2016年10月06日

原材料の原産国表示

昨日の新聞記事です。TVニュースでも報道がありました。DSC04580.JPG
ニュース内の街頭インタビューでは物を選ぶときに商品の裏側のラベルを見るという人や原産国表示を歓迎する声はありましたが、問題点はまだまだいっぱいありそうです。

表示以前になにより、
食べる人への想いのある、ごまかしのない「人に良い」食べ物を作る生産者と
流通と
本物を見わける消費者が増えていくことが大事ですね。
本物を見わける舌(感覚)を得るには毎日の家庭での食事を良い素材で作り続けることだと思います。
お出汁の力も大きいですね。本物は決して高いものでなく、それを作る質と技術の高さと掛ける時間の長さからいうとむしろ安いこともあるのですよ。

このくらい詳しいと選択する手立てになりませんか。
主要お取引先のポラン広場のカタログから。
原材料のところをご覧くださいね。DSC04579.JPG
DSC04578.JPG
           DSC04577.JPG
           DSC04576.JPG    
           DSC04575.JPG
posted by 自然村 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年09月28日

たわいない話

店の前の道路は急こう配の坂道に続いている。
夕日はその坂の真ん中に沈んでいく。
昨日は久しぶりの夕焼けだった。DSC04554.JPG

金木犀の香りに気付いたのは一昨日の夜だった。
踏切の前、都営住宅の傍らに樹はあった。
昨日の朝、自転車でくーっと曲がった坂の途中、ふわっと匂いがした。

夜、娘が
「空気が甘くなっている」とつぶやいた。

街のあちこちに金木犀が香り始めた。


posted by 自然村 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年09月15日

クイズ

今日、9月15日は

鹿尾菜の日なんですって

クイズです。
鹿尾菜ってなんでしょう?

ヒント
黒色です。
海で採れます。
ミネラルや特に鉄分が多いといわれています。

おわかりでしょうか。
最近、食べていますか?

posted by 自然村 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年09月10日

お客様より

先週のセトヤマさんのいっぱいの青唐辛子が
           DSC04460.JPG
関西にお住いのお客様にお送りして、
柚子胡椒になりました。馬場さん柚子胡椒.JPG
(今年の出来立ての柚子胡椒と昨年の柚子胡椒の写真)
袋に入れた青唐辛子を触るだけでもひんやり冷たい感触です。素手で触ると危険!!なのです。わーい(嬉しい顔)

ご心配おかけしていました柚子胡椒づくり、無事、終えました(笑)。
一ヶ月ほど待っていただきます。楽しみです。

去年作ったものもまだ少し残っているのですがこれが美味。
青唐辛子と柚子と塩、熟成?するとこうなるのでしょうか、深みのあるいい香りもします。

今年できたのは小ビン三つ分でしたが、一つ家に残して、一つは実家、一つは妹のところへお嫁入りの予定です。

妹のところへはらっきょうの塩漬けも送っているのですが、
らっきょう嫌いの義弟が、「あのらっきょうまだある?」と催促するらしいです。
妹は、少しずつ塩抜きをしては甘酢に漬け込んで出しているようです。
「カリカリ感がなくならな〜い!」「おいし〜い!」と、らっきょう大好き人間の妹も絶賛です。

セトヤマさんの青唐辛子といい、飯田さんのらっきょうといい
新鮮で、しっかりとした、力のある食材を届けてもらえるのはありがたいなぁって思います。
お任せしていればほんといい味や香りを作ってくれるのだからスゴイです。
今年もありがとうございました。

追伸、
添付した写真は今年つくった柚子胡椒と去年つくった柚子胡椒です。
今年つくったものは色がとても綺麗です。が、青臭い。
去年つくったものは色はくすんでいます。が、芳醇な香りで、つい蓋をあけクンクン嗅ぐでしまうほどです。



飯田さんのらっきょうのこともとても喜んでいただいていて有難いことです。
青唐辛子、我が家では何年か前に仕込んだ3升漬けがとろとろに熟成しております。また、店主が今年、醤油漬けにしてくれました。


posted by 自然村 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年09月05日

三毛門南瓜

宅配でお送りしたお客様から感想をいただきました。

注文品は土曜日に無事に届きました。
日頃から気になっている作品ばかり(^−^)
どうもありがとうございました!

早速少しずついただいています。
三毛門南瓜の煮物、期待通りでニンマリ。
紫ささげ、岩崎さんの紫。
ピーナッツバターは想いを形にされてすばらしいですね〜〜。

おかげさまで、美味しさとありがたさでいっぱいの、わが家の食卓です。


三毛門南瓜が期待通りということですが、その内容をお聞きしました。
池松さんの三毛門南瓜は、
少しの塩とお醤油で持ち味を存分に発揮してくれました。
まるくふくよかな甘さの煮物に仕上がりました。
という2点が期待通りでした。

味の好み感じ方はそれぞれと思いますが、とても美味しくいただいています。

          DSC04363.JPG
池松さんの三毛門南瓜、、ケーキのように切り売りしています。
お試しください。
池松さん、雨が全く降らないで種まきにも困っておられましたが、台風12号の大雨はどうなんでしょう。


posted by 自然村 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年08月08日

日曜日の晩御飯

もうひとつお知らせしないといけないことがあります。
鶏肉です。
湘南ぴあさんが倒産なさいました。湘南ぴあさんの富士ゆうゆう鶏を販売してきましたが、倒産を受けてポラン広場は独自ブランドポラーノの鶏の販売を始めました。
自然村では次の鶏肉を決定するまで、現在、在庫品(賞味期限9月末)を販売しています。

ポラーノの鶏肉の紹介です。
 鶏種はチャンキー種。太陽光が降り注ぐ明るい鶏舎でのびのび育った国産鶏です。(飼育期間約68日)
飼料は分別管理された非遺伝子組み換えトウモロコシ・大豆粕などの穀類主体。早く太らせるための動物性油脂等は使用せず、とうもろこしはポストハーベストフリーを使用。抗生物質・抗菌剤・ホルモン剤は不使用。法定ワクチンを除き全飼育期間中無投薬です。
愛知・岡崎市にある農場で飼育したのち、静岡・浜松市で加工します。

昨晩は、ポラーノの鶏肉の試食でもありました。
鶏ムネひき肉はバラ凍結で使いやすくなっています。脂肪が少なく、あっさりしているのでつくねや鳥そぼろ煮に向いています。

揚げ茄子の鶏そぼろ
            DSC04372.JPG
山盛りの会津在来丸茄子と岩崎さんの青茄子。
「きょうの料理」のレシピでは生姜汁少々でしたが、しょうがな〜いふらふらのでニンニクのすりおろしを使って、野菜えごまの千切りたっぷりのスタミナ食になりました。
(我が家はないものだらけですね・・揚げ油もちょっとしかなかったので豪勢にオルチョを使いましたとさ)

posted by 自然村 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

日曜の晩御飯

お伝えしないといけないことがありました。
5月をもちまして良い食品作りの会を退会いたしました。6年間お世話になりました。素晴らしい商品を作っていらっしゃる良心あるメーカーさんに出会うことができたり、
個人的には沖縄や震災後の宮城県東松島、清泉寮などにも行くことができました。
さまざまなことを学ぶ機会を得ました。
 退会しましたので、誠に残念ながら土居さんの天然真昆布や昆布商品を販売することができまくなりました。
誠に残念でなりません。
タイコウの一本釣り本枯節、伊吹島のいりこ、そして土居さんの川汲浜天然真昆布があれば日本一の出汁がとれるとお伝えしてきました。土居さんの昆布は東京では渋谷ヒカリエD47食堂、日本橋高島屋でお買い求めいただけます。
又は、土居さんの通販でお求めください。

 さて、みなさまにお勧めできる昆布を選ばなくてはいけません。川汲浜天然真昆布ならどこでもよいとは限りません。土居の昆布には土居さんの目利きが入っております。
 さて、さて・・・店でお勧めできる昆布は・・今しばらく・・

さてさて、
日曜日の晩御飯は、白口浜天然真昆布の味をみるのもひとつの目的でした。
朝から昆布を水に浸けておいて・・何にしようかは決まってませんでした。

娘は土曜日の夜、ヒカリエD47食堂で静岡のから揚げ定食を食べました。そして、「来月は宮崎県の鶏南蛮と冷汁があるって。食べたい。タルタルソースの鶏南蛮と冷汁だよ〜」悔しそうな顔。
 
そうだ、冷汁にしよう


そう決めたが、胡麻がちょっぴりしかない。頭をめぐらすと、胡桃がたくさんある!
乾煎りした胡麻と胡桃を摺って味噌と合わせ薄く切ったきゅうりを入れてごりごり馴染ませ、昆布だしでのばす。みょうがと野菜えごまをたっぷり入れて氷を浮かべる。
そうめんの浸け汁にするので濃いめの冷汁にしました。
           DSC04369.JPG
胡桃があってよかった。
きゅうりは、五木地きゅうり、平家きゅうり、勘次郎きゅうり、熊本地きゅうりの山盛りのハーモニー。
冷汁だと驚くほどたくさんのきゅうりが食べられちゃうから魔法だね。

しばらく白口浜天然真昆布で出汁をとって味を試していきます。
posted by 自然村 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

梅干し

7日は立秋でした。
まる1日空いた日曜日なので、ガラスと網戸を洗い、床を2度拭き、お風呂丁寧洗い、汚れたボトルを処分したり換気扇洗いして気持ち良かった。
家人に2度拭き、2度拭きとアピールしまくり。
藤原由紀乃さんのピアノ曲(CD)が空気を浄化してくれました。

そして、やっと梅漬けを干しました。ほーっ。
         DSC04366.JPG
朝干して夕方ひっくり返して。梅酢は甕ごと陽に当てます。
今日は曇りだけど明日からはまたおひさんマークがついているので4日4晩干そうかな。
申年の梅干し。

それにしても、10kgも20kgも漬ける人、尊敬します。
posted by 自然村 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年06月28日

まちゼミ

26日 日曜日、ねりままちゼミを店内で開催しました。
          DSC04214.JPG
9名とお子さん1名の参加でした。

在来種・固定種の野菜は、夏野菜の代表格のきゅうり。
新物になった伊吹島の大羽いりこがテーマのミニ講座。

          DSC04215.JPG
          DSC04216.JPG
          DSC04217.JPG
岩崎政利さんの在来のきゅうり平家きゅうりと飯田さんが種採りし続けている固定種の奥武蔵地這きゅうりと四葉きゅうり。そして、オプションで福岡の池松さんから前にいただいた相模半白きゅうり、
          DSC04213.JPG
これらの味比べをしていただきました。

大羽いりこのいりこ出汁と土居さんの天然真昆布と大羽の出汁のふたつの出汁とりをし、味をみていただいて、
          DSC04219.JPG
          DSC04220.JPG
料理は、
昆布+いりこ出汁の平家きゅうりの煮物。千切り生姜と平家きゅうりを出汁で煮て醤油味。本葛餡に。

いりこ出汁は四葉きゅうりと奥武蔵地這いきゅうりの冷汁。岩崎さんの葉えごまの千切りをたっぷり入れました。

四葉きゅうり、奥武蔵地這いきゅうり、相模半白きゅうりとパプアニューギニア海産天然エビの緑和え。
食べやすく切ったきゅうりと海老を、おろしたきゅうりと酢・塩・オリーブオイルの緑ソースで和えました。

四葉きゅうりの糠漬け
          DSC04212.JPG

出汁がらで一品は、出し殻のいりこと昆布の梅さっと煮。
          DSC04222.JPG

調味料はオーサワ生醤油、オーサワ有機麦味噌、土佐天日塩あまみ、EXVオリーブオイルアックアサンタ、富士酢プレミアム使用。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
一年中出回るきゅうりですが、夏ならではしか栽培できない在来種・固定種の個性豊かなきゅうりが
各地にあります。
皮に苦みが特長のものもあります。それも含めていろいろなきゅうりの形、香り、味、歯触りなどを味わい楽しんでいただけたら嬉しいです。

          DSC04252.JPG
これは、飯田さんが昨日朝届けてくれた四葉きゅうりです。

明日は成田の石井喜美枝さんの種採り・無肥料栽培のきゅうりといんげんがたくさん届く予定です。
木曜日は飯田さんのきゅうり。

もうすぐ、山形真室川在来の勘次郎きゅうりも届く予定です。これはお見逃しなく。
posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年06月20日

ピアノコンサート

日曜日、上野へ

私たちはクラッシクとは全く縁のない夫婦です。
生まれて初めて!のピアノコンサート。クラッシクです。

藤原由紀乃さんのお弟子さんであるお客様にチケットをいただいたのです。
          DSC04199.JPG

          DSC04201.JPG
クラッシクの曲名もピアノの技術もなにも知らない私です。

耳からでなく胸の辺りから聞こえている、いえ、聞こえているのではなく、
胸の辺りに心があるとするなら、心に鍵盤があってそこを弾かれ、織りなす音が時にうねって流れ、時に囁き、
慰撫されている、そういう感動と幸せを体全体で感じていました。今もその幸せが続いています。

チケットをいただかなかったらきっと一生、クラシックピアノコンサートに足を運ぶことはなかったであろう二人です。
本当に素晴らしいプレゼントをいただきました。

名古屋でもコンサートがあります。


posted by 自然村 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年06月11日

てんとう虫

てんとうむしと入れて変換を探したらがありました。わーい(嬉しい顔)

今朝、自転車に乗りながらふと目線を下に落とすと、
シャツの胸にてんとう虫が止まっていました。
輝く黒に赤い点が2つのてんとう虫。シャツの前立てを上ったり下ったり。
光に満ちた青空の下、てんとう虫と出勤です。
このまま店まで連れて行けたらいいな、

踏切の遮断機が降りて自転車を降りた瞬間、羽を広げて飛んでいてしまいました。

てんとう虫がとまると幸せが訪れると聞いたことがあります。
てんとう虫が止まってくれたことだけで十分幸せだったのです。

今日もみなさまが幸せな日でありますように!

それに、佐久間さんから讃岐長莢空豆が届きましたよ。

posted by 自然村 at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年06月09日

しらす卵かけご飯

晩御飯はチンゲン菜と豆腐・バラ海苔の味噌汁と青椒肉絲
そして、釜揚げしらす卵かけご飯でした。
ご飯はハト麦入りです。
          DSC04162.JPG
黄身だけじゃなく全卵にしました。
黄身だけだったら2個分は欲しいな、と思います。
良い醤油をちょこっと垂らすのが大事です。うちはオーサワの生醤油を使ってます。

遅れて帰ってきた店主も
「今日はしらす卵かけご飯だろう」って楽しみにしていました。

あ〜あ、食べちゃってから胡麻油を垂らすのを忘れてた!って気づきました。
お試しになる方は胡麻油を忘れないでね。
posted by 自然村 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年05月14日

らっきょう・梅・さくらんぼ

日差しが強い毎日ですね。

飯田さんご夫婦はラッキョウ畑の草取りをしないといけないんです。
一度くらい手伝わないと罰があたりそうですが、たぶん私は邪魔に成るだけだと思うふらふら
昨年は緑肥を2回撒いて鋤きこみ土作りをするために、飯田さんのらっきょうは販売なしでしたが、今年はあります!
収穫は6月9日ごろを予定しているそうです。45〜50kg位か!掘ってみないと分かりませんが。
緑肥のみ、完全無農薬、素晴らしいラッキョウを期待してね。

栽培期間が長く、手間がかかるラッキョウ栽培ですが、飯田さんは自然村限定で作ってくれています。

梅の西北さんにも生育状況の問い合わせをしたり、

さくらんぼの清野さんに問い合わせしたり、

6月の準備を始めないといけない。

いつも牛歩の自然村ですが、
今年こそもう少し早い案内を出せるようにしよう!

みなさん、らっきょう、梅、さくらんぼをよろしくお願いします。

でも、飯田さんの絶品ちりめん赤紫蘇は今年は0です・・
芽がぜんぜんでなかったそうです・・

どうしよう。どこかに絶品の縮緬赤紫蘇はないものか。

来週は駿河湾の宝石桜海老うあ釜揚げしらす、
待ちに待っていた小浜島の天然もずくが届きます。
高木さんの生糀や生甘酒も届きますよ。

posted by 自然村 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年04月04日

我が家仕込み

我が家は今年は店主が作ります。
大豆4kg、糀4kgだそうです。大量の味噌仕込みです。

豆は店主の母が栽培したものです。岐阜県羽島市在住。現在97才。
足が痛い、腰が痛い、もう動けんわ。といいますが、畑仕事は少しづつやっています。押し車で畑に行ってます。食欲もあるし、凄く幸せな人生だと思います。
盆や正月に帰省すると、「根深はいらんか、じゃがいもはいらんか、切干はいらんか、持ってってくれ。」といいます。
今年の正月は「豆を持ってってくれ」といいました。
豆は売るほどあるのでいらんわ〜とやんわり断りますが、会話の途中で思い出したように「豆はいらんか、持ってってくれ〜」と繰りかえしくり返し。わーい(嬉しい顔)ジャブ、ジャブ、ジャブ。
そのうち、店主は負けますね〜。これはいつものパターンですわーい(嬉しい顔)
母は強し。粘り腰。
大袋に大量の大豆を持ち帰りました。
(こんなにいっぱい、どうすんのよ〜。という私の冷たい言葉に「味噌にする」と店主)
選別の手間が大変だったようです。屑豆は大量の煮豆になって連日食べました。


サラダマスター鍋があってよかったね〜。煮るのが楽だった。
         DSC03987.JPG
ゼンケンのベジフルがあってよかったね〜。楽々。
         DSC03990.JPG

         DSC03993.JPG
店主は今は面影もありませんが、学生時代、空手をやってました。手(グー)
         DSC03994.JPG

美味しくなあれるんるん


posted by 自然村 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年03月08日

晩御飯の支度をしながら

晩御飯の支度をしながら、日本民藝館の話をした。
話しをしているうちに私は自分が恥ずかしくなった。
民藝館へ行った話の最後が「いかご」の宣伝になったことが実に恥ずかしい。
「いかご」は素晴らしい手仕事です。これは紛れもないことです。
「どうです、いかごを民藝館で販売してたんですよ」と思ったことが恥ずかしい。

娘は、今までは いいな〜とかこれが欲しいとかそういう目でみたけど、今回の民藝館行きで一番よかったのは、、ものじゃなかったという。
柳宗悦が美に大いなるサムシングをみていたことが分かったことが一番嬉しい。
やっぱり素晴らしい人は大いなるなにか、神とかそういうものをみているんだと思った。
野菜は人柄がでるよね。種を買ってる人でも素晴らしい野菜を作る人はいるし、種を採ってる人は他にもいるじゃない、でも何故、お父さんやお母さんたちが岩崎さんに魅かれるかというと、何十年も野菜の一生と付き合いながら大いなるなにかをみているからじゃないか、と思った。

実際に話したニュアンスや核心の言葉と違っているかもしれないが、私は自分は表面しかみてないな〜と娘との会話で気づかされた。
posted by 自然村 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年03月07日

民藝館

日曜日、以前から行きたかった駒場にある民藝館に行ってきました。

初めてみる河井勘次郎の焼き物はさすがの美と存在感。

2階の大展示場にある木喰上人自刻像を「上野長一さんがいる」と娘が言いました。成る程、ひげを付けたら上野さんだ(笑)しかも、ひょうたんを持っている。お酒を飲んで上機嫌の上野さん。http://www.mingeikan.or.jp/events/

石彫の仏像がありました。鼻が欠けていましたが仏像にしては大変リアルで美しい女性に思えました。しかも日本人じゃないけどどこか懐かしい顔。松本市と書いてありましたが、
これも娘に「東南アジアの少数民族みたいじゃない」と言われ、「そう、そうなんだよね」

物販室を覗いたらあれま〜、「いかご」を販売してました。「瓶かご」もありました。いかごの持ち手がうちで販売している平編みと違って丸編みでした。なんと、娘が下げていったのも「いかご」でした。
         DSC01989.JPG

         ikagosunami.JPG

「用の美」の殿堂に「いかご」がある!ちょっと鼻を高くしたことでした。

posted by 自然村 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年02月26日

晩御飯

昨日の晩御飯。
幸せな晩御飯

ちょっと春色。
        粟稗蕪クリームスープ2016・2・25.jpg
大野紅かぶと粟と稗のクリームスープ
想いやり生乳の優しさと稗粟のクリーミーが合わさりました。

        DSC03873.JPG
沖縄在来の空豆。粒が小さくその分風味の濃い空豆です。トーマーミー。

トーマーミーを使って、の私のリクエストに応えて        
         ジーマーミーかぶ・チーズのケークサレ.jpg
トーマーミーと賽の目の津田かぶとチーズのケークサレ。
上野長一さんの色々米の米粉で作りました。
在来のケークサレです。3人でパウンドケーキ型1本食べました。

以上にブロッコリーのアンチョビ風味の晩御飯でした。

一昨日は、やはり賽の目に切った蕪とミニトマトとブロッコリーとアサクラクリスチャンの小麦粒のスープでした。
多様なかぶ・大根を賽の目にしてよく食べる近頃です。
皮の色が美しく、硬さ食感もいろいろです。

多様なかぶはそろそろ終盤です。店に並んでいたらどうぞ手にとってください。
posted by 自然村 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2016年02月01日

雲仙

充実の楽しい雲仙から帰ってきました。

早速、雲仙 種市大学の報告をしたいのですが、
今回は2日目最後のところから紹介しますね。
だってこの場面を最後にすると、まるで自然村は雲仙に食べて遊びににいっただけ!の印象を残す恐れがあるんだもん。わーい(嬉しい顔)

2日目のお昼はブッフェ 立食でした。お料理は岩崎さんの野菜も使っていますが、今回参加した若手農家さんの野菜を使ったものでした。これは後程紹介します。

こちらがデザートでするんるんみんなテンションあがってました。
        雲仙デザート2.jpg
        雲仙デザート1.jpg
写真に写していないケーキまだまだありました。
私、半年分以上のケーキ食べたと思う。こんなにケーキ食べたの初めて。全種類食べてません。心残りなのもありました。

種市大学の報告、1回目、です。ハートたち(複数ハート)




posted by 自然村 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年12月31日

ご挨拶

穏やかな大晦日です。

2016年は1月4日から店を開きます。

来年もどうぞよろしくお願いします。

良い年をお迎えください。
posted by 自然村 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2015年12月21日

クリスマスの贈り物

今朝、保育園への納品から帰った店主が嬉しそうに手渡してくれました。
       DSC03747.JPG
一所懸命書いてくれたメッセージと
園児さんと保育士さんとの手作りクッキー。
ころころ小さい掌で丸める様子が目に浮かびます。
さくさくほろほろ美味しいクッキー。

ポラン広場の有機野菜や無添加食材を中心にお届けし、
時に農家さんの野菜もお届けしてます。
今日は飯田さんの筑摩野五寸人参と岩崎さんのじゃが芋もお届け。自家採種の野菜もたまに仲間入りさせます。

食事は健やかな体と心を養う大事なこと。育児・保育の要と位置付けている保育園さんは素晴らしいと思います。
ご家庭でも忙しい毎日と思いますが、台所を暮らしの要に。
posted by 自然村 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)