2018年02月22日

春色の里芋

屋久島から在来の里芋、かわひこが届きました。
無肥料無農薬栽培です。DSC06996.JPG
            DSC06997.JPG

ごつごつした皮を剥くと、
春が現れた晴れDSC07009.JPG
飯田さんの土垂、大野里芋は日常定番の里芋で、
山形在来甚五右ヱ門芋、沼津在来大中寺芋、
屋久島在来かわひこ
は自然村へ到来の一年に一度は食したい個性豊か絶品の里芋です。るんるん

けんちん汁など汁物で、じっくり火を通してもちもちの食感を楽しむ。
DSC05195.JPG
煮物や揚げ物でほっこりした食感を楽しむのもいいです。

昨年、
かわひこ収穫の写真と説明を送っていただきました。再度紹介いたします。
             屋久島 かわひこ畑の写真.jpg
普通の里芋は寒くなると地上部が枯れて休眠に入りますが、カワヒコは一年中葉がついていて、おそらく休眠しないのでは、と思っております

かわひこは親芋を食す屋久島かわひこ収穫の写真.jpg
ご覧のように左端の親芋以外には小さい子がびっしりついて、なおかつ休眠しないので根がびっしり生えております。
左から2、3番目は食べようと思えば食べられない事はないサイズですが、やはり小さいので種芋に。
4番目以降は廃棄する他ありません。
小芋はマシなものでジャンボニンニクの一片くらい、ほとんどが島らっきょうくらいです。マシなものは種芋となり、小さいものは種芋にもなりません。
この場合、一番左側だけが食べられることになります。
可食部が極端に少ないのでお金になる作物ではありません。これがかわひこが作られなくなってきた理由のひとつでしょう。

屋久島でも現在では原集落という場所で数人だけが作付けしているだけと聞きます。
なので屋久島の正月に、カワヒコを雑煮に入れている家庭も少なく、
特にご年配が同居する家庭だけではないでしょうか?」

かわひこの食べ方は?
「正月には雑煮に縁起物で入れる、と聞いた事がありますが。
あのサイズだと大きすぎるし(試食で送ってくださったサイズを指す)、縁起物だから丸まま使う事を考えると
ソコソコのサイズの小芋を使うんじゃないかと。
我が家では親芋を切ってモチモチになるまで煮ます。」

2018年02月17日

枇杷

昨日、お向かいの大野不動産さんの庭の剪定がありました。
植木屋さんが枇杷の枝を切っているのを見かけて譲ってもらいました。DSC06991.JPG
小さい葉が多いですが、エキスを作るには十分です。
宣伝ですが、エキスを作るのにお勧めの小正酒造の玄米焼酎を販売しています。さらにグレードアップなら豊穣球磨焼酎豊永蔵もございます。わーい(嬉しい顔)

茶色のもこもこの花芽に鼻を近づけると杏仁の香りがします。

関東では枇杷の実が成るのは6月ですが、
自然村では例年、3月に屋久島から絶品の枇杷をいただいています。絶品です。
しかし、今年はいただけるかどうか・・・
というのは、昨年の8月10月の巨大台風の影響があったのです。
いただけたとして、それは本当の神様からの贈り物、枇杷の生命力そのものの実なんです。

<10月にいただいたメールです。メール
21東京ではいかがだったでしょうか?屋久島では21号は強烈でした。
だいぶ離れているうえ、今回は屋久島の右側を通るので
そこまで吹かないと予想していましたが、経験した中で2番目の怖さでした。
ちなみに1番目は宮崎で小学生だった頃、二階の窓が全部飛んだことがあります。

木の下にあるのはブルーシートで覆われた小型トラクターです。幸い少しの損傷ですみました。
田畑はもちろん家の周りも倒木や折れ枝だらけで、チェーンソーで後片付けが今日までかかりました。
もちろん秋野菜は壊滅。
ビワの木も一本根こそぎ倒されました。途中から折れた枝もたくさんあります。
実は通年ですと9月中頃には花芽がつき始めて、今頃は摘蕾を始めている時期なのですが、
全くというほど花芽がありませんでした。
8月の頭の台風5号で三日間吹かれたので(屋久島上で台風の目に入り方向転換したため長居した)
新芽が弱ったのだろうと思います。遅い花芽に淡い期待をしていたのですが、今回のでトドメとなりました。
自宅の隣では老夫婦のポンカン畑がありますが、地面は落ちたポンカンで埋まっております。

全くもって屋久島での百姓生活は簡単ではありませんね。
それでも、あんなに暴風に吹かれたのに(僕は屋内にいましたけど)
全部の草木が倒れたりしていない、多分一週間ほどすればまた新芽を出すでしょう。
本当にたくましいな、と。
昨日は畑からモッチョム岳とびっくりするくらい綺麗な夕焼けを拝むことができましたが、
それもこれも含めて飲み込んで行こうかと思います。
幸い屋久島は暖かいので、まだ秋冬野菜の種まきが間に合います。食べれるのが遅くなりますが(笑)。


生計の柱の枇杷が全滅!との話に掛ける言葉もありませんでしたが、
それでも、枇杷さん、頑張れ!と声援を送りました。

そうしましたら、なんと!!
メールを読んで私、感動で胸が一杯になりました。
12月初めにいただいたメールメールで、
自然村さんのエールが届いたのか、ほぼゼロだと思われたビワの花の最後の分が咲いております。
             2017年台風に生き残った屋久島の枇杷の花.jpg
例年の1割くらいですが、台風の後に花芽を出した分が強風による被害を免れたようです。
ここ最近の日中は暖かく、ミツバチがせっせと花粉を集めており、ちょっとゴメンよ、言いながら花もぎ(摘蕾・摘花)を進めております。


先日いただいたメールメールでは、ハートたち(複数ハート)
今日の雨は雨粒が大きく、春の訪れを感じました。
ビワは少しずつ袋をかけております。
るんるん



2018年02月16日

明日も苺

明日土曜日にもお願いして
竹村慎一さんの可愛い可愛い苺が届きます。

顔を寄せて香りを吸い込むだけでみんな笑顔になっています。ハートたち(複数ハート)
とっても美味しい苺ですよ。

2018年02月15日

竹村慎一さんの苺

お向かいの庭の枇杷に白い蕾が見えてきました。梅の蕾はもう少しで綻びそうな気配。
まだ油断はできないけど、今日の日差しは明るく、
そして、
外を通る人を招き入れるような甘い馥郁とした香りと色が
店内をぱ〜っと明るくしています。
           DSC06987.JPG
竹村さんの「可愛い可愛い苺」です。
苺の香りって何故か懐かしい香りだと思いません?
私はお母さんのおっぱいの匂いに思えてしかたないんです。どうしてかな〜

完全無農薬ではありませんが、最小限の農薬使用です。生産者自身が自分の子供に食べさせられ、私も孫に食べさせてやりたいと思う苺です。

この苺でこのお値段。「たくさん食べていいよ」と子供に言える。若いお母さんたちにもお買い求めいただけやすいと思います。

春を買いにお越しくださいるんるん

2018年02月12日

上野長一さんの長年の繋がりの方からいただくことになりました。

        百姓が育てた苺DSC06973.JPG
私の誓い
 〇有機肥料100%で栽培しています。
 〇病気の消毒は栽培過程で、一切行いません。
 〇除草剤は、遺伝子に危険なので全過程で一切使いません。
 〇土壌消毒は、苺作りを始めてから(昭和53年)一切行っていません。
 〇害虫の消毒は、収穫前に1〜2回、春先に1〜2回しか行いません。
栽培の全てを開示し、倫理的にかつ、環境保全型で、自分の子供たちにたべさせるものと同じものを皆様にお届けすることが、私の苺栽培です。

対談の会の後日に、上野さんから「家族総出の準備対応ご苦労様でした。みなさんで食べてください」と送られてきたのが
完熟苺でした。
箱の中に、私の誓いはじめ全ての栽培履歴を記した用紙が入っていました。
一粒、食べて、
即、竹村さんに電話を掛けていました。
電話の声や話から伝わる人柄は上野さんと同じように感じました。

農薬の怖さをよく知っている苺農家さんが作る
自分の子供にも食べさせるものと同じ苺、
これからよろしくお願いします。

2018年02月06日

サワーポメロと入荷情報

だ〜〜い好きな、だ〜〜い好きな
鬼塚さんのサワーポメロが始まりました。DSC06969.JPG
香りだけでも「サワーポメロ、だ〜い好き」とくらくらっとしてきます。脳のどこかにインプットされて条件反射でよろよろっとなってしまうようです。
屋久島から。農薬化学肥料不使用栽培です。皮もピールにできます。部屋に置いておくと香りに癒されます。

三尾さんの無肥料自然栽培のポンカンも可愛い誘惑の香りハートたち(複数ハート)を放っています。

今週の唐桑半島の生牡蠣は明日水曜日に入荷します。
我が家は牡蠣をいっぱい食べているお蔭か、インフルエンザとも風邪とも無縁ですわーい(嬉しい顔)

毎週水曜日は飯塚商店深谷もやし400g¥310の入荷日です。

ベッカライヨナタンのバレンタイン ハートのブラウニー¥380ご用意しました。
バターと卵をたっぷり使い、有機チョコを加えてふんわりと仕立てたハート型のブラウニー。ラム酒に浸した有機サルタナレーズンも加え、香り高く焼き上げています。有機胡桃、有機アーモンドも練り合わせた
滋味あふれるスイーツです。

2018年01月31日

深谷もやしレシピ

毎週水曜日は深谷もやしの入荷日です。
早速、ご来店、お買い上げのお客さんからいただきました。


こんにちは。
飯塚さんの深谷もやしを使った料理第二弾の写真をお送りします。
 「飯塚さんのもやし de キムチ鍋」
深谷もやしキムチ鍋.jpg
飯塚さんの深谷もやし一袋で2〜3人分になります。
 作り方をご紹介します。
 キムチの素がなければキムチ200グラム位でもOKです。
1.フライパンにごま油を熱し、にんにく、豚バラをよく炒め、脂が出てきたらしいたけとねぎを加えてくったりするまで炒めて塩コショウする。
2.土鍋にもやし入れて炒めた1を加え、水と鶏ガラスープの素を入れて、オイスターソース、しょうゆ、キムチの素を入れてぐつぐつ煮る。
3.仕上げにねぎの青い部分をちらして出来あがり!

お餅やうどん、ご飯を入れておじやにしても美味しいです。
飯塚さんのもやしのボリュームを活かしたなべを考えました。


Sさん、いつもありがとう!!
寒い日にピッタリ!のお鍋ですね

2018年01月29日

春みかん

お日様の光を集めたような春みかんです。

和歌山 三尾農園さんのぽんかんるんるんDSC06936.JPG
キュッとしまった果肉。甘さと酸味のバランス抜群!無肥料無農薬栽培です。
今年は少産ですので今回の入荷のみになりそうです。

熊本の肥後あゆみの会の有機はるか。林檎のように皮を剥いて、果肉をカットし、白いわたも一緒に食べられます。柔らかいゼリーのような果肉。柔らかな甘みが爽やかです。

2018年01月17日

影法師

1月16日の東京新聞朝刊「3.11後を生きる」に
フォークソンググループ影法師の「花は咲けども」が紹介されていました。
           DSC06909.JPG
東京新聞を購読の方は昨日の朝刊4面を開いてみてね。
そうでない方は、写真を拡大してお読みください。
メンバーの一人、遠藤孝太郎さんは当店販売の合鴨除草さわのはなの生産者さんです。
遠藤さんのさわのはなは美味しいと人気のお米です。
遠藤さんは美味しいお米でありながら、一度は無くなり掛けていたさわのはなの種子を復活させ守り続けているメンバーです。
そのさわのはなは、新聞に紹介されたようなことを考え活動している人のお米です。

人在りて作物在り
作物在りて人在り



2018年01月05日

七草

あけましておめでとうございます。

今年もいつものように七草の販売で営業開始です。

1月7日の人日(じんじつ)の節句の朝に七草粥を食べると邪気を払い万病を除くとされています。
   DSC01685.JPG
七草。1p¥540
年末にすずな・すずしろの生育が間に合わないとお伝えしていましたが、何とか間に合って七草でお届けできます。
   DSC01684.JPG
・芹/一か所に「競り」合って生えることからこの名が付いたといわれる。香りと食感を楽しむ。
・薺(なずな)/ぺんぺん草。「撫でたいほどかわいい菜」から名前が変化した。中国では止血剤、ヨーロッパでは通風などの薬にも使われる。
・繁縷(はこべら)/DSC04911.JPG
 タンパク質、ビタミンB,Cなどに富むといわれ、昔は炒った粉を塩と混ぜて歯磨き粉としていた。
・御形 母子草/DSC04910.JPG
・仏の座/小鬼田平子(こおにたびらこ)/本来は田平子と呼ばれる若葉を食用する。
・菘(すずな)/蕪。昔はかぶを「鈴菜」と呼んだ。成る程という呼び名ですね。
・蘿蔔(すずしろ)/大根。昔は大根を「清白」とも呼んだ。

販売している七草セットは、自生以外の2品種(すずな・すずしろ)は農薬化学肥料不使用で栽培しています。自生の草は栽培されたものに比べ、大きさなどにばらつきがありますが、自生ならではの風合いと力強さを感じられると思います。

七草粥はおせち料理などで疲れた胃腸を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もあったようです。
冬枯れの野山で目にも柔らかい緑を見つける嬉しさはひとしおだったと思います。

自然の恵みに生かされてきた人たちの智恵を受け継いで、
健康で明るい年にしていきたいです。

我が家はサラダマスター鍋でホタル火 ふっくら炊き上げます。DSC04905.JPG
今年も無病息災で過ごせますように。

*話はちょっと変わりますが、
 サラダマスター鍋の特別価格は本日までのご注文です。すでにお使いの方々からの、鍋の良さを知った方からのリピートの多い鍋です。

2017年12月15日

深谷もやし

お客様が深谷もやしのレシピを紹介してくださいました。

こんにちは。
飯塚さんの深谷もやしを使った料理の写真をお送りします。
「飯塚さんのもやし de パスタ風」
柴田さん、深谷もやしでパスタ風.jpg
飯塚さんの深谷もやしは、ボリュームがあって歯ごたえがあります。
たっぷりのもやしをパスタ風にしてみました。
作り方は10分以内で出来るくらい簡単です。
・もやしを無水鍋で軽く蒸すようにして火を通して水けをきる
・豚肉を茹でてもやしの上にのせる
・大根おろし、万能ねぎをちらしてポン酢をかけて出来あがり!

満足感があってヘルシーなのが嬉しいポイントです。


飯塚商店の深谷もやしは毎週水曜日の入荷です。今週はまだ3袋残っています。消費期限は土曜日までに印字されていますが、十分、来週水曜日にだって美味しくシャキシャキに食べられるくらいの、今までのもやしの概念がひっくり返ること請け合いです。お試しください。

2017年12月02日

在来種の豆 新豆到来

無農薬無化学肥料荷穂積自然乾燥の
在来種の新豆が届きました。
どれも希少数量の美味しい豆です。各200g
         DSC06748.JPG
         DSC06749.JPG
         DSC06747.JPG
         DSC06746.JPG

そして、無農薬無化学肥料荷穂積自然乾燥 磨いていない小豆 新豆です。
自分で炊く小豆は美味しいですね〜。たっぷり食べられます。るんるんDSC06750.JPG

無肥料無農薬自然乾燥の晩生種丹波黒は只今、最終選別をして発送していただく手配中です。
サンプルで送っていただいたものを炊きました。
皺がよる煮方です。DSC06751.JPG
豆の甘煮をあまり好まない店主が「これなら試食に出してもいいんじゃない」とOKをくれました。わーい(嬉しい顔)
          

木村秋則さんのサンフジ

青森の木村秋則さんのサンフジが届きました。DSC06743.JPG

天候の影響などによる作柄の状況から、今回から値上げになりました。
どうぞご理解の上、お買い求めくださいますようお願いいたします。

ジョナゴールド、美味しかった!
いよいよ林檎の王様サンフジです。DSC06744.JPG

2017年11月20日

渋柿 渋抜き

魔法の庭さんから無肥料無農薬の平タネナシ柿が届きました。
         DSC06644.JPG

渋を抜いていないです。
自分で渋を抜いて美味しい渋抜き柿を食べよう
という
体験型柿の趣向でするんるん

お買い上げいただいたら、当店で天領酒造の料理用焼酎を蔕にスプレーしていただいて持ち帰り、一週間から10日位置いておくと渋が抜け、美味しい柿が食べられるという次第です。

実は自然村も初めての渋抜きなんですけどね。
魔法の庭さんが親切に教えてくれました。DSC06643.JPG
蔕に焼酎をスプレーしてポリ袋に入れて「こんなふうにするんですよ」と見本を入れてくれました。これは11月24日から食べごろになる予定です。

1週間後10日後を楽しみに、上手く渋が抜けるのかと気にかけながら柿を眺める、そんな楽しい時間のおまけ付の
体験型柿を販売してま〜す。るんるん

家の庭に柿の木のある家庭では毎年していらっしゃることですよね。それに庭の柿なら概ね無肥料無農薬でしょうねわーい(嬉しい顔)



2017年11月18日

ラフランスと贈り物

佐藤果樹園さんのラ・フランスDSC06641.JPG
毎年楽しみにしている洋梨

夫は箭内さんの「かおり梨」を兄と実家に贈った。
私の母は歯が悪いので「かおり梨」は食べられない。
母や妹弟は佐藤さんのラフランスが大好きなので私はラフランスを昨日贈った。

お客さんがラフランスと杉山ナッツピーナツバターを箱に詰めて贈り物にしてくれた。
           DSC06522.JPGDSC06641.JPG
一緒に箱に工夫して詰めて、簡単だけど贈り物らしくして。

自分が食べて心から美味しいと思った時、「食べてもらいたい」と心に浮かぶ人がいるって幸せなことだと思う。
そんなお手伝いができて良い日だった。

2017年11月15日

あさくさ海苔と初卵

青見平の卵屋さんの卵DSC06549.JPG
雛が育って成鳥となり、初めて卵を産み始めて1か月間ほどの卵を  初卵 と呼びます。
初卵とそうでない卵の栄養価や味については客観的なものがあるわけではなさそうなのですが、
卵屋さんは「初めて産む卵は味が濃いような気がします」とおっしゃいます。

ともあれ、縁起物としてお見舞いや出産を控えた妊婦さんへの贈り物として喜んでいただけると思います。
一年中あるものでない卵ですし、鶏たちの初めて産み始めた初々しい卵を味わうのは楽しいものです。

新米のシーズンでありますので、
ほかほかに炊いたご飯にのせて、卵かけご飯はいかがでしょう。

せっかくの初卵ですので、醤油は伝統製法の醤油をたらり
初卵と新米のマリアージュを楽しんで一膳。
そして、おかわりは
卵かけご飯をちょっと醤油を付けた海苔でくるんと巻いてどうぞ〜るんるん
海苔は、今や絶滅危惧種の伊勢あさくさ海苔(無酸処理)10枚¥2000はいかがですか?
           あさくさのり.JPG
           伊勢あさくさのり.JPG             
口どけよく上品かつ深い旨味と格別な甘みがあります。
あさくさのり種70%以上の海苔です。この割合は他のあさくさ海苔と比較して高い比率です。
あさくさ海苔についての詳しいお話はhttp://blog.sizenmura.jp/article/179750208.html

2017年11月14日

木村秋則さんのりんご

木村秋則さんの林檎
ハックナインが届きました。

わりとさっぱりした甘味で齧るとジュースが口に広がる果汁の多い林檎です。
DSC06501.JPG

お届けします。不定期通販セット「届けたい!!」
1セット¥3230(税抜き)+送料実費
木村秋則さんのジョナゴールド3個とハックナイン3個、澤登さんのキウイフルーツ500g
リサイクル段ボール箱でお届けします。

ご希望の方はshop@sizenmura.jpへ又は、FAX03−5927−7880へ お名前・住所・電話番号・セット数を明記してお申し込み下さい。
〆切は11月17日申し込みまでです。

2017年11月06日

キウイフルーツ

昨日は澤登さんのキウイフルーツ収穫の援農がありましたが、所用で参加できませんでした。
今収穫しているキウイフルーツは低温倉庫に置いて自然な追熟を経て出荷されます。
でも、もうすでに食べられる軟毛種のキウイフルーツがあります。
小粒です。大変美味しキウイフルーツでしかも他には滅多にお目にかかれない珍しい品種です。

不耕起草生の畑で完全無農薬で実っています。今年は米ぬかのみの施肥です。

澤登さんの完全無農薬有機栽培のキウイフルーツ
他にない得難い品種です。
冷蔵ケースにあります。ご覧ください。DSC04738.JPG

牧11号 500g¥800DSC04700.JPG澤登芳さんが1975年にブドウとキウイフルーツのルーツを尋ねて中国を訪れた際にフリーマーケットで見つけた野性果実の種子を持ち帰り、それを播いて選抜育種したもので、日本生まれ、牧丘生まれのオリジナル品種です。正式な名前はつけていませんが、オリジナル品種を「牧・・号」と名付け、本品種は牧11号と呼んでいます。
特徴は、果肉が黄色で果皮に毛がなく、果実が小さく、味と香りに優れ、成熟期が早くて追熟しやすいこと。
 軟らかくなったものからお召し上がりください。果実をさわった時、少々硬めと思われるくらいの方がおいしくいただけます。


北植20号500g¥800
(澤登さんは北京の植物園を縮めて北植と呼んでいるそうです)
紅芯は20数年前、中国科学学院植物研究所植物園(北京)から日本キウイフルーツ協会へ贈呈され、協会役員が試作を重ねてきた北京植物園選抜品種です。果肉は黄色、
味はとても良く、追熟しやすいです。
(昨年のブログに北植を(紅心)と説明してしまいましたが、先ほど澤登さんとお話していて、北植と紅心は同じ中国からのキウイだけど別物だと分かりました。訂正します。)

木村秋則さんのジョナゴールドと橋本農園さんの黒田5寸人参と一緒にスムージ―セットで売り出そうかと目論んでいます。わーい(嬉しい顔)
私はスムージ―とは無縁の食生活なんですがわーい(嬉しい顔)


2017年10月31日

木村秋則さんのジョナゴールド

青森県 
木村秋則さんのジョナゴールドが届きました。DSC06452.JPG

2017年10月28日

秋の収穫 

佐久間さんから黄金千貫が届きました。DSC06435.JPG

黄金千貫は鹿児島の芋焼酎やいもケンピの原料で有名なさつま芋です。
皮は白っぽく、中も白です。
掘り上げて間もないので甘みは控えめですが、天ぷらにすると、きめ細かく舌触りがよい上品な芋天になります。
ねっとりでなく、ほっこほこりでなく、きめ細かい粉質の黄金千貫をお好きな方は多いです。
もっと寒くなるまで置いておくともっと甘くなります。

飯田さんがむかごを拾ってきてくれました。DSC06430.JPG
沢山あります。
むかごご飯も炊いてお裾分けしてくれました。DSC06433.JPG

12月に入って、大人気の山芋のむかごです。滋養強壮、いかにも栄養在りそうです。