2019年01月12日

鶏と麦の宴に参加して〜ティク・ナット・ハン

             DSC08303.JPG
命のスープ・ありがとうのスープを提供して、
ほろほろとなった肉もすべてカレーにして頂きました。DSC08309.JPG

店主が「鶏と麦の宴」の感想を記録として書きました。
長文ですが紹介します。

参加している時に、店主がティク・ナット・ハンの「味わう生き方」のことを考えていたなんて
妻は思ってもいませんでした。わーい(嬉しい顔)

「鶏と麦の宴」に参加して

 最初に、絹田さんから鶏の飼育についてお話がありました。鶏はキジ科で、鶏の研究者がキジの腸を調べたら腐葉土が多かったそうです。このことを知り、絹田さんは繊維質の多いものを飼料として与えようと考え、米と麦、醤油の搾り粕、豆乳の搾り粕を発酵させたもの、干柿の皮を放置して液状になったもの、りんご果汁の搾粕、干し草、規格外の野菜などを与えています。これらの飼料は、すべて近くから集められ、遺伝子組換えの飼料は含まれていません。鶏舎の床には木の切りくずのおがくずを厚く置いていますが、鶏はこれも食べているようです。絹田さんは、繊維質の多いものだけでなく発酵した飼料も与え、鶏の健康を第一に考えて飼育をされています。これは、命を大切に考えた仕事をされているのだと思いました。
 鶏舎の床はおがくずが一杯なので、ふかふかの床です。
 鶏たちは、いい飼料を与えられ、平飼いで自由に動くことができます。そして、鶏小屋には雄鶏がいて、牝鶏を守っているので落ち着きがあります。健康な鶏たちは、いい卵を産んでいると思われます。北海道の想いやりファームの乳牛たちは大事に育てられているので、雑菌のない乳を出します。ですから、無殺菌で飲むことができます。絹田さんのところの鶏たちも、想いやりファームの
乳牛たちと同じように健康な鶏だと考えられます。
(絹田さんは、前は別の場所で鶏を飼っていました。そこは民家が近く、雄鶏の鳴き声がうるさいと苦情がありました。そこで、絹田さんは雄鶏を飼うのをやめました。そうしたら、牝鶏たちの落ち着きがなくなり、弱い鶏を攻撃することが出てきました。それで、現在の地に移ってきたのです。雄鶏の重要性は、群馬の名古屋コーチンを育てているところでもお聞きしました。牝鶏を守る雄鶏は大事な存在です)

 羊の解体、豚の解体、鶏の解体を見たことがありますが、実際に自分の手で解体するのは全く違いました。命をいただくということが実感として伝わってきます。食材としてのお肉ではわからない感覚がありました。命あるものを食べ物として頂くのことは、生命のあるものを殺さないと食べることができません。食べることの原点を体験することで、今までとは違う感覚が生まれています。
 今回の企画には、小さい子も多く参加していて30名を超す集まりでした。特に宣伝もしなくても、人から人に伝わり、5年も続いているそうです。今後も、食べることと命の原点を味わいたい人に伝わっていくのだろうと思いました。

 マインドフルネスで有名なティク・ナット・ハンの著書に「味わう生き方」があります。その最初に「手の中のりんごは宇宙である」と書かれています。
 本文には、「手のひらのリンゴをじっくり見ていると、リンゴの木の面倒を見てきた農家の人たち、実をつけるのを待っていた花、肥えた土地、先史時代の海洋性の動物や藻類の腐敗した残骸でできた有機物質、それらの元である炭化水素、輝く太陽、雲、雨が見えてきます。これら広範囲に及ぶいろいろな要素や多くの人の協力がなければ、目の前のリンゴは存在しなかったはずです。
 このようにリンゴをしっかり意識しながら食べると、リンゴと世界、そして自らの人生にいろいろな気づきが生まれます。母なる大地と宇宙が与えてくれるものを讃え、自然を祝福しながら食べることは瞑想そのものであり、私たちの精神性を深めます。意識とそれによって得られる深い洞察によって、食べ物や自然、世界中の人びとのつながりを感謝する大きな気持ちが生まれます。リンゴがリアルに生き生きと感じられてくると、自らの人生も、よりリアルに生き生きと感じてくるでしょう。」
 今回の参加で、ティク・ナット・ハンのリンゴのことを思い出しました。

「味わう生き方」と程遠いと突っ込まれる店主です。わーい(嬉しい顔)
同じくガサツな私のガサツ夫婦はもっと見えないものを見る力を
養わないとね。
そういう力を与えてくれるものたちに恵まれているのだから。

2019年01月08日

命のスープ ありがとうのスープ

明日 水曜日はご来店のみなさまに
スープを提供させていただきます。DSC08303.JPG

明日水曜日は隔週で入荷する下伊那郡下條村親田高原の卵屋さんの卵の入荷日です。
提供するのは親田高原の卵を産み続けてきてその役目を果たした鶏の骨や肉をコトコト長時間煮込んだものです。

1月6日、自然村2人は親田高原の卵屋さんで開かれた「鶏と麦の宴」に参加しました。
           DSC08302.JPG
絹田さん家族と
鶏の解体の指導とスープを作ってくれた自由が丘のル・ジュジュ鈴木琢也さんhttp://le-joujou.sakura.ne.jp/news.htmlです。

卵屋さんのあるところは遙かに山々を見渡し、雪を頂いたアルプスの山々。辺りに人家はほとんどなく、DSC08257.JPG
            DSC08259.JPG
聞こえる音といえば雄鶏のコケッこっこーという雄たけびとコーコッコという牝鶏の鳴き声だけです。
            DSC08261.JPG
このように雄鶏が居て平飼いの養鶏は日本全体の5%位だそうです。
鶏舎の臭い臭いは全くありません。クンクン嗅いでみれば少し乳酸発酵の匂いがするだけです。
            DSC08272.JPG

絹田さんのところでは一般の養鶏よりも長く約2年半経った産卵の下がった鶏を廃鶏にします。
一般に廃鶏になった鶏は業者に売られて何かに加工されているのですが、
絹田さんは
一回一回の食卓には、食材ひとつひとつに命があったことや、様々な人が関わって料理され、並んでいることを伝えたいと、
大切に育てた鶏の命が参加してくれた人の命となって繋いでいく場をつくっています。
(自家用に燻製にしたりして全て廃鶏を食べているそうです。)

ひとグループに一人が鶏舎に入って鶏を捕まえます。私は怖気づいて店主が捕まえました。
鶏舎の土は厚くふかふかだそうです。
鶏は静かに抱かれています。DSC08275.JPG
優しく穏やかな眼をしていて、暫くの間ふっとその眼が思い出されました。

屠殺の仕方を絹田さんと鈴木シェフが教えてくれる時、伝えてくれた言葉は、
 頸動脈を切る時、時々「ごめんね」という人がいますが、
ごめんね、ではなく、「ありがとう」と言ってください。
鶏や動物だけが命あるものでなく、
麦や野菜も命あるものです。
同じ命を頂いているのです。DSC08279.JPG

私は羽を押さえました。店主が頸動脈を切りました。鮮血が糸のようにすーっと流れ落ちていきます。
羽を押さえる私の手には物凄い力が押し返してきます。
生きたい、まだ生きている、という命の力全てが手に伝わってきました。
不思議と怖いとか気持ち悪いとかそんな気持ちは全く湧いてきません。
可哀そうという気持ちも沸いてこなかったのはなぜだろう。
小さな子供達が大勢参加していたのですが静かで穏やかな空気が流れていました。

ハウスの中で鈴木シェフがやり方を教えてくれ、各グループ1羽づつ解体しました。
解体は思った以上に力のいる作業でしたが、
皮を剥くのも羽をむしり取るのも優しくやってあげないとと
心から思ってしました。
良い餌を食べて清潔な環境で暮らした鶏の内臓はとても綺麗な色でした。DSC08292.JPG
心臓・肝臓・砂肝・腎臓・鮮やかな赤は肺です。腸などは処分しました。
ごま油と塩で焼いて食しました。
とてもとても美味しかった。ご馳走様。
一羽にこれだけの内臓。焼鳥屋さんの焼鳥一串に何羽分!?安すぎない!??

解体が終わって、
ご飯の時間です。DSC08298.JPG
玄米卵かけご飯は、親田高原の卵はひとつひとつ黄身の色と味が違います。
季節によっても違います。
それは季節によって与える餌が違うから。
季節の果物野菜。
春ならよもぎもあるし、夏なら緑の草。
冬の今は草を発酵させたサイレージ。

鶏一羽一羽の好物もある。ハートたち(複数ハート)

30p×30p×40pのケージに2羽入れられて、効率的に産卵するように設計されたサプリメントのような給餌をされ、卵の黄身の色も何なりと変えられる養鶏の仕方は卵の味は同じかもしれない。

絹田さんが、「まず、醤油をかけないで、他の人の黄身の味をみてください。」って。

2年半平飼の鶏舎で歩き回っていた鶏の肉は硬くて、肉として食べるには味は良いけど向かないので、スープとして頂くのが一番よいということで、
鈴木シェフが煮込んで作ってくださった鶏と有機野菜のスープ。
味は、月桂樹・クローブ・黒胡椒・タイムのハーブスパイス以外は塩のみ。
本当に本当に美味しい美味しいスープです。

子どもたちもみんな美味しそうに食べていました。DSC08299.JPG

ご馳走様でした。とても美味しく頂きました。
ありがとうございました。

昨日、持ち帰った解体した肉をコトコト煮込みました。
美味しい美味しいスープになるように丁寧に脂とアクを取りました。
野菜も丁寧に刻みました。
明日朝、仕上げをして、親田高原の卵屋さんの話とスープを提供させていただきます。
限られた量ですので少しづつですが、
味わいにどうぞお越しください。DSC08303.JPG








2018年12月17日

柑橘の名前

女性の名前のような柑橘がたくさんありますね。

早香です。DSC08200.JPG
温州みかんとも趣向が変わってこれも大変美味しいです。
一足早く春の雰囲気を纏っているように感じます。
熊本県肥後有機の会 有機栽培です。

2018年12月15日

初霜

佐久間さんの最後に収穫・おだかけ天日干しを終えたお米が届きました。

その名の通り、初霜が降りるころ収穫が始まるお米です。
はつしもです。DSC08195.JPG
店主は岐阜県羽島市出身。
揖斐川近くの料理屋さんで会食すると、コースの最後の御飯はハツシモです。
お料理でお腹いっぱいになっていても、
ハツシモは食べられるんですよ。

佐久間さん田は春にれんげ畑になります。肥料と農薬を一切使わずに栽培し、おだかけ天日干しで熟させます。
4品種玄米で販売しています。ご希望の分搗で精米いたします。
農林22号DSC08196.JPG

イセヒカリDSC08197.JPG

ハツシモDSC08195.JPG

かぐらもち米DSC08198 (1).JPG

かぐらもち米で作った玄米あられも美味しいです。

果物

果物自慢ぴかぴか(新しい)

澤登さんのオリジナル軟毛種キウイフルーツ
電話でお願いしたのは牧11号。
本日届いたのは牧11aDSC08193 (1).JPG
aって?
問い合わせました。

牧11号は、1975年に葡萄とキウイフルーツのルーツを尋ねて中国を訪れた際にフリーマーケットで見つけたキウイフルーツの原種の種子を持ち帰り、それを播いて選抜育種したものです。

牧11号は黄色い果肉。大変甘いのに甘さがすっきりしていてべたつかないのです。
非常に非常に香りもよい美味しいキウイフルーツで、
食べた人を魅了するキウイです。
牧11a号は、牧11号から枝分かれ枝変わりしたもので、更に甘いキウイフルーツだそうです。DSC08194 (1).JPG
約500g入¥860で販売しています。

山形県佐藤果樹園さんのラフランスDSC08073.JPG

かすみがうら市 竹村慎一さんの可愛い苺DSC08168.JPG

香川県 宮下さんの金時蜜柑DSC06766.JPG



2018年12月12日

食わず嫌い

昔、とんねるずの番組に「食わず嫌い」というコーナーがありました。
ゲストが2人。
幾品かの料理が提供され、その中に嫌いな食べ物の入った一品があります。
料理を順番に食べながら、会話と食べる表情動作を観察して、お互いの嫌いな料理を当てるという趣向でした。
ゲストの苦手な食材の中でパクチーという頻度が多かったように記憶しています。
その頃はパクチーなんて私は見たことも食べたこともない未知の食べ物でした。
実際、パクチーに出会った私はその香りは好きじゃない〜でした。

さて、あなたは、
パクチーはお好き?DSC08180.JPG

実は、岩崎政利さんが昨年から作り始め、野菜セットにも入って来るのですね。
それも一袋にふさふさ一杯入っています。
大好きな人からはとってもお買い得な沢山の量です。

パクチーはお好き?

野菜セットを買ってくださっているHさんから
「私や家族含めてパクチーが苦手です…あせあせ(飛び散る汗)
食べれない人のために何か食べやすい調理法があれば是非ブログでご紹介いただけたら有り難いです。」というメールが届きました。

そこで、定期購入のみなさんに聞いてみました。
パクチー苦手な人からも好きな方からも
沢山のお返事をいただきました。

Sさんからは、
パクチーは、うちでも私と娘が苦手で
クックパッドで見かけた、パクチーと分からない「ごま和え」というのを見かけて試したのですが、スーパーよりしっかりとした味のある岩崎さんのお野菜…味がしっかりありました…主人が美味しいと一人で食べてはくれましたが、
うちでも、苦戦しております。


Oさんは、
パクチーは、食べず嫌いで購入したことがなかったのですが、
洗って、一口食べてみたら美味しくて!クセになりそうです。

 野菜炒めにしたり、お味噌汁の薬味として入れたりして頂いています。
でも、この前、ネットでパクチーのパスタのレシピを見つけたので、
それも作ってみたいと思っています。


Kさんは、
「パクチー」、私は大好きなので参考にならないかもしれませんが、ジェノベーゼのようにしていただくのが好きです。
私は好きなので、シンプルにパクチーと塩、オリーブオイル、にんにくでフープロにかけてペーストにしたものをパスタに和えるのが大好物ですが、にんにく醤油やレモン汁、パルミジャーノを多めに加えるとパクチーの香りは和らぐかもしれません


Aさんは、
パクチーですね、私はあの香りが大好きなので苦手な方の参考になるかわかりませんが、鶏肉のスープには馴染み易いと思います。夫がベトナムのフォーが大好きなので、時々それっぽいものを作るのですが、鶏肉のだしともやしが絡まったところにレモン汁とパクチーがアクセントになっていい味のハーモニーが生まれます。


我が家は、
深谷もやしのナムルにパクチーを混ぜると、白と緑で色鮮やかになって、パクチーの苦手な店主も私も
これは普通に食べています。

娘から、昼頃、メールあり。
春菊とコリアンダーのサラダ美味しい合う手(チョキ)
春菊たべきったよ
春菊の延長にパクチーが香る感じが好相性な感じがします
味はしらすと胡麻油と醤油とゆず果汁

鶏のささみやそぼろでよりエスニック風にしても良いだろね


みなさん、ありがとうハートたち(複数ハート)

2018年12月09日

生クリーム

手づくりクリスマスケーキセットの申し込みDSC08171.JPG
その後、
ないわ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

帰宅したら、娘から鋭い指摘。
15pのケーキ台に生クリーム200mlじゃあ、
生クリームをサンドして側面を塗ったらデコレーションできないよ。
上は砂漠みたいになっちゃう。

そだね〜

デコレーションの仕方次第だけど生クリーム2個はいるよ。

そだね〜

ということで、生クリーム2個を用意することをお勧めしますハートたち(複数ハート)
丹那生クリーム¥490×2個
生クリームたっぷり手づくりケーキセット合計¥2990ですハートたち(複数ハート)

明日の午前中まで申し込み待ってます。わーい(嬉しい顔)DSC08168.JPG

2018年12月08日

私の可愛い苺と手作りケーキセット

手(チョキ)茨城の竹村さんの
私の可愛い苺が始まりました。DSC08168.JPG

栽培管理状況を包み隠さず全て披露しています。DSC08170.JPG
真正直な苺です。
農薬散布は今年は10月10日に1回。
化学肥料は一切使っていません。

自分の孫にも安心して食べさせられる苺です。DSC08169.JPG

竹村さんの苺を見て、
ずっと考えてきたこと、今日、しようと実行してみました。
クリスマス手づくりクリスマスケーキセットクリスマスDSC08171.JPG
店の前とレジの前に貼りました。
これに乗ってくれたお客さんが1名、申し込んでくれました。
嬉しいわ手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

本日締切となっていますが、10日(月)午前中までなら予約を受けられます手(チョキ)

ケーキ屋さんには美味しそうなクリスマスケーキがいっぱいですね。
そちらはそちらにお任せしてわーい(嬉しい顔)
お家で子どもたちとわいわい作るのも良い思い出。
スッポンジ台を作るのはハードル高いという人にいいんじゃないかな〜って思ったの。
           DSC08171.JPG
丹那の生クリームはとっても美味しい生クリームです。
竹村さんの可愛い苺でデコレーションバースデー
スポンジケーキにはクリスマスの飾りと蝋燭もついてます。バースデー

私は、孫と作ろと考えてます。ハートたち(複数ハート)

もう一人くらいこの思い付きに乗ってくれる人現れないかな〜わーい(嬉しい顔)

メール:tane★sizenmura.jp(★を@に変えてください)や電話でご連絡ください。
   *発送の場合はチルドで送ります。ご相談ください。

来年はもっと早い時期に提案するようにしよっとわーい(嬉しい顔)

2018年11月19日

ジンジャーシロップ

帰宅した家人が

カフェの匂い〜るんるんってね。わーい(嬉しい顔)

新生姜ジンジャーシロップ作りました。DSC08043.JPG
ピーラーを普段使わないのでピーラーで薄く切れないよ〜
包丁で薄く薄く切って、
スパイスは
シナモンスティック、クローブ、ナツメグ、赤唐辛子DSC08058.JPG
            DSC08044.JPG
くつくつ煮てDSC08044.JPG
生姜が透明になって水が半分ほどになるまで煮詰め、
レモンがなかったので柚子を搾って入れちゃいました。DSC08049.JPG

ジンジャーエール大好きハートたち(複数ハート)

福田里香さんのコーディアルレシピで作りました。
レモン果汁多めのピンクジンジャーや
キャラメル風味のジンジャーシロップ、
蜂蜜を使った加熱しないレシピもあります。
どれも作ってみたい。   byカフェ併設夢見る乙女ババ。
       

大分の無肥料無農薬自家採種新生姜500g入
大変好評です。DSC08033.JPG

水を一滴も使わない、生姜と洗糖だけで作った生姜シロップ(生姜糖)もどうぞるんるん

晩御飯は生姜ご飯を作りました。わーい(嬉しい顔)
簡単美味しい!

2018年11月14日

佐久間さんの新米 始まりました。

佐久間さん、コウノトリを目撃したそうです。
鷺よりも大きかったそうです。
メールのあった前日の新聞にコウノトリの写真が。DSC07997.JPG
赤ちゃんをくちばしで運ぶ擁いていたイメージとはちょっと違いました。わーい(嬉しい顔)

佐久間さんの新米が一部入荷しました。
れんげ畑・自家採種・無肥料・無農薬・おだ掛け天日乾燥
玄米で販売しています。ご希望の分搗きで精米いたします。

神楽もち米DSC08017.JPG
神楽もち米の穂は赤がほんのりのって美しいのですよ。


イセヒカリDSC08018.JPG
これは用水が早く止まってしまった田んぼの稲です。根を深く伸ばし、枯れることなく、実をつけてくれました。
苗の時、水分の少ない状態で育ったからよかったのでしょう。

佐久間さんは今週最後の刈りとりです。初霜の刈り取りです。
でも、まだ初霜は降りていないようです。
北海道にようやく初雪がみられたというニュースです。

2018年11月05日

富有柿

富有柿が始まりました!

金太郎さんの商標 いつみても素敵だな〜と思います。DSC07968.JPG

早速剥いて食しました。
美味し過ぎ〜〜るんるん
             DSC07969.JPG
試食にお出ししたらすすっともうひとつ召し上がりました。わーい(嬉しい顔)
柿好きの男性多いです。ハートたち(複数ハート)

B品でいただいているので味の良さに比してお買い得です。手(チョキ)

富有柿の期間は短いのでどしどし召し上がってくださいね。
白和えやサラダに美味しいですよるんるん

2018年11月01日

かおり梨

自慢の箭内さんのかおり梨。
今年は今までで一番多くの方に知っていただいています。

かおり梨は栽培に難しく、幻の梨ともいわれています。
当店で販売している価格よりも通常でも高額で、
高級果物店では驚くような価格で販売されているようです。

普通、かおり梨の栽培は見栄えを綺麗にするために袋掛けをしていますが、
箭内さんは袋を掛けない方が美味しい梨になると、無袋栽培です。
当店では見かけでは何も言う人はいません。

瑞々しく、本当に滴る果汁
箱の外へも漏れるほどの香り
柔らかな果肉
上品な甘さでありながら食後に十分な甘さを感じる。
これだけの美点のあるかおり梨ですが、

栽培が難しいことと、
芯ぐされ病の発生や熟すと果肉が茶色くなりやすいという欠点があるそうです。
果肉が茶色くなった個体は今年もありました。DSC07956.JPG
けれど、それを食べてみるとそういうのは果肉は若干柔らかくなっていますが
甘みが強いことが多いのです。
皮の緑のものよりも黄色く熟した方が味がよいのですが
リスクがあります。
見た目では分からないので選別できないのです。
食べてみて判断していただけると有難いです。
そのことを理解していただけないと生産者はかおり梨を作り続けることはできません。

そして、そのことをきちんとお客さんに伝え、
お客様の声を聞くことが私共の仕事だと
改めて強く感じます。
お客様はお話すれば快く理解してくださる方ばかりで
本当に有難いことだと感謝しています。
だからこそ一層
心して努めていきます。

生産者に本当に美味しいものを作り続けてもらうためには
販売者と消費者のコミュニケーションが大事ですね。

今シーズン最後の入荷のかおり梨、もう少しあります。
咽喉を潤してくれます。

2018年10月27日

ライム

ライム煮込み料理DSC07907.JPG
ライムが大好きという娘が作ってくれました。
ライムの果汁と皮を入れて煮込んであり、爽やかな酸味と香りがします。
ライムの色綺麗です。

クスクス
茹でキャベツのアンチョビバター和え
アンデスレッド(池松さん)と興農ファームのボローニャソーセージのマヨネーズ・粒マスタード和え

私は店でライムを砂糖漬けしました。
上手くライムシロップが出来るといいな。DSC07913.JPG
ライム、調べるといろいろに使えそうです。
みなさんもいかがですか。

2018年10月26日

かおり梨

昨晩は満月でしたね。

かおり梨、終盤になりましたので沢山送ってもらいました。DSC07903.JPG1個¥600

今まで食べた中で一番美味しい梨
という声をいただきました。

箭内さんにお伝えしたら
「東京の高級果物店の上に住んでいる人がうちのかおり梨の方が旨いというんだね。
粘土鉱物を使わないとこの味は出ないんだね。」

多くの人に伝えたいですね。箭内さんのかおり梨の香りと味。

2018年10月20日

十三夜 栗名月

十五夜 お月見しましたか?
私は天高く輝く十五夜お月さんを拝みましたよ。
そして、
明日10月21日は十三夜です。


ネットによると、「十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。 ちなみに、十三夜の読み方は、「じゅうさんや」と言います。 中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。」

十五夜月だけでは片見月といい、縁起が悪いというそうですよ。そんなことを知ると気になっちゃいますね。

すすきや栗、豆をお供えし、豆名月とか栗名月といわれます。

ということで、
山形真室川の無肥料無農薬栗が入っています。
DSC07717.JPGわーい(嬉しい顔)
我が家は、昨晩、銀杏と栗の炊き込みご飯をしました。
今晩も作ろうかな。
栗剥き作業好きなんです。わーい(嬉しい顔)

栗ご飯には黒ごまが欠かせませんね。DSC07730.JPG
パラパラと振りかけるとぐっと一層美味しそうに引き立ちます。

また、お月見には葡萄のように蔓のあるものを供えるとよいそうです。
これまた、澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどうを用意しましたね。わーい(嬉しい顔)DSC07687.JPG

私は明日、鹿児島枕崎で十三夜のお月様を拝みます。
東京で見る月と同じかな。わーい(嬉しい顔)

2018年10月16日

稲刈り

10月14日 夜来の雨は東京を出発の6時頃も強く降っていました。
稲刈りができるか上野さんは相当心配したようですが、
高速を走る途中から雨あがりました。

各地の農家さんの農作物をさんざんに痛めつけた台風でした。
            案山子と稲.jpg
でも案山子たちは大丈夫だったようです。手(グー)が、
丈の長い稲は倒れたものもあります。
倒れた稲の下になった低い稲は可哀想でした。

           田.jpg
鋏を使って580品種の穂を採っていきます。
種の採取。種採取.jpg
稲の多様性を直に目にし、手に感じることのできる貴重な時間です。

            赤のげ.jpg
眼を引く稲の美しさは何度見ても魅力的ですが、
一見地味でありきたりに見える稲も手に取ってみると穂.jpg
その美しさ、手に伝わる重みと籾の感触に心打たれます。

昼ご飯までには全ての種採りは終わって、昼ご飯.jpg
心づくしのお弁当をいただきます。
       
この頃には強い日差しで、朝早く起きた私は眠くて眠くて
眠くて堪らず、草に座って目を瞑ってもいられず
コンバインで稲刈りする音を聞きながら
田の畔の草の上に横たわって眼を瞑りました。
ふわふわの草の上で寝たのは初めてです。

上野さんはコンバインを動かしながらそれを見て、私が具合が悪くて倒れているんじゃないかと
心配したんですって。わーい(嬉しい顔)
奥さんが声を掛けて起こしてくれました。

             コンバイン.jpg
             落穂ひろい.jpg
             落穂ひろいを.jpg
店主がコンバインの後を落穂拾いをしてます。
店主は米農家育ち。
落穂拾いは年寄りの仕事だったそうです。
落穂を勿体ないと拾う店主の姿を
私は結構優しい目で見ていたと思いますよ。わーい(嬉しい顔)

種播き、苗代作り
田植え
出穂調査
種採り
一緒の時間を共にした仲間と記念撮影をしました。集合写真.jpg
米作りで一番大変な除草をしてませんね〜わーい(嬉しい顔)来年は除草作業も共にしたいです。パンチ

今年の稲刈りは全て終わってほっと。
しめ縄作りに使う緑米を手に談笑。緑米藁談笑.jpg
             緑米藁.jpg
しめ縄作り、今年も12月にしますよ。

私が今回、田で思っていたことはね、
米は安過ぎる!
苗づくりから全て無農薬栽培する米作りは手間のかかる大変な作業の繰り返しです。
種蒔から稲刈りの間だけじゃなく、種を播く以前から始まる作業がいくつもあります。
おむすび1個の米を作るまでにどれだけの労働と想いが込められているか!

でした。
お米、食べてね。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

2018年10月08日

澤登さんの葡萄

敬愛する澤登さんの完全無農薬有機栽培の葡萄
私の宝果物

もっと多くの人に知ってもらいたいと
先週からひとつづつ紹介しています。
ビアレスはもう食べましたか?DSC07687.JPG

もっと多くの方にと、今週もピアレスを送ってもらいました。
きっと楽しんで喜んでいただける葡萄です。

そして、ピアレスを食べた人には
次に、
牧5号を紹介します。DSC07705.JPG
澤登さんの農園で選抜した品種です。まだ正式な名前はついていません。
とても糖度が高くとても甘いです。只甘いのでなくコクがあります。
皮はパチッと弾けます。甘い果肉をつるんと飲んで
皮を噛んで美味しい所を余さず楽しみます。
私は皮は出します。

今日は東京マスカットも届いたのですが売れてしまいました。

澤登さんの葡萄は後、それほど長くの期間ありません。
どうぞ逃さないようにご賞味いただきたいと思います。

2018年10月06日

西北さんのたねなし柿

奈良県西吉野の山の上に住む西北さんの
たねなし柿が届きました。

自然村自慢の生梅の生産者さんです。

今年も西北さんの柿を販売できて
心からよかったと思っています。

というのは、
昨年、奈良は大雨であちこち土砂崩れし、大きな被害が出ました。
西北さんもたねなし柿の収穫後の大雨で大被害を受けられたのです。
山の上の畑のその上にある源水地が溢れて、
たねなし柿の畑が根ごと流され無くなっていたのだそうです。

富有柿の畑の上の道路も流され、収穫は人力でしかできず、契約のところへの出荷だけで、
昨年の富有柿はいただくことはできませんでした。

あちこちで畑が流されたところがあったそうです。

そして、今年、
豪雨強風の大型の台風が何度か奈良辺りを通りました。
心配で気にかかりながらも昨年の再来があったらと思うと
なかなか電話を掛ける勇気がありませんでした。

でも、先日、思い切って電話をしました。
今回の台風(24号)は普通の台風だったそうです。が、
先回の大風の台風で「ここら」の柿は葉がいっぱい千切れたそうです。
西北さんの畑は南向きの畑は少ないそうですが、南向きの畑の柿は、丸坊主になるくらいに葉が千切れたそうです。
柿は林檎と違って落ちにくいんだそうです。
が、葉がないと実に精がないそうなんです。

柿が採れたらいつでも良いので送ってください。といいました。

今朝、たねなし柿が届きました。ハートたち(複数ハート)

本当に心から心から嬉しかったです。DSC07703.JPG
早速切って食べました。
店主とふたりで1個はすぐになくなりますね。わーい(嬉しい顔)
今年も変わらず、とてもとても美味しいです。ハートたち(複数ハート)



2018年10月05日

ピアレス

私の宝物のひとつ
敬愛する澤登さんのぶどうを紹介します。
遠くにお住いのお客様にも
自然村のある関町や石神井、西東京のみなさんにも
澤登さんのぶどうを一人でも多くの人に伝えたい。

今回は、ピアレスです。DSC07687.JPG
みなさん、きっと食べたことのない味だと思います。

濃厚で、私はキャラメルのような濃厚さと思います。
皮が柔らかいのでそのまま皮ごと食べられます。
種はカリカリしているので齧ることもできます。
もちろん、皮や種は好き好きです。
ほとんど流通にのっていないので知る人は少なく、
出会う機会もほとんどの人が無いと思います。
だからこそ、ひとつひとつ、
ひとりひとりにお伝えしたいです。


澤登さんの栽培する多様な葡萄は幻の葡萄といわれるオリンピア、巨峰を超えるブラックオリンピアのような大粒ぶどう以外は中粒ぶどうです。
オリンピア、ブラックオリンピアの4倍体の大粒でも、
ジベレリン処理(ホルモン剤・抗生剤)を使っていないので
一般の大粒ぶどうよりは控えめです。
たくさんの品種を全て不耕起草生完全無農薬、無化学肥料で栽培しています。

援農で畑を訪れるたびに思うのです。
そのたくさんの品種のぶどうが、
それぞれのぶどう本来の香りと味を熟成しながら
商品棚に並ぶために、ではなく、
それぞれ自らの生きる姿で畑で生きている。
そんな気がするのです。
(もちろん、販売することが目的の農業ですのでそのための手間はかけているのですし、高い剪定技術を要しているのです。)

小さな子供にも、病気の方にも安心して食べていただける
まして、完全無農薬の葡萄を販売できることは本当に名誉なことで幸せだと思っています。



2018年09月29日

佐渡の舞茸

佐渡島の古澤さんから今年も
露地原木舞茸が届きました。

標高300m
栃の巨木の森の培地で、ブナの落ち葉をお布団に
古澤さんのお世話と佐渡の自然の流れの中で
顔を出した舞茸です。
一年に一度の味覚をお楽しみください。

一年中出回る菌床栽培とは全く別物の香りと歯ざわりです。DSC07682.JPG
             200g¥660

刈屋さんの肴豆DSC07653.JPG

直送の鮮さんまDSC07661.JPG

週末のメニューは豪華ですねるんるん