2018年11月14日

佐久間さんの新米 始まりました。

佐久間さん、コウノトリを目撃したそうです。
鷺よりも大きかったそうです。
メールのあった前日の新聞にコウノトリの写真が。DSC07997.JPG
赤ちゃんをくちばしで運ぶ擁いていたイメージとはちょっと違いました。わーい(嬉しい顔)

佐久間さんの新米が一部入荷しました。
れんげ畑・自家採種・無肥料・無農薬・おだ掛け天日乾燥
玄米で販売しています。ご希望の分搗きで精米いたします。

神楽もち米DSC08017.JPG
神楽もち米の穂は赤がほんのりのって美しいのですよ。


イセヒカリDSC08018.JPG
これは用水が早く止まってしまった田んぼの稲です。根を深く伸ばし、枯れることなく、実をつけてくれました。
苗の時、水分の少ない状態で育ったからよかったのでしょう。

佐久間さんは今週最後の刈りとりです。初霜の刈り取りです。
でも、まだ初霜は降りていないようです。
北海道にようやく初雪がみられたというニュースです。

2018年11月05日

富有柿

富有柿が始まりました!

金太郎さんの商標 いつみても素敵だな〜と思います。DSC07968.JPG

早速剥いて食しました。
美味し過ぎ〜〜るんるん
             DSC07969.JPG
試食にお出ししたらすすっともうひとつ召し上がりました。わーい(嬉しい顔)
柿好きの男性多いです。ハートたち(複数ハート)

B品でいただいているので味の良さに比してお買い得です。手(チョキ)

富有柿の期間は短いのでどしどし召し上がってくださいね。
白和えやサラダに美味しいですよるんるん

2018年11月01日

かおり梨

自慢の箭内さんのかおり梨。
今年は今までで一番多くの方に知っていただいています。

かおり梨は栽培に難しく、幻の梨ともいわれています。
当店で販売している価格よりも通常でも高額で、
高級果物店では驚くような価格で販売されているようです。

普通、かおり梨の栽培は見栄えを綺麗にするために袋掛けをしていますが、
箭内さんは袋を掛けない方が美味しい梨になると、無袋栽培です。
当店では見かけでは何も言う人はいません。

瑞々しく、本当に滴る果汁
箱の外へも漏れるほどの香り
柔らかな果肉
上品な甘さでありながら食後に十分な甘さを感じる。
これだけの美点のあるかおり梨ですが、

栽培が難しいことと、
芯ぐされ病の発生や熟すと果肉が茶色くなりやすいという欠点があるそうです。
果肉が茶色くなった個体は今年もありました。DSC07956.JPG
けれど、それを食べてみるとそういうのは果肉は若干柔らかくなっていますが
甘みが強いことが多いのです。
皮の緑のものよりも黄色く熟した方が味がよいのですが
リスクがあります。
見た目では分からないので選別できないのです。
食べてみて判断していただけると有難いです。
そのことを理解していただけないと生産者はかおり梨を作り続けることはできません。

そして、そのことをきちんとお客さんに伝え、
お客様の声を聞くことが私共の仕事だと
改めて強く感じます。
お客様はお話すれば快く理解してくださる方ばかりで
本当に有難いことだと感謝しています。
だからこそ一層
心して努めていきます。

生産者に本当に美味しいものを作り続けてもらうためには
販売者と消費者のコミュニケーションが大事ですね。

今シーズン最後の入荷のかおり梨、もう少しあります。
咽喉を潤してくれます。

2018年10月27日

ライム

ライム煮込み料理DSC07907.JPG
ライムが大好きという娘が作ってくれました。
ライムの果汁と皮を入れて煮込んであり、爽やかな酸味と香りがします。
ライムの色綺麗です。

クスクス
茹でキャベツのアンチョビバター和え
アンデスレッド(池松さん)と興農ファームのボローニャソーセージのマヨネーズ・粒マスタード和え

私は店でライムを砂糖漬けしました。
上手くライムシロップが出来るといいな。DSC07913.JPG
ライム、調べるといろいろに使えそうです。
みなさんもいかがですか。

2018年10月26日

かおり梨

昨晩は満月でしたね。

かおり梨、終盤になりましたので沢山送ってもらいました。DSC07903.JPG1個¥600

今まで食べた中で一番美味しい梨
という声をいただきました。

箭内さんにお伝えしたら
「東京の高級果物店の上に住んでいる人がうちのかおり梨の方が旨いというんだね。
粘土鉱物を使わないとこの味は出ないんだね。」

多くの人に伝えたいですね。箭内さんのかおり梨の香りと味。

2018年10月20日

十三夜 栗名月

十五夜 お月見しましたか?
私は天高く輝く十五夜お月さんを拝みましたよ。
そして、
明日10月21日は十三夜です。


ネットによると、「十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。 ちなみに、十三夜の読み方は、「じゅうさんや」と言います。 中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。」

十五夜月だけでは片見月といい、縁起が悪いというそうですよ。そんなことを知ると気になっちゃいますね。

すすきや栗、豆をお供えし、豆名月とか栗名月といわれます。

ということで、
山形真室川の無肥料無農薬栗が入っています。
DSC07717.JPGわーい(嬉しい顔)
我が家は、昨晩、銀杏と栗の炊き込みご飯をしました。
今晩も作ろうかな。
栗剥き作業好きなんです。わーい(嬉しい顔)

栗ご飯には黒ごまが欠かせませんね。DSC07730.JPG
パラパラと振りかけるとぐっと一層美味しそうに引き立ちます。

また、お月見には葡萄のように蔓のあるものを供えるとよいそうです。
これまた、澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどうを用意しましたね。わーい(嬉しい顔)DSC07687.JPG

私は明日、鹿児島枕崎で十三夜のお月様を拝みます。
東京で見る月と同じかな。わーい(嬉しい顔)

2018年10月16日

稲刈り

10月14日 夜来の雨は東京を出発の6時頃も強く降っていました。
稲刈りができるか上野さんは相当心配したようですが、
高速を走る途中から雨あがりました。

各地の農家さんの農作物をさんざんに痛めつけた台風でした。
            案山子と稲.jpg
でも案山子たちは大丈夫だったようです。手(グー)が、
丈の長い稲は倒れたものもあります。
倒れた稲の下になった低い稲は可哀想でした。

           田.jpg
鋏を使って580品種の穂を採っていきます。
種の採取。種採取.jpg
稲の多様性を直に目にし、手に感じることのできる貴重な時間です。

            赤のげ.jpg
眼を引く稲の美しさは何度見ても魅力的ですが、
一見地味でありきたりに見える稲も手に取ってみると穂.jpg
その美しさ、手に伝わる重みと籾の感触に心打たれます。

昼ご飯までには全ての種採りは終わって、昼ご飯.jpg
心づくしのお弁当をいただきます。
       
この頃には強い日差しで、朝早く起きた私は眠くて眠くて
眠くて堪らず、草に座って目を瞑ってもいられず
コンバインで稲刈りする音を聞きながら
田の畔の草の上に横たわって眼を瞑りました。
ふわふわの草の上で寝たのは初めてです。

上野さんはコンバインを動かしながらそれを見て、私が具合が悪くて倒れているんじゃないかと
心配したんですって。わーい(嬉しい顔)
奥さんが声を掛けて起こしてくれました。

             コンバイン.jpg
             落穂ひろい.jpg
             落穂ひろいを.jpg
店主がコンバインの後を落穂拾いをしてます。
店主は米農家育ち。
落穂拾いは年寄りの仕事だったそうです。
落穂を勿体ないと拾う店主の姿を
私は結構優しい目で見ていたと思いますよ。わーい(嬉しい顔)

種播き、苗代作り
田植え
出穂調査
種採り
一緒の時間を共にした仲間と記念撮影をしました。集合写真.jpg
米作りで一番大変な除草をしてませんね〜わーい(嬉しい顔)来年は除草作業も共にしたいです。パンチ

今年の稲刈りは全て終わってほっと。
しめ縄作りに使う緑米を手に談笑。緑米藁談笑.jpg
             緑米藁.jpg
しめ縄作り、今年も12月にしますよ。

私が今回、田で思っていたことはね、
米は安過ぎる!
苗づくりから全て無農薬栽培する米作りは手間のかかる大変な作業の繰り返しです。
種蒔から稲刈りの間だけじゃなく、種を播く以前から始まる作業がいくつもあります。
おむすび1個の米を作るまでにどれだけの労働と想いが込められているか!

でした。
お米、食べてね。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

2018年10月08日

澤登さんの葡萄

敬愛する澤登さんの完全無農薬有機栽培の葡萄
私の宝果物

もっと多くの人に知ってもらいたいと
先週からひとつづつ紹介しています。
ビアレスはもう食べましたか?DSC07687.JPG

もっと多くの方にと、今週もピアレスを送ってもらいました。
きっと楽しんで喜んでいただける葡萄です。

そして、ピアレスを食べた人には
次に、
牧5号を紹介します。DSC07705.JPG
澤登さんの農園で選抜した品種です。まだ正式な名前はついていません。
とても糖度が高くとても甘いです。只甘いのでなくコクがあります。
皮はパチッと弾けます。甘い果肉をつるんと飲んで
皮を噛んで美味しい所を余さず楽しみます。
私は皮は出します。

今日は東京マスカットも届いたのですが売れてしまいました。

澤登さんの葡萄は後、それほど長くの期間ありません。
どうぞ逃さないようにご賞味いただきたいと思います。

2018年10月06日

西北さんのたねなし柿

奈良県西吉野の山の上に住む西北さんの
たねなし柿が届きました。

自然村自慢の生梅の生産者さんです。

今年も西北さんの柿を販売できて
心からよかったと思っています。

というのは、
昨年、奈良は大雨であちこち土砂崩れし、大きな被害が出ました。
西北さんもたねなし柿の収穫後の大雨で大被害を受けられたのです。
山の上の畑のその上にある源水地が溢れて、
たねなし柿の畑が根ごと流され無くなっていたのだそうです。

富有柿の畑の上の道路も流され、収穫は人力でしかできず、契約のところへの出荷だけで、
昨年の富有柿はいただくことはできませんでした。

あちこちで畑が流されたところがあったそうです。

そして、今年、
豪雨強風の大型の台風が何度か奈良辺りを通りました。
心配で気にかかりながらも昨年の再来があったらと思うと
なかなか電話を掛ける勇気がありませんでした。

でも、先日、思い切って電話をしました。
今回の台風(24号)は普通の台風だったそうです。が、
先回の大風の台風で「ここら」の柿は葉がいっぱい千切れたそうです。
西北さんの畑は南向きの畑は少ないそうですが、南向きの畑の柿は、丸坊主になるくらいに葉が千切れたそうです。
柿は林檎と違って落ちにくいんだそうです。
が、葉がないと実に精がないそうなんです。

柿が採れたらいつでも良いので送ってください。といいました。

今朝、たねなし柿が届きました。ハートたち(複数ハート)

本当に心から心から嬉しかったです。DSC07703.JPG
早速切って食べました。
店主とふたりで1個はすぐになくなりますね。わーい(嬉しい顔)
今年も変わらず、とてもとても美味しいです。ハートたち(複数ハート)



2018年10月05日

ピアレス

私の宝物のひとつ
敬愛する澤登さんのぶどうを紹介します。
遠くにお住いのお客様にも
自然村のある関町や石神井、西東京のみなさんにも
澤登さんのぶどうを一人でも多くの人に伝えたい。

今回は、ピアレスです。DSC07687.JPG
みなさん、きっと食べたことのない味だと思います。

濃厚で、私はキャラメルのような濃厚さと思います。
皮が柔らかいのでそのまま皮ごと食べられます。
種はカリカリしているので齧ることもできます。
もちろん、皮や種は好き好きです。
ほとんど流通にのっていないので知る人は少なく、
出会う機会もほとんどの人が無いと思います。
だからこそ、ひとつひとつ、
ひとりひとりにお伝えしたいです。


澤登さんの栽培する多様な葡萄は幻の葡萄といわれるオリンピア、巨峰を超えるブラックオリンピアのような大粒ぶどう以外は中粒ぶどうです。
オリンピア、ブラックオリンピアの4倍体の大粒でも、
ジベレリン処理(ホルモン剤・抗生剤)を使っていないので
一般の大粒ぶどうよりは控えめです。
たくさんの品種を全て不耕起草生完全無農薬、無化学肥料で栽培しています。

援農で畑を訪れるたびに思うのです。
そのたくさんの品種のぶどうが、
それぞれのぶどう本来の香りと味を熟成しながら
商品棚に並ぶために、ではなく、
それぞれ自らの生きる姿で畑で生きている。
そんな気がするのです。
(もちろん、販売することが目的の農業ですのでそのための手間はかけているのですし、高い剪定技術を要しているのです。)

小さな子供にも、病気の方にも安心して食べていただける
まして、完全無農薬の葡萄を販売できることは本当に名誉なことで幸せだと思っています。



2018年09月29日

佐渡の舞茸

佐渡島の古澤さんから今年も
露地原木舞茸が届きました。

標高300m
栃の巨木の森の培地で、ブナの落ち葉をお布団に
古澤さんのお世話と佐渡の自然の流れの中で
顔を出した舞茸です。
一年に一度の味覚をお楽しみください。

一年中出回る菌床栽培とは全く別物の香りと歯ざわりです。DSC07682.JPG
             200g¥660

刈屋さんの肴豆DSC07653.JPG

直送の鮮さんまDSC07661.JPG

週末のメニューは豪華ですねるんるん

2018年09月26日

初卵

ひよこが成長して
初めて卵を産み始めた
1か月程の卵を
初卵といいます。
甘み味が濃く、
また縁起物でもあります。ハートたち(複数ハート)

今回はベテランママさんの卵と
初々しい鶏さんの初卵と
半々で届きました。DSC07678.JPG

2018年09月22日

ピアレス

今日、届いた澤登さんの葡萄
今日は小公子の袋の中に蜘蛛を発見目
紛れ込んじゃったのね。
蜘蛛は悪さをしないので「びっくり」して
あららと笑ってくれる人に買われて行ったらいいな。

これはピアレスです。DSC07660.JPG
キャラメルのような濃厚な甘さの葡萄。
種はカリカリと齧りやすく皮も食べ易いです。
もちろん、種や皮を食べるのは好き好きです。



伊藤秀幸さんのとうもろこし

北海道 北見市の
無肥料無農薬栽培農家 伊藤秀幸さんのとうもろこし
          DSC07664.JPG
          DSC07663.JPG
一本の木から1本しか収穫しませんので甘みがギュッと!
茹でたり蒸すと湯気まで甘く香ります。

3本¥600 1本ですと¥220で販売しています。

2018年09月17日

秋の味覚祭りだよ〜〜

今朝、関町公園を抜けて来たら
彼岸花があちこちで満開でした。DSC07632.JPG

自然界の生き物たちが季節を教えてくれます。

澤登さんの完全無農薬有機栽培のオリンピアと小公子DSC07634.JPG
オリンピアは40年以上無施肥。
その他の葡萄も昨年今年も無施肥。
この間に、DSC07628.JPG
微生物のために米ぬかを少し播くだけです。

魔法の庭さんから無施肥無農薬の
洋梨DSC07639.JPG
やたらと「奇跡の」を使いたくないのですが、無農薬の洋梨は滅多なことではお目にかかれません。
輝く黄金色の皮に薄墨色があります。DSC07640.JPG
ベールを被ったお姫様。

追熟させて爽やかに酸味があります。DSC07644.JPG
このまま食べても、コンポートにしても、どうぞ〜。

まだ青い皮の、これから追熟していただく洋梨もあります。

          DSC07638.JPG
シュガープルーンは早採りです。
コンポート用に。あるいは、追熟させてお楽しみください。
やぐらねぎを又仕入れました。
だってすごくいい葱なんだもん。
先回売れ残ったのは葉っぱを食べて、球根部分を植えたよ。
今、こんなです。DSC07633.JPG
美味しくって必要な時に摘んで使え一生ものの小葱です。

このご夫妻が丹精しています。DSC05241.JPG

一切れ食べ終わって、ああ美味しいという静かな余韻があって、
もう一切れ食べたくなります。
それが続くのですよ。

豊水梨DSC07641.JPG

かおり梨DSC07646.JPG
            DSC07645.JPG
かおり梨栽培の名人です。

伊那の林檎屋さんの紅玉DSC07642.JPG
栽培履歴は殺虫殺菌合計5成分。全て有機JAS許容成分。鉄火材・落下防止剤除草剤不使用。
施肥:天然苦土・もみがら・木のチップ
いつもながら凄く詳しい真っ正直なお便りを林檎の傍に置いておくので、是非是非読んでね。
必読手(チョキ)

以上、山盛り山盛りの秋の果物です。

店の外には、みんな大好き味泉のこわれせんべい¥400が山と積まれています。わーい(嬉しい顔)

2018年09月12日

この桃がなければ 終われない

今年の久津間グループの桃は当たり年でした。(エラソ―な物言いです。わーい(嬉しい顔)
届いたどの品種も大変美味しく、お客さんに喜んでいただけた。

そして、これがなければ今年の桃は終われない。
と、入荷するのを待っていた

暑すぎた夏は過ぎて夜は涼しくなって、見上げる夜空の月も冴えてきます。
9月24日は中秋の名月
25日は十六夜

今年の桃の最後は、
お月様色DSC07607.JPG
甲斐黄桃(かいきとう)
果肉はねっとりマンゴーのようにトロピカル。
減農薬・無化学肥料。ぎりぎりまで樹上で完熟させます。

来週も注文してありますが、入荷するかは未定。
この機会に是非是非るんるん

2018年09月11日

贈り物に

贈り物にご用命いただきました。DSC07601.JPG

お祝いという事で熨斗にメッセージを代筆させていただきました。

魔法の庭のすももは、
自然村の心ばかりのプレゼントに
色彩が明るくなると思い入れさせていただきました。

本日届きました魔法の庭さんのメイプルプルーンは完売いたしました。

2018年09月10日

オリンピア

栽培が難しいことから幻の葡萄といわれるオリンピアはその甘さから「ハチミツぶどう」ともいわれます。
1979年(昭和54年)第5回サミットでの参加首脳の晩餐会の食後のデザートに供されたのが
オリンピアだったそうです。
ですので、別名「サミットぶどう」DSC06240.JPG
澤登さんのオリンピアは栽培が難しく少産であるため、
栽培当初以来、40年以上
畑に積もる草のみで施肥は一切なされていません。

お彼岸のお供えに
敬老の日のお祝いに
幻のぶどう オリンピアをいかがですか?DSC07599.JPG
ご注文をお受けします。


今日は、オリンピアを含めて5品種の葡萄が届きました。
DSC07598.JPG

2018年09月07日

お楽しみに!

魔法の庭さんが味見にと入れてくれた。
というか、
電話での話の中で、オネダリしたプルーン。

メープルプルーンが2個
この間の台風の風で落ちたのです。

大きいな。

がぶり!

わ〜ぁ!DSC07596.JPG
汁が垂れる〜!甘い〜!!
掌 濡れた。

汁が垂れるプルーンを食べるの初めてだよ〜わーい(嬉しい顔)

メールを書こうとして止めた。
電話だ電話。

熟して全部欲しいです!

欲張りです。

熟度を見て良いころに送ってもらえます。るんるん

木は1本。
施肥をしないので沢山枝を伸ばして沢山実を実らせていないそうです。
この間の台風の風で落ちてしまったこともあって
そんなにたくさんはないそうです。

来週、知らせを楽しみに待ちます。ハートたち(複数ハート)
ほっほほーーーーーるんるんDSC07595.JPG

2018年09月05日

初お目見え

店の近く、
前の通りを西方向に10メートルちょっと先にあります。
飲食店「いおり」さんが深谷もやしを買いに来てくださいました。
            DSC07590.JPG
本日のランチメニュー「いおり風ニラレバ」に使っていただきました。るんるん
武蔵関で深谷もやしの料理を食べられたお店第一号演劇
いおりさん、ありがとうございました!

毎週水曜日は、飯塚商店 深谷もやしの入荷日です。DSC07583.JPG
商店という屋号ですが、
もやし農家です。 命あるもやしを育てる農家ですパンチ
だから、自然村は売るんですよ!わーい(嬉しい顔)