がしますが、主人の転勤で関西に住んでいて東京に戻る時に、関西在住のSさんという方に自然村さんをご紹介頂いたんですよ。Sさんにも感謝です。メール

メールを読んでびっくり目MさんとSさんが知り合いだったなんて!SさんがMさんと自然村を繋げてくれたなんて!
関西在住のSさんも岩崎ファミリーのおひとりなんです。

あっ、岩崎ファミリーって私は勝手にそういってるんです。わーい(嬉しい顔)

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットは次回は
12月4日(金)(関西以西は3日)のお届けです。
ご希望の方は11月30日(月)19時までにお申し込みください。



posted by 自然村 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年10月26日

地区祭

10月25日(日)
関町の区民センター会場の地区祭に初めて出店しました。

私は出店に張り付いていたのでまわりを見て歩きませんでしたが、お囃子が聞こえたり、お団子焼くいい匂いがしたり、フランクフルト、お赤飯、お餅、焼き鳥、じゃがバターなどの屋台も出て賑やかでした。
商店街の靴屋さんはずっと毎年出店で馴染客が待っていてくれるそうです。
来場者も多く地区祭を楽しむ人で終日賑わっていました。
当店の隣は、建設ユニオンの職人さんたちの包丁研ぎとまな板削りでしたので長〜〜〜い列が途切れませんでした。1丁200円という破格の代金なのです。

当店はこんな感じの店をオープン。
      DSC03545.JPG
初めての人に「初めまして、よろしく。」と以前いらしていた久しぶりの人に「またよろしく」と、
常連さんたちが寄ってくれて「ありがとう」の1日でした。
木村秋則さんの紅玉を「一生食べられないと思っていたのに!」と喜んでいただけてよかった。
 具だくさんのけんちん汁と鶴首南瓜のポタージュスープを作って販売しました。
普段もお客さんとのおしゃべり大好きですが、お祭りでのお客さんとの会話は一味違った弾んだ楽しさでした。
「お店ごっこ」のような楽しい一日でした。

出店場所が日陰でおまけに強風で凍えながらでしたが楽しかった!また来年も!
posted by 自然村 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年10月20日

お送りしました

愛媛のお客さんにお送りしました。
つぼ押されたような気持ちの良いご注文。
天然真昆布やタイコウの鰹節、仁井田本家、などなど丁寧な手間を掛けた商品たちを箱に詰めました。

今年もいただけました。渋谷さんの農薬も肥料も使わないで育てたりんご100%のジュースも荷に入れました。
紅玉とジョナゴールドのミックスです。1L¥980
DSC03531.JPG
このようにご注文で発送しています。お問い合わせください。
posted by 自然村 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年10月19日

映画を観ました。

日曜日、夫婦でポレポレ東中野で映画を観ました。
お客さんに紹介してもらった水と風と生きものと
       DSC03527.JPG
今、地球上にいるあらゆる生命は全て38億年前に誕生した生命の歴史に連なっているんですって!
38億年前がなかったらあなたもこの菜っ葉もこの虫も存在しない。
私の中には38億年の時間が刻まれ、今もその時間を歩んでいる。

少し前の東京新聞の筆洗に「宇宙のさえずり」が話題にとりあげられていた。
宇宙空間から降り注ぐ電磁波の音が鳥のさえずりのように聞こえるというのを読んで、
私は宇宙に包まれ、なんだか慈悲が降り注いでいるイメージを抱いた。

映画の話を娘にしたら、
この間、畑の草に座っていたら「この地球で生きていくのに必要なものは全て与えられている」と感じたの。「地球さえあれば生きていける」ってね。 って話してくれた。

posted by 自然村 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年10月01日

サラメシ


NHKサラメシ再放送をみました。
岩手県二戸市浄法寺の漆掻き、漆職人の猪狩さんの漆畑の仕事の様子。
「漆に正直に」
暑い日中の肉体労働を支える愛妻弁当、美味しそうでした。

それから仙台朝市商店街の八百屋のおじさんが素敵でした。
お客さんとの会話を楽しみに「お客さんを大切に」してきた60年!
こだわりの品を揃えた「お洒落な自然食品店」にあこがれるけど、
私がなりたいのは、あのおじさんのようだな〜って思いました。

猪狩史幸さんの漆椀、半反豆皿など
鈴木健司さんの漆椀、ぐいのみなど見に来てくださいね。




posted by 自然村 at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年09月28日

十六夜のお月様 

お客さんからメールをいただきました。
紹介します。

「先程は、林檎と葡萄をありがとうございました。
澤登さんの葡萄は今日の夕飯の後のお楽しみにしたいと思います。
 自然村さんのもち米と小豆を使って、おはぎを作りましたので写真をお送りします。
文化鍋でもち米を炊く時の火加減が少し難しかったですが、なんとか形になりました。
 今日は、お月見団子ならぬ、お月見おはぎになりそうです。」
       柴田 おはぎ.jpg
十五夜月素晴らしい輝きでした。
今夜は十六夜。満月ですね。

林檎は木村さんのつがる、葡萄は小公子、もち米は佐久間さんの、そしてべにや長谷川商店の小豆を使ってくださいました。

たった今、お客さんが「大きい月が出ている」と声を掛けられました。
揃って空を見ると、真東の、商店街の通りの真ん中に大きな月が上がっていました。
赤い月ですね。
お客さんが「うさぎの月じゃないわね。赤ちょうちんみたいな月!」って言ったから
大笑いし合いましたわーい(嬉しい顔)
風情のない話になってしまってごめんなさいねわーい(嬉しい顔)

もっと夜が更ければばうさぎの月になるかもしれませんね。帰宅時間にまた空を見上げます。

posted by 自然村 at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年09月22日

小公子 肴豆

お客さんからコメントをいただきました。
嬉しいのでブログに転記させてくださいね。

メール肴豆
ワクワクと湯を沸かし 香りを楽しみ そして ワクワク頂きました。
疲れきってやってきた友人が、元気になれると、気に入ってくれたので、旦那様と一緒にとお土産に。
自然酒と差し上げてまたワクワクでした。

小公子
子供の頃大好きだった小公子の名を持つ葡萄。沢山の種をどうしようか?と思い、最初は一つずつ、だんだん大胆に口でジューサー、残りは潰して発酵のお遊び中。

ご馳走さまでした。(^人^)メール

コメントをありがとうございました。
昨日、「物」と「事」について書いたでしょ。「事」という表現はちょっとしっくりこなかったんだけど、まだ他の言葉が出てこないんです。
コメントをいただいて思ったんです。
コッコさんが肴豆と金寶自然酒を選んだ時、お友達を想う気持ちがあったでしょ。
そして、家に帰って豆を茹でて食べて、
「小公子」私も愛読書でした!「小公女」もね、
そんなことを思い出しながら小公子を買って、潰した小公子の瓶を何度も覗いていませんか?

「物」って棚に並んでいる時は「物」なんだけど、人とかかわるともっと大きな変化を(この表現も苦し紛れ)するのね。その人によって千差万別の。
食べ物ってその人の体になるんだけど、心にもなるんだけど、
うむ〜上手く言葉にできない。けど・・「その人の暮らしになっていく」・・

バイブル 西村佳哲著「仕事をつくる」のある一節「丁寧につくられたものには あなたは大切な人です というメッセージが込められています。」(正確でないかもしれない)
丁寧に作られた物はしらずしらずのうちにあなたの心の底に安心感安定感をもたらすかもしれません。


ちょっと文脈のない文章になりましたが、
コッコさんのコメントが嬉しくて
あれこれ思ったことを書いてしまいました。




posted by 自然村 at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年09月21日

小公子葡萄収穫援農で

澤登さんとこへは中央線で塩山まで高尾乗換で普通電車。
電車の読書は今回これを。
ロシア語同時通訳・作家の故米原万里さんのご本。
まだ途中だけど私にはとても面白い勉強になる内容です。
      DSC03489.JPG
その中に辻元清美(当時社民党議員・現在民社党議員)さんとの対談があります。
その一部に、便利さの代償というテーマがありました。
ごく一部を書き出します。興味があれば本屋さんでどうぞ。

米原 ただ、今、物があふれているでしょう。私は不景気は物があり過ぎて買うものがないせいだとも思うのね。常に「物を買え」と刺激されているから、買わないと貧しいみたいな錯覚におちいるのであって、物質的には今より落ちても、本当に貧しいとは思わないんですよ。
辻元 よく消費を刺激して皆に物を買わすとか言うでしょう。
米原 あれ、下品ですね。
辻元 消費を刺激するのは物を買うことだけじゃないと思う。いろいろな体験をするとか、自分の手に職をつけるとか、自分が豊かになることを考える。
米原 「物」より「事」とおっしゃっていますね。いい本を読んだり、お芝居を観たり、いい人に出会うとかですよね。

この「消費を刺激する」というところは商売をしていると考えさせられるところだ。つい、「こんなに素晴らしい!美味しい!他よりも優れている!」とアッピールしたくなるし、買ってもらおうとする。買ってもらわなくては商売は回らないし、もっと売れるようになれば農家さんや生産者さんからもっと買うこともできる。
なにより、こんなにいいものだからみんなに知ってもらいたい、そんな気持ちだけど、
時々、店主や娘から「お母さん、最近ブログの内容が売ろうという気持ちが強すぎる」というチェックが入ったりすることがある。
あ〜、つい!そうかもしれない・・・と恥ずかしくなることもある。
下品は恥ずかしいことだ。

だが、ひとつこれははっきり言えること。
それは、「物」を売っているが「物」だけでなく「事」も一緒についていくという気持ちがある。
 鰹節を買う、しゃっしゃっと削る。こどもが「お父さんかっこいい、僕もやらせて」「おお、やってみるか、こうやって持ってこう押して」。お湯に鰹節を入れる。ふわ〜っと香りが立つ「ああ〜いい匂いだね」「これは匂いじゃなく香りというんだよ」
 鰹節を買う前にも「事」がある。枕崎の宮下さん一家が鰹を仕入れるところから始まるひとつひとつきっちり積み重ねる仕事がある。仕上がった鰹節を日干・選別をくりかえすタイコウ稲葉さんの仕事がある。生産者のプライドと想いがある。

鰹節を例にしたが販売しているものたちそれぞれ「物」と「事」がある。
「物」だけを販売していないという気持ち。それをもっと丁寧に伝えていかれるように努めたいと思った。

この本は私には他にもとても興味ある対談満載です。読書の秋です。          
posted by 自然村 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年08月31日

日曜日ご飯

普段は娘に頼りっきりの晩御飯。
日曜日くらいはちゃんと料理するととっても気持ちよい。
いつものように、あるものを並べたり冷蔵庫や引き出しを覗いて考える。
      DSC03329.JPG

      DSC03333.JPG
昨夜は茗荷をたくさん使いました。
焼き茄子と茗荷のごまだれ和え。ちょっと味が濃いといわれた。
茄子やきゅうりや茗荷やオクラ・モロヘイヤなんぞを刻んで「だし」。もう少し味が濃くっても良いと言われた。    DSC03330.JPG
いちじくの白和え
手羽先と切干大根の煮物
これに、豚肉と茄子のにゅうめん。

作って待っているのにふたりとも帰りが遅い。
国会議事堂前はたくさんの人だったそうです。
自由の森学園の生徒たちが合唱したそうです。ネットで聞きました。民衆の歌・ケサラ,
ヒロシマのある国でなど

普通に生きて普通に料理してみんなで食べられる日常が壊れないように・・・
posted by 自然村 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)