2017年05月20日

青い豆の季節

飯田さんの絹さやと池松さんのスナップエンドウ
食感や豆と莢の風味を味わうために茹でただけで。DSC05625.JPG

陵西一寸空豆は少しだったので家族で楽しむために空豆ご飯にしよっと。
剥いた空豆と塩と料理酒旬味を入れて炊き上げる。DSC05627.JPG

天然山うどと鶏ひき肉の炒め物を作ってくれた。
山うどは薄く皮を剥くだけですぐに火が通ったそうだ。
食べながらとても懐かしい、懐かしい想いが満ちていた。何故だろう。

天然山うどの香りが大好き。何かと同じ香り。気が付いていたのだけど、確信が得られてなかった。

うどの炒め物を食べながら、娘が「山うどって菖蒲湯そのものじゃない!?」と言った。
そうなの、私も菖蒲に似た香りと思ってたの!

posted by 自然村 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年05月19日

池松自然農園さんの野菜の種は

池松自然農園さんから届いた野菜の種の情報です。
池松さんは肥料と農薬を使用していません。
全て固定種です
スナップエンドウ:去年失敗して、今年は購入種です。畑懐さんから購入。
一目見てこれは美味しい!と直感しました。食べてみればめちゃくちゃ甘いです。るんるん

陵西一寸空豆自家採種4代目

 2分30秒よりも短く茹でたのと長く茹でたのと。今年の初物空豆食べました。風味抜群手(チョキ)季節の喜び感じます。
・エルワンレタス、エルシーレタス:自然農法センターより購入。
博多こがね玉葱:中原採種場より購入。玉ねぎの自家採種は挑戦していますがなかなか種が稔りません。今まさに奥州玉ねぎは母本がつぼみをつけているところです。どうなるか楽しみです。
 生で食べました。かなり甘いです。焼いたらさらに甘くなるでしょう。

嘉定ニンニク自家採種4代目

空豆とスナップエンドウは来週いっぱいのようです。今回見逃さない方が良いと思います。

飯田さんのスナップえんどうは早々に売り切れてます。絹さや天ぷらにして凄く美味しかったと言っていただきました。
絹さやのちらし寿司も美味しいんだわハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年05月18日

池松自然農園

池松自然農園さんから夕方届いた。DSC05617.JPG
大きい箱!何が入っているのかな。

びっくり箱から飛び出した エルワンレタスとエルシーレタス(緑)DSC05618.JPG

よく入っていたね〜と声を掛けたくなるほどのたくさんの大きなサニーレタスにぴっくり。
池松さんのコメントは、「エルワンレタスは、好評なレタスです。生でもいいですが、さっと火を通すとクセになる苦みがでてきます。」

下には、スナップエンドウと陵西一寸空豆と喜定種ニンニクDSC05619.JPG

ニンニクDSC05623.JPG
収穫してすぐのこの時期はもっちりしているので丸焼きがお勧めです。ばらしてトースターで15分位焼くとよいです。

自然村の初物です。陵西一寸空豆DSC05622.JPG
ゆで時間は2分30秒くらいがちょうどいいです。(3分と書いてあるのを30秒短く訂正してあります。池松さん親切で真面目ですね。)

博多こがね玉ねぎDSC05624.JPG
池松さんのコメント厚めに輪切りにしてフライパンでじっくり焼いてみました。美味しいと思って食べていたら、長女が「これは甘すぎて食べれん」とのこと。s時にうるさい長女なので大変です。
posted by 自然村 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年05月16日

天然山菜

今シーズン最後になります。
刈屋さんが採ってくれた天然山菜。DSC05606.JPG

ミズ(赤ミズ)DSC05607.JPG
ネットで調べるとたくさんの食べ方がありました。
すり鉢で摺らなくても、包丁でたたくという方法もありました。
posted by 自然村 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年05月15日

天然山菜

明日 届きます新潟の天然山菜は、

うるいは残念ながらすでに葉が開いておりとることができませんでした。
それからフキノトウについても申し訳ありませんが1パック分しかとれませんでした。

想定していた道路が封鎖されていて山道を往復10km歩いたり、フキノトウが乱獲されていたり、
途中で予想外な集中豪雨に見舞われるなどアクシデントが度重なり、
その他にも事前にお伝えしていたものの採ることができない山菜がいくつかあります。

最終的に採れた山菜ですが、

山ウド10
コシアブラ10
タラの芽7
ミズ7
赤コゴミ5
フキノトウ1
山竹の子1

またお客様からの嬉しいご報告ありがとうございます。
市販のうるいは基本的に栽培した「野菜」なので、
天然物のあのぬるっとした独特の味わいはなくなっていますよね。
他の山菜にしても天然物だからこそのアクの強さやヌメリがあります。
本物の山菜の味を少しでも多く知っていただく機会を自然村様からおつくりいただき
とてもありがたく思っております。

先日、こごみを買って下さったお客様がコメントと写真を送ってくださいました。
先日買った山菜ですが、天ぷらはハードルが高いので、小麦粉を軽くまぶして揚げてみました。とてもおいしかったです。urakawasann.jpg

ミズは楽しみにしていた山菜です。といっても私は1回くらいしか食べたことがないのですが。
Eテレのやまと尼寺精進日記という番組に嵌りました。2人の尼さんとお手伝いの女性が周囲で獲れたり村の人からいただく季節の恵みを手間を惜しまず料理する、ころころころころ笑いながら食材を集め料理する。
先回、副住職さんが、大きなすり鉢を足で抱え、茹でて刻んだミズをトロトロに摺って、自家製味噌を入れていました。出来上がったミズのとろろは勿論おいしそうでしたが、足で抱えて摺っている姿がとてもよかったわーい(嬉しい顔)
あれを真似してみたいもんです。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年05月10日

天然山菜

刈屋さんが採取してくれるうるい
栽培ものとは違う天然のうるい。葉の開いていない柔らかい葉がきゅっと巻いた美味しい時期のを採ってくれます。
丁寧にほどくと思ってた以上の嵩に、うるい生.JPG
茹で過ぎないようにさっと茹でてうるい茹で.JPG
天然うるいって美味しい!茎のしゃきしゃき感とほのかに薫るうるいの香り。いいな〜

こごみの方が見慣れた山菜なのでよく売れます。赤こごみは?
こごみは群生するけど、赤こごみは群生しないので集めるのが大変らしいです。
さっと茹でて、茎のところはお好みの硬さまで茹でて。赤こごみ茹で.JPG
しゃきしゃきの歯ざわりです。アクはほとんどありませんが微かに感じるかも。気軽に食べられる山菜です。

マヨネーズとほんの少しの醤油で和えました。赤こごみマヨネーズ醤油和え.JPG

晩御飯は、山と里と海の春パスタ赤こごみ・うるい・たけのこ・しらすのパスタ.JPG
上野さんからもらった筍とうるい、赤こごみ、釜揚げしらす。醤油と柚子勘助で調味。

うるいは繊細な香りや味があるので、うるいだけでお浸しがいいな〜と店主の意見。
それも成程な〜と思います。
が、パスタでもピザでも自由にお楽しみくださいねわーい(嬉しい顔)


posted by 自然村 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月27日

ねぎ坊主

オーガニックベース 奥津典子さんのFBに書かれていたのを真似て、
なごみ農園さんのねぎ坊主のマリネを作りました。DSC05525.JPG

坊主のほろ苦さと食感が大好評でした。
ねぎ坊主を茹でて、少し煮詰めたバルサミコ酢とオルチョと醤油だれで和えました。

たれが残ったので、ミニトマト(沖縄の有機ミニトマト)もマリネしました。ミニトマトの甘さと合いました。DSC05526.JPGこれも好評。

そんな晩御飯だったせいか(?)岩崎さんが登場する夢を見ました。畑でかなり鮮明にお話してました。もちろん夢なので不思議な組み合わせがいろいろ出現していましたがわーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

天然山菜

たくさん、届きました。

栽培物の山菜も多い中、
天然物は貴重です。山に入って採ってくれる人のお手間も貴重です。
お山の春の息吹を食べてください。

こごみDSC05527.JPG
うるいDSC05530.JPG
赤こごみDSC05531.JPG
山菜の女王 こしあぶらDSC05528.JPG
タラの芽DSC05529.JPG
あけびの芽DSC05532.JPG

本日、自然村の向かいの料理屋さんかねこさんではあけびの芽のお料理が食べられますよ。わーい(嬉しい顔)流石、アケビの芽の食べ方をご存知でした。DSC05533.JPG
posted by 自然村 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月26日

天然山菜

山菜デーの予告です


こごみ
うるい
コシアブラ
アケビの芽
タラの芽
赤こごみ


食べ方について刈屋さんに教えてもらいました。もちろんみなさまのお好きな食べ方で楽しんでください。

コゴミ、ウルイ、赤コゴミは基本的にただ茹でて醤油やマヨネーズをかけて食べるなど
シンプルな食べ方が個人的には1番飽きないで好きです。

コシアブラ、タラの芽についてはやはり天ぷらが合っていると思います。

アケビの芽はサッと茹でて卵黄と混ぜて醤油をかけて食べると酒の肴に最高です。

私は、あけびの芽を見るのも初めてです。楽しみ。
しかも、酒の肴に最高です!と!
丁度、青見平の卵も入荷仕立てだしるんるん
田村うすにごり生もあるしるんるん、田村亀の尾もあるしるんるん

あけびの芽1パックは我が家分に先取りさせていただきます。お許しください。わーい(嬉しい顔)

もうひとつ、食べ方が届きました。
アケビの芽は卵と一緒にご飯にかけて食べても美味しいと思います。
独特の苦味が病みつきになります。

病みつきですか〜わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月17日

岩崎さんの畑

雲仙在住の奥津さんのFBで岩崎さんの畑の今を知ることができます。https://www.facebook.com/yugo.okutsu?fref=ts
種を採る農家のことを伝えることは何年も種採り野菜を販売していても簡単ではないと感じています。
FB奥津さんの語られていることと圧倒的な写真がみなさんの理解への一助となりますよう。

小冊子「たねは誰のもの」の中の岩崎さんの文章の一部を紹介します。DSC05133.JPG
           DSC05135.JPG
野菜と語り合う
野菜を取る中で本当に良かったと思えるのは、やはり野菜の花です。花の瞬間にたくさん出会たこと、自分の農業感を変えさせたのは、実は花ではなかったと思います。いろんな花が自らの種を採るために、花を咲かせていきます。野菜として立派に生育しているときには感じられないのですが、野菜としての最盛期が終わり、春先になってトウ立ちし、花を咲かせてくると、野菜たちが私を花の中へ招き入れてくれるのです。
 特に在来種、伝統野菜は、花の色も濃く美しい花を咲かせると感じます。これが本当に野菜の花か、と思えるような美しい花を次々に咲かせていきます。このときに限って、野菜が一瞬、野菜から神に変わったと思えるほど輝きます。
 美しい花を咲かせた野菜は、その花の中へ私を招き入れるように入り口の扉をそっと開けて、「どうぞ入ってください」と語りかけているように感じます。このときこそが、野菜により近づける瞬間なのです。野菜の花に蝶や蜂やいろんな虫たちが寄って来て、花から花へと飛びながら受粉が行われ、花は実っていきます。私はそれらの野菜をつくっている本人ですから、美しい花を咲かせている野菜たちに語りかけ、「あなたは美しく咲いているけど、私があなたの主人なんですよ。育てているんですよ。」と自分がいることを伝えるように、語り合うように、虫や風と一緒になって野菜の種をつくろうとしています。春がめぐって来るたびに、野菜の花たちとそんな時間を過ごしながら、いろんなことを学んだ気がします。
 中略
 それは、とっても感動する世界です。自分の心が癒される世界です。うれしかったり、楽しかったり、哀しかったり、それが農業の中でいちばん素敵なことなのです。自分の目指す農業は、そこにこそあるのではないかと思います。野菜の花を愛で、野菜に近づいていく、そういう世界が種を守っていくのだと思います。そして、これを農法としてとらえていくと、それこそがまさしく、雑木林の中で来る日も来る日も考え、そして再び畑に立ったあのときに自分が目指した農業ではなかったかなと思います。


岩崎さんの野菜は今、端境期のお休み中ですが、関東の農家さんの種採り菜花はまだ少しづつ届いています。
種を採る農家さん、畑に想いを馳せていただけたらと願います。
posted by 自然村 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月13日

子芋

飯田さんが子芋を運んでくれました。
八つ頭の八つ子DSC05445.JPG
大野里芋の子芋DSC05446.JPG
京芋の子芋DSC05447.JPG

先日、芋の植え付けを終え、作付に使えなかった大きさのを持ってきてくれました。
熟成して美味しいんですよ。
里芋や八つ頭は冬のものだと思っている方々も多いのでは。
寒い時とはまた違う美味しさをお楽しみください。
小さい人への食材にお勧めしたら、「とてもよく食べました」と喜んでいただきましたよ。
これは、過去のブログです。日付をみると里芋の植え付けが早まっていますね。http://blog.sizenmura.jp/article/124739272.html
posted by 自然村 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月08日

新玉ねぎ

なごみ農園さんと橋本農園さんの固定種新玉ねぎを食べようるんるん

大豆工房みやの油揚げと新玉ねぎと丈夫卵の新玉ねぎ丼新玉ねぎ玉子丼.JPG
青まぜ海苔をちぎって添えて。

新玉ねぎとパプアニューギニア海産天然海老のかき揚げ固定種新玉ねぎ・天然海老かき揚げ.jpg
黄金色に揚がっているのは、会津の平出さんの玉締め圧搾搾り菜種油を使っているから。湯洗いの精製をしていないので酸化しにくいんです。

かき揚げもう少し食べたかったな〜

新玉ねぎ、来週水曜日にまた入荷しますからね。
来週は新玉ねぎ、どんなふうに食べようかな〜るんるん白神こだま酵母のもちもちピザ台3枚¥350を使って新玉ねぎピザもいいかもねるんるん
posted by 自然村 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月06日

今週の岩崎政利さんの野菜

雲仙たねの自然農園から、今シーズン最後の野菜が届きました。

じゃがいも(西豊)、黒田5寸人参、岩崎ねぎ、五木赤大根、ケールの芽、アートグリーン菜、中国チンゲン菜、雲仙こぶ高菜、紅芯大根。
キャベツのみF1品種です。

ケールの花芽、アートグリーン菜は茎は太く皮は硬くなっていますが、太く硬い皮を剥くと、生で食べても「甘い!美味しい!」と驚くほどの旨味甘味を持っています。
茹でたり、蒸したり、炒めたり。苦みやえぐみはありませんので家族どなたにもきっと喜んでいただけます。
岩崎さんの野菜は美味しいな〜としみじみ実感する深い旨味の野菜たちです。

先日は、ケールをみじん切りにしてひき肉と餃子の餡にしました。
また、先日は、シュウマイの下に敷いて蒸しました。シュウマイと蒸したケールやアートグリー菜をいっぺんに調理して、しかもたっぷりの野菜を食べることができて大好評でした。
お試しください。

雲仙こぶ高菜。立派なこぶが出ています。食べた方から「美味しかったわよ」と声を掛けられる野菜のひとつです。油との相性が良いです。

紅芯大根は今シーズン初めての到来です。岩崎さんに種を採り続けることの意味を教えてくれた在来の野菜のひとつです。サラダや甘酢漬け、グリルなどがお勧めです。甘い大根です。

人気の岩崎ねぎをたくさん送ってもらいました。
先週の比べて、「あ〜、岩崎ねぎも最後の時期を迎えたんだな〜」と了解しました。茎が先週よりも硬くはなっているようです。もうすぐ、ネギ坊主をつけて次の世代の命(種)を結んでいくんだなと、想像していただけたらと思います。
岩崎さんのねぎの種採りの写真があります。福音館の「たくさんのふしぎ」が店にありますのでご覧くださいね。

冬野菜の命の春を食べて感じてくださいね。
posted by 自然村 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年04月05日

わ〜いわ〜い!の入荷情報

今晩は、新玉ねぎ尽くしのご馳走だ〜
パプアニューギニア海産の天然海老も冷蔵庫で解凍中るんるん

桜が満開になりそうなぽかぽか陽気で浮かれているわけじゃありません。
野菜たちが浮かれさせてくれてます。これを書きながらも胸が躍ってるんです。揺れるハート

みんなに食べてもらいたい手(グー)固定種の新玉ねぎがようやく始まったexclamation×2
なごみ農園さんと橋本農園さんの固定種新葉玉ねぎ

なごみ農園さんのサラダでもりもり食べたい野菜たちDSC05346.JPG
固定種の葉玉ねぎ(種子消毒無し)
自家採種のサンチュ、可愛いラディッシュ(種子消毒無し)、生でもいける春菊(自家採種)るんるん
そして、紅東・えごまとみそ豆ちゃんも少しですが入荷しました。人参芋もあります。

久しぶりの橋本農園さんからの野菜も届いたよ〜手(チョキ)
固定種(種子消毒無し)新葉玉ねぎDSC05349.JPG
汐留葱(分けつ・自家種)DSC05348.JPG
自家採種のらぼう菜DSC05347.JPG
右側はなごみ農園さんの自家採種白菜菜花

青見平の卵も入荷。

大好評で売り切れていました西三河産無酸処理青まぜ海苔¥800も届きました。

屋久島の 枇杷 の予約は引き続き受けたわわっています。
http://blog.sizenmura.jp/article/179300423.html
posted by 自然村 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月30日

雲仙たねの自然農園から

岩崎政利さん、雲仙たねの自然農園からの今週の野菜は、
在来の野菜は、黒田5寸人参、五木赤大根、岩崎ねぎ・アートグリーン菜・ケールの花芽・中国チンゲン菜の花芽・平家大根・雲仙こぶ高菜・じゃがいも西豊F1品種のキャベツ・サニーレタス。
            。DSC05330.JPG

平家大根は白だけでなく赤もでます。DSC05310.JPG
源平の白旗、赤旗の色が大根にまで現れて物語性を高めますね。

今日岩崎さんに電話をして4月の出荷について聞きました。
なんと!、直送野菜セットは3月いっぱい、今週で今シーズンは終わりだそうです。
私は、4月中旬まではいくと思っていましたので頭がぐら〜んとしました。
直送セットを楽しみにしていたみなさん、ごめんなさい。
もう、こぶ高菜もとう立ちが始まって、いよいよ端境期になります。在来の野菜でセットを組めなくなったそうです。
 次のシーズンは夏野菜。6月末か7月初めから8月いっぱいまでの短い期間になります。
今シーズンも変わらず直送セットを取り続けてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。夏野菜の始まるのをどうぞお待ちください。

4月、岩崎さんは夏の野菜の定植作業や種播き作業に精をだされます。作物にとって良い天候でありますよう祈らずにいられません。

店へは、4月第1週まで野菜が届きます。よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

屋久島在来里芋 かわひこ

屋久島在来里芋 かわひこの作付が28日、29日で終えたそうです。

かわひこを食べたみなさんからの感想を喜んでくださいました。
みなさんの気持ちも一緒に伏せ込まれているのでさらに美味しいかわひこが出来ると思います!

来年は少なくとも2回、うまくいけば3回はお送りできるようがんばってみます。
             12017年3月30日かわひこ伏せ込み.jpg
根っこもピンクです!
   2017.3.30.かわひこ伏せ込み2.jpg

本州も里芋の植え付けのシーズンになっていますが、今の時期も茎葉っぱの付いた里芋は本当に珍しいと思います。

来季、2回も3回も食べてくださいね〜手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月28日

屋久島から

屋久島から無肥料無農薬のさつま芋・八郎生姜・新じゃが芋再入荷しました。

八郎生姜は収穫仕立て。屋久島は霜が降りないので畑でそのままにしておき必要な時に掘り上げています。

さつま芋は、寝かせて熟成しています。
大人気の安納紅は僅かになりました。それを補って安納黄金が届きました。紅よりも赤色は薄いですが黄金ですぴかぴか(新しい)DSC05319.JPG
ねっとり甘い。

新しくしろゆたかをいただきました。生産者さんのお勧めは天婦羅だそうですが、焼き芋にしてもホックホクで甘みも上品ながらしっかり甘い。DSC05313.JPG
どうです、見るからにホックホクでしょわーい(嬉しい顔)

さてさて、今年初めて自然村のお客様に販売できたかわひこのことです。DSC05144.JPG
先々週土曜日、50個 いただきました。翌週、完売exclamation
今年は1回の発送で終了でした。お客さんの反応で今年の作付を広げるか否かを検討するそうです。
お客さんから声をいただきました。今回食べる機会を逸した人も参考までに読んでくださいね。
T様より
「先日購入した、かわひこ。いただきました。
わが家でのメニューはこの4つで、あっという間になくなってしまいました。
・味噌煮(にっころがし)
・揚げ物(スライスアーモンドとスライスかわひこのかき揚げ)
・米粉のクリームシチューの具
・お味噌汁
味噌煮と揚げ物は、ホクホクした感じに。シチューとお味噌汁はもっちりした感じになりました。
このお芋は、大人に好評で、是非たくさん食べたい!来年が楽しみだ!ということになりました。
子供は、うんうん言いながら食べていましたが、最高においしいと感じた時のセリフ「毎日これがいい!」まではいかなかったようです。
一緒に購入した、安納芋と玉ねぎのお味噌汁は、子供に大好評でした。」

M様より
「●屋久島の在来里芋、かわひこ。美味しいです。
ブログの記事から想像していたよりも大きくてびっくりしました。
皮がちょっと剥きにくいですね(私はいつも里芋は里芋同士を擦り合わせるか軽く包丁の背でこ削げ落とすかだけで、なるべく皮も食べています)。かわひこは剥かないと食べにくいなと剥きましたが、ごつごつしていて固く少々手間取りました〜。
でも、食感・モチモチ感がたまらないですね。大中寺芋や京芋にも似てはいますが、食べごたえがあり満足です。主人も気に入っていました。
育てて頂けるなら来年も購入します(現在の自然栽培の条件で)☆」

ご来店の折、「勧めてくれたあの芋、美味しかったね〜、あんな芋があるんだね〜来年も食べるよ〜」とか
リピートしてくださった方もいました。

食卓にのぼらせて会話が豊かになる、そんな野菜の一つだと思います。楽しく豊かな会話ハートたち(複数ハート)もうひとつのご馳走です。

来年もっと多くの人に食べてもらえるよう、作付を検討してもらえると嬉しいです。
生産者さん、東京はかわひこ待っていますよ〜ハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月18日

屋久島から届きました!

みなさまに初お目見えハートたち(複数ハート)DSC05230.JPG
無肥料無農薬栽培 屋久島在来里芋 かわひこ
八郎生姜

かわひこの食感と一緒に鼻に抜ける香りを感じてください。

一緒に届きました。DSC05231.JPGDSC05233.JPG
新じゃが芋 アンデスレッド、出島、きたあかり

安納紅芋、DSC05137.JPG
パープルスイート


かわひこをお求めのお客様にお願いがあります。よろしければ召し上がった感想をお寄せください。
「来年も食べたい」又は「来年はいらない」どんな味だったか、忌憚のない正直な感想を!
みなさまの反応を参考に今年の作付を考えるそうですよ。

そして、もうすぐですexclamation
4月の初めには、私が今まで食べた中で最高の枇杷の収穫が始まります
お楽しみにexclamation
まだ食べたことのない人は、是非是非、必ず食べてねわーい(嬉しい顔)(押し売りexclamation&question
屋久島の無肥料無農薬の枇杷畑の今の様子です。12017屋久島枇杷畑.jpg
            2017屋久島枇杷畑様子.jpg
            2017屋久島枇杷袋掛け.jpg
びわの予約受付のご案内はもう少ししたらブログに書きます。
posted by 自然村 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月16日

今週の岩崎政利さんの野菜と

雲仙たねの自然農園からの在来の野菜は、
じゃがいも西豊、黒田5寸人参、でぶっちょ横川つばめ大根(煮大根最高!)、アートグリーン菜・五木赤大根、岩崎ねぎ、茎立菜(福立菜)、雲仙こぶ高菜、ケール

キャベツとサニーレタス、ブロッコリーはF1品種です。

今シーズン初めての雲仙こぶ高菜!DSC05228.JPG
岩崎政利さんといえば雲仙こぶ高菜、
雲仙こぶ高菜といえば岩崎政利さん
          DSC05227.JPG
          DSC05226.JPG
個性的な、野趣あふれる姿です。茎は甘くそのまま食べても甘く、葉は旨みタップリ。
地元では塩漬けに加工されて販売もされています。
油炒めがこの菜の美味しさを手軽に楽しめます。

多分、食べた方はきっとハートたち(複数ハート)雲仙こぶ高菜ファンになります。
だって、今までもそうだったからるんるん
posted by 自然村 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月15日

春の菜

佐久間さんから届いています。

白菜菜花・のらぼう菜・チンゲン菜花DSC05209.JPG

他に、ドシコブロッコリー側芽がいっぱいと香り高い人参

三浦大根(肩を切ってあります)

不耕起草生自然農・のらぼう菜以外は全て自家採種。のらぼう菜は購入種子。今回初めて栽培したそうです。種子消毒は無し。

野菜たちのおかげでわくわく心が弾んで私は元気です。
posted by 自然村 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜