2021年04月20日

屋久島の枇杷

今シーズン最後の屋久島の枇杷です。

普通、露地栽培の枇杷は6月でしょうか。
屋久島は暖かいので早いんですね。
自然村はこの枇杷しか販売しません。
同じくらい美味しい枇杷が現れれば販売するかもしれませんが・・・
自然村にとって最高に美味しい枇杷です。

他の無農薬栽培枇杷は思いの他お値段がするので、屋久島の枇杷はかなりお値打ち価格なのですよ。わーい(嬉しい顔)

この枇杷とセットで焼酎も送ってください。というご依頼がありました。
農薬不使用化学肥料不使用栽培米の豊永蔵球磨焼酎35度をお勧めしました。
            4月20日屋久島枇杷.jpg
            4月20日豊永蔵.jpg

2021年04月19日

屋久島の枇杷!!再入荷

屋久島の枇杷が再入荷しました。
これが本当に最後の入荷になります。
5箱です。
1箱¥3600
半箱¥1900

枇杷ってこんなに甘いの!と驚いてください。

種はもちろん、焼酎漬けにしてお役立てくださいね。

2021年04月14日

松熊さんの筍

昨日朝掘って送ってくださいました
松熊さんの筍、夕方届きましたexclamation
家庭の鍋では茹でられないほどの大きさのものを
只今茹でています。
浮き上がらないようにお皿などを重しにしてます。4月14日茹でたけのこ.jpg

一年に筍の時期にだけ大活躍の大型寸胴鍋です。

明日の朝にはお求めいただけますよ〜exclamation

家で茹でられるほどのものは生で販売しますね。

2021年04月10日

甘夏

味が乗って来たということで
熊本の加藤さんの甘夏が届きました。4月10日加藤さんの甘夏.jpg

木成りの甘夏です。

甘くさっぱりとした酸味でリフレッシュします。

全くの無農薬栽培。刈った下草と剪定の枝を木の周りに寄せただけの自然な栽培です。
というか、典子さんおひとりなので、木が自力で実っているようです。
山全体を誠さんが見守っていることと思います。

2021年04月08日

屋久島の枇杷

屋久島の枇杷が届きました。

2回送ってくださって今シーズンは終わりになるかもしれません。

初めて屋久島の枇杷を食べた時、驚きました。
それまで、枇杷って酸味のあるまだ青いのか、のほほんとした甘さの果物という印象があったのですから。
屋久島の枇杷の濃い甘さっといったら!

今回も試食用の枇杷をいれてくださって、
このような枇杷も入っています。4月8日枇杷完熟サインプル.jpg

皮を剥いて、いただきます。
輝く果肉が現れます。4月8日枇杷素晴らしい味.jpg

種も齧りました。
美味しいとは言えないけど、杏仁の香りと一緒に飲み込みました。
枇杷の葉、枇杷の種の自然の恵みについては、東城百合子さんの「枇杷の葉療法」を参照してくださいね。

2021年04月07日

絶品筍 大きくなりました!

ズッキーン!!4月7日の筍の美しさ.jpg
ハートノックダウンの松熊さんの筍の皮の色。

いつものように届く筍が大きくなってきました。
松熊さんご自慢のめちゃめちゃ美味しい大きさの筍だ。

片手で持つにはおお〜〜の重さ。4月7日大きな大きな筍.jpg

こんなに大きな筍も切り口の美しさよ!4月7日の筍の真っ白な切り口.jpg
このままサクサク食べられそうでしょ。

絶品なんです。

屋久島の枇杷

絶品の屋久島の枇杷が明日、
再入荷します。4月3日枇杷の箱.jpg

山里の芽吹き

山梨県明野村の清水浩二さんが採取した
天然タラの芽が入りました!4月7日天然タラの芽.jpg

清浄な沼津標高250mの段々畑のよもぎ
               4月7日沼津よもぎ.jpg

蕨(灰付)4月7日蕨美しい.jpg

よもぎ、天然タラの芽ときたら天婦羅exclamation

水ぶきの香りのよいことと言ったらマスクしていてもわかるくらいです。
              るんるん4月7日水ぶき葉の佃煮.jpg

先週、ふきの煮物をしたところ大変喜んでもらえました。
出汁は、タイコウのいつものだし粉を使って、
本枯節削り節の花くらべをたっぷり入れて煮たものです。
ふきの煮物は小さい子も好きですよ。

これはいいexclamationと分かったのは、
水ぶきの葉の佃煮です。
これは本当にお勧めします。
葉を湯がいて(茹ですぎないで)水に晒して、
水気を絞って、細かく刻み、胡麻油で炒めて味醂醤油で味付けしただけでご飯のお供にぴったりです。
子どもでも食べられますよ。
更に、出汁を使ったり、粉かつおを混ぜたり、胡麻を混ぜたりしてどんどんアレンジできます。
でも、味醂と醤油、胡麻位でも十分美味しい。

蓬の新芽を楽しんだり
こういう慎ましくも自然に沿った豊かな食生活の経験を重ねていったら
いつか来る年金節約生活も楽しんで健康にできるかもと内心考えているのですよ。わーい(嬉しい顔)

今は、下記をキャッチフレーズにかわいい
都会に住んでいても自然は私の傍にある。
一番身近な自然は私の身体。そして台所。

どうでしょうか〜わーい(嬉しい顔)



2021年04月06日

屋久島新じゃが

すっからかんになりそうだった新じゃがが再入荷しました。

屋久島の新じゃがは今回、キタアカリとアンデスレッドです。
陽光が当たらないように新聞紙の袋に詰めます。4月6日屋久島新じゃが.jpg

香川のアスパラも良い香りです。4月6日アスパラ (2).jpg


新じゃがとアスパラがあったら、
あなたは何を作りますか?
私もしばらく考えています。

2021年04月03日

枇杷エキス

屋久島から絶品の枇杷が届きました。
今年も大変に甘い枇杷です。4月3日枇杷のみ.jpg
完熟の印。4月3日完熟の枇杷の印.jpg

枇杷の種を焼酎に漬けることをお勧めしています。
今までの人生、これに幾度となく助けられています。
じゃ〜〜ん、落ちたものを拾おうとしてレジ台の角に御凸を酷くぶつけてしまった〜〜
御凸、凹んだ〜
慌てて枇杷エキスをジャブジャブ振りかけるように付けてます。
脳が・・・まだ・・・
種も食べちゃおうかな〜〜〜
助けてください、枇杷様!

屋久島の枇杷

今年もとても甘い美味しい4月3日枇杷のみ.jpg

屋久島の枇杷です。4月3日枇杷の箱.jpg
一個一個の袋掛け。
袋を開けてみないと分からない。

完熟の印です。 4月3日完熟の枇杷の印.jpg
見栄えでなく本当に美味しいということは生産者さんに教えてもらわなければわからないことですね。
有難いことだと心から思います。

2021年04月02日

屋久島の枇杷は明日

明日、屋久島の絶品枇杷が届く予定です。

5箱です。

次回はいただけるかどうかは未定です。
そのくらいに収量は少ないのだそうです。
毎年、いただける数が思う以上に限られているので不思議に思っていたので
思い切ってお聞きしました。
お答えを聞いて、欲張った自分を恥ずかしく思いました。

屋久島は台風の進路にあたります。
年々大型化する暴風の台風に何度も見舞われて、木が大きなダメージを受けています。

ビワの収量というか、栽培面積をご説明させていただくとですね。

栽培している面積は大体2反ほどになります。(始めた当初から)
そこにあったおよそ100本のビワの木は現在50本ほどに減少し
6,000袋かけていたのも3,000袋に減少しております。
(そのうち全部が売り物になるわけではありません)
50本のうち元気な樹は半分くらいです。
樹がおそらく樹齢50年を超えており毎年台風の後、そのダメージを
回復できずに何本か枯れていく、といった感じです。
一般的に果樹は老木になるほど味が良いとされるのですが、
収量は減り、最悪枯れていきます。
老木で、抵抗力がない状態なのに、病気になっても薬剤もかけないので当然です。

現在、その減少スピードを少しでも緩和させようとしてますが、
老いには勝てないというか、それが自然ですからそのうち全部枯れる時がくるのでしょう(泣)

ちなみに販売は自然村様以外は全て個人のお客様です。
ご想像以上に、収穫量が少ないかと思います(笑)


屋久島の絶品の枇杷、欲しい方はお取り置きしますのでご連絡ください。
先着順になります。

2021年04月01日

茹でています

今茹でています。

茹でるために皮を剥いた筍の肌の色
うっとり4月1日美しい筍 (2).jpg

茹で上がってきていい香り〜

2021年03月31日

松熊さんの筍

福岡の松熊さんの筍が閉店間際に届きました。ゆうパックさんありがとうございます!

昨日の朝堀りのいい香りがいっぱいです。3月31日松熊さんの筍.jpg

早速、家庭の鍋では湯がくのに大きいものを茹でています。
店主は茹で上がるまで帰れません〜にこにこ

明日の開店にはお求めいただけます。

中くらいのを3本の予約の方に明日送ります。3月31日筍3本.jpg
終わってみれば短い期間の旬に筍三昧してくださって有難いことです。

蕨も3束灰汁抜き中です。3月31日蕨灰汁抜き.jpg

春の大地のエネルギーを食べる

沼津標高250mの段々畑で自然農を営む高橋さんが採取して送ってくださいました。
水ふきの葉が美しいです。3月31日沼須水ぶきの葉.jpg

蕨は灰付です。3月31日沼津蕨.jpg
蕨の灰汁抜きは簡単で色の変化が面白いので是非お子さんと一緒にやってもらいたいね。

           3月31日水ぶきと蕨.jpg

清浄な土と大気の中で摘まれたよもぎの新芽3月31日沼津よもぎ.jpg
今晩は蓬ご飯にしようと思います。

ひろこ、雪割菜、蕨、蕗、よもぎ・・たけのこ・・
春のエネルギーで大地が盛り上がっているような気がします。
それらを食べて、鬱屈と体の内に溜まった私たちのエネルギーを開放しましょう。
伸びやかに伸びやかに。
桜の花の上に真っ青な空が見えますね。見上げると心も体も昇っていくような気がします。

2021年03月30日

黄金柑

黄金柑といったら山本剛さん!!30日黄金柑.jpg
写真の色が緑がかっているけど
皮の色は黄金色です!
中は、朝日の輝く光の矢の色です。

食べたことのない人は是非に!!

2021年03月29日

有機アボガド

メキシコ産有機アボガドの取り扱いが始まりました。3月29日有機アガド.jpg
美味しいのはとても美味しいし、栄養価も素晴らしい。
            
でも、アボガドの熟度の見極めって分からない。
「皮を軽く押して柔らかくなったら」というけど、
とりあえず、「指で押さないで目で選んでください。」と
POPにお願いを書きました。
熟度を見極めるのはお求めになったものをご自分の手でしてくださいね。

美味しいアボガドはほんと美味しいけど、
青いのは不味いし、熟度を過ぎたのは傷んでいるし、
そんなときのショックは結構ある。
このアボガド凄く美味しいといいなと願ってます。ハートたち(複数ハート)

木の芽

ポラン広場東京の生産者さんの山椒の芽が始まりました。
             3月29日山椒の芽 (2).jpg
お吸い物、炊き込みご飯、ちらし寿司、煮物などに添えると
風味はもちろん、気持ちがぐっと上がりますよね。

添え物だけでなく、作りたくなるのは木の芽味噌です。
季節の和風マヨネーズみたいに使います。
材料は
木の芽
味噌
洗糖
だし汁
卵の黄身

酢味噌にするには木の芽味噌に酢を加えて混ぜて使います。

先週の松熊さんの筍は無事完売しました。次回は
明日採れたら、水曜日の夕方か木曜日朝、届きます。
筍には木の芽ですね。ハートたち(複数ハート)
木の芽和えも魅惑的でしょ。黒ハート DSC02000.JPG

2021年03月24日

ブログを毎日チェック!出汁取り

颯爽とご来店。
「筍がいつ入るか、毎日ブログをチェックしてた。」
と、大きなゆでたけのこをお買い上げいただきました。茹でたけのこ.jpg
「出汁も取ってあるの。」と颯爽とお帰りになりました。
準備万端!
素晴らしい!
それだけ松熊さんの筍を楽しみにしてくださっていたのだと思います。

泥棒を捕まえてから縄を綯うような私は大いに見習わないといけません。

おそらく日本で最高のお出汁をひける材料が揃っています。
家庭で簡単にとれますよ。素材に勝る技術なしですから。
             24出汁材料たけのこ.jpg

2021年03月23日

松熊さんの筍

先ほど、届きました!
昨日の朝堀り筍です。23日初物筍.jpg
           23日松熊筍切り口真っ白.jpg
早速、大き目は湯がいています。23松熊さんの立派な筍.jpg
明日の開店からお買い求めいただけます。

家庭の鍋で湯がけるサイズは生で買うのがお勧めです。
なぜって、
松熊さんのお勧めは生で天ぷらや焼いてみてください!!だからです。
生のまま切って、上質なオリーブオイルやほうろく屋さんの菜種油で焼いてみてください。
松熊さんの筍は灰汁が本当に少なく柔らかく香りと味が良いのです。
そして、家庭で湯がくといいことは、
皮の肌触りを楽しめるし、
湯がきあがる匂いも楽しめるからです。
農薬不使用、化学肥料不使用栽培で、筍愛いっぱいに丹精込めています。