2020年09月18日

北海道より到着

伊藤秀幸さんのとうもろこしが届きました。トウモロコシ伊藤.jpg

無肥料無農薬栽培・F1品種です。

とうもろこしの食べ納にどうぞ!

秀さんのとうもろこしは美味しいと評判です。
沢山届いているのでたくさん買ってね〜わーい(嬉しい顔)

2020年09月17日

オリンピア

幻の高級葡萄オリンピア
澤登さんの葡萄
オリンピア贈る (2).jpg

見かけだけではどこが幻の超高級葡萄なの?
とおもうかもしれませんが、
この甘さといったら!

栽培当初から無肥料完全無農薬 不耕起草生栽培

今日食べながら、お供えやお坊さんにはオリンピアだな、と決めました。

母の七日まいりにオリンピアをお供えします。
お世話になりっぱなしの妹と弟にも食べてもらおう。

明日は、オリンピアは入荷しません。サフォークレッド、小公子、お楽しみ葡萄の数々。
21日の敬老の日にはオリンピアを注文してあります。
ご希望の方はご連絡ください。

無花果

ビオレソリエスとホワイトゼノア17日いちじく.jpg
無肥料無農薬無潅水
収穫出来た時に連絡なしで届きます。
入荷時とご来店のタイミングが合えば
幸運ですね。

桝井ドーフィンも届きました。

2020年09月16日

無肥料無農薬栽培つがる

渋谷さんのつがる。
今日は、試食をお出ししています。

清々しい味わいですよ。試食りんご (2).jpg

小さいおこさん
「もうひとつ食べてもいい?」

「どうぞ」

2020年09月15日

新生姜

高知県 少し早く収穫した有機新生姜を使って作り途中。漬け紅ショウガ、甘酢.jpg

岩崎政利さんの赤浦紫蘇のももみ紫蘇を使って、紅生姜を漬け込み中。
新生姜の甘酢漬け。

有機新生姜の残量が少なくなてきました。仕入れ量も限られてきています。
例年よりも早い収穫ですので、きめ細かな生姜です。IMG_20200915_132503.jpg

もうひとつ、ジンジャーシロップを作ろうと思っています。るんるん

2020年09月14日

無農薬無肥料栽培のりんご

青森の渋谷さんからりんごつがるが届きました。渋谷つがる.jpg

奇跡のリンゴの木村秋則さんとほぼ同じくらいの時期から
農薬と肥料を施さないでりんごを栽培していらっしゃいます。
(木村さんと同じく、食酢を散布して病害虫対策をしています)

2020年09月05日

澤登さんの葡萄

澤登さんの葡萄、
サフォークレッドも収穫が始まっています。
小粒の葡萄。サフォークレッド.jpg
一房にグラデーションに皮の色が混じっています。洗ってぜーんぶ粒を外して、
ガラスの器に盛って、冷やします。
薬を使わなくても生まれながらに種なし葡萄。
皮もサクサク食べやすいので、
つつっと指を伸ばしてつまんで食べます。
美しい色合いで
宝石を食べている気持ちになります。

味と香りは?
もちろん、澤登さんの葡萄は最高峰ですハートたち(複数ハート)

2020年09月03日

葡萄

色の違い、粒の大きさ、形の違いを
電話注文のお客さんに伝えます。

緑の葡萄。9.jpg
ピアレス、牧5号、国立シードレス。

色の微妙な違いを言葉で伝えるのって難しいです。
お客さんは昨年、たくさんの品種を食べて、その感想を忘れちゃうから紙に書いて残したんだそうです。
でも、その紙をなくしちゃったんだって。
記憶を手繰りながらの電話です。

今日のお買い上げは、ピアレスと幻の高級葡萄オリンピアに決まりました。オリンピア9.2.jpg

国立シードレスは今季すべて収穫してなんともう畑になくなったそうです。店に1房あるだけです。

澤登晴男さん、芳さん御兄弟の日本の風土に根づく葡萄育種と無農薬栽培の夢の実現が牧丘で実りの季節を迎えています。

約1か月余りの駆け抜ける澤登さんの葡萄の季節、自然村の葡萄の季節です。
豊かな葡萄の多様性を追いかけて皆様も伴走を!!

土曜日にも届きます。

2020年09月02日

果物

青森の魔法の庭さんから届きました。

無肥料無農薬栽培すもも
オザークプレミアと大石中生です。9.2オーザクプレミア.jpg
 

キスミー昊馬君と怜真君.jpg

ポラン広場の生産者 木造町有機のキスミーメロンです。キスミー.jpg

葡萄

澤登さんの葡萄が始まりました。
「葡萄が葡萄自身である葡萄」、って表現はみなさんに伝わるでしょうか?
今年は新型コロナの影響で援農に行かれていませんが、
毎年毎年、葡萄畑に立つたびにそんな感慨を抱く
澤登さんの葡萄です。

他の店ではまずお目にかかれない、澤登さんオリジナルの葡萄たち。
ピアレス・国立シードレス、牧5号、オリンピアから始まりました。澤登ぶどうはじまり.jpg

どの葡萄も素晴らしい香りと甘さです。

雑草が生い茂り、枯れて積み重なったふかふかの畑。蜘蛛の巣もねっとり張った房もある。
畑を吹き抜ける風。茂って重なり合う葉から透ける陽の光。

10月半ばまで様々に10品種以上の葡萄が届きます。
是非、どの品種も、それぞれの素晴らしい味を楽しんでください。

30〜40年近く完全無農薬・無化学肥料栽培です。
除草剤、殺虫剤、殺菌剤はもちろんのこと、植物ホルモン剤(ジベレリン)や抗生物質(スプレプトマイシン)も一切使用していません。
一昨年あたりから、堆肥も有機肥料も施用していません。
雑草の力を生かした不耕起草生栽培です。
幻の超高級ぶどう 別名ハチミツぶどう オリンピアはオリンピア9.2.jpg
栽培の初めから無施肥栽培です。

澤登さんの葡萄の中に植物ホルモン剤(ジベレリン)を使わなくとも、生まれながらに種のない葡萄もあります。国立シードレスとサフィークレッドです。
小さいお子さんには食べやすいかもしれません。
でも、種あり葡萄を舌を上手に使ってペッペと出すようになることもとても大事なことです。

近年は粒の異常に肥大化させ、種なし葡萄、皮ごとパクパク食べられる、
そんな葡萄が高級葡萄として持て囃される傾向がありますが、

<知っていよう>
植物ホルモン(ジベレリン)や抗生物質処理(ストレプトマイシン)を用いて人為的にタネなし化、果粒肥大を図る技術が普及し、これが普通になりました。
特にGA(ジベレリン)処理だけでは無種子化が難しい品種において、SM(ストレプトマイシン)処理は無種子化に不可欠な技術として広く普及している。」(公益社団法人大日本農業会編「平成農業技術」2019年農文協275ページ)と記述されています。(澤登さんぶどう便りより抜粋)

2020年09月01日

お米のプラスティック汚染

先のページでは農薬や化学肥料を使わない米作りの除草について書きました。
あるニュースレターの中にこのような農家さんだけとのお付き合いだと知りえない情報が書かれていました。
世の中には一般消費者の目にも耳にも届かないニュースに溢れていますね。
知っていることはとても大事だとおもい、ここに書きます。

知って何故このような農業が広がるのか考える一助になると思います。
農村の高齢化、大規模農業の拡大、実直な米作りに見合う米価かどうか、などなど、そのようなことも考えを巡らすことにもなります。
そして、私はどんな食べ物を食べたいか、どんな自然を残したいか、自分に引き付けて考えてみます。

2020年8月のNPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 JEPAニュースの中から
「お米にも広がるプラスティック汚染」お米のプラスチック添加物汚染.jpg
関心のある方は、HPを開いて検索してみてはいかがでしょう。

のどかに広がる田園風景は環境保全の大きな役目もあると聞いたことがありますが、
環境保全とは真逆の
田で多用されるプラスティックカプセルが河川や海にゴミとして溜まり、
しいては、プラスティック添加物が米を汚染していることを
私は最近まで知りませんでした。水田プラスティック.jpg
               田んぼ薬剤.jpg



#自然村
#お米のプラスティック汚染
#ダイオキシン・環境ホルモン国民会議

9月に

9月に入った途端、涼しい夜を過ごしました。いい夢見ながらぐっすり寝ました。急に涼しくなるはずもなく暑さ寒さも彼岸まで。
明日は「禾乃登」 穀物が実り始める頃 です。
早い田植えのところではもう新米出荷の声も聞かれますが、
上野さん、遠藤さんは10月10日頃に新米が始まります。
佐久間さんは10月になってから。初霜は11月に収穫を迎えます。

さて、みなさんは、どのように栽培されたお米を常食していらっしゃいますか?

農薬や除草剤を使わないお米作りで大変なのが除草作業です。
それぞれ草が生えすぎない工夫をなさっていますが、、稲が負けそうな田は草を土にねり込むごろ押し作業というのを
あの灼ける暑さの下で繰り返しておられます。

又、何枚もの田があると、畦の草刈りも、一巡したころにはまた草が伸びているのです。
今は、周りに畦の草刈りをする人もなく、除草剤をまいて済ますことのほうが主流です。

農薬・化学肥料を使わない米作りとは、草に向き合う農業のようですが、
上野長一さんのお便りにはこのようなことが書かれていましたので抜粋して紹介します。

「田植え後一か月過ぎる頃には 草も大きくなって来ますので、稲がまけそうな田は 草を土にねり込むゴロオシ作業におわれる日々でしたが、私はこの作業によって土と稲と自分と向き合う日々、自分の心の整理 考え方をまとめる時間なので大好きです。普段は大きな機械作業なので ケガをしないよう 作物をいためないよう 効率を上げる為といったことを考えての仕事なので 自分自身の心と向き合うことは少なく 上手に機械をあやつることに専念してしまうが、このゴロオシは土と素足で向き合うので気がおのずと土のものを感じ自分の心に土が入る気がするのです。」

台風シーズンになりました。
一年のご苦労が報われ、豊かな稔を得られますよう祈ってやみません。

2020年08月31日

無花果

無花果 入荷

ビオレーソリエス黒無花果.jpg

無肥料無農薬無潅水

「皮は食べられます?」と時々聞かれますが、
完全無農薬なので食べられますが、舌に皮のザラザラはします。
お好みでどうぞ。

有機レタス

久しぶりに入荷しました。レタス.jpg

巷のスーパー八百屋さんではおいくらで売られているでしょう。
ちょっと前のニュースでは大変高い価格だと聞きました。

山梨県 早川さんの有機レタスです。早川さんレタス.jpg
きれいで美味しそうでしょるんるん

自然村では1個¥356(税込み)です。

2020年08月21日

桃 入荷しました。

しばらく入荷がありませんでしたが、
久津間グループの桃が入荷しました!
白桃系です。DSC09187.JPG

2020年08月20日

無花果とプルーン

立川市 市川農園さんの無花果が始まりました。

ハクビシンなどの害獣の被害を防ぐためにハウス内で樹を育てています。
ずっと無肥料・無農薬・無潅水の栽培です。
輸送に耐えるぎりぎりまで樹上で完熟させています。
実の大きさは大きくはありませんが美味しさがぎゅっと詰まっています。
このような無花果は自家栽培以外滅多に食べられるものではありません。

桝井ドーフィンDSC09177.JPG

ホワイトゼノアDSC09173.JPG

黒無花果DSC09175.JPG

青森県 魔法の庭さんのプルーンが始まりました。
大きい粒はツアー種DSC09179.JPG
比べて小さい方はプチュール種です。DSC09185.JPG

販売方法は、仕切り枠で1セットの販売です。

魔法の庭さんも無肥料無農薬栽培でスモモやプルーンなどを育てていらっしゃいます。
やはり輸送に耐えられるぎりぎりの見極めで送ってくださっています。

販売のリスクは大きいですが果物はやはり完熟が美味しいですから、それを食べていただきたいです。

とうもろこし

山梨県小黒農園の
無肥料無農薬栽培 とうもろこし キャンベラ
とっても甘くて美味しい!
しかも後口がすっきりとして、嫌な甘ったるさが残りません。

今がとうもろこしの最盛期です。DSC09155.JPG

食べ応えあります。

2020年08月18日

新物さつま芋

おばあさんが作ってくれました。
お盆の頃からおやつに度々、蒸かし芋。
早や採りの細いさつま芋を蒸かして、
甘みは薄いので塩を振って食べました。

夏に秋が忍び寄ったのを子ども心に感じる
新芋と塩の味。

香川県 宮下さんの自然農法有機
坂出金時芋です。DSC09114.JPG

2020年08月17日

枝豆ビール

残暑お見舞い申し上げます。

今日からお仕事の始まった人も多いのでは。

ただいま!
お帰り!
こんなお出迎えがあったら最高かもしれません!DSC09103.JPG

あっ、もちろん、ビールは冷やして
茹で枝豆は塩を効かせて、ねわーい(嬉しい顔)

お風呂で汗を流してさっぱりとしてからどうぞ!
枝豆の品種は香りと甘みの強い湯あがり娘です!
新潟県津南高原の昼夜の寒暖の差が美味しくしています。

枝豆は疲労回復によい成分が豊富なんですってよ。

2020年08月07日

一宮白桃

久津間グループの桃
今日は一宮白桃です。DSC08996.JPG

青森 木造有機のタカミメロンDSC08998.JPG

小玉西瓜

浜田さんの有機ブルーベリー


こちらは残念ながら柔らかくなったので売り場から下げた久津間さんのすもも貴陽です。
残念でしたが、これから種を取って冷凍します。DSC09002.JPG
最近のお楽しみは、冷凍したバナナと果物の想いやりシェイクです。
            DSC09004.JPG
想いやり生乳と冷凍果物に甘みが欲しい時は生甘酒を足します。
ハンドミキサー大活躍しています。

今日、明日のご来店をお待ちしています。
8月9日から16日 夏休みいたします。