2017年03月27日

2倍麹味噌作りの会

3月25日、26日の2日間、
花仕込み2倍麹味噌作りの会、終了しました。

味噌作り初めての方や
経験者だけどもう一度習っておきたい方や
昨年仕込んだ2倍麹味噌が凄く美味しかったから今年も!
といった方々と共に味噌を仕込みました。
           DSC05303.JPG
大豆を煮る写真しか撮れていません。わーい(嬉しい顔)

参加してくださったみなさんのおかげで私もとても勉強になっています。昨年よりももっとよい会にしようと準備しました。会の目的の第一は、家で自分だけでも仕込めるよう要点を押さえてお伝えする事。
さらには、お家でお友達にも教えてあげられて、味噌作りの輪が広がっていくといいな、と思っています。
来年はさらによい会にできる気がします。もう来年の構想を考えてる〜るんるん

参加してくださった皆様ありがとうございました。

味噌材料をご購入くださったみなさま、ありがとうございました!

美味しくなあれの魔法をかけましょうぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年02月26日

花仕込み 二倍麹味噌作りの会

初めて味噌を作る人のための
花仕込み2倍麹味噌作りの会
DSC03993.JPG

味噌を作ってみたいという方、募集いたします。

合鴨除草無農薬・無化学肥料栽培のさわのはな(山形在来の米)の米麹と北海道在来無農薬青大豆・土佐の天日塩あまみを使って
贅沢な2倍麹味噌を仕込みます。
味噌作りの手順やポイントを覚えたら、来年からは家庭で作ることができますよ。

日時;3月25日(土)13〜14時半
        3月26日(日)10〜11時半
会場;自然村店内
参加費;5000円(税込み)・・約3kgの味噌を持ち帰りできます。
申し込み;参加費を添えて申し込みください。(メールの方はまずはお問い合わせください。)
持ち物;三角巾・エプロン・軍手・タオル・味噌を仕込む容器・食塩1.5kg(安いのでOK)
*仕込み甕をご希望の方は新常滑焼甕をご紹介します。

   申し込み締め切り 3月4日。

ネットを見ても、あちらを見てもこちらを見ても「寒仕込みに限る」「寒仕込みが最適」の文言が並んでいて、「花仕込み」は芥子粒みたいに分が悪いですね〜わーい(嬉しい顔)
いろいろ見ていましたら、信州にある味噌屋さんのHPに巡り合いました。井上醸造さんという味噌屋さんです。http://www.inouejyozo.jp/dai3syou.html
posted by 自然村 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年02月07日

花仕込み 二倍麹味噌作りの会

初めて味噌を作る人のための
花仕込み2倍麹味噌作りの会
DSC03993.JPG

味噌を作ってみたいという方、募集いたします。

合鴨除草無農薬・無化学肥料栽培のさわのはな(山形在来の米)の米麹と北海道在来無農薬青大豆・土佐の天日塩あまみを使って
贅沢な2倍麹味噌を仕込みます。
味噌作りの手順やポイントを覚えたら、来年からは家庭で作ることができますよ。

日時;3月25日(土)13〜14時半
        3月26日(日)10〜11時半
会場;自然村店内
参加費;5000円(税込み)・・約3kgの味噌を持ち帰りできます。
申し込み;参加費を添えて申し込みください。(メールの方はまずはお問い合わせください。)
持ち物;三角巾・エプロン・軍手・タオル・味噌を仕込む容器・食塩1.5kg(安いのでOK)
*仕込み甕をご希望の方は新常滑焼甕をご紹介します。

   申し込み締め切り 3月4日。

ネットを見ても、あちらを見てもこちらを見ても「寒仕込みに限る」「寒仕込みが最適」の文言が並んでいて、「花仕込み」は芥子粒みたいに分が悪いですね〜わーい(嬉しい顔)
いろいろ見ていましたら、信州にある味噌屋さんのHPに巡り合いました。井上醸造さんという味噌屋さんです。http://www.inouejyozo.jp/dai3syou.html
posted by 自然村 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年01月19日

種の学校へのお誘い

なんと、3日後の間近の勉強会のお知らせです。


ピースシードからのお誘いです。私たちももちろん参加します。会場でお会いしたいです。

 「たねの学校特別編〜 The Seed HUB」のご案内

日本の自家採種に関連する動向の中で重要な役割を担ってきた方々による近況報告の場を、リレートーク形式の小さな勉強会として公開します。
どなたでも、ご参加いただけます。

経験の中で変容してゆく、たねと人間の関係から見えること、
積み重ねた時間の中で見えてきた日本でのたねのムーブメントのこれから、
そして、海外の事例とともに、たねと生物多様性について地球規模で話されていることなど、
幅広いテーマについてお話いただきます。

小さなたねの大きな世界は、みなさまの生の経験の内にも相似的に存在します。
多くの人々に影響を与えてきた先人たちが紡ぐ言葉は、
きっとSeed Consciousness(たねへの気づき)を目覚めさせてくれるでしょう!

会場は、クリエイティブに世界に違いを生み出す地球規模コミュニティーの一員、Impact HUB Tokyo。
お気軽にお越しください。

https://www.facebook.com/events/107064583138455/

【話者:50音順】
・岩崎政利さん(たねの自然農園) たねと生物多様性
・西川芳昭さん(龍谷大学経済学部教授) エチオピアから考える持続可能な種子のシステム
・古沢広祐さん(國學院大学経済学部教授) 生物多様性条約第13回締約国会議報告
※ 他にもスピーカーご登壇の可能性があります。

日時:2017年1月22日(日)13:30〜15:30(開場13:20)
場所:〒153-0063 HUB Tokyo 東京都目黒区目黒 2-11-3 印刷工場1階
会費:ラブオファー(愛の投げ銭)制度
問い合わせ/申し込み先:school(@)peaceseed.jp  ※(@)の()を取ってください。
担当窓口:ピースシード(浜口真理子)

【Impact HUB Tokyoとは】
Impact HUB Tokyoは、株式会社HUB
Tokyoが運営をする、社会的インパクトを生み出そうとする起業家やチェンジメーカーのコミュニティであり、欧州、北米、アジア、アフリカなど、世界約86箇所に存在し、のべ15,000人を超えるImpact
HUBネットワークの一員です。2013年2月の開設以降、現在、220名を超える起業家、スタートアップチーム、企業内起業家、NPOリーダー、フリーランス、アーティスト、エンジニアなどが集まるコミュニティへと成長し、メンバー間のコラボレーションを生み出しながら今なお拡大を続けています。
日本語版サイト http://hubtokyo.com/ English site: http://en.hubtokyo.com/
posted by 自然村 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年12月05日

しめ縄作りの会

今年も、上野長一さんに、緑米の藁を使ってしめ縄作りを教えてもらいました。
自然村はもうお飾りしてます。DSC04818.JPG

           DSC04808.JPG
神社のしめ縄や正月のしめ縄と紐や生活道具用の縄とは撚る方向が違うんですって。
撚って、撚り合わせてシンプルな輪飾りを作って練習し、DSC04807.JPG
3本の縄を編んで清々しいしめ縄を作りました。DSC04806.JPG

年々、洗練されて素敵なしめ縄ができています。

お昼ごはんはもちろん50品種の平和と共生のお米 いろいろ米のおむすびです。DSC04810.JPG
今回は、上野さんのこしひかり2カップといろいろ米1カップの割合で炊きました。

そして、さる&りすさんの立派な里芋や大蔵大根、黒田5寸人参や牛蒡、油揚げ、宇奈根ねぎ・きのこの味噌汁。
そして、米と野菜と違えど同じ種を守り続ける仲間として心を通わせる岩崎政利さんの長崎赤かぶの甘酢漬けと赤紫さつま芋焼き芋を召し上がっていただきました。

御飯の後は、上野さんの一年の米作りのお話を伺いました。DSC04811.JPG
稲刈りの時にはもう次の米作りのことを考えているのだそうです。
多分、ほとんど一年中、米作りのことを考えているんじゃないかな〜
奥さんに聞いた話でも、日に何度も田んぼを回り、稲に頬ずりしていることもあるそうです。

補助金に頼らない自立した米作り、農薬や化学肥料を使わない米作り、種を繋ぐ米作りは私たちの想像を超える労働があることが分かりました。種もみにする穂ののげを抜く作業なんてしている農家さんはどのくらいいるでしょうか?
苗床用に軽トラック3台分の土をひとりで篩にかける。聞いてのけぞっている人がいました。
米作りの間に、小麦・ライ麦作りもあります。

一面苦労の多い農の道を選んだ上野さんは、それだからこそ出会えた人との繋がりや自然の豊かさ、創造性を羽ばたかせる自由さを語ってくれました。

今年は少人数の参加でしたが、その分、ゆとりをもってしめ縄作りをしていただけたり、
農家の庭先で車座になって話をしている感じでよかったな、と思いました。
参加者のみなさんはどんな感想を持たれたでしょうか。

素敵なお正月飾りができました。よいお正月をお迎えになられますね
DSC04813.JPG
上野さん、みなさん、ありがとうございました。楽しい時間でした。
posted by 自然村 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年11月27日

サラダマスター鍋料理講習会

チタン合金316Ti=医療用人口骨やペースメーカーにも使われる最高性能のチタン合金ステンレス。
サラダマスター鍋は世界で唯一316Tiを使用しています。
      DSC03928.JPG

12月18日(日)11〜14時
サラダマスター鍋を実際に使って料理講習会を開きます。

既にご購入のお客様は使い方のレッスンに、購入を検討なさっている方には実際の説明に、
この機会にご参加ください。
参加費はおひとり¥500
申し込みは自然村へ рO3−5927−7787

サラダマスター鍋は他の鍋に比べると高価ですが、一度お使いになるうちにじんわりその良さを感じることのできる鍋です。
売りっぱなしでなく、長く長く長く家族の健康を守る台所のよりよきパートナーとして活用していただくために、料理講習会を開いていきます。

生命力あふれる野菜やお米、調味料などの素材の美味しさを十分に引き出して毎日の食卓を丁寧で楽しいものにするお鍋です。

只今、マイナーチェンジ前のお鍋の20%OFFのセール中です。大変お得なチャンスですので、商品によっては完売もしくは極少数になっているものもあります。ご注文の際は在庫をお問い合わせください。
ミニマムセットは初めて購入の方、お子様の為の離乳食作りに検討なさる価値はあると思います。
マイナーチェンジ後の商品も10%OFFの感謝セールが12月1日〜23日、ございます。


posted by 自然村 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年11月26日

しめ縄作りの会

お誘いです。
12月4日(日)10:00〜13:30 
      お正月飾り、しめ縄を作る会

    DSC02729.JPG   
無農薬で500品種以上の米の種を繋ぎ、50品種の米を混植で育てるお百姓さん
上野長一さんに教わるしめ縄作りの会です。
古代米の緑米の稲藁を使って縄綯い(縄つくり)をして、シンプルなお正月飾りを作ります。
   DSC02728.JPG
2017年は手作りのしめ縄を飾って、清々しく、神様をお迎えしませんか?

しめ縄作りの他、上野さんに米の多様性のこと、種を守るということお話してもらいましょう。
そして、知っているようで知らない、米作りの一年についても教えてもらいたいと思います。

色々米のおむすびと温かい汁を用意します。
会場:自然村  
会費:大人1000円、子供500円
予約申込みは自然村へ。申込みをお待ちしています。
お申し込みは、ご来店、FAX、電話、メールなどの手段で、人数をお知らせください。
汚れても良い服装、暖かい服装でお越しください。

posted by 自然村 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年11月05日

はちみつ屋さん

オリジナルのはちみつ作り、
いろいろなはちみつの小瓶ができました。DSC04692.JPG
          DSC04694.JPG
クレヨンで模様も描いてラベルも作った人もいます。DSC04695.JPG

来月12月2日(金)もあぱかばあるの3種の蜂蜜のご紹介と
オリジナル蜂蜜作りのワークショップします。
クリスマスバージョンのラッピングもありですねクリスマス
予定に入れておいてくださいね。

2015年度と2016年では同じ花蜜でも味や香りが違うことにみなさん、驚かれます。
2016年のカマヒも華やかで好評でした。DSC04693.JPG
posted by 自然村 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年05月26日

ねりま まちゼミ

第3回ねりま まちゼミに参加します。
        DSC04136.JPG
6月26日(日)です。
伊吹島の大羽いりこが6月下旬、新物になります。
そのころには在来種の夏野菜も始まっているので、
いりこ出汁と在来の夏野菜のミニ講座をします。

みなさまの参加をお待ちしています。

まちゼミのチラシを見ると練馬の個人商店主さんたちみんな頑張っているな〜と感じます。
自然村の所属している武蔵関駅前商店街でも何軒かミニ講座を開きます。
興味があれば気軽に参加してはどうでしょう。
posted by 自然村 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年04月03日

花仕込み 2倍麹味噌仕込み会

昨日午前中から大白大豆を浸水し、今朝6時から煮はじめました。
今年は、サラダマスター鍋で煮ました。
       DSC03980.JPG
吹きこぼれなく、豆が踊ることなく、ことこと静かに煮えました。
余熱でふっくら煮上がっています。
       DSC03979.JPG
煮汁も甘く美味しいので、参加のみなさんに飲んでいただこうと思います。

使った鍋は5Qウホック鍋(4.7L)と7Q鍋(6.6L)。各、大豆1kgづつ煮ました。
5Qウホック鍋は縁ぎりぎりの大豆と水なので煮こぼれしたりして無理じゃないかと思ってましたが、杞憂でした。全く煮こぼれなし。

準備済んで、10時開始を待ってます。

4名の参加予定でしたが、おひとりひどい風邪を引いて欠席。かわりに私が容器に詰める前まで作って届けました。
みなさん初心者と思ってましたら、お子さんと一緒の方のみ初めてで、おふたりは経験者でした。
ささっと手際も良い仕込みでした。
前年の味噌を混ぜ込むと発酵を促すとか、蓋にするとかび防止になるなど、新しい情報を教えていただきました。

仕込み完了。
魔法をかけておきましたので絶対に美味しい味噌になること間違いありません。参加してくださってありがとうございました。わーい(嬉しい顔)

途中の写真は・・・・撮れませんでした。

        DSC03981.JPG
茹で汁、甘く美味しかったです。
posted by 自然村 at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年03月12日

味噌仕込みの会へのお誘い

4月2日(土)と3日(日)、
味噌仕込みの会を企画しています。まだ募集中です。
詳細はこちらです。
http://blog.sizenmura.jp/article/174102041.html

締切が3月14日(月)ですのでお申込みをよろしくお願いします。

昨年の味噌仕込み会に参加してくださった方が出来上がった味噌を持ってきてくださいました。
実はどんな仕上がりか気になっておねだりしたんですがねわーい(嬉しい顔)

         DSC03912.JPG
2倍麹の味噌です。
ふんわりした風味で甘みがありとても美味しい味噌になっています。
初めて作った味噌です。お友達に少しずつプレゼントしているそうです。そうしたくなる気持ち分かるな〜

初めての方もこんなに美味しい味噌ができますよ。参加お待ちしています。

自分で作る味噌材料の予約も3月14日(月)です。お忘れなきよう。
posted by 自然村 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年02月29日

まちゼミ

久しぶりに頭をしぼりしぼり考えた進行と準備をした「まちゼミ」10名の参加者で行いました。

F1品種・固定種・在来種の説明⇒雲仙こぶ高菜と福立菜の味比べ⇒お出汁のお勉強⇒昆布・鰹節・いりこの説明と味見⇒お出汁の味比べ⇒在来種の野菜をお出汁で食べる。でした。

参加者の方がたの味覚は素晴らしいかったです。野菜の味比べの表現に驚きました。

お料理は、弘岡かぶと福立菜のお吸い物、雲仙こぶ高菜と油揚げの炒め浸し(葛仕立て)、赤水菜と3色人参の信田巻(胡麻ソース)、日本ほうれん草のお浸し。
それから出しがら昆布を使って、日野菜と万木蕪と昆布の浅漬け、出汁がら鰹節のふりかけ、昆布のポン酢醤油。
最後に「いろいろ米のおむすび」お米の多様性です。
写真を撮ることは全く忘れた2時間でした。

反省点、改良点を検討してミニ講座を企画していこうと思います。とっても勉強になりました。来てくれた皆さん勉強させていただきました。ありがとうございました。

まちゼミの後、国分寺のカフェスローへ。
「よみがえりのレシピ」の渡辺監督の新しい映画「味覚レッスン」を見て、監督と上映について打ち合わせをしました。

蛇足ですが、ところで、自然村の2年寝太郎味噌はかなり旨いと自信を得ましたよ〜


posted by 自然村 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年02月22日

まちゼミ

練馬区商店街連合会の第2回得する街のゼミナール
まちゼミDSC03870.JPG
練馬区内に配布された折込をみるとたくさんのお店が特色ある面白そうな講座を開かれます。
もっと地域に開かれた店になるよう努力したいと、自然村も街ゼミに参加することにしました。

2月28日(日)に店内でミニ講座を開きます。お題は、
出汁と在来種・固定種の野菜を楽しむ会
興味をもってくださった方が予想以上に多く、申込み開始から直ぐに定員いっぱいになってキャンセル待ちの方も。驚きでした。

みなさんが興味を深めて楽しんでいただけるように
2時間でどんなふうに進めたらよいか頭を絞ってます。
あともう少しで当日になるので、ドキドキしてきました。

日曜日は、スーパーへ行って「ほんだし」と人参を買いました。たまにスーパーの棚やお客さんのお買いものの様子をみるのは参考になります。
ほんだしは昆布や鰹節、いりこと食べ比べに使います。

鰹節を削る時間や出汁をとる時間を計ったり、進め方を考えて過ごしました。
        DSC03869.JPG
とった出汁はターサイと青梗菜のお浸し。里芋団子と牡蠣のから揚げのあんかけにしました。
出汁は3品の味にしようかな〜

だしがらの昆布は細切りにして紅芯大根・弘岡かぶ・大野紅かぶの浅漬けに、
鰹節は乾煎りして胡麻・松の実とでふりかけにしました。

在来種の野菜はなにがよいか。
今週の岩崎さんの野菜は、お願いしてつけ菜の多様性をみていただけることになります。
なにが届くか楽しみですが予習に時間ぎりぎりです。勉強してない試験前の学生時代の気分再現です。わーい(嬉しい顔)



posted by 自然村 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年02月17日

花仕込み 味噌作りの会 お誘い

ただ今、手作り味噌材料 生麹・豆・塩の予約を承っています。
自然村では味噌作りを始めるのに桜の花の咲いたころからをお勧めしています。
菌たちが喜ぶ季節を待って。
http://blog.sizenmura.jp/article/173973713.html

3月31日の生麹の到着を待って、
初めて味噌を作る人のための
    味噌作りの会を企画しました。

味噌を作ってみたいという方がた、募集します。講師は私ですが・・・わーい(嬉しい顔)

日時:4月2日(土)13〜14時半 4名
   4月3日(日)10〜11時半 4名
会場:自然村店内
参加費:5000円・・約3kgの味噌をお持ち帰りできます。
持ち物:三角布・エプロン・軍手・タオル・味噌を仕込む容器・食塩(重石にするので一番安い塩1.5kg)
申込み:自然村へ参加費5000円を添えて申し込みしてください。遠方から参加の場合は指定口座にお振込みください。
 

合鴨農法さわのはなの麹と片品村在来品種大白大豆(自然農天日乾燥)・土佐の天日塩あまみを使って贅沢な2倍麹味噌を仕込みます。
味噌作りの手順を覚えたら来年からは家庭で作ることができますよ。

仕込む甕をご希望の場合はご相談にのります。

では、お申込みをお待ちしています。申込み締切は3月14日です。
posted by 自然村 at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月07日

しめ縄、正月飾り作り

上野さんは棕櫚の葉で細工をするのが得意です。
       DSC03693.JPGDSC03692.JPG

いろいろ米のおむすびとけんちん汁などの昼食をとりながら、上野さんにお米の話を聞きました。
500品種を超える稲を毎年、育てて種を繋げています。そのうちの幾品種かを持って来てくれました。
       DSC03694.JPG

稲わらの感触はどうだったでしょうか。
みんな綯わないが上手。いくつもお飾りができました。
上野さんが届けてくれた柚子や、
棕櫚細工の亀を作って目出度い飾りができました。
        DSC03696.JPG
参加してくださってありがとう!
素敵な注連縄お正月飾りで良い年をお迎えください。

来年はみんなで大注連縄を作りましょう と、
上野さんがおっしゃいました。
来年も注連縄作りしましょうね。

みなさんがお帰りになって、一息つきながら、楽しかった満足感でいっぱい。
お腹が空いておむすび結んで食べようるんるん
冷めても美味しいねっexclamation
       DSC03697.JPG
いろいろ米と農林48号のおむすびです。
お昼に用意したおむすびは全部きれいになくなりました。
「小さいのと大きいおむすびとどっちがいい?」大きいの!
「いくつ食べる?」4つ
といったお嬢ちゃん。たくさんのおむすびが載ったお皿を持って嬉しそうでした。

源助大根や甚五右ヱ門芋、筑摩野5寸人参、岩槻ねぎなどのけんちん汁も空っぽになりました。手(チョキ)

ラペも好評でしたよ。
        DSC03698.JPG
鶴首南瓜のラペです。クラタペッパー黒胡椒と富士酢プレミアムが鶴首南瓜の甘さと合っていた。
posted by 自然村 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月06日

上野長一さんとしめ縄作り

上野長一さんとしめ縄作り、お正月飾り作り
NOWexclamation
       DSC03681.JPG
        DSC03682.JPG
        DSC03683.JPG
        DSC03684.JPG
        DSC03685.JPG
        DSC03686.JPG
        DSC03687.JPG
        DSC03688.JPG
        DSC03690.JPG
posted by 自然村 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月02日

お正月飾り

準備がありますので、参加希望の申込みは12月5日午前中までにご連絡ください。12月6日(日)10:00〜13:30 
      お正月飾り、しめ縄を作る会

    DSC02729.JPG   
無農薬で500品種以上の米の種を繋ぎ、50品種の米を混植で育てるお百姓さん
上野長一さんに教わるしめ縄作りの会です。
古代米の緑米の稲藁を使って縄綯い(縄つくり)をして、シンプルなお正月飾りを作ります。
   DSC02728.JPG
2016年は手作りのしめ縄を飾って、清々しく、神様をお迎えしませんか?

しめ縄作りの他、上野さんに米の多様性のこと種を守るということ、色々米のこと、原爆稲のことを話してもらいましょう。
色々米のおむすびと温かい汁を用意します。
会場:自然村  会費:大人1000円、子供500円
予約申込みは自然村へ。申込みをお待ちしています。
お申し込みは、ご来店、FAX、電話、メールなどの手段で、人数をお知らせください。
汚れても良い服装、暖かい服装でお越しください。
昨年の会の様子です。
        DSC02772.JPG

        DSC02774.JPG

        DSC02777.JPG
posted by 自然村 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月25日

蜂蜜の試食会

いくつかの蜂蜜を販売しています。その中で、自然村開店時以来18年間ロングセ〜ラ〜の蜂蜜をご紹介します。
あぱかばあるのマヌーカハニー 500g¥3980
        DSC03658.JPG
蜂蜜の試食販売会
寒くなって喉の痛みやイガイガ・咳に悩むことが多くなる季節には天然の蜂蜜があると助かることがありますね。ということで、
11月28日(土)、今週の土曜日です!
あぱかばあるさんに来ていただいて、 マウントリッチモンド森林公園内にあるマウンテンバレイ養蜂場の100%ナチュラルな蜂蜜のご紹介をいたします。

マヌーカ蜂蜜の他に
ふわふわの白く小さな花のカマヒの蜂蜜、
太古の昔から一度も人の手の入っていない原生林に巣箱を置いて集められたネイティブブッシュ蜂蜜の味もみていただきます。

11月28日10時半頃〜暗くなるまで頃まで在店して、みなさまをお待ちします。
ほっと温かいハニードリンクでお迎えしますね。喫茶店


「マヌーカ蜂蜜は美味しくないけど体に良い」といわれるけど、「あぱかばあるのマヌーカは美味しい!」と評価されるのには理由があります。
「蜂蜜は薬としてでなく美味しく滋養のある食べ物として味わって欲しい」という生産者とあぱかばあるさんの考えが蜂蜜に良く表れています。

あぱかばあるの理念は、
安全性
・化学肥料、農薬、添加物は一切使用しない「天然」であること
生産者から直接入手
・生産者自らが巣箱を管理し、収穫後も自分の作業所で瓶詰めされていること
(工場や大型機械を通さないもの)
・現地のその土地へ行かなければ手に入らないこと
・空港やおみやげ店で販売されていないこと(非大量生産)
ユニークなおいしさ
・ミツバチが元気であること
・巣箱の環境がよいこと ・生産者が誇りをもって楽しく生産していること
・ミツバチそして原生花そのものの個性を楽しんでいただける味であること
posted by 自然村 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月18日

しめ縄、お正月飾りをつくる会

12月6日(日)10:00〜13:30 
      お正月飾り、しめ縄を作る会

    DSC02729.JPG   
無農薬で500品種以上の米の種を繋ぎ、50品種の米を混植で育てるお百姓さん
上野長一さんに教わるしめ縄作りの会です。
古代米の緑米の稲藁を使って縄綯い(縄つくり)をして、シンプルなお正月飾りを作ります。
   DSC02728.JPG
2016年は手作りのしめ縄を飾って、清々しく、神様をお迎えしませんか?

しめ縄作りの他、上野さんに米の多様性のこと種を守るということ、色々米のこと、原爆稲のことを話してもらいましょう。
色々米のおむすびと温かい汁を用意します。
会場:自然村  会費:大人1000円、子供500円
予約申込みは自然村へ。申込みをお待ちしています。
お申し込みは、ご来店、FAX、電話、メールなどの手段で、人数をお知らせください。
汚れても良い服装、暖かい服装でお越しください。
昨年の会の様子です。
        DSC02772.JPG

        DSC02774.JPG

        DSC02777.JPG
posted by 自然村 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年11月17日

種市

タネから食べるを考える種市

12月5、6日、吉祥寺キチムと食堂ヒトトで行われる、固定種・在来種の種の作物と食べ物のマーケット、
4、5、6日に食堂ヒトトと東急百貨店吉祥寺店2階テラス北側で行われるトークがあります。
種市公式HPをご覧ください。
https://www.facebook.com/taneichi.at.kichijoji
4日の「八百屋たちのタネ会議」で、ミコト屋さん、warmerwarmer高橋一也さんと一緒に自然村の吉村文夫も話します。

種市のご案内、店頭、店内に置いてあります。
店頭では、ごせき芯とり菜や大和真菜、市川小松菜、東京べか菜の側に置いてみました。
       DSC03643.JPG
みんなはこの1週間にどんな種類の野菜を家で食べたかな〜?ってフト思ってお客さんに聞いてみました。
大根・じゃがいも・人参、キャベツ、・・葉物は使いやすい小松菜が多そうでした。

今、デパ地下や駅ビルのお惣菜売り場には色とりどり色彩の鮮やかな野菜を使ったお惣菜がいっぱいです。
紅芯大根なんてそこらじゅうで使ってます。お洒落なレストランやカフェにも個性豊かな固定種在来野菜が使われています。固定種・在来野菜も随分メジャーになってきたな〜と思います。
 ところが、日本に流通する在来種・固定種の野菜は1%にも満たないそうです。
 だとしたら、毎日の台所で調理され、家族の食卓にのぼる固定種・在来種の野菜の割合はいったいどのくらいなんでしょう・・・


誰かが食べ続けなければ、誰かが守りつづけなければ消えてしまう種たち。
華やかな場所で使われ食べられるだけの野菜でなく、元来その土地土地の風土と人々の暮らしと結びついたさりげない作物であったはず。

固定種・在来種の野菜は本当に美味しい。
食べる時だけでなく、洗う、切る、香る、困惑する、探し当てる、私の中にあった新しい感覚と出会う、
毎日の台所で食べられるうちに、感じてそして見えてくる世界があると、
私は実感しています。



ごせき芯とり菜は江戸時代、中国から長崎に伝わったというが不詳。江戸東京野菜の芯とり菜の主要産地江戸川区の後関種苗が改良育成した品種です。大きく育った菜はちりめん白菜、唐人菜、長崎白菜などと呼ばれます。岩崎政利さんも長崎唐人菜の種を守っていられますが、今年は出た芽が「あれっ?違う!なにか別の種と間違えてる」ということになってしまったそうです。どうも種採りのワークショップの時に間違って名前が付けられたようです。ということで、今年は岩崎さんの長崎唐人菜はありません。来年に期待しましょう。
ごせき芯とり菜は青梗菜が日本に広まる前は中華料理の炒め物やスープの具に使われていました。

大和真菜はそのルーツは古事記に記された「あおな」だと言われていて原始系に近い品種です。大変美味しい菜です。

東京べか菜の「べか」とは小さいという意味。明治時代「べか舟」という小さな和船で一年中東京の市場に出荷された小型の葉っぱを「べか菜」と呼んだようです。



posted by 自然村 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報