2017年05月22日

生梅 梅干し材料 梅酒材料 予約

今年も梅仕事の準備です。
このような見事な青梅をご用意します。 DSC04172.JPG
完熟梅と青梅です。 DSC04207.JPG


         ご注文はお早めに!
      締め切り日にご注意ください


奈良県西吉野の西北さんの生梅の予約を承ります。
店でチラシを配布しています。遠方の方は発送もしております。メール、電話にてお問い合わせご注文ください。

先ずは梅シロップ、梅ジュース・梅酒に最適の品種 白加賀から始まりますよ〜るんるん

西北さんが丹精込め育て、丁寧に選別してくれた梅。皆さまにきっと喜んでいたただける品質の梅をお渡しします。
梅を初め、砂糖・焼酎・みりん・塩・縮緬紫蘇など材料のご用命をお待ちしてます。
ご自宅へ梅の産地直送も承っています。問い合わせください。
       今年の梅のご案内です
奈良県西吉野の山の中腹で梅と柿の木に囲まれて暮らす西北さんが育てた、とびっきりの梅です。
・化学肥料、除草剤及び成長抑制剤は使っていません。
・黒点病とハダニ防止のために硫黄合剤を3回使用しました。硫黄合剤は有機認証で認められる農薬です。

梅干し用の梅は樹上で種が完熟したものをお届けします。ですから、届いて直ぐに漬けることができます。水に一晩つけるような手間は必要ありません。
青梅を置いて追熟させたものとは別物の美味しさです。
特にお奨めの淋州は皮が軟らかく美味しいと評判です。
 
@ 梅酒・梅ジュース・シロップ用 青梅白加賀1kg¥1000  
注文締切6月5日(月)→お渡し日予定6/9(金) 白加賀エキスがよく出ると西北さんお奨めの品種です。
A 梅干し用 淋州1kg¥1000DSC05219.JPG
八重の淡いピンクの美しい花を咲かせる吉野在来の梅です。
注文〆切り6月17日(土)⇒6/23金)お渡し予定
西北さんは「梅干しにするなら、皮が薄く果肉が軟らかい淋州がおいしい。」と言っておられます。 
お客さんからも毎年好評で喜んでいただいています。
B梅酒用青・南高梅1kg¥1000
C梅干し用・梅ジュース用完熟南高梅1kg¥1000
南高梅は青梅完熟共注文〆切り6月17日(土)⇒6/22(木)お渡し予定
 *粒の大きいほうがいい方は、南高梅をご注文ください。 *完熟南高梅を使った梅シロップも香り高く美味しいです!今年は青梅のさっぱりした梅シロップと果肉も入った完熟梅シロップの両方をつくりませんか!

有機もみ紫蘇 
D300g¥440(梅1kgに1袋)
E500g¥667(梅2kgに1袋)

◎王隠堂有機縮緬紫蘇葉約300g¥625 注文締切6/27→7/3〜お渡し
◎飯田さんの無施肥無農薬縮緬紫蘇1束¥540(お渡し日未定)
 
よい塩を使いましょう。
G土佐の天日塩 あまみ 500g¥1400 、H海の精500g¥1200、I1,5kg¥3000

      玄米焼酎で梅酒を作ろう〜
H9小正酒造玄米焼酎35度 1800ml¥2890 
びわ葉エキスや果実酒にお勧めです。
I豊永蔵35度米焼酎1.8L¥3700:無農薬米の米焼酎です。家用だからこそ贅沢な焼酎を!
K角谷文治郎商店 三河みりん 1800ml¥2320
L角谷文次郎商店 有機三州みりん 1800ml¥3240・・有機三州みりんは格別の味です。

その他、有機純米酢、ブランデーなどのご要望があればお問い合わせください。
洗糖・徳用蜂蜜もご用意できます。
梅のお渡し予定日は成育状況によって変更になる場合があります。予めご了承ください。

2017年05月10日

深谷もやし 販売

2017年5月10日は もやし記念日

自然村のもやしの見方をがらっと変えた深谷もやし
あなたの「もやし感」もがらっと変えてくれるでしょう。
深谷もやし今日から販売始まりました。
毎週水曜日入荷です
ベーコン・ハム・ソーセージやチーズの置いてある冷蔵ケースの中にありますよ。
             深谷もやし.JPG
400g¥300

本来のもやしです。黄金色に輝くもやしです。
もやしやさんの誇りが一緒に輝いているのかもしれません。ぴかぴか(新しい)

緑豆もやし以前のもやしを知っている方には昔のもやしだ!と言っていただけるかもしれません。
味はもちろん栄養価も一般もやしよりに比較して数段勝っているのです。
是非、お試しください。そして、リピートしてくださったら益々嬉しいです。

もやしを店頭でほとんど売ってこなかった自然村が何故もやしを販売しようと力を入れているかはこちらをお読みくださいね。http://blog.sizenmura.jp/article/179395641.html

2017年05月09日

あけびの芽

刈屋さんが採取してくれたアケビの芽

写真では見にくいけど卵の黄身に浸してあります。酒の肴にアケビの芽卵と.jpg
ほろ苦さがお酒に合うようで、旨い!と。

私はご飯にのせてアケビの芽ご飯と.jpg 

この時期はスーパーの卵がよく売れるそうですよ。ソウルフードかな。わーい(嬉しい顔)

2017年05月08日

上野長一さん

5月5日 宇都宮大学 農村生態工学研究室のみなさんとご一緒に、上野長一さんの580品種の種籾播きをしました。
こうして学生さんたちの手伝いが入る以前は上野さん一人でしてきた作業です。
田つくり、種まき、田植え、手入れ、品種ごとの手刈り、保存の整理などなど膨大な作業をひとりで続けてこられています。
私共はイベントのように参加して楽しむだけですが、奥様のお話では、上野さんは一年中お米作りに関わる仕事を何かしらしているそうです。

580品種のお米を毎年更新していくことは全くお金に結びつくことではありません。上野さんの元に集まってきたお米たちは上野さんにとって何であるか、いつかじっくりお聞きしたいものです。

1週間ほどかけて発芽させた籾です。DSC05542.JPG
苺パックに1品種ごとに籾を播いていきます。この土も上野さんが作った土です。

脱粒しやすい品種、穂のままの品種、一部脱粒しているもの、ノゲが長いもの、ノゲのないもの、
粒が大きいもの、小さいもの。品種が同じでものげのあるものとないものがあります。
タグには誰に譲られたのかもしっかりと書かれています。
同じ品種の種もありますが、くれた人ごとに1品種として大事にしています。
DSC05546.JPG
           DSC05547.JPG
          DSC05548.JPG           
DSC05549.JPG
          DSC05550.JPG
           DSC05551.JPG
           DSC05553.JPG
           DSC05554.JPG

播いたパックを田んぼに運びます。現代ではハウスで苗を育てることが主流です。中には苗を購入する人もいます。上野さんは昔ながらに水田に苗代を作っています。DSC05560.JPG

鳥よけのネットを張って、DSC05563.JPG
保温シートをかぶせてDSC05564.JPG
水を入れます。DSC05565.JPG

苗が育って、6月11日頃に田植えになりそうです。この苗は手植えします。

自然村のお客さんに食べていただいているこしひかりと農林48号の苗代です。DSC05555.JPG

いろいろ米の苗代です。DSC05557.JPGDSC05556.JPG

いろいろ米 宝石とうもろこしみたいでしょぴかぴか(新しい)DSC04810.JPG


愛のある食べ物

2017年04月24日

たけのこ、山菜

自然村のたけのこシーズンは松熊さんの大きいのやら小さいのやらがバナナ箱に満杯に入ったのが3回届いて終了です。
もう小さい茹でたけのこが3本でおしまいです。
もう一回もらおうかな、とむずむず虫が騒ぎますが、小さな店の自然村には十分のたけのこでした。
怒涛のたけのこに圧倒されながらお客さんと楽しみを共有できたと今年も満足の日々でした。
松熊さん、ありがとうございました!
自然村のたけのこは、ただのたけのこではありませんでいた。松熊さんの心意気が詰まったたけのこでした。わーい(嬉しい顔)

このようなメールや写真をいただいています。

先日買ったタケノコは、小にしてはボリュームがありました。一部は煮物に、一部はタケノコご飯にしました。
まだ少し残っているので、近日中に中華料理にします。浦川さんたけのこ煮物.jpg

タケノコありがとう。
さっそく食べた。おいしかった!美希ちゃんたけのこご飯.JPG

2017年04月21日

宝 枇杷


もう枇杷?→屋久島なんです。
細長いんですね→農薬はもちろん、肥料を入れてないので大きくはならないんですが、実が締まってしかもジューシーで味が濃いんです。
枇杷ね・・・・(あちらこちらの庭で成るんじゃない)(枇杷のなにが?)→私の宝物のひとつです。

そういえば、4コマ漫画で「枇杷ってほんのりしてるよね」とほんのりほのぼの会話の記憶がある。
ほんのりほのぼの枇杷もいいけど、

私の宝 枇杷は、DSC05479.JPG

皮が少し縮緬になったのがこれまた美味しい。DSC05480.JPG
皮を剥けば果汁がいっぱい。充実の甘み。DSC05482.JPG
もうひとつのお宝 枇杷の種DSC05484.JPG

昨年浸けた枇杷種からエキスがでて杏仁の良い香り。DSC05485.JPG
今年の種もぼとんと加えます。DSC05486.JPG

今年の枇杷は来週いっぱいで終了の予定。短い。
自然村の枇杷販売もそれで終わります。
私の宝物をよろしく。

2017年04月17日

たけのこづくし

日曜日晩御飯、たけのこ尽くし。

白みそ、みりん、生甘酒、酒で玉みそを多めに作りました。
玉みそを山椒味噌にしてDSC05473.JPG

玉みそを辛子酢味噌にして山形在来ひろっこ(浅葱)と姫皮のぬた。DSC05474.JPG

姫皮と若布のさっと煮DSC05476.JPG

たけのこと豚肩ロースの漬け焼きDSC05477.JPG牛肉がたけのこと合うらしいですが豚肉があったので。

博多白菜の菜花辛し和えとたけのこのちらし寿司。スモークサーモン迷いましたが入れました。
酢飯が色ついているのは富士酢の手巻きすし酢を使ったから。赤酢が使われています。DSC05478.JPG

大きいたけのこ、一本まるまる使いました。

これで今年は2回目のたけのこ料理デー。

みなさんは何回食べましたか?

今日もたくさん茹でました。どうぞ、食卓に上らせてくださいね。

2017年04月14日

屋久島の枇杷

本日、屋久島を出発しました。
私の宝物 屋久島の枇杷

4月17日(月)第1弾が届きます。
土曜日までに注文をくだされば予約価格で販売します。
価格のご案内の訂正をいたしました。
重さでなく、1箱(箱の重さを入れて約1kg)枇杷24〜30個入り、半箱 枇杷12〜15個の価格に訂正させていただきました。
よろしくお願いします。
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/179300423.html

たけのこ

松熊さんが送ってくれました。DSC05464.JPG

大きい筍、茹で終わり冷ましています。

さかさまにして冷蔵庫に保存しておくと1週間でも生で天ぷらができますよ。
ちょっとくらいのえぐみも生の筍の風味と思っち、楽しんでください。
自然村のお客さんは、3回も腹に入れれば今年の筍食べたっちと思えますね。まあ、送りますから楽しんでみて
ください。

逆さまにして並べています。DSC05466.JPG

静岡産 山椒の芽も届いています。
やさかの有機白みそもあります。

2017年04月10日

たけのこ

松熊さんのたけのこ 入荷しました。
DSC05417.JPG
小さめ 1kg以下は生で販売。お家で茹でてね。無農薬米の糠付。100g¥180

家で茹でるには大きいものは、朝、茹でました。DSC05418.JPG
茹で上がって冷ましながら販売中です。

静岡県産 木の芽(山椒)もタイミングよく入荷しましたよ。DSC05419.JPG

大豆工房みやさんの油揚げもどうぞるんるん

松熊さん、素晴らしいたけのこをありがとうございます!
今年も筍ご飯、つけ焼き、煮物、酢味噌和えなどで楽しみまするんるん

2017年04月03日

屋久島 無肥料無農薬栽培枇杷

屋久島の枇杷の予約のご案内

完熟の印が皮にでています。DSC03997.JPG
私の引き出しには宝箱があります。
その中には一年の短い間だけのとびっきりのものたちが入っているのです。
そのひとつが、屋久島の枇杷です。
私がこれまで出会った中で最高の枇杷
DSC04028.JPG
肥料・農薬を一切使わず大事に手入れされ実ります。
完熟で収穫されるのでジューシーで甘みが強く、かつ、穏やかで体に馴染む美味しさです。DSC01970.JPG

DSC04015.JPG
4月10日過ぎ、まとまった収穫が始まりましたら完熟で届きます。
予約価格 1箱¥3150(税抜き)(箱の重さを入れて約1kg)
     半箱¥1700(税抜き)
予約外の価格は1箱¥3390(税抜き)、半箱¥1840(税抜き)とさせていただきます。
ご予約申し込みはFAX03−5927−7880又はメールshkp@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号・注文数を明記して注文してください。
単品又は他の商品と混載で発送もできます。
ギフトにもご利用ください。

2017年03月30日

無肥料・無農薬の苺 入荷!

3月31日記:メイドイン青空さんの苺は試食にお出ししまして、完売しました。
ありがとうございました。
次のまとまった収穫ができましたら送っていただきます。その時にはまたよろしくお願いします。

肥料も農薬も使用しないで栽培された苺が届きました。
丁寧な梱包で、傷みも見られず綺麗な苺に大満足です。
しっかりした果肉にしっかりした甘さ。強い香りではありませんが懐かしいお母さんの胸の香りがします。
完熟手前のものも混じっていますが、それも軽い酸味が甘さといいバランスになっています。
           DSC05327.JPG
1pに12〜16粒入って¥1020(税抜き)今回6パックの入荷で1パックは試食しましたので、5パックの販売です。
お早めにどうぞるんるん
明日中にご来店でしたらお取り置きもできます。

愛媛県のメイドイン青空さん。
奇跡の林檎の木村秋則さんの指導を受けて、障害を持った人たちが自立した農業をしています。

また収量がまとまりましたら送っていただくようお願いしました。

2017年03月18日

梅便り

東京では来週後半くらいから桜開花便りが聞かれそうですが、
今日は梅便り

 梅仕事の生梅の生産者、奈良県西吉野の 西北さんにお願いして、梅の写真を送ってもらいました。
西北さんが梅干し用として推薦してくれ、お客さんからも好評いただいている淋州の花を見てみたいという気持ちでした。

淋州は南北朝時代以前からの奈良在来の梅の品種と聞いています。

先ず、この白い花はみなさんよくご存じの南高梅の花です。DSC05211.JPG
当店では、梅酒用、梅干し用として販売しています。

そして、淋州はDSC05219.JPG
            DSC05218.JPG
写真がぼやけて、ちょっと残念ですがお分りですか?
可愛い綺麗なピンク色。八重です。

みなさんにお見せしたくてハートたち(複数ハート)

淋州は西吉野の梅農家さんでも、「梅干し用梅として生産」している農家さんはほとんどいないそうです。
西北さんの周りでは西北さんの他いないそうです。
淋州は植えていても、梅干し用栽培ではなく、「受粉花」として南高梅などの間に植えているそうです。
梅は単一品種だけでは実の成りが悪く、他品種の花粉を受粉することが必要なんですって。
このことはキウイフルーツも同じなんですよ。(澤登さんから教えてもらいました)

ピンクの花びらを重ねた淋州の花をいつか畑で実際に見てみたいな〜と思います。
その花びらの中に潜って蜜を吸う蜜蜂が飛び交う様も見てみたいです。
今年の気温は蜜蜂たちの働きやすい温度でしょうか。たくさんの梅の実が結ばれて、6月下旬、みなさんのお手元に届いて、梅仕事が進みますようるんるん

みなさま、西北さんの梅をお楽しみにしてくださいね。ハートたち(複数ハート)
生梅のご案内は5月半ばに入ってから配布始めます。

2017年03月07日

屋久島 旬

飯田さんが久しぶりに運んでくれました。DSC05136.JPG
白菜・山東菜・しんとり菜・市川小松菜の菜花をたくさん!
種を残すものと他は土に還すのでその前に持ってきてくれたのです。
今だけの短い、最高に美味しい野菜の花の旬

明日は、佐久間さんのチンゲン菜の菜花も届きます。ブロッコリー側枝と里芋も一緒に。

そして、屋久島から完熟さつま芋が届きました。昨年秋収穫し、寝かして寝かして最高に美味しくなって出荷される。
まだ早い、まだ早い、と待っていたさつま芋です。
無肥料無農薬栽培の
          安納芋紅DSC05137.JPG
          金時芋DSC05139.JPG
           紅東
DSC05138.JPG

黒島在来みかんのジャムと玄米ぽんせんも久しぶりの登場です。DSC05140.JPG
           DSC05146.JPG

2017年03月01日

雑穀

月曜日、南大泉で雑穀料理の教室つぶいろを主宰している植草彩子さんが在店して、
ニンジンとキヌアのつぶつぶスープ
           ご試食デー
〜やさいと雑穀の美味しいハーモニーを味わってみませんか〜
を行いました。

人参とキヌアのスープでした。お出汁は昆布と乾燥しめじで、味付けは塩と醤油。とっても美味しいお出汁のスープでした。

キヌアって食べたことありますか?南米原産の雑穀です。白っぽい小さな粒です。実は穀物でなくほうれん草と同じアカザサ科の植物の種です。でも雑穀として扱われています。私は初めて食べました。
若干癖や香りがあると聞きますが、スープでいただいたところ癖もなにもありません。くるっとCの形に見えるのが胚芽だそうです。

切った人参、キヌア、乾燥シメジ、昆布を水から煮ていけばいいそうです。手軽ですね。
もちきび、もちあわ、麦なども同様にスープにできます。
いつもの野菜スープに雑穀をプラスするだけで何倍もパワーアップするなんていいです。

キヌアの栄養素や効能についてはネットにたくさんでていますので調べてみてはいかがでしょう。


植草彩子さんは3児のお母さん。つぶつぶ料理に出会ったきっかけはお子さんのひどいアレルギーを改善したいという思いでした。
雑穀料理に出会ってそれが美味しくて、楽しんで作って食べているうちに気が付いたらアレルギーが良くなってきていたそうです。
東城百合子さんが「マイナスもプラスにする」「春は来るから」とおっしゃいますが、
植草さんもマイナスをプラスにする生き方をなさっているな〜と感じましたよ。
一回きりの試食デーでなく定期的に行っていくようお願いしました。

次回を楽しみにしていただけますよう。

ちゃんと習いたいという方は植草さんの教室つぶいろをお尋ねください。

乾燥シメジがとてもよいので来週仕入れることにしました。どうぞ昆布と乾燥シメジで手軽に美味しいお出汁を楽しんでください。



2017年02月22日

つぶつぶ料理

メディアでは日替わりのように健康や美容によいスーパーフードが紹介されていますね。

小さな小さなつぶつぶ 雑穀も身近なスーパーフードなんです!
雑穀って体に良いようだけどどうやって食べたらいいの?、どんな味がするの?
アレルギーに良いそうだけど調理の仕方が分からない。面倒じゃない?と、
ちょっと垣根が高く感じている、その垣根をぐっと低くして跨げるくらいにしてみようという試みです。
気軽に味見にお越しくださいねるんるん無料です。

  2月27日(月)11時〜14時半の間ならいつでも
植草 キヌアと人参スープ.jpg
 ニンジンとキヌアのつぶつぶスープ
           ご試食デー
〜やさいと雑穀の美味しいハーモニーを味わってみませんか〜

やさいと雑穀の料理教室「つぶいろ」主催植草彩子(うえくさあやこ)さんが雑穀スープをお客様にふるまいながら、雑穀のお話をさせていただきます。時間内ならいつでもフリーで気軽にお越しください。
植草彩子さんは、
こどもたちのアトピーをきっかけにつぶつぶ雑穀料理に出会いました。その美味しさ、楽しさにすっかりはまり、つぶつぶ料理をお伝えする料理教室を東京都練馬区南大泉で開催しています。
お子様お連れ歓迎の料理教室だ和気あいあいとアットホームに楽しく開催しています。
三児の母。末っ子は、笑顔を振りまくダウン症児。

ブログ
.つぶつぶ雑穀ごはんとおやつのまいにち
http://ameblo.jp/tsubudairy/

どうぞよろしくお願いいたします。

2017年02月16日

加計呂麻のタンカン

奄美 加計呂麻のタンカンがた〜くさん届きました。

不耕起草生自然農〜草も虫も鳥も敵としない、野生のヤギさんも敵としない。肥料ははいりません。できるだけ自然と共に〜で実った樹上完熟のタンカンです。

実にぴったりと付いた皮を剥くとハチキレンバカリの実が現れます。房がとても綺麗な放射状で、小手毬みたいに可愛く美しくなんだか胸が打たれました。

香りと味は美味しいとしか書けません・・

写真を撮ってみましたが私のカメラでは本当の色が写せません・・たらーっ(汗)

見て、手のひらへの重みを感じ、剥いてほとばしる香りを浴びて、食べて。

くさらのジャムも一緒に送ってもらいました。
ベルガモットの香りのする奄美在来の柑橘のジャムです。
プレーンヨーグルトに生甘酒とくさらジャムを入れると、絶品exclamation×2です。

ピンクグアバジャム&パッションフルーツジャム&タンカンジャム&くさらジャム
加計呂麻の自然農の果物の夢見るジャムたちが揃っています。DSC05082.JPG



2017年02月06日

サワーポメロ

屋久島の鬼塚さんのサワーポメロが始まりました。DSC05033.JPG

おお〜きいのも中ぐらいのもあります。香りがたまりません。私の嗅覚のツボに嵌る香りです。わーい(嬉しい顔)クラ〜クラ〜

緑がかった透き通る金色に輝く果肉も魅惑的です。

完全無農薬です。

2017年01月30日

みかん!

それぞれ美味しい春の柑橘がいろいろに店先を彩っていて迷う時期になりました。
冬の間主役だった蜜柑は春の柑橘にその座を譲ろうとしていますが、
どっこい!
今、熊本の加藤さんの蜜柑がめちゃくちゃめちゃくちゃ美味しいです。
るんるん
樹上完熟の蜜柑、今の時期は皮の艶は無くなっていますが、
加藤さんの蜜柑は薄皮は厚くなってますが、味の濃さは最高潮です。DSC05003.JPG

完全無農薬・肥料は下草と剪定の枝を樹の周りに置くのみです。

加藤さんの柑橘は他に
ネーブルもあります。
したたる果汁と食べた後も口に残る香りがあります。「低速ジューサーのフレッシュジュースでお客様をおもてなし」と喜んでくださったお客さんがいました。よかった。
レモン・リスボンもあります。レモネード作りにいかがでしょうか?レモンの皮は外見は綺麗ではありませんが、味と香りが素晴らしいです。

2017年01月11日

青見平の卵

朝のコーヒータイムに青見平の卵の茹で卵を!モーニングサービスです。DSC04924.JPG

厳冬期、青見平の鶏たちの餌はほぼ草のサイレージ(草を刈り採って発酵させたもの)に切り替わって、限られた量しか緑餌が無いので、黄身の色は薄くなっています。
ですが、黄身の味が一番濃くなる時期だそうです。
卵屋さんは、「ぜひ、黄身だけをお箸でつついて味を見て欲しい」と言っています。
甘いもの、クリーミーなもの、濃厚なもの、少し草臭いものと鶏個体によって餌の好みが違うので「濃い」といっても千差万別です。この自然の個体差を味わっていただけたらとおっしゃっています。

季節の卵の味、ひとつひとつ違う味。意識して食べたら分かるかな。

本日、今年初の青見平の卵が入荷しました。DSC04928.JPG

ところが、年末に入荷した卵がまだ残っているのです。そこで年末入荷の卵を10%引きにします
青見平の卵の味見にいかがでしょう。
生食の賞味期限が1月22日と23日のものです。それ以降はしっかり加熱してください。
まだまだ黄身も白身もぷりっ手(チョキ)としています。

納豆と生卵は最強の組み合わせだと思います。DSC04926.JPG
溶き卵でふわふわに混ざった納豆ご飯。納豆を進んで食べたいと思わない私でもお代わりしますもんるんるん
昨日の晩御飯もそうでした。