2017年09月23日

におわないぬか床

佐久間さんのときわ地這いきゅうりが美味しいんです!

におわないぬか床でつけたぬか漬けです。DSC06255.JPG
歯ざわりもよくいっぱい食べました。

ときわ地這いきゅうりは生はもちろん、糠漬けしている方にお勧めですよ。

におわないぬか床500g¥800DSC06285.JPG
青森の三上さんの自然農法のお米の糠とウエダケのコラボで生まれた、毎日かき混ぜなくてよい、冷蔵庫に置いて漬けるぬか床です。
ぬか漬け食べたいけど面倒な人、少量漬けたい人、腸活したい方、お試しください。ご注文お待ちしています。
これからかぶや大根など美味しくなります。

2017年09月18日

果実

青森 魔法の庭さんから届きました。

洋梨 バートレットDSC06266.JPG
農薬も肥料も一切使わず、自然の力と手間で実ったバートレットです。奇跡の恵みといったら大袈裟でしょうか?
いえいえ、自然村で販売できることは奇跡のご縁なんです。
写真のバートレットはすでに食べごろです。軽い酸味と独特の芳香があります。食べた後から甘みを十分に感じます。
時間を置いて食べたい方やコンポートにしたい方にはまだ硬めのもあります。
ご希望を伝えてください。

同じく魔法の庭さんの豊水梨も一緒に届きました。DSC06268.JPG
            ノースランドペペ豊水.JPG

来週9月25日(月)にはシュガープルーンが届きます。

敬老の日と秋の果実

台風の日曜日、店主は山梨の澤登さんのところへ、小公子収穫の援農に行きました。
            DSC06260.JPG
岩手の葛巻ワイナリーに運んでワインになります。DSC06258.JPG

これが幻の葡萄 オリンピアDSC06264.JPG

こちらはブラックオリンピアです。DSC06262.JPG
澤登さんの葡萄の樹は、枯れ木のようにささくれて細い。
様々な経験を経て、世の柵、欲など余分なものを捨て去った枯れたご老人のようです
。 この細さが豊かに美味しい葡萄を実らせるそうです。太い樹ではだめなんだそうですよ。

     DSC06273.JPG
牧3号・ピアレス・オリンピア・ブラックオリンピア・小公子
今日は、味比べしていただいてます。

本日入荷は、サフォークレッド・ピアレス・オリンピアDSC06269.JPG

よろしくお願いします。

2017年09月16日

肴豆

刈屋さんの肴豆のご案内を一生懸命している自然村です。わーい(嬉しい顔)だだちゃ豆はどなたも美味しい枝豆と知っていらっしゃるようですが、肴豆は知らない人がほとんど。

自然村がそんなに言っているなら1回食べてみようか!と考えた方がいいですよ〜わーい(嬉しい顔)へへへ


入荷日が決まりました。
1回目は9月20日(水)、2回目は9月22日(金)、3回目は9月25日(月)


新潟出身という方が大量に注文してくれました。
新潟のこの時期の枝豆はいろいろあって美味しいのよ。
どんぶり一杯食べるのよ。


みなさま、ひとりどんぶり一杯分の肴豆をどうぞ〜わーい(嬉しい顔)

嬉しいるんるん
今日、お酒と肴豆のセットのご注文をいただきましたexclamation×2
敬老のお祝いにしていただけるそうです。るんるんhttp://blog.sizenmura.jp/article/180964610.html

刈屋さんの自家採種・無肥料・無農薬          肴豆
DSC03488.JPG
               250g¥560
新潟県長岡の在来の枝豆です。美しい緑色のまめです。香り甘みと濃くが抜群で、特に香りが素晴らしい。
茹で上がる時に広がる香りにきっとびっくりしますよ。
香りと甘み旨みが一体となる風味。
食べ終わった後の余韻。
茹でたてよりも冷めてからの方がより甘みが増します。
肴豆の凄さは、もちろん届きたてが良いですが
日にちが経過した後も長く美味しさが失われない事。肴豆って凄い!って思います。
        

2017年09月11日

澤登さんの葡萄

澤登さんの葡萄です。

オリンピア・小公子・ピアレス・牧5号・サフォークレッド
            DSC06243.JPG

サフォークレッドは生まれながらに種のない葡萄です。皮ごとサクサク食べられます。
染色体が3倍体なんですって。生物の時間ずっと眠っていた私にはよくわからないですが、ふらふら

2017年09月09日

紅涙

一粒に甘さと酸味と旨みが凝縮した絶妙のミニトマトです。
チャルジョウ農場だけのミニトマト

小川光さんが確立した多本仕立て無潅水の素晴らしい栽培法です。無農薬・無化学肥料
紅涙
             DSC06219.JPG

鮮赤でなく少し暗赤色。
雫の形
紅涙

光さんの命名です。光さんは見かけとは違うロマンチストで文学系の心の持ち主なんでしょうか。
息子さんは小川未明(みはる)・・本当は「田吾作」と名前を付けられそうになったそうですがわーい(嬉しい顔)
小川未明という童話作家がいましたね。人魚のろうそくでしたか。

会津在来いんげん 庄右衛門いんげんDSC06221.JPG
柔らかく風味の良いいんげんです。
庄右衛門いんげんについての過去のブログです。http://blog.sizenmura.jp/article/165143059.html

2017年09月07日

澤登さんの葡萄始まる!

不耕起草生栽培
完全無農薬栽培
化学肥料不使用
澤登さんの葡萄が今シーズンも始まりました。

栽培が難しいことから幻の葡萄といわれるオリンピアはその甘さから「ハチミツぶどう」ともいわれます。
1979年(昭和54年)第5回サミットでの参加首脳の晩餐会の食後のデザートに供されたのが
オリンピアだったそうです。
ですので、別名「サミットぶどう」DSC06240.JPG
澤登さんのオリンピアは栽培が難しく少産であるため、栽培当初以来、畑に積もる草のみで施肥は一切なされていません。

なんと糖度25度の小公子 DSC06239.JPG
アントシアニジンの含有が物凄く多いです。生ジュースに潰してごらんなさい。汲めども尽きない泉のように真紅の色が出てきます。。DSC04618.JPG
ジュースにして置いておくとピチッピチッと発酵してきます。
生ジュースを手づくりしたい方はご注文をお受けします。1袋約400gですので袋の数で注文してください。

小公子は、澤登晴雄氏、芳氏ご兄弟の日本の風土にあった葡萄酒を作りたいという夢の実現です。
ヒマラヤ原産の山葡萄と日本の山葡萄の交配によって10年以上の歳月を経て育種選抜に成功した貴重な葡萄です。
澤登さんの小公子は糖度が高く補糖せず、ワインになります。DSC06241.JPG720ml¥5500
飲んだ方々から力強い美味しい素晴らしいワインだと声をいただいています。

小公子を昔ながらの製法で作った贅沢なジュースは720ml¥3800
澱びきのみで濾過清澄化をしていません。

これから様々な多様で個性豊かな、そして、とびっきり美味しい葡萄が届きます。
それぞれの個性をお楽しみください。
一見は野の娘のようですがわーい(嬉しい顔)

プレゼントオリンピアを1袋入れて4袋はお任せの直送セットもご用意できます。
お問い合わせください。

2017年09月06日

生産者さんの人柄が偲ばれます。DSC06236.JPG
           DSC06237.JPG
           DSC06238.JPG

どの生産者さんも真心を感じる箱詰めをして送り出してくださいます。

真心を心の真ん中で受けとめる・・これは沼津の大中寺のご住職様の文章の中で特に印象深く残っていることばです。

2017年09月04日

梨・プルーン・無花果

大人気のプルーン
          DSC06228.JPG
プチュールはもう無くなったと思っていましたが、
魔法の庭さんから
プチュールの一番上に残しておいた物を
収穫しましたらとても美味しく・・1箱位ございます。
の嬉しい連絡で、
本日、届きました。人気でたちまち残り僅かになっています。お早めにどうぞ。
シュガープルーンが始まるまで少し間が開きます。

和梨 長寿も届きました。これで全ての長寿です。瑞々しく甘く、香りも良いです。DSC06213.JPG
無農薬の梨を販売できることは奇跡のような夢のようなことです。

大石中生も完熟でネクターのようです。缶ジュースを飲むように皮に唇を付けてちゅっと吸ってください。
本物の無農薬100%果汁です。ジューススタンドしたいな〜
お待ちどうさま!

 立川の市川さんから今年も無花果をいただくことができました。

届きました!
ハクビシンなど獣被害を防ぐためハウス内に無花果の木を植えています。無花果栽培を始めてから肥料を持ち込まず、無施肥、完全無農薬栽培です。
そして、無潅水。樹上完熟で送っていただいています。
収量は多くなく、収穫できた時のお任せで送ってくださいますので、欲しい方はブログの入荷情報をチェックしていてください。
今日は、桝井ドーフィンホワイトゼノアです。DSC06222.JPG
桝井ドーフィンはスーパーや八百屋さんでよく見かける品種です。DSC06224.JPG
ホワイトゼノアは珍しい白無花果です。DSC06223.JPG
クリーミーでよく知っている方は喜んで購入なさいます。
無花果は収穫前にサラダ油を花の口に付けて肥大化させます。市川さんはそれをしていないので小さいですが、家庭の庭に成る無花果はこのような大きさですね。

2017年08月31日

無農薬メロン


長年、トルクメニスタンで乾燥地のメロン栽培の研究農業指導に携わってきた小川光さんが、
シルクロード トルクメニスタンの在来メロンと会津在来瓜を交配固定した
小川光さん独自のメロンが届きました。

今年はメロンの出来が大変良好で収穫最盛期を迎えています。糖度は最高20.2、平均でも17〜18で、これほどの年は今までありませんでした。

完全無農薬・無化学肥料栽培・自家採種・ハウス内無潅水のメロンです。
独特の皮の色模様です。どんな味でしょうね。お試しください。

小川光さんの説明を紹介します。
飯豊メロンDSC06215.JPG
縞がない大き目のものは「アナウ114」という系統で、最も糖度が高く18〜20あると思います。肉質が緻密で歯ごたえがとても気持ちよいです。
 縞がある方は「文武両道」という系統で、5kgになる大型品種ですが、たまたまこの果実は1.5kgほどでした。皮がやや厚めですが、果汁が多く糖度も18程度あり美味しいです。

才色兼備
DSC06218.JPG
香り専用品種の「夏の思い出」とアナウ114を交配固定した系統で、香りがよく、果肉が柔らかく、糖度は15〜16ですが甘みはかえって強く感じます。皮がとても薄く皮ごと食べられますが、果実によっては種子の周りのどろどろした部分に軽い苦みがある場合があるので、食べる時は種子を取り除いてからの方が良いと思います。

小川光さんは大いにユニークな方でありまして、メロンの名前もユニークですねわーい(嬉しい顔)

アナウ114系統メロン。糖度抜群といっても外見などから「?」と思われますよね〜
それで、このようなブログがありましたので紹介します。
るんるん
https://ameblo.jp/yumekino/entry-11224497380.html

和梨 長寿

自然村 初物の梨は、DSC06214.JPG

青森 魔法の庭さんの和梨 長寿
DSC06213.JPG

何度もお伝えしている通り、魔法の庭の果実は
一切の防除をせず、年に6回の下草狩りした草がやがて堆肥となり栄養となる、
袋掛けしないでお日様の光を、雨を、風を、虫や鳥の羽音や鳴き声を聞きながら
実ります。

とってもとっても美味しいです。瑞々しく香りと甘さの果汁いっぱい。

限りがありますのでお早めにどうぞ。

2017年08月29日

魔法の庭

青森 魔法の庭さんの栽培方法について改めてお聞きしましたのでご紹介します。
私の「防除のために袋掛けはなさいますか?」という質問に答えです。

お答えを聞いて、私は、魔法の庭の果実がその果実らしい香りを放ち、その果実らしい甘酸こくをもつこと、
それは無理をして作っている香り味でないこと。
食べて清々しい気持ちになることの訳が分かったような気がしました。

生産性と生活を考えたら、魔法の庭さんの栽培の仕方は無農薬で果実を栽培する人や挑戦する人が真似することのし難いものであると思います。
しかも、樹上完熟で収穫し、箱に詰め発送していただくという手間と気遣いをしていただいています。
得難いご縁を魔法の庭さんにいただいているのは恩寵であると感謝しています。

私は防除は一切なにもしておりません。

私は自然栽培では樹に葉に実に日光が当たることで
実が甘く熟し美味しくなると考えております。
色々な考え方育て方があると思われますが・・

植物に対しては病気が出た葉だけは取り除き
日当たりが良くなるように剪定作業はしてております。
葉もよほどすれていないがぎりとっておりません。ですから
葉のすれはありますでしょう?
出荷できるものは半分位だけです。

作業としては年6回草刈りをしそのまま刈った所にそのまま草を
置きそれが自然の堆肥となり植物の栄養となります。

昨年望月が病気でほとんど実を付けませんでした。

今年も春先葉に病気が出て葉を取り除いたので・・
今は実を付けてはいるのですが・・
今日自然落下したそこそこの大きさの実があってもう収穫適期
かとも思われましたが、食してみるとあまり美味しくありません。
2年前あんなに美味しく感じられた望月ですが残念です。
もう少し樹上で完熟させれば少しは良くなるかなと・・
味見をして美味しくない場合は出荷いたしませんのでご安心ください。

はっきり申しまして私のような栽培方法をされていて、手本になる方も
本もありません。まだまだ手探り状態です。


昨日(月)届きました。
桃 望月DSC06161.JPG

大きいのも小さいのも様々です。DSC06162.JPG
残り僅かになっています。今年はこれで全てのようですのでご希望の方はお早めに。
完熟ではありませんが落下を始めたのと強い風が吹く予報があったので収穫なさいました。今は硬めで甘さも一昨年よりも少ないですが試食なさった方が「木村秋則さんの林檎と同じような感じがしますね」とおっしゃいました。桃の香りと甘みは今でも楽しんでいただけると思います。追熟させてもよいですし、硬い内にコンポートにしたら最上のコンポートになると思います。

プルーン プチュール まるっこい形です。プチュール.JPG

そして、完完熟のすもも関口早生が届きました。DSC04428.JPG
が、こちらは完売しました。
現在、大石中生(白い果肉)が僅かですがあります。香りも味も美味しいです。

2017年08月22日

不思議 感動

青森 魔法の庭
関口早生 DSC06031.JPG
なんて可愛い甘さなんでしょう。とっても甘いんだけど可愛い甘さと表現したい。果肉も可愛い明るい赤です。乙女のすもも。

ツアープルーンソルダムDSC06050.JPG

ソルダムは妖艶な真紅DSC06054.JPG

大石中生 果肉は白いクリームDSC06053.JPG

本田葡萄園のデラウエア
DSC06052.JPG
今年は粒の張りもよく、なにより香りが素晴らしく、箱を開けると玉手箱の煙に様に立ち上がります。
ジベレリン処理をしていないので脱粒しやすいのですが、
落ちた粒と割れた粒を拾って食べてみたら
何とも言えない味と香りに湧き上がるような感動をして本田さんに電話してしまいました。

デラウエアの香りって知ってますか?

デラウエアの味って知ってますか?

私はさっき新しい知りましたよ。今年はまた違うと。デラってこんな風味があるんだって。
上顎と舌で潰した皮のその裏側の酸味と甘さを知っていますか?
その時期一番美味しい葡萄を選んで送ってくれています。

本田農園の自然農の今年のデラウエアを食べずに夏を終わってはいけません。わーい(嬉しい顔)

2017年08月19日

魔法の庭から

魔法の庭から

樹上完熟のソルダムとツアープルーンソルダム・ツアープルーン.JPG

ツアープルーンはこんなプルーンです。
果重は40g程度で、果肉は肉質が良好で多汁、糖度は14〜17%で甘味も多く品質は良く
美味しいです。

2017年08月18日

デラウエア入荷!

今、店に来ましたら、デラウエアの箱がありました。

今回届きましたデラウエアは昨年よりも粒が大きいようにおもいます。
 現在一番味ののっている畑の葡萄を送ってくださっています。
一房毎の量り売りです。
自然栽培のデラウエアといいますが、不耕起草生自然農です。農薬肥料をいれていません。

自然農のデラウエア、
  DSC02234.JPG

香り高く糖度もしっかりあります。微かな酸味と共にこくがあります。
            DSC04380.JPG
こういう形がホルモン剤(ジベレリン処理)を使用しない葡萄の姿です。種ありです。
小さい子も舌を上手に使って種と皮をぺっしてね。はじめは難しくってもすぐに慣れますよ、こういうことって大事な動作だと思います。
もちろん飲み込んでしまっても盲腸にはなりません。わーい(嬉しい顔)

2017年08月16日

戦争ともやし

毎週水曜日は飯塚商店 深谷もやしの入荷日です。DSC06041.JPG
有難いことに、深谷もやしを食べてみたいと野菜やら果物と一緒にご注文いただき発送いたしました。

15日は終戦記念日でした。NHKスペシャル「戦慄のインパール」を見ました。
飯塚商店の創業者である雅俊さんのお父さんはインパール作戦から帰還出来た兵隊さんでした。
飯塚雅俊さんのブログ「まぼろしの「もやし」を求めて・・」
2017年8月13日の記事https://ameblo.jp/matt1119/を紹介します。

2017年08月14日

果物 果物

今日から営業です。

滅多にないすももです。
農薬は一切使わず、畑の外から何も肥料としていれていません。DSC06026.JPG
青森の魔法の庭から関口早生すももが届きました。
樹上完熟。赤い皮に唇付けてちゅっと吸えばぴゅっと果汁が口に溢れます。真っ赤な果肉です。
           DSC06031.JPG
パック販売と、1個売りの2通りです。


あら〜ハートたち(複数ハート)ふかふか青虫君が。ネクタリン青虫.JPG
ご馳走中だったと思いますがキャベツの葉に移動していただきました。
           ネクタリンれいおう.JPG
もうすぐハートが出来るところだったのね。
 皮のところだけ食べているのは何故?と面白がったら、お孫さん連れのお客さんが
「先日のネクタリン皮が美味しいの。孫が皮と一緒に食べるととても美味しい!と言っていたわよ。」と教えてくださいました。
減農薬・化学肥料不使用のネクタリン黎王です。

長野の林檎屋さんからシナノレッドが届きました。大きさが色々なので量り売りの林檎です。
一番青いのを試食しましたが甘酸っぱくて美味しいです。香りも良いです。DSC06028.JPG

林檎屋さん力いっぱいの文章です。拡大して読んでください。食の本当のことを知りましょう。DSC06030.JPG
           DSC06029.JPG
ボルドー液というのはこういうのです。林檎や葉が白く見えると思います。DSC06010.JPG
12日に訪問させていただいた伊那の果樹農園さんの写真を「ボルドー液ってどんなの?」の参考になると思い紹介します。(ちなみに梅の西北さんは硫黄合剤を使用します。これも有機許容資材です。)この白色が付いて見かけが悪いことを嫌って、見えないが安全性に疑問のある農薬が使われるというのは皮肉なことです。

全ての農薬に色が付いていてそれが作物に着いて落ちなければ人々の購買行動は変わるでしょうか?

           DSC06027.JPG
この写真の中にひとつ?があったので林檎屋さんに質問しました。
 「今年は無施肥と書いてあり、その下にC/Nの高い有機物投入と書いてありますがどういうことですか?」
お答えは、籾殻と木のチップを畑に入れました。でした。
無施肥、無肥料の概念がいろいろ幅広くあって正直よくわからないことがあります。
無肥料無施肥であればよい作物と簡単にいえるものでもないと思いますし。難しい。

一般慣行栽培の農薬使用状況の下のところに「他 摘果剤等」とあります。
摘果剤というのはホルモン剤です。果実は実っただけ全部実らせるわけではありません。大きくするために一部を残して他を摘み取ります。訪問した農園や林檎屋さんは手作業で摘み取るのですが、省力化のために、実が15mmくらいになった時に摘果剤を撒きます。するとホルモンバランスが崩れて実が落ちるのです。
 
実が大きくなって収穫を迎える時期になると、
生理現象で落下を始めます。落下しては商品にならないので再びホルモン剤を撒きます。落下防止剤といいます。摘果剤と反対の作用をさせます。

林檎屋さんはじめ、ホルモン剤を使用しない果樹農家さんは、林檎がぽとぽと落下することを受け入れるしかないのです。


兎に角にも、林檎屋さん、無農薬を目指して奮闘しています。頑張れ林檎屋さん


2017年08月07日

入荷します!!

今週も深谷もやし 水曜日に仕入れることにしました!

よろしく!

http://blog.sizenmura.jp/article/180549601.html

2017年08月06日

さわのはな

今年のさわのはな、美味しいお米になりそうです

先日のさわのはな合鴨君大活躍のブログをご覧いただきましたか?
http://blog.sizenmura.jp/article/180559461.html
出穂が遅いと「おいしいお米」になる。
というのは何故ですか?と質問しました。

お米の出来は登熟期(お米に実が入る時期)の温度に大きく左右されます。
さわのはなやササニシキといった低温障害を克服するためにできたお米は
暑さに弱いため登熟期の温度が高いと充実度が低下します。
由一例外的に「コシヒカリは高温適応性が高かった」ため生き残っているということにもなります。
出穂が早いと稔る時期が高温に当たる可能性が高くなるため遅い方が良いということになります。
おわかりいただけたでしょうか?    遠藤

はい、よく分かりました!

今年のさわのはな、実は昨年度産(只今販売中)も良い出来で美味しいお米になっているんですよ。

自然村では7品種のお米全てを玄米で1kg単位の量り売りしています。お好みで白米・8分・7分・5分搗きしております。

2017年08月05日

さわのはな

合鴨君大活躍さわのはな合鴨君.JPG
            さわのはな合鴨君2.JPG
山形県長井市の遠藤孝太郎さんに幻の米さわのはな
を注文しましたところ、近況と写真を送ってくださいました。

自然村 様

いつもありがとうございます。
お米は明日発送いたします。
早い品種の穂が出始めました。
近年では遅い方で「おいしい」予感がします。
カモも元気で泳いでおります。
今後ともよろしくお願いします。  遠藤


早い品種の穂が出始めました。
近年では遅い方で「おいしい」予感がします
。」これはどういう意味だろうか?と遠藤さんに聞きたいことが湧いてきて興味津々。お米農家さんがこのブログを見ていたら教えてくださいな。

何年か前に遠藤さんからお歳暮にいただいた合鴨君のロース肉がめちゃくちゃ美味しかったな〜