2019年04月25日

天然山菜

昨日、新潟県長岡の山で刈屋さんが採取して整えてくれました。

筍と並んで春一番のご馳走です。
大地と大気の息吹です。

うるい・こごみ・赤こごみ・わらびDSC08639.JPG

こしあぶら・タラの芽・アケビの芽DSC08640.JPG

萌いずる春になりぬるかな

ふきのとうは標高の高い地の雪解け後に出るのを待って採取しますので
連休明けになるとおもいます。



2019年04月20日

松熊さんのたけのこ

昨日朝堀りしてチルドで発送飛行機して
今朝届きました!車(RV)

松熊さんのいい筍を食べてもらいたいという心意気です。手(グー)

鮮度抜群
筍の新鮮な香りに満ちています。DSC08629.JPG

生で天婦羅で食べられます。

もちろん湯搔いて煮物にたけのこご飯にどうぞexclamation

自然村が茹でては申し訳ないと思うほどの新鮮な筍です。

めちゃくちゃ美味しいと大好評の松熊さんのたけのこです。


美味しいお酒も入っていることだし、ねっるんるんDSC08623.JPG

2019年04月18日

松熊さんの筍

松熊さんの筍を食べる編

筍を愛してやまない松熊さんが言います。
「1シーズンに2回、3回と食べれば今年も筍を食べたとまんぞくするでしょう」
えっ、2回で満足しますか〜?

我が家は両手片足の指位はもう食べてますよ〜わーい(嬉しい顔)

昨晩は、パスタ2種DSC08620.JPG
筍はホワイトソースと合いますね。筍の甘味が引き立ちます。
想いやり生乳のホワイトソースです。
もう1種は木の芽のジェノベーゼ。
木の芽はブレンダーにかけるよりも刻んだ方が香りがよいね。ということになりました。

アサクラパスタリガトーニ
出来上がったのをみたら、とても食べきれないね。明日、グラタンにしよう。と話していたけど
食べ終われば1袋を3人で完食〜
見た目は嵩高だけど、リガトーニは穴が大きいからね。わーい(嬉しい顔)

後、1回、松熊さんから送ってもらって今シーズンの筍は終わりにする予定。
1回か2回位しか食べてないみなさん、
是非、3回も4回も5回も食べて春の漲る力を堪能してくださいな!!

2019年04月15日

春の幸

日曜日もストーブを使いました。
今日は窓とドアを開けています。
住宅を隔てた石神井川沿いの並木から散り残っていた桜の花びらが舞い込んできます。
重ねて来たセーターを1枚脱ぎました。

西吉野の蕨が届いて、西北さんのことを想いました。
奈良の山間地 西吉野の天然の春
わらびをどうぞ。DSC08612.JPG
灰付ですのであく抜きを経験なさってください。
やってみれば割と簡単です。
自分でやれば出来ることをひとつ積み重ねると心が落ち着きます。
これは私の実感です。

灰汁抜きの仕方、わらびご飯の炊き方が親切に書いてあります。

筍の灰汁抜きもですね。茹でる時間は豊かな時間です。
松熊さんの筍は化学肥料を一切入れてないので硝酸態窒素のえぐみがほとんどありませんので
届きたては生でもいけます。

茹でた姿も美しくて写真に撮りたくなりました。DSC08599.JPG
皮を剥くとほっこりした穀物のような香りがします。
茹でたけのこを買われたお母さんが、「めちゃくちゃ美味しかった」と再購入です。一番大きいのを求められました。

これは今朝配達しました。小さい人たちが食べる筍です。筍ご飯になるのかな〜
             DSC08606.JPG

みなさんは、今年、何回筍を食べていますか?
松熊さんは、1シーズンに2回、3回と食べてください。と言っています。
私は6、7回は食べてます。わーい(嬉しい顔)
今日の昼の賄は、筍と若布の味噌汁です。わーい(嬉しい顔)

2019年04月11日

新学期とお米

いつもお母さんに付いて来るお嬢さんが
今朝は近くの幼稚園の制服を着て来ました。
紺色の制帽とちょっと大き目のコートの間に
蒸したてのようなふっくら赤いほっべの顔が
ちょっと緊張したように見えました。
明日が入園式で今日はその前の慣らし登園だったそうです。
お姉ちゃんは8日に小学校入学式だったとのこと。
2重のお祝い事ですが、しばらくはお母さんは2重の気遣いと忙しさかもしれません。

お母さんやお父さんについて来る子供たちが、ある日、「あれっ」と成長しているのに気付く時があります。
特に春になって学年が上がる時などは体の中からエネルギーが満ちて溢れているのが分かります。

さて、今朝もお米の精米以来の電話がありました。そうすれば、待たなくてもすぐにお渡しができるからです。
古い精米機ですが長く動いてくれています。DSC08588.JPG
Rさんの電話の回数が多くなり、精米の間隔が短くなっています。
小さかった坊やは高校生になったのです。
中学高学年の男子の食べる量はどのくらいでしょう。
高校生になったら尚更でしょうね。
パンではお腹は持たない。やはりお米でしょう。
食べっぷりを見てみたいな。わーい(嬉しい顔)

ご注文は上野長一さんのこしひかりです。上野さんに話したらきっと喜んでくれます。

自然村で販売しているお米は、すべて完全無農薬無化学肥料・自家採種です。
玄米で量り売り。1kg単位で販売。
ご希望で精米していますので精米したての新鮮なお米をご購入いただけます。
来店前に精米の電話をくだされば待たずにお渡しできます。

販売品種は、
さわのはな・こしひかり・農林48号
農林22号・いせひかり・初霜
上野長一さんの色々米

加藤農園さんの発芽玄米や雑穀も各種扱っています。

以前、聞いたことがあります。
少々高くてもよい、美味しいお米をたくさん食べさせれば、
おかずは少しでよい!!
そうすれば経済的だ。と、わーい(嬉しい顔)

2019年04月08日

たけのこ

福岡の松熊さんが
昨日掘り上げてくれた筍が夕方届きました。

早速、茹で上げます。DSC08567.JPG
サックサクの新鮮そのもの。

明日は朝から茹でたて販売です。

勿論、生の筍も!

先週お送りしたお客さんからいただいたメールです。
早速、生のままで天ぷらにしました。
衣をつける前に、軽く塩をなじませると、甘みが出てすごく美味しかったです!!


明日は、屋久島の宝枇杷が届きます。
今年は収量がごく少なく、明日入荷の5箱で終わりです。
4箱は予約済みなので1箱のみ店売りです。

2019年04月01日

間に合いました。

発送のお客さんのご希望のたけのこ、
集荷の時間に間に合わないかもしれないけど
間に合うかもしれないと、箱を2つ準備して待っていました。
届きました。
間に合いました。手(チョキ)
福岡県松熊さんの無農薬無化学肥料の掘りたて筍です。DSC08549.JPG

大地の乳が滲み出るような新鮮な香りのサクサク筍を入れました。
初物たけのこお楽しみください。
屋久島の枇杷も一緒に入っています。

1.5kg以上ある大きな筍は早々、茹でています。
明日朝には茹でたてたけのこをお買い求めいただけます。
家庭の鍋で茹でられる小さめは生で販売します。
湯搔いた筍では味わえない皮の美しさも楽しめます。DSC08551.JPG

2019年03月30日

屋久島  宝 屋久島 宝枇杷

4月1日 話題は新元号で持ち切りでしょうが、

4月1日は私の宝のひとつ屋久島の枇杷(茂木)の第一弾が届きます。
樹上完熟です。今年の枇杷の味、楽しみです。
予約以外にも若干あると思います。

枇杷はミラクル果物です。
果実を食べた後、種は捨ててはいけません。


天領クッキング焼酎¥770に漬けておいたエキスです。
        DSC03999.JPG
毎年、お客さんにお伝えしています。
種は捨てないで焼酎に漬けましょうね。打ち身、捻挫、火傷、口内炎、喉の痛みなどに大変助けられます。
たんこぶ手(グー)もですわーい(嬉しい顔)

28日のこと。
プレヒートしていることを忘れてサラダマスター鍋を素手で持ってしまいました。
熱ちどんっ(衝撃)
左手中指、親指、人差し指でしっかり鍋を持ってしまった。

直ぐに、枇杷種エキスに指を突っ込みました。

店でも枇杷葉エキスを湿布し続けて、火脹れできず。
お湯を使うとひりひりしますが、翌日には火脹れするはずだった場所はかさかさ皮膚になりました。
そこで、日本創建のナチュラル馬油を塗って皮膚再生です。

枇杷はミラクル果実ですよ。

過去のブログに「私はもうだめかもしれないたんこぶ編」
「ストーブ火傷編」http://blog.sizenmura.jp/article/182397816.htmlあります。
口内炎の時も随分お世話になってます。、

2019年03月20日

松熊さんの筍

 昨夜、松熊さんに筍が届いた報告とお礼の電話をしました。
そしたら
第一声「もう食べよりましたか?」(というニュアンスの私のでたらめ方言)。
私慌てて 「いや〜届いたばっかりですけん。今夜湯搔かんと天婦羅にしよっと思うとります」
「そうしてください。これ以上のものはなかとけん。化学肥料ば全く入れてなかけん、えぐみはなかけん。」

ビロードのような皮を愛(眼)でたりでたり撫でたり、
皮を剥く楽しさ
包丁を入れるさくっとした感触
お客さんに味わってもらいたいな〜
店で既に茹でた筍を買うのは手間がないかもしれないけど
「手間」って素敵な時間だよ。

天婦羅と生たけのこ天ぷら.jpg

オイル焼きにしましたよ。生焼き筍アサクラオイル.jpg
オイル焼きはアサクラオイルで。
天婦羅とオイル焼きは桜塩と山椒塩で食べました。DSC08519.JPG

今朝は店で湯搔いてもみました。
生とは違うほっこりした旨味と甘味が極まります。

小さめの筍を2本。
一本は湯搔かずに生で、
一本は湯搔いて、
両方を楽しむというご提案はいかがでしょうか?
ハートたち(複数ハート)

「ブログを見てきましたるんるんとニコニコお客さんがいらっしゃいました。
朝から午後1時過ぎまで掛かって作ったという、脛肉を挽肉にして煮込んだサルサボロニエーゼをくださいました。
DSC08516.JPG        
焼いた筍とサルサボロニエーゼでグラタンにしたらと思って持ってきてくださったのです。ハートたち(複数ハート)
嬉しい黒ハート
今晩いただきます。

もうひとつ、飯田さんのらっきょうで辰巳芳子さんのレシピを忠実わーい(嬉しい顔)に守って作ったらっきょうもいただいたんですよ。DSC08518.JPG

2019年03月19日

たけのこです!

松熊さんの掘りたてたけのこ 
届きました!!


箱を開けて見ると、DSC08510.JPG
若竹の香りがします。
こーまかのがいっぱいはいちょります。
その下にはもう少しふとかけんのがはいちょります。

いったいなに弁じゃ〜わーい(嬉しい顔)

獣の毛のように艶やかに光る皮を撫でてみます。
大地の乳が切り口から滴ってくるかのようです。DSC08511.JPG

これからもっと太って土を突き上げる前の
柔らかいたけのこです。

寸胴鍋を用意しましたが、
家庭で時間を掛けずに湯搔ききる大きさです。

いやいや、
松熊さんが、是非、いっぺん生で天婦羅にして食べてみてください。と繰り返しいわれるように
天婦羅や焼き筍で味わってみるのもいいと思います。

明日は、なごみ農園さんや佐久間さんから菜花の中で美味しい美味しい白菜の菜花が届きます。
新筍と菜花、
是非、ご来店くださいね。
親田高原の初卵も届くはずです。

ブラッドオレンジ

流石のお値段ですが
流石の味
ブラッドオレンジDSC08508.JPG

2019年03月16日

屋久島のタンカン

屋久島の鬼塚さんのタンカンが届きました。
            DSC08504.JPG
毎回言い訳していますが、写真よりも実物は濃いオレンジ色です。

濃厚な味です。少し酸が残っていますが、少し置いておけば抜けるでしょう。
そうしたら、もう堪らない美味しさです。

農薬・化学肥料不使用栽培です。

加計呂麻の不耕起草生自然農のタンカンは残り2玉のみあります。

2019年03月15日

屋久島の枇杷 予約お受けします。

屋久島の枇杷の予約のご案内


写真はご案内のために過去のものを使っています。

完熟の印が皮にでています。DSC03997.JPG
私の引き出しには宝箱があります。
その中には一年の短い間だけのとびっきりのものたちが入っているのです。
そのひとつが、屋久島の枇杷です。
私がこれまで出会った中で最高の枇杷
DSC04028.JPG
枇杷畑の管理については、
ビワ園は誰も管理していなかった3年ほどと、私が管理を始めてから7年間一度も肥料は施したことがありません。
いわゆる不耕起草生自然農ですね。
ですが、ビワの木が植えられて50年ほどで老木化して、毎年の台風の影響で一本一本枯れて
減っていっている状態です。今年の収穫が済んでからは、米ぬかのみ施してみようかと
考えておりますので、肥料不使用栽培は今季までとなるかと思います。
(生産者さんより)

完熟で収穫されるのでジューシーで甘みが強く、かつ、穏やかで体に馴染む美味しさです。DSC01970.JPG

DSC04015.JPG
今年の収穫見込みは3月下旬から4月初め。
約1週間程というお話です。
まとまった収穫が始まりましたら完熟で届きます。

自然の大いなる試練を耐えて実った枇杷です。

今年も巡り合えた幸せを生産者さんと共に味わっていただきたいと思います。

ご予約いただきましたら確実にお渡しできます。
予約以外は店売りも若干ございます。

種は35度以上の焼酎につけると枇杷種エキスができます。
天領酒造の料理用焼酎38度300ml¥770をお勧めしています。

箱を入れて約1kg 24個入りと30個入りです。
1箱 、半箱の販売です。
送料が上がりましたので昨年よりも値上がりになります。

2019年02月28日

タンカン 柑橘ジャム

加計呂麻島から
不耕起草生自然農のタンカンが届いています。加計呂麻タンカン.jpg
肥料を入れていなくても大きなタンカンが実ります。

カットしたりジュースに絞ってどうぞ。次から次に食べられます。
完全無農薬なので皮も使ってマーマレードもできます。

加計呂麻島の在来 原種みかんのひとつである
くさらのジャムもいただきました。
ベルガモットの風味のある大変珍しく、且つ、とても美味しいジャムです。
くさらジャムを食べた4歳児がgoodexclamationってわーい(嬉しい顔)
             
黒島の在来みかん黒島みかんのジャムは可愛い味という表現しかありません。ほっこり黒ハート
            くさら黒島ジャム.jpg

杉山ナッツと合うと思います。

2019年02月20日

春の柑橘

冬眠していた体が覚醒するexclamation
こりこり・爽やか
高知の八朔
DSC08413.JPG

土の中の蛙が目覚めるような感じexclamationといったらいいかな。
寒いと布団の中にいつまでも入っていたらチコちゃんに怒られる―どんっ(衝撃)

私は薄皮も食べちゃいますがそれはお好みで!

高知の無農薬手搾り酵素が生きている柚子果汁幹助の生産者さんの肥料は米ぬかを振ってあります。農薬は一切使っていない、山の上の八朔が届きました。

土佐文旦も少しあります。

スイートスプリング・はるか・八朔
もう直ぐ加計呂麻の自然農のタンカン
柑橘が豊かに揃ってきます。ハートたち(複数ハート)

2019年01月12日

鶏と麦の宴に参加して〜ティク・ナット・ハン

             DSC08303.JPG
命のスープ・ありがとうのスープを提供して、
ほろほろとなった肉もすべてカレーにして頂きました。DSC08309.JPG

店主が「鶏と麦の宴」の感想を記録として書きました。
長文ですが紹介します。

参加している時に、店主がティク・ナット・ハンの「味わう生き方」のことを考えていたなんて
妻は思ってもいませんでした。わーい(嬉しい顔)

「鶏と麦の宴」に参加して

 最初に、絹田さんから鶏の飼育についてお話がありました。鶏はキジ科で、鶏の研究者がキジの腸を調べたら腐葉土が多かったそうです。このことを知り、絹田さんは繊維質の多いものを飼料として与えようと考え、米と麦、醤油の搾り粕、豆乳の搾り粕を発酵させたもの、干柿の皮を放置して液状になったもの、りんご果汁の搾粕、干し草、規格外の野菜などを与えています。これらの飼料は、すべて近くから集められ、遺伝子組換えの飼料は含まれていません。鶏舎の床には木の切りくずのおがくずを厚く置いていますが、鶏はこれも食べているようです。絹田さんは、繊維質の多いものだけでなく発酵した飼料も与え、鶏の健康を第一に考えて飼育をされています。これは、命を大切に考えた仕事をされているのだと思いました。
 鶏舎の床はおがくずが一杯なので、ふかふかの床です。
 鶏たちは、いい飼料を与えられ、平飼いで自由に動くことができます。そして、鶏小屋には雄鶏がいて、牝鶏を守っているので落ち着きがあります。健康な鶏たちは、いい卵を産んでいると思われます。北海道の想いやりファームの乳牛たちは大事に育てられているので、雑菌のない乳を出します。ですから、無殺菌で飲むことができます。絹田さんのところの鶏たちも、想いやりファームの
乳牛たちと同じように健康な鶏だと考えられます。
(絹田さんは、前は別の場所で鶏を飼っていました。そこは民家が近く、雄鶏の鳴き声がうるさいと苦情がありました。そこで、絹田さんは雄鶏を飼うのをやめました。そうしたら、牝鶏たちの落ち着きがなくなり、弱い鶏を攻撃することが出てきました。それで、現在の地に移ってきたのです。雄鶏の重要性は、群馬の名古屋コーチンを育てているところでもお聞きしました。牝鶏を守る雄鶏は大事な存在です)

 羊の解体、豚の解体、鶏の解体を見たことがありますが、実際に自分の手で解体するのは全く違いました。命をいただくということが実感として伝わってきます。食材としてのお肉ではわからない感覚がありました。命あるものを食べ物として頂くのことは、生命のあるものを殺さないと食べることができません。食べることの原点を体験することで、今までとは違う感覚が生まれています。
 今回の企画には、小さい子も多く参加していて30名を超す集まりでした。特に宣伝もしなくても、人から人に伝わり、5年も続いているそうです。今後も、食べることと命の原点を味わいたい人に伝わっていくのだろうと思いました。

 マインドフルネスで有名なティク・ナット・ハンの著書に「味わう生き方」があります。その最初に「手の中のりんごは宇宙である」と書かれています。
 本文には、「手のひらのリンゴをじっくり見ていると、リンゴの木の面倒を見てきた農家の人たち、実をつけるのを待っていた花、肥えた土地、先史時代の海洋性の動物や藻類の腐敗した残骸でできた有機物質、それらの元である炭化水素、輝く太陽、雲、雨が見えてきます。これら広範囲に及ぶいろいろな要素や多くの人の協力がなければ、目の前のリンゴは存在しなかったはずです。
 このようにリンゴをしっかり意識しながら食べると、リンゴと世界、そして自らの人生にいろいろな気づきが生まれます。母なる大地と宇宙が与えてくれるものを讃え、自然を祝福しながら食べることは瞑想そのものであり、私たちの精神性を深めます。意識とそれによって得られる深い洞察によって、食べ物や自然、世界中の人びとのつながりを感謝する大きな気持ちが生まれます。リンゴがリアルに生き生きと感じられてくると、自らの人生も、よりリアルに生き生きと感じてくるでしょう。」
 今回の参加で、ティク・ナット・ハンのリンゴのことを思い出しました。

「味わう生き方」と程遠いと突っ込まれる店主です。わーい(嬉しい顔)
同じくガサツな私のガサツ夫婦はもっと見えないものを見る力を
養わないとね。
そういう力を与えてくれるものたちに恵まれているのだから。

2019年01月08日

命のスープ ありがとうのスープ

明日 水曜日はご来店のみなさまに
スープを提供させていただきます。DSC08303.JPG

明日水曜日は隔週で入荷する下伊那郡下條村親田高原の卵屋さんの卵の入荷日です。
提供するのは親田高原の卵を産み続けてきてその役目を果たした鶏の骨や肉をコトコト長時間煮込んだものです。

1月6日、自然村2人は親田高原の卵屋さんで開かれた「鶏と麦の宴」に参加しました。
           DSC08302.JPG
絹田さん家族と
鶏の解体の指導とスープを作ってくれた自由が丘のル・ジュジュ鈴木琢也さんhttp://le-joujou.sakura.ne.jp/news.htmlです。

卵屋さんのあるところは遙かに山々を見渡し、雪を頂いたアルプスの山々。辺りに人家はほとんどなく、DSC08257.JPG
            DSC08259.JPG
聞こえる音といえば雄鶏のコケッこっこーという雄たけびとコーコッコという牝鶏の鳴き声だけです。
            DSC08261.JPG
このように雄鶏が居て平飼いの養鶏は日本全体の5%位だそうです。
鶏舎の臭い臭いは全くありません。クンクン嗅いでみれば少し乳酸発酵の匂いがするだけです。
            DSC08272.JPG

絹田さんのところでは一般の養鶏よりも長く約2年半経った産卵の下がった鶏を廃鶏にします。
一般に廃鶏になった鶏は業者に売られて何かに加工されているのですが、
絹田さんは
一回一回の食卓には、食材ひとつひとつに命があったことや、様々な人が関わって料理され、並んでいることを伝えたいと、
大切に育てた鶏の命が参加してくれた人の命となって繋いでいく場をつくっています。
(自家用に燻製にしたりして全て廃鶏を食べているそうです。)

ひとグループに一人が鶏舎に入って鶏を捕まえます。私は怖気づいて店主が捕まえました。
鶏舎の土は厚くふかふかだそうです。
鶏は静かに抱かれています。DSC08275.JPG
優しく穏やかな眼をしていて、暫くの間ふっとその眼が思い出されました。

屠殺の仕方を絹田さんと鈴木シェフが教えてくれる時、伝えてくれた言葉は、
 頸動脈を切る時、時々「ごめんね」という人がいますが、
ごめんね、ではなく、「ありがとう」と言ってください。
鶏や動物だけが命あるものでなく、
麦や野菜も命あるものです。
同じ命を頂いているのです。DSC08279.JPG

私は羽を押さえました。店主が頸動脈を切りました。鮮血が糸のようにすーっと流れ落ちていきます。
羽を押さえる私の手には物凄い力が押し返してきます。
生きたい、まだ生きている、という命の力全てが手に伝わってきました。
不思議と怖いとか気持ち悪いとかそんな気持ちは全く湧いてきません。
可哀そうという気持ちも沸いてこなかったのはなぜだろう。
小さな子供達が大勢参加していたのですが静かで穏やかな空気が流れていました。

ハウスの中で鈴木シェフがやり方を教えてくれ、各グループ1羽づつ解体しました。
解体は思った以上に力のいる作業でしたが、
皮を剥くのも羽をむしり取るのも優しくやってあげないとと
心から思ってしました。
良い餌を食べて清潔な環境で暮らした鶏の内臓はとても綺麗な色でした。DSC08292.JPG
心臓・肝臓・砂肝・腎臓・鮮やかな赤は肺です。腸などは処分しました。
ごま油と塩で焼いて食しました。
とてもとても美味しかった。ご馳走様。
一羽にこれだけの内臓。焼鳥屋さんの焼鳥一串に何羽分!?安すぎない!??

解体が終わって、
ご飯の時間です。DSC08298.JPG
玄米卵かけご飯は、親田高原の卵はひとつひとつ黄身の色と味が違います。
季節によっても違います。
それは季節によって与える餌が違うから。
季節の果物野菜。
春ならよもぎもあるし、夏なら緑の草。
冬の今は草を発酵させたサイレージ。

鶏一羽一羽の好物もある。ハートたち(複数ハート)

30p×30p×40pのケージに2羽入れられて、効率的に産卵するように設計されたサプリメントのような給餌をされ、卵の黄身の色も何なりと変えられる養鶏の仕方は卵の味は同じかもしれない。

絹田さんが、「まず、醤油をかけないで、他の人の黄身の味をみてください。」って。

2年半平飼の鶏舎で歩き回っていた鶏の肉は硬くて、肉として食べるには味は良いけど向かないので、スープとして頂くのが一番よいということで、
鈴木シェフが煮込んで作ってくださった鶏と有機野菜のスープ。
味は、月桂樹・クローブ・黒胡椒・タイムのハーブスパイス以外は塩のみ。
本当に本当に美味しい美味しいスープです。

子どもたちもみんな美味しそうに食べていました。DSC08299.JPG

ご馳走様でした。とても美味しく頂きました。
ありがとうございました。

昨日、持ち帰った解体した肉をコトコト煮込みました。
美味しい美味しいスープになるように丁寧に脂とアクを取りました。
野菜も丁寧に刻みました。
明日朝、仕上げをして、親田高原の卵屋さんの話とスープを提供させていただきます。
限られた量ですので少しづつですが、
味わいにどうぞお越しください。DSC08303.JPG








2018年12月17日

柑橘の名前

女性の名前のような柑橘がたくさんありますね。

早香です。DSC08200.JPG
温州みかんとも趣向が変わってこれも大変美味しいです。
一足早く春の雰囲気を纏っているように感じます。
熊本県肥後有機の会 有機栽培です。

2018年12月15日

初霜

佐久間さんの最後に収穫・おだかけ天日干しを終えたお米が届きました。

その名の通り、初霜が降りるころ収穫が始まるお米です。
はつしもです。DSC08195.JPG
店主は岐阜県羽島市出身。
揖斐川近くの料理屋さんで会食すると、コースの最後の御飯はハツシモです。
お料理でお腹いっぱいになっていても、
ハツシモは食べられるんですよ。

佐久間さん田は春にれんげ畑になります。肥料と農薬を一切使わずに栽培し、おだかけ天日干しで熟させます。
4品種玄米で販売しています。ご希望の分搗で精米いたします。
農林22号DSC08196.JPG

イセヒカリDSC08197.JPG

ハツシモDSC08195.JPG

かぐらもち米DSC08198 (1).JPG

かぐらもち米で作った玄米あられも美味しいです。

果物

果物自慢ぴかぴか(新しい)

澤登さんのオリジナル軟毛種キウイフルーツ
電話でお願いしたのは牧11号。
本日届いたのは牧11aDSC08193 (1).JPG
aって?
問い合わせました。

牧11号は、1975年に葡萄とキウイフルーツのルーツを尋ねて中国を訪れた際にフリーマーケットで見つけたキウイフルーツの原種の種子を持ち帰り、それを播いて選抜育種したものです。

牧11号は黄色い果肉。大変甘いのに甘さがすっきりしていてべたつかないのです。
非常に非常に香りもよい美味しいキウイフルーツで、
食べた人を魅了するキウイです。
牧11a号は、牧11号から枝分かれ枝変わりしたもので、更に甘いキウイフルーツだそうです。DSC08194 (1).JPG
約500g入¥860で販売しています。

山形県佐藤果樹園さんのラフランスDSC08073.JPG

かすみがうら市 竹村慎一さんの可愛い苺DSC08168.JPG

香川県 宮下さんの金時蜜柑DSC06766.JPG