2018年05月19日

生梅 予約承ります。

今年も梅仕事の準備です。
         ご注文はお早めに!
      締め切り日にご注意ください


奈良県西吉野の西北さんの生梅の予約を承ります。
遠方の方は発送もしております。メール、電話にてお問い合わせご注文ください。

今年は高温のため、産地では例年よりも5〜1週間程収穫が早まります。

先ずは梅シロップ、梅ジュース・梅酒に最適の品種 白加賀から始まりますよ〜るんるんDSC05705.JPG


西北さんが丹精込め育て、丁寧に選別してくれた梅。皆さまにきっと喜んでいたただける品質の梅をお渡しします。
梅を初め、砂糖・焼酎・みりん・塩・縮緬紫蘇など材料のご用命をお待ちしてます。
ご自宅へ梅の産地直送も承っています。問い合わせください。
       今年の梅のご案内です
奈良県西吉野の山の中腹で梅と柿の木に囲まれて暮らす西北さんが育てた、とびっきりの梅です。
・化学肥料、除草剤及び成長抑制剤は使っていません。
・黒点病とハダニ防止のために硫黄合剤を3回使用しました。硫黄合剤は有機認証で認められる農薬です。

梅干し用の梅は樹上で種が完熟したものをお届けします。ですから、届いて直ぐに漬けることができます。水に一晩つけるような手間は必要ありません。
青梅を置いて追熟させたものとは別物の美味しさです。
特にお奨めの淋州は皮が軟らかく美味しいと評判です。
 
毎年白加賀でカリカリ梅を漬ける方がいます。西北さんの梅は本当にかりかり美味しく漬かるんですってるんるん
@ 梅酒・梅ジュース・シロップ用 青梅白加賀1kg¥1000  
注文締切6月4日(月)→お渡し日予定6/8(金) 白加賀はエキスがよく出ると西北さんお奨めの品種です。
A梅酒用青梅南高梅1kg¥1000
注文〆切6月16日(土)→6/20(水)お渡し予定
B完熟梅干し用 淋州1kg¥1000
注文〆切り6月16日(土)⇒6/21(木)お渡し予定
西北さんは「梅干しにするなら、皮が薄く果肉が軟らかい淋州がおいしい。」と言っておられます。 
お客さんからも毎年好評で喜んでいただいています。

お客様が淋州で作った梅干です。http://blog.sizenmura.jp/article/180474737.html
C完熟梅干し用完熟梅酒・シロップ用南高梅1kg¥1000
 注文〆切6月16日(土)⇒6/21(木)お渡し予定
  *粒の大きいほうがいい方は、南高梅をご注文ください。
 
*完熟南高梅を使った梅シロップも香り高く美味しいです!今年は青梅のさっぱりした梅シロップと果肉も入った完熟梅シロップの両方をつくりませんか!
有機もみ紫蘇 
D300g¥439(梅1kgに1袋)
E500g¥667(梅2kgに1袋)
 よい塩を使いましょう。
G土佐の天日塩 あまみ 500g¥1630(価格改定になりました) 、H海の精500g¥1200、I1,5kg¥3000
Hポラーノの砂糖 洗糖500g¥270、1kg¥450
飯田さんの絶品縮緬赤紫蘇は7月のお渡しです。
ご注文の案内は後ほど致します。

梅酒作りの焼酎などは、
http://blog.sizenmura.jp/article/183269210.html
その他、有機純米酢、ブランデーなどのご要望があればお問い合わせください。

梅のお渡し予定日は成育状況によって変更になる場合があります。予めご了承ください。

2018年05月18日

飯田さんのらっきょう 予約承ります。

ご注文を順調にいただいています。
飯田さんのらっきょうの予約受付を始めます。

収量見込みが少ないので申し込み先着順です。大量のご注文はご勘弁下さい。
おひとり5kg以下でお願いします。

飯田さんと相談しまして、6月14日入荷の予定です。
飯田さんのらっきょうが収穫量に達した場合は、それ以降は、鹿児島有機または茨城の有機らっきょうをご案内いたします。

飯田さんのらっきょうは素晴らしいですよるんるん
丁寧な選別の土付きらっきょう1kg¥1200
DSC04169.JPG
毎年大変いいらっきょうです。DSC04170.JPG
完全無農薬・無肥料栽培
有機肥料入れない(もちろん化学肥料は入れない)でらっきょう作りは量はとれないです。有機肥料や化学肥料を入れれば収量を増やすことは容易ですが。
それに飯田さんはマルチ(石油資材)を使わないので除草の手間も必要です。
暑い8月の植え付けの時期から6月までの栽培と栽培期間が長く、広い面積を独占します。
収穫、選別にも手間がかかります。

手間がかかって割に合わないらっきょう作りを自然村のお客さんのためにしてくださっている。
ただただ有難いらっきょう作りです。

折角の飯田さんのらっきょうです。
伝統製法の良い酢・塩・砂糖・蜂蜜を使って漬けてください。
海の精の塩、土佐の天日塩あまみ・富士酢・河原酢造老梅有機純米酢・洗糖のご注文も承っています。

らっきょう漬けにまつわる思い出です。昨年のブログ記事です。お時間があれば読んでください。
http://blog.sizenmura.jp/article/179980178.html

6月の農産物の予定

今日はクーラーを入れました。
人間のためにというよりも、野菜や商品のために、という理由が大きいです。
暑くて葉っぱが黄色くなるのが早いんです。1日であっという間。
お買い物も必要な分をこまめに、がよさそうですね。
そうしたくてもお買い物する時間もないという方もいらっしゃいますね・・・

今年は暑い。
これから6月いっぱいまで、自然村は年末に次ぐ忙しさになります。
らっきょう、青梅、完熟梅、縮緬赤紫蘇の予約受付、さくらんぼのご案内・予約受付、発送手配と目白押しです。
・青梅、完熟梅は例年よりも5日から1週間ほど早く収穫が始まります。
・らっきょうは6月半ばを予定です。先日試し堀りをして収穫量予想を立ててくれましたが、
なんと!例年の半分位 18〜23kgの予想です。
・さくらんぼ佐藤錦は6月20日位開始。例年位の時期です。
・縮緬赤紫蘇は7月上旬から半ば。発芽してます。

なるべく早く正式なご案内ができるよう努めます。
よろしくお願いします。

2018年05月08日

最後の山菜 入荷します。

今日、刈屋さんが山で山菜を採っていらっしゃいました。
写真と共にメールが届きました。

先ほど山菜が採れたのでいかがでしょうか? と思ってお電話したら「現在使われておりません」と言われたので、焦ってブログを拝見したところ事情が分かりました。
復旧まで大変ですね。

午前中山に行ってきたところ、刈屋山菜ふきのとう.JPG
刈屋山菜5月8日.JPG
フキノトウ
ウド
ウルイ
コシアブラ
タラの芽
コゴミ
赤コゴミ
などが採れました。
これだけまとまって種類が採れるのは今シーズン最後になるさと思います。

もちろん、送っていただきますよ。るんるん

明日、午前中、本日採取したての長岡市栃尾の山の天然山菜が並びますよ。

2018年04月24日

天然山菜 始まり!!

新潟県 まだ雪が残る栃尾の山で刈屋さんが採取して送ってくれました。DSC07164.JPG

清浄な山で芽吹いた早春の香りやほろ苦さを楽しんでください。

栽培ものとは違う格別の山菜です。
清浄そのものの蕗の薹DSC07165.JPG
うるい。       DSC07168.JPG(拡大して読んでね)

山菜の王様と女王様方DSC07166.JPG
       こしあぶら & タラの芽

山うどの香りが袋の中からも香ります。DSC07167.JPG

赤こごみもありますよ。

どれも清らかで美しいな〜

今夕には今年最後になる松熊さんの絶品たけのこも入荷します。

2018年04月23日

トマト

店に入ると濃厚な匂いがお出迎えしています。

熊本 澤村さんの有機トマトDSC07162.JPG

塩ミニトマトも旨みがギュギュっとるんるん

屋久島の枇杷 届きました。

屋久島の枇杷、今年もとてもとても美味しいです。

写真を撮っても本当の色がでなくて黄色っぽくなっちゃうので諦めました。

だから種をパチリ。DSC07163.JPG
でも、種も実物の方が数段綺麗です。

もちろん、種も貴重品です。35度の焼酎に漬けましょう。

本当の色ではないけど、このように30個入りと24個入りです。DSC07161.JPG
もう少し赤みがかった黄いろです。

本日、店売りできるのは1ケースのみです。


2018年04月21日

ハーブの苗

来週から有機ハーブの苗が始まります。

私はこれが楽しみで楽しみでそわそわしてたんです。
今、借りている部屋の前に庭があって、綺麗に手入れすればよいのです。
水仙、ムスカリ、山吹、ニオイスミレ、タイム、オレガノ、ミント、セージ、バラ、ジャスミン。

次は、ラベンダーとカレンデユラを植えようと楽しみにしているんです。

この写真は、以前住んでいた川越の庭のラベンダー。3本の苗が大きくなったのです。
イングリッシュラベンダーDSC02013.JPG
冬も枯れずに、春、若々しい茎を伸ばしています。

用意できるのは、イングりッシュラベンダー、カレンデユラ、ジャーマンカモミール、矢車草、ひまわりの苗です。
希望の方は、24日までにご連絡ください。

5/21〜はモロヘイヤ、ペパーミント、レモンバーム、ローズマリー、タイム苗です。こちらは、5/15までにご注文下さい。

屋久島の枇杷

私の宝 屋久島の枇杷が来週月曜日に届きます。

予約を受け付けていましたが、予約価格販売は終了いたしました。

店頭に並びます枇杷の価格は、

1箱¥3390(税抜き)、半箱¥1840(税抜き)とさせていただきます。

月曜日に届き、予約以外で販売できるのは1箱半のみになりました。

もう一度送っていただけるかどうかは、収穫してみないと分かりません。

屋久島に昨年の10月の後半、末に2度も大きな台風が来ました。2回目の台風で花芽はちりちりになって全滅かと思われました。

枇杷さん、頑張れ!!

その後、2017年12月4日にいただいたメールに、嬉しいことが書かれていたのです!
自然村さんのエールが届いたのか、ほぼゼロだと思われたビワの花の最後の分が咲いております。
2017年台風に生き残った屋久島の枇杷の花.jpg
例年の1割くらいですが、台風の後に花芽を出した分が強風による被害を免れたようです。
ここ最近の日中は暖かく、ミツバチがせっせと花粉を集めており、ちょっとゴメンよ、言いながら花もぎ(摘蕾・摘花)を進めております。

枇杷さん、凄い!!読んで心から感動しました。

2月の枇杷2018・3の枇杷の写真.jpg
3月の枇杷2018年3月31日枇杷.jpg2018年3月31日枇杷畑.jpg

奇跡のように実った枇杷ですが、低温のためなかなか大きくなりませんでした。
そして、ようやくこのところの高温で熟し、収穫が始まりました。

温室栽培でぬくぬくと育つ枇杷ではありません。大きな台風、気温の変化の中で耐えて実り熟した枇杷。
生産者さんの喜び落胆、こもごもの想い、例年の一割という収穫の中でも生き残るという力強さはきっと生産者さんを励ましていると思います。

お味は?という問いに、
良いと思いますexclamationきっぱりとした自信に満ちた答えでした。

月曜日に今年初の、枇杷 届きます。
次はいただけるかどうかは未定です。いただけることになりましたらブログで紹介します。

2018年04月20日

岩崎さんの野菜

サニーレタスや白菜菜、玉ねぎ、ブロッコリー
種採り野菜ではないけど、
岩崎さんの野菜は
なんて美味しいんだろう。

サニーレタス、白菜菜
ちょっと傷みのある葉っぱを取りながら、ムシャムシャ。
清々しさが口に広がって、
滋味な味、香りがじんわり。
そして、爽やかに消えて、
美しい余韻が残ります。

無肥料とか、自然栽培が最高と思っている人もいるけど、
農法以上の何かがあると感じます。

2018年04月18日

佐渡島 こごみ

春一番初めの山菜採り ヒミツの山の標高300mより
佐渡島 古澤さん採取の天然こごみです。DSC07150.JPG

灰汁が無いので手軽に旬の山菜を楽しめます。

そのままで天婦羅
茹でて酢の物、煮びたしなどに。
和え物なら、マヨネーズでも胡麻でもおかかでもオリーブオイルでもお好みで。
塩糀も合いますよ。

2018年04月17日

松熊さんのたけのこ

福岡県 松熊さんのたけのこが素晴らし過ぎて。
何度でも写真を撮りたくなります。DSC07149.JPG

湯搔いた筍の香り、甘さ!品格!

かぐや姫はきっとこのような筍の竹から産まれたと確信します。

大きな大きなたけのこだから販売には苦慮しますが、
こんなたけのこを育て、愛し、掘り上げて送ってくれる松熊さんに出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
明日は保育園さんに納品します。大きな大きなたけのこ、園児さんに見てもらいたいな。
そして、茹で上がった時のあの香りを胸いっぱいにかいでほしいな。

店でもたくさん販売します。

2018年04月16日

新 熟

コーナー

ポランの生産者 立野さん(山梨)の有機レタスが始まりました。
柔らかく瑞々しい姿に「これは美味しそう!」と嬉しくなりました。DSC07140.JPG

若々しく、瑞々しく 固定種の新玉ねぎ(博多こがね玉ねぎ)と血合い抜きかつおたたき¥1200
            DSC07141.JPG
スライスした新玉ねぎや新の島ニンニク、汐止晩生ねぎ、
三陸新物塩蔵わかめ¥330をたっぷり添えて楽しんでください。
脂がのってコクのある濃厚な味わい、とろっと軟らかい食感で人気のかつおたたき(腹)です。

鹿児島有機の新牛蒡も始まりました。

旧 熟コーナー

飯塚功さん(茨城)の室だし紅はるか 、室で完熟を経て出荷が始まっています。

恒例になりました。
飯田さんの種芋の伏せ込みが終わり、残った芋を届けてくれました。
先ず一般市場には出回らない貴重品です。
だって、次の生産のための種芋なんですから。残ったのは農家の自家消費でしか食べられないのです。

丸ごと茹でて衣被でも、もちろん煮物にしてもよろしいです。
熟成して美味しいんですよ〜
大野里芋 DSC07142.JPG
八つ子(八つ頭の子芋)DSC07143.JPG

2018年04月14日

屋久島の枇杷

屋久島の枇杷の予約のご案内

完熟の印が皮にでています。DSC03997.JPG
私の引き出しには宝箱があります。
その中には一年の短い間だけのとびっきりのものたちが入っているのです。
そのひとつが、屋久島の枇杷です。
私がこれまで出会った中で最高の枇杷
DSC04028.JPG
肥料は米ぬか・農薬は一切使わず大事に手入れされ実ります。
完熟で収穫されるのでジューシーで甘みが強く、かつ、穏やかで体に馴染む美味しさです。DSC01970.JPG

DSC04015.JPG
4月15日過ぎ、まとまった収穫が始まりましたら完熟で届きます。
今年は、昨年の大きな台風の被害により、収量が大変少ないと予想されます。
そのことについては、後ほど、お話させてくださいね。
自然の大いなる試練を耐えて実った枇杷です。
今年も巡り合えた幸せを生産者さんと共に味わっていただきたいと思います。

予約価格 1箱¥3200(税抜き)(箱の重さを入れて約1kg)
     半箱¥1750(税抜き)
予約外の価格は1箱¥3390(税抜き)、半箱¥1840(税抜き)とさせていただきます。
ご予約申し込みはFAX03−5927−7880又はメールshkp@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号・注文数を明記して注文してください。
予約申し込み期限は収穫期間を確認してから後ほどお知らせします。
兎に角、お早目をお勧めします。ダッシュ(走り出すさま)

単品又は他の商品と混載で発送もできます。
プレゼントギフトにもご利用ください。

松熊さんのたけのこ

松熊さんのたけのこ 最高exclamation×2 ひゃ〜最高るんるん

今シーズン筍を食べてない人は、先ず、松熊さんのたけのこを!

松熊さんのたけのこ 素晴らしい!DSC07139.JPG
一番根元のところをスライスして茹で、試食にお出ししています。
わっ、甘さが先に来て後に筍らしい微かなえぐみが来ますね。
という感想をいただきました。
その通りです。
松熊さんの筍の豊かな風味を楽しんでください。


皮ごと丸ごと湯搔かなくても、食べる分、切って、スライスして、
糠がなければお米と一緒に茹でてもいいですよ。
これくらい大きいのが旨い!と松熊さんのいう、大きい筍で旬を楽しんでください。
           DSC07105.JPG




2018年04月12日

松熊さんのたけのこ

松熊さんのたけのこ
昨晩届いて、本日朝から販売の為、昨晩湯搔きました。

いい匂い〜DSC07129.JPG

素晴らしい皮の色、模様DSC07130.JPG

もちろん、生のたけのこも販売しています。
木の芽も入荷しています。
土居さんの天然真昆布、タイコウの一本釣り本枯節もあります。

2018年04月11日

自然村 もやし開眼記念日

毎週水曜日に入荷しています
飯塚商店のノンエチレン深谷もやし400g¥310
             DSC07124.JPG

食べてから観る? 食べながら観る?

それとも、番組を観てから買う?わーい(嬉しい顔)

飯塚商店さんが4/11本日、夜6時55分〜9時テレビ東京「ソレダメ」に登場するそうです。長時間なのでいつ頃登場するかな?

自然村が もやしに開眼したのは2017年4月9日の飯塚商店もやし収穫体験会に参加してでした。
http://blog.sizenmura.jp/article/179395641.html
収穫体験会の時期は、微量のエチレンガスを使用していらっしゃいましたが、2017年の9月から幻のもやしノンエチレンもやしになっています。

飯塚商店のもやしは、他のもやしとは全く別物です。
豆が発芽する生命力に満ちた、そして、発芽する喜びに満ちたもやしです。
もやしの見方をがらっと変えてくれました。
だから、
4月9日はもやし開眼記念日

販売したいという強い想いを持ちながら、それまでほとんどもやしを販売していなかった(売れなかった)自然村が実際に販売できるようになったのは、2017年5月10日
だから、
5月10日は深谷もやし記念日
販売を始めてもうすぐ1年経つのです。
販売を始めてからほぼ毎週、深谷もやしを買って食べて下さっているお客さんもいます。
本当に感謝ですハートたち(複数ハート)
初心に帰って、みなさんに深谷もやしを伝えていきます。パンチ

2018年04月02日

たけのこ 実豌豆

松熊さんらしい大きさの筍が届きました。
この位のが美味しいんですって。1.8kg、1.7kgDSC07103.JPGDSC07105.JPG

早速湯搔きました。
湯搔き上がりました。DSC07108.JPG

ご家庭の鍋にも入る手ごろな大きさのもありますよ。無農薬の糠付です。
木の芽も始まりました。

簡単なのに豆ご飯も格別の美味しさです。お結びにしてもいいですね。
屋久島の実豌豆、スナップエンドウ、掘りたての八郎生姜、
新キタアカリも届きました。
小粒のキタアカリもお願いしてもらいました。
小粒のアンデスレッドと一緒に、皮つき丸ごとフライドポテトや炒め煮にしたら楽しんでいただけると思ってね、こんなふうに販売しています。DSC07107.JPG¥200

飯塚功さん(茨城)の室だし熟成さつま芋紅東も登場しました。
屋久島熟成安納芋とお勧めします。





2018年03月28日

松熊さんの筍 入荷!!

6時半過ぎに届くはず。時計の針を何度も見ながら待っていました。
ゆうパックの配送員さんありがとうございます!!
届きました。
昨日の朝堀った掘りたて筍

今年初の、まだ走りの、ぴちぴち筍です。

福岡県松熊さんの筍です。農薬も化学肥料も入れない、えぐみのない(個体差で少しはあるものもあります)風味抜群の筍ですよ〜

600g位のはもう湯掻き始めました。DSC07089.JPGDSC07091.JPG明日の開店時には茹でたけのこありますよ。

1kg超えるものもあります。DSC07090.JPG

松熊さんのいっちお勧めなのは、
薄く切って生でさっと湯がいて食べること、
生で天婦羅にして食べること、
皮の柔らかいところ(姫皮)も食べること、
筍の神髄を味わえますよわーい(嬉しい顔)
走り、盛りの間に
松熊さん自慢の筍を今年も少なくとも3遍は味わっていただきたいです。わーい(嬉しい顔)

ご自分で湯搔く方には、当店の無農薬ぬか付きです。
通販の場合はチルド便対応になります。

このブログの検索枠で「松熊」とか「筍」と検索すると、過去の熱い熱い筍記事をいっぱい読むことができます。るんるん
どうぞ、楽しい時間をわーい(嬉しい顔)

2018年03月20日

生椎茸

奈良県初瀬から原木椎茸が届きました。
奈良 長谷寺の鐘の音を子守歌に発生しました。DSC07058.JPG

原木椎茸も自然農と言うか分かりませんが、自然農でお米や野菜を作って食べるものは自給を目指す海さんと春子さんの自然農の生椎茸です。
自給用に栽培していたのがいっぺんに沢山発生したので販売してくださいと送ってくれました。
あっ!今気が付いた! 
長閑な春の海さんから届いた
初瀬の山里の初春の生椎茸です

              DSC07057.JPG
 焼いて醤油たらり、蒸し焼き、天ぷら、肉詰め、お好み焼き、焼き浸し
 どれも美味しそう〜

写真は自宅の裏側です。裏山富士山.jpeg
家が山を背負う形で建っており、
家の奥の山側で栽培しています。
山を越えると長谷寺の門前筋で、
家の横の畑でも、風の方向によっては
長谷寺の鐘の音がきこえてきます。

             椎茸富士山原木.jpeg
原木は家から1キロほどの初瀬の棚田の脇のナラの木の伐採を
2年前の2月にお手伝いした時に分けてもらったものです。
車が入れないところから原木を切り出してほだ木の長さに
切りそろえる、菌を植える、菌うち、などの作業は、生の木で重たいので
結構大変な作業ですが椎茸が採れる2年先を思いながらすると楽しい作業です。
菌は鳥取にある一般財団法人日本きのこセンターで購入しました。鳥取の木で育てた菌だそうです。

写真は仮伏作業中です。
菌うちをした後にほだ木を積んで笹を上に載せて
数ヶ月かけて菌を木にまわす作業です。富士さんほだぎ.jpeg

ちなみに、椎茸の緩衝材として入っているのは、写真ではかんぴょうみたいに見えるでしょわーい(嬉しい顔)
へへ〜〜わーい(嬉しい顔)

海さんが働いている杉や吉野産の檜を扱っている製材所で出た鉋屑です。
この製材所の杉や檜は桶や樽の材料にも使われているそうです。
この鉋屑、椎茸を売り終わったら、袋に入れて湯舟に入れようかな。