2021年05月07日

久留米豊と山独活

お客様から
久留米豊豌豆と山独活の炊き込みご飯の写真とメールをいただきました。
            5月5日柴田さん豆ご飯.jpg  
 昨日頂いた、お豆とウドで炊き込みご飯を作りました。
仁井田の料理酒旬味と塩を入れました。
こんなにも大粒のグリンピースは初めてです!
とても美味しく頂きました。


美味しそうな初夏の炊き込みご飯ですね。

独活を炊きこむのは私はしたことがなかったので、そういう使い方もあったのか!と驚いてお聞きしました。

美味しいお豆と独活をありがとうございました。
漢字の独活を知って、独活という山菜が好きになりました。
知識がなくて、独活は灰汁を抜かずに炊き込みました。
ただ、ご飯の炊きはじめの時にたくさんの灰汁がでましたのですくいました。
豆の存在感が大きくて、独活は脇役ではありましたが柔らかくて美味しかったです。


私も山独活の炊き込みご飯を作ってみようと思いました。

明日は、池松さんから久留米豊豌豆、陵西一寸空豆、博多こがね玉ねぎが届きます。
豌豆は盛りです。
豌豆豆と山独活の炊き込みご飯を私も作ります。

池松さんの仏国大絹さやは時期が終わりました。


       
posted by 自然村 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年04月28日

発見!

気持ちの良い朝。
キラキラの朝日を浴びながら洗濯物を干すのは幸せなことだな〜
ジャスミンの香りを胸に吸い込んで深呼吸する。
「行ってきます」と言いながら、庭のタイムの茎の向きを変えたり、
抜いたのに抜くほど伸びるのか!と思うどくだみを摘んだり、
出勤時間が遅くなる。
自転車に乗りながら公園や家々の草花の美しさを眺める。
ハナミズキは終わりになって、野ばらが咲き始め、垣根のバラが芳しい。
風薫るというのはまさに!!
牡丹は終わってしまったようだが、シャクナゲが鮮やかに咲き始めていた!
桜の葉が茂って緑が濃くなりその下を見上げながら通り桜の精を浴びる。
真っすぐに前に目を向いて進めないのは子供のころから。怒られたり笑われたりした。
ふらふらと気が散る性格は変わらないな。
と、考えていたら、
なんと!フラフラ気が散る神様からの贈り物があった!
以前から長者橋の袂にレモンの木があると知っていたけど、
柑橘の白い花が満開になっているのを見つけた。
見上げると、高いところに黄色い果実が稔っている。

熊本の加藤さんがお便りに「甘夏の花の香りの中で収穫しています」と書かれていたが
このようなことなのね。

今日はとってもいい日だ。


posted by 自然村 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年04月27日

すずらん

世話をしている庭の隅にスズランの花が咲きました。4月27日すずらん (2).jpg

子どもの頃の乙女チックな憧れの花でした。
株が増えていくとよいな、と思っています。
5月1日はすずらんの日だとつい先ごろ知りました。

日曜日は草取りに励みました。主にどくだみの除草です。どくだみの繁殖力は凄いですね。
放っておけば庭が占領されてしまいそうな勢いです。
取りながら、「草も虫も敵としない自然農の畑が好き」と言いながら草取りしているのは矛盾かな〜とか、
どくだみを集中するのは命の選別かもとか
この植物がここに生えているのは「何か意味があるのかな」とか、ひとり会話を楽しみます。

どくだみはひとところに繁殖してもらって、あの気高い花を楽しみたいと思います。

地面に近くしゃがんで、土に指をつけてあれやこれやの草、芽、花を愛で、草や花の香気を吸い込んでいると時間が立つのを忘れます。
ついでに、足腰も鍛えられます。

庭に住んでいるらしい蜥蜴に久しぶりに出会いました。
シジミチョウも飛んで、暖かくなったんですね。






posted by 自然村 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年04月23日

穏やかなお天気でした

穏やかなお天気でしたので、有難いことにご来店下さる方も多く、
発送のご注文もいただいて、座る余裕が今になりました。

今になって入荷情報です。
味泉のこわれせんべいが入荷しました!
みんな大好きこわれせんべいです。
今回は、胡麻いっぱいと青のりとザラメのない2種だけのこわれせんです。
300gたっぷり入っていつもよりも少しお安いです。

天然山菜、スナップエンドウ、ひろこ、地ねぎ、
岩崎さんの新玉ねぎは豊富にありますので
明日もどうぞお越しくださいね。

小山製菓のよもぎ大福(冷凍)も人気です。
暑くなってきたので、木次のアイスクリームやビールの動き、
家飲みのためか仁井田本家のお酒もよく動いています。

では、明日!お待ちしています。
posted by 自然村 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年04月10日

味噌作りします

明日は息子家族と味噌作りです。
今年は玄米麹と七里香ばし、土佐のあまみで作ります。
今朝、洗って浸水させてきました。4月10日七里 (2).jpg
七里香ばしは茹で豆や浸し豆で美味しい豆ですので
茹で上がってからのつまみ食いも楽しみです。

近年は、黄大豆や青大豆、黒豆だけでなく、いろいろな豆での味噌作りを楽しんでいる人が多いようです。
佐久間草生園の佐久間さんは
畔豆にそら豆を足して仕込んだそうです。
そら豆の味噌はとても贅沢な気がします。どんな味でしょう。

水俣地方でもそら豆の味噌が作られていたのでしょうか。
石牟礼道子さんの「椿の海の記」にそのようなくだりがあったような記憶があります。

ネットで調べてみると麹も空豆で作る、そら豆とそら豆麹と塩だけの味噌があるのですね。
いろんな味噌があるものだと豊かさに驚きました。

ちなみに当店でも販売しているそら豆醤油は小麦、大豆を原料としない
そら豆と塩のみの醤油です。普通の醤油と同じく美味しい醤油です。
その高橋商店さんがそら豆味噌を作っていらっしゃることを知りました。

#自然村
#味噌作り
#七里香ばし
#そら豆味噌
#佐久間草生園
posted by 自然村 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年04月05日

無事

土曜日、物を拾おうとしてレジ台の角で額をぶつけたオデコ。
「何かの罰が当たったのかがく〜(落胆した顔)」とちらっと思いました。ふらふら
何度も枇杷エキスを湿布して
本日無事に店で働いております。

ありがとう!
枇杷様4月5日枇杷エキスと種.jpg
posted by 自然村 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年03月19日

たくさんの生命との出会いをお楽しみください。

味噌作り材料を注文してくださったみなさんの土佐の天日塩あまみが届きました。
いつも季節のお便りを入れてくださいます。19あまみ.jpg
春の表情です。
結びに「あなた様も 春のたくさんの生命との出会いをお楽しみくださいませ。」と書かれています。

店にもたくさんの生命が届いています。19日ブロッコリーのラボ宇奈.jpg
野菜たちは切られて掘られて土から離れても生きています。
春の力強さは圧倒的です。19九条ネギネギ坊主.jpg
今シーズン初めての九条ねぎにもちょこんとネギ坊主が出ていました。

雲仙たねの自然農園からの個人宅への今シーズンの在来の野菜直送セットは今週でひとまず終了になりました。
届く野菜は人生最大のお仕事、たねを残す準備の姿を見せてくれています。

長年、直送セットを食べてくださっているSさんからメールをいただきました。
「岩崎さんのお野菜は今季最後でしょうか、、
たくさんいろいろ入れてくださってありがたいです。
季節がうつりゆくこと、個性や生命力のこと、いただくこと、いのちや循環のこと、などなど、
美しいお野菜たちに伝えてもらっています。
豊かで尊い体験をいつもありがとうございます(^-^)」


直送セットはお任せなのです。
その姿は箱の中に畑が詰まっているようなそんな感じなんです。
選べないから丸ごと受け取るのです。その力は凄いと思います。
シーズン通して月に2回あるいは毎回届く野菜の変化を
目で、手触りで、口で、体の深くで受け取って感じていらっしゃるのだと思います。


暮らしの手帖の表紙の裏にある花森安治さんの文章を思い浮かべます。

すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つ二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮し方を変えてしまう
そんなふうな
・・・野菜です(この部分は脚色です。わーい(嬉しい顔)

posted by 自然村 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年03月17日

晩御飯

平日は洗い物を少なくするためワンプレートにすること多いです。
            17晩御飯 豆ご飯桜塩漬け、こぶたかな、白菜菜花.jpg
久留米豊豌豆の豆ご飯を作ろうとして、
米と酒(旬味)と豌豆を入れてから、「塩がない〜」
食料管理能力に欠けますが、あるもので何とかする能力は少しあります。
あちこち探していたら「桜の花の塩漬けがある!」と閃きました。ひらめき
久留米豌豆と桜の花ご飯になりました。

その話を娘にしたら「私は塩漬けケッパーの塩を使った」と言いました。アサクラ塩漬けケッパー.jpg
親子ともども頭いいね〜ひらめきわーい(嬉しい顔)

最近は、菜花がとても美味しく感じます。白菜の花のなんともいえない蜜のかおり。
花をひとつふたつ食べてみます。白菜菜花のいい香り.jpg
すっきりとからし和えが最近の好みです。冷蔵庫に残っていた竹輪(いちうろこ)を使っちゃおう。
3本は多すぎだわね、と少しつまみ食いしました。

雲仙こぶ高菜を炒めるためにほうろく屋さんの菜種油荒搾りを使ってみました。
            3日ほうろく屋荒搾り.jpg
舐めてみると少しピリッとして薄い香りがあって、
ほうろく屋さんが「オリーブオイルのような使い方を」と言うのを得心しました。
それでひらめきと思って、
アサクラの塩漬けケッパーを刻んで使いました。
大体火が入ってからこんぶ土居の本格十倍出汁を入れて
片栗粉でとろみをつけて出来上がり。POD片栗粉.jpg

ほうろく屋の菜種油は値段は高いですが使ってみる価値は確かにあると思います。
使ってみるときっとわかっていただけると思います。ほうろく屋荒搾りとアサクラオイル.jpg
オリーブオイルの価格と比較して菜種油の価格は安いはずだというのは違うと思います。
普段は平出油屋さんの菜種油。炒め物、揚げ物に多く使える。平出の菜種油はいずれは伝説となる菜種油だと思います。




posted by 自然村 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年03月16日

味噌仕込み

店主仕込み味噌作りをしています。

自然栽培米野生酵母の米麹の色は薄緑がかっています。16野生酵母米麹.jpg
昔々の幼いころ、親戚が豆麹を作る仕事をしていて、豆麹は緑だった記憶がありますが、緑の米麹は初めてみました。
豆は山形県真室川の高橋家だけにある白大荒屋大豆です。
泡の少ない煮えの早い豆です。16日白大荒屋大豆煮豆中.jpg
目が赤茶色なのね。白大荒屋大豆煮豆の目.jpg
片品村の大白大豆が予約数に足らなくて、白大荒屋大豆を用意しましたが、この豆なら味噌材料予約のお客さん、きっと満足してくださると思う。

塩は土佐の天日塩あまみです。塩は毎年あまみです。16日味噌作り土佐のあまみ.jpg

野生酵母米麹で味噌作りは初めてです。
どのような味噌になるか一年後を楽しみにします。

米みそ自然麦みそ恵23自然 (3).jpg23恵 (3).jpg
藤原みそ店さん在庫切れで今回再入荷分から
しばらく入荷しませんので欲しい方はお早めをお勧めします。

3月25日に自然村オリジナルの合鴨除草さわのはなの麹が届きます。
みなさまの味噌作りは桜の花咲く麗しい季節に始まります。

尚、玄米麹、白米麹各1kgづつ販売できます。

豆は日の丸大豆と七里香ばし.jpg
日の丸大豆、七里香ばし、黒千石というマニアックな味噌作りに興味がある方に
「作ってみませんか?」という豆があります。わーい(嬉しい顔)
それぞれ茹で豆にして食べて美味しく、黒千石は豆ご飯にもお勧めです。
posted by 自然村 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年03月08日

ひな祭りの食卓

3月3日の桃の節句を祝う時間の余裕がありませんでしたので、
7日日曜日にひな祭りのちらし寿司を作りました。3月7日ひな祭りご飯.jpg

屋久島の絹さや、スナップエンドウ、久留米豊豌豆の青鞘豆のちらし寿司。
塩穴子の白焼きも散らしました。3月7日ちらし寿司.jpg

三島独活と白菜菜花のからし酢味噌和え3月7日三島独活酢味噌和え (2).jpg

屋久島からの新じゃがのポテトサラダ3月7日新じゃが実豌豆ポテトサラダ.jpg

こんぶ土居さんの本格十倍出汁の力を得まして、
三色餅の揚げ餅と白菜菜花、桜の塩漬けの吸い物です。3月7日三色もち吸い物 (2).jpg
三色餅はほうろく屋さんの菜種油伝承を使いました。

仕事から帰って来た娘がとても喜んでくれました。
喜んでもらえるよう作ったのです。わーい(嬉しい顔)

三色餅を霰に切って干します。カラカラに乾かします。3月7日 三色もち霰切り.jpg


#自然村
#ひな祭り
#桃の節句
#ちらし寿司
#三島独活
#白菜菜花
#酢味噌和え
#桜の塩漬け
#ほうろく屋伝承
posted by 自然村 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年02月19日

青鞘豆の卵料理

私のリクエストに応えて
娘が晩御飯に作っていてくれました。

昨日、屋久島から届いた春一番。
スナップエンドウ・仏国大絹さや、久留米豊豌豆、三種の卵料理(名前を忘れた)
それぞれの青鞘豆を楽しみました。19青豆3種のオムレツ (2).jpg
久留米豊豌豆、香りがクスクスっと気持ちをくすぐって、そして甘かった!

           18屋久島えんどう.jpg
丈夫卵、想いやり生乳、丹那生クリーム、木次ゴーダチーズを使っています。
posted by 自然村 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年02月08日

晩御飯

土曜日の晩御飯。
             8晩御飯 なます、西京漬け (2).jpg
日本ほうれん草(豊葉ほうれん草)の胡麻和え
五目煮(店の)
トロメカジキの西京漬け
雲仙赤紫大根と博多金時人参と市田柿のなます
大豆工房みやの絹豆腐の奴

博多金時人参の華やかさ明るさはなんとも言い難いです。

雲仙赤紫大根の瑞々しい美しさ甘さです。野菜はそのままの美しさもありますが、切り方で別の美しさを表しますね。胸を射る美しさに出会うことが度々あります。
             6雲仙赤紫大根の美しさと美味しさ.jpg

林檎屋さんの市田柿と雲仙赤紫大根と博多金時人参のなます、美し過ぎます。
そしていくらでも食べられそうです。
posted by 自然村 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年01月27日

DIY

店内、DIY進行中です。

私が作ったカボスシロップのカボスを刻んで煮詰めたジャムを入れたケーキです。粉は上野長一さんの農林61号、卵は親田高原、丹那生クリーム、ポランの洗糖。27かぼすケーキ.jpg

ろばやさんのモカ・シダモを淹れておやつタイムしました。27モカシダモ.jpg
モカ・シダモは長らくリストになかったのですが最近復活。
フルーティーな香りと余韻の甘み、美味しいです。
posted by 自然村 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年01月10日

花芽 変化

昼頃、関町公園を通ってきました。
池は氷が張っていました。
散歩やベンチに座る人、明るい陽射しの中でみんな穏やかに見えました。
ギターを弾く人を初めて見ました。

公園の出口で上を見上げると、白梅が二つ三と咲いていました!

石神井川沿いの桜並木の枝が青空に映えて光っています。
頭を上げて胸を張って桜の枝の美しさに打たれながら歩きました。
花芽がいっぱいです。10.jpg

定休日ですが、店は少しづつ変化しています。
明日のお客さんは気が付くかな〜

明日は屋久島から自然農のポンカンが再入荷する予定です。
春を運ぶ柑橘です。




posted by 自然村 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年01月08日

只今 20時半
店にいます。
ドキドキしながら作業はじめました。

ひび割れずできるといいな〜

夜とか、日曜日に
ちょっとづつ進めていきます。

明日、ちょっとづつの痕跡に気が付くお客さん現れるかな〜

2021年、自然村が変われるかもと、ドキドキ揺れるハート
posted by 自然村 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

七草セット

1月7日に七草粥を食べ損なってもいいのよ〜
8日に食べる七草粥も無病息災!7七草がゆ.jpg

というのは、まだ3p七草セットが残ってます。
よろしければどうぞ、お買い求めください。顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

昨年は足らなくなって焦ったけど、
2017年は大量に残って、七草料理あれこれ作りました。

http://blog.sizenmura.jp/article/178346889.html
posted by 自然村 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年01月07日

七草粥

七草粥 ふつふつ炊いて食してきました。7七草がゆ.jpg
お腹の中心が温まります。
気持ちも新たになる気がしました。

販売の春の七草セット まだありますよ。7春の七草.jpg
昼ご飯やみんなの集まる晩御飯でもいいじゃないですか?

小さな子供たちは食べられる野の草があることを知って驚くかも。
散歩の道で見つけて「この草食べられるんだよね!」って得意顔になるかもね。

伝統の行事食の中では比較的今も家庭で続けられている七草粥
posted by 自然村 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2020年12月25日

クリスマスイブ

クリスマスイブのご馳走を作ってくれました。24クリスマスイブグラタンスープ.jpg

池松さんの博多据わりかぶと岩崎さんのじゃが芋西豊のグラタン24博多据わりかぶと西豊グラタン.jpg

ぐるめさんのミュンヘンとたくさんの野菜のトマトジューススープ24ミュンヘンスープ.jpg

本当はカスタードタルトを作る予定でしたが、店の手伝いに時間がかかってたどり着けませんでした。

デザートは、洋梨ウインターネリスで私が作っておいた赤ワイン煮です。
            24ウインターネリスワイン煮.jpg

店でカフェを開いてお客さんに食べてもらいたい夢を又見ました。わーい(嬉しい顔)

写真にちょっと写っているみかんジュース。
他にも広島のチョコレート、高知のナッツバター、暮が押し詰まってから新しい出会いが始まりそうな予感が次々あります。
暮の仕事に集中して、新しい出会いのことは新年になってからじっくりと。です。
posted by 自然村 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2020年12月24日

クリスマスイブ

小学校1年生のお嬢さんに
サンタさんにプレゼントするみかんと、
トナカイさんにプレゼントする人参を頼まれて
お母さんが自転車に乗って
買いに来てくださいました。

心がとろける様な可愛いいお話が私たちへのクリスマスプレゼントです。

池松さんの黒田5寸人参と加藤誠さん典子さんのみかんでした。

みなさま、暖かい、温かいクリスマスイブとクリスマスをお過ごしください。
posted by 自然村 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2020年12月22日

昼ご飯

今日のお昼ご飯は茶色ご飯でした。22昼ご飯.jpg
幻のノンエチレン深谷もやしは、毎週水曜日入荷だから、明日が入荷日です。
今日のお昼のもやしは先週水曜日に入荷したもの。生命力あるから1週間経ってもシャキシャキしているんです。
かもめ屋の油漬けツナフレークと一緒に炒めてあります。

大根ステーキ。これがメインかな。22大根ステーキ.jpg
菜種油で焼いて、みりん・醤油・正金の八方だしで味付けし、木次バターをのせてあります。
岩崎さんの紫つくね芋の千切り。灰汁が強いので茶色になりますが甘みがあって美味しい。

忙しくなった日でも、昼ご飯を作る余裕がまだあります。
これからはお弁当が有難くなる繁忙期になります。
12月27日(日)も通常営業いたしますexclamation×2
しっかり食べて30日まで努めます。手(グー)
お薦めの商品が、毎日どしどし入荷していますが、
商品案内をブログ、FBで書く余裕がなくなります。店で見るのが一番分かりやすく簡単ですよわーい(嬉しい顔)
店の近くの方はどうぞ、御来店くださいね。
普段見ない棚や台も隅々まで眺めていただくと楽しい発見があるかもしれません。顔1(うれしいカオ)
posted by 自然村 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)