2018年11月14日

たくさんの入荷情報

橋本農園さんDSC08012.JPG
            DSC08013.JPG
大蔵大根
岩槻ネギ
小松菜
黒田5寸人参
ブロッコリー

飯田さんDSC08015.JPG
大和真菜
市川小松菜
水菜
土垂里芋
大野里芋
安納芋
紅東
むかご

ポラン広場
有機白菜
有機牛蒡
れんこん
などなどたくさん

澤登さんDSC07973.JPG
牧11号キウイフルーツ
ゴールデンキングキウイフルーツ

西北さん めちゃくちゃ美味しい!
富有柿DSC07968.JPG

深谷もやし
posted by 自然村 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

佐久間さんの野菜

佐久間さんは自家種を採り不耕起草生自然農で野菜を育てています。

佐久間さんのニラの美しさ。
こんなに美しいニラを私は見たことがありません。DSC08016.JPG

聖護院大根の間引き菜。立派な葉に蕪ほどの大きさの大根が育っています。

白い(ベージュ)の皮は黄金千貫
赤紫の皮は紅東DSC08020.JPG

焼き芋にしてみました。
綺麗に写真に撮れなかったのが残念ですが、DSC08024.JPG
佐久間さんのさつま芋はホクホクという表現ではなく、
肌理が細かく絹のような舌触りで優しく甘く
「このさつま芋と出会えてよかったわね」と食べる人を癒すようなお味です。

今、自然村で販売のさつま芋はDSC07976.JPG
飯田さんの紅東、安納芋
香川の坂出金時芋
岩崎政利さんの赤紫さつま芋

全部で6種のさつま芋を販売しています。

そして、もうひとつ、鹿児島県枕崎のかつお節生産現場見学会での途中で出会ったさつま芋があります。
店に届くのはもう少し後です。
これです。DSC07896.JPG
ネットで情報を探してもなかなか出てこないかもです。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月13日

新胡麻

森谷農園さんの2018年度産
新物 生胡麻 入荷しています。

農薬と化学肥料を一切使用せず栽培しています。
日本で消費される胡麻のほとんどは外国に頼らざる負えません。
国産の胡麻は僅か1%以下といいます。
その上に無農薬無化学肥料の胡麻は本当に僅かです。

だって栽培以上に収穫後の調整に物凄い手間がかかるんですから入るお金の嵩を考えたらやってらんないですよ。

今、日本中の量販店小売店含めて国産無農薬無化学肥料栽培の胡麻を販売しているところは!
本当に少ないと思います。

生胡麻ですから油気のないフライパンやあれば焙烙で煎ってお使いください。
煎りたて摺りたての香りはたまんないですよね。

面倒だといわないでね、
言いたい気持ちは分かるけど、
生産者さんの方が何百倍も何千倍も面倒な手間を掛けてくれているんですから。わーい(嬉しい顔)

お値段は、DSC08001.JPG
金胡麻、黒胡麻ともに200g¥1140です。
posted by 自然村 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月10日

杉山ナッツ

杉山ナッツ 新豆のピーナッツバターが始まりました。
ハニーロースト
DSC07991.JPG
プレーンDSC07990.JPG
今年のプレーンは
目指したのは
チョコレートのようなアロマとビターな風味が
甘味を引き立てるピーナッツバター


昨年はプレーン、ハニーローストと焙煎の深さと豆のブレンドはほぼ同じでしたが、
今年は焙煎と豆の配合を昨年より変更しました。
渋皮を削る割合も変えています。

今年のプレーンは
チョコレートを意識して、昨年より印象深い商品に仕上げようと思ったそうです。

           DSC08003.JPG
ハニーローストとの印象もよりはっきりしました。
それぞれの風味の違いをより楽しんでいただけると思います。

実際、
プレーンとハニーローストをペアでお買い求めや
プレゼントになさる方も多いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

只今、ハニーローストは売り切れました。
次回の入荷をお待ちください。
プレーンは多めにいただきましたのでまだございます。



posted by 自然村 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月09日

杉山ナッツ!

           DSC07989.JPG
ご挨拶
この度は杉山ナッツ製造ピーナッツバターをお買い上げ頂き、
誠にありがとうございます。本製品の原料は、
1904年にセントルイス万博で金賞を受賞した落花生
‘遠州半立ち‘を使用しています。杉山ナッツでは
この落花生の美味しさを最大限に引き出すために、自社農場で
農薬・化学肥料を使用せず、浜名湖で採れる自然の資源で土を耕し栽培しています。
収穫後に秋冬の1か月半遠州の空っ風で天日乾燥させた後、
莢付きのまま保存させることによって一粒一粒に
旨みがギュッと詰まった実が出来上がります。
全てを自然の中から自分たちの手で作り上げるという信念から生まれた
落花生本来の甘みと旨みを贅沢に閉じ込めた最高のピーナッツバターを
心ゆくまでご堪能ください。

2018年の栽培
2018年は連日の猛暑、大雨や台風など自然n脅威を
身をもって感じる年でした。過酷な環境に強い落花生は
その中でも強くたくましく育ち、
より一層風味豊かな実を実らせました。
本年度は堆肥にアマモ、藁、米ぬかを。
肥料には牡蠣殻、卵殻、草木灰を使用しました。
また、収穫後の畑には小麦を撒き、穂がつき始める4月に
色鮮やかに育っている小麦を収穫せずに落花生のために土壌にすき込み畑を肥やします。
そしてもう一つ、自然の力で育つよう、私たちはあえて水を与えず雨を待ちます。
雨が降らない日が続けば落花生は乾き、
生きるために強くなるよう栄養を蓄え
逞しく育った落花生は濃厚な甘みと濃厚な旨味が
ぎゅっと詰まった実を実らせてくれるのです。
余計な手は加えず自然の中ですくすくと育った‘遠州半立ち‘は
まさに世界一の名に相応しい一品となりました。

出来立ての美味しさを
自分たちの手で愛情たっぷりに育てた遠州半立ちの美味しさを、
最高の状態でお客様にお届けしたい。そのために私たちは
在庫は一切作らずご注文を受けてから莢を剥き、焙煎・加工しています。
蓋を開けた瞬間出来立ての甘く香ばしい香りがふわっと広がり、
思わず笑顔がこぼれる。
そんな幸せなひと時をお楽しみいただければ幸いです。
     
プレーンDSC07990.JPG
ハニーローストDSC07991.JPG

アメリカではパンにジャムONピーナッツバターで食べるのが普通だそうです。
それを聞いた時に、
「杉山ナッツさんはどんなジャムを乗せるのが好きですか?」と尋ねたら
ブルーベリージャムですハートたち(複数ハート)とお答え。DSC07995.JPG
高知の棚田のブルーベリージャムexclamation
私は柑橘系のジャムも合うと思います。わーい(嬉しい顔)
屋久島の黒島みかんジャム

プレゼント杉山ナッツピーナッツバターと贈り物にする人も多いです。
posted by 自然村 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月08日

久しぶりの池松さんの野菜

久しぶりの池松さんの野菜は大箱に一杯詰められて届きました。
一杯詰められてはいますが、送料がめちゃくちゃ上がっているので
一袋当たりの価格に占める運賃は高い割合になります。
自分で福岡まで取りに行くことを考えれば仕方ないことと理解していただけたら有難いです。

余談ですが、今日は先日お引っ越ししたお客さんがレンタカーを借りてお買い物に来てくださいました!
驚くやら嬉しいやら有難いやらです。

さてさて、久しぶりの池松さんの野菜はいい感じですよ〜わーい(嬉しい顔)
全て自家採種・無肥料・無農薬栽培です。

発芽も最高で立派に育っている豊葉ほうれん草と
黒田5寸人参葉付きDSC07978.JPG

過去最高の出来のおたふく春菊と晩生千筋京水菜
            DSC07979.JPG

まだ採れている万願寺唐辛子

糸島市芥屋地区の在来種 芥屋かぶと大浦太牛蒡DSC07980.JPG

大浦太牛蒡が新鮮でポキット折れてしまった先をクンクン。
おっ!いい香り!
貴方も嗅いでみて。
嗅いでいる写真を撮らせて。
やだよ、お前を撮ってやるよ。
私?いやよ。
ということで、ブログを読んでいる貴方にどうぞ〜DSC07982.JPG
香るでしょうるんるん

大浦太牛蒡は見かけは太くて皮がひび割れていたりごつごつしているけど柔らかくて香りと味がいい牛蒡で知られています。
貴方の身近にそういう人がいませんか?

久しぶりの池松さんから力作の通信が入っていました。読みたい人は店で声を掛けてくださいね。



posted by 自然村 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月05日

晩成丹波黒豆

自家採種・無肥料無農薬自然乾燥手選別の
晩成丹波黒豆、
日本料理屋さんがおせち料理の黒豆煮のために
大量お買い上げくださいました。

ご希望の方はお早目のお買い上げをお勧めします。DSC07967.JPG
posted by 自然村 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月03日

晩成丹波黒豆 入荷しました

兵庫県丹波市より
自家採種・無肥料・無農薬・自然乾燥の
晩成種 丹波黒豆
が届きました。DSC07967.JPG
葡萄のようです。

昨年よりも1か月早く送ってもらったのは、お正月前に黒煮豆の練習したい!という人もいるかもね、
と思ったからなの。
それに、昨年はご注文に応じきれないほど欲しいという人がいてお断りしたこともあって、
今年は倍の量いただいたからなの。

袋を開けて見たらそれは見事な晩成丹波黒豆で本当に嬉しくなっちゃったハートたち(複数ハート)

何といっても自家採種・無肥料・無農薬・自然乾燥・手選別の丹波黒を販売できるのは挑戦のし甲斐があります。
きっと、全国には、黒豆は自分で煮ようとか、今年は黒豆煮にトライしてみたい、
それには良い豆を使いたいという人たちはたくさんいると思います。

是非exclamation×2お求めください。
100g、200g、300g・・・でご購入ください。
お値段は、驚くお値段ですexclamation喜んでいただけるお値段ですわーい(嬉しい顔)

<生産者さんより>
品種は丹波黒です。後から開発された早生とかではなくて、昔からある晩成種の丹波黒です。篠山と丹波市の農家からいただいた種を種取りし続けています。農協から買った種ではないので証明書はないですが、本拠である丹波地方篠山市の小田垣商店が、丹波黒を次のように説明しています。
「丹波黒とは、兵庫県丹波地方発祥の「丹波黒」という品種名の極大粒な黒色の大豆で、秋ダイズ型極大粒種の晩生品種である高級黒大豆です。丹波黒は丹波黒大豆や丹波黒豆、あるいはぶどう豆とも呼ばれ、その特徴は「粒が丸くて大粒である」、「モッチリとした口当たりのいい食感で美味である」、「表面に白い粉が吹いている」ことです。」
もともと農家が伝えてきた種なので、このような特徴をもった黒豆が丹波黒と言っていいと思います。
丹波黒生産の本拠地は隣の篠山市、その中でも発祥地といわれるのが川北地区です。私どもの農園はこの川北地区の北側数キロのところにあり、発祥の地にとても近いところです。

posted by 自然村 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月02日

間引き菜

今週の岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの野菜は、
玉ねぎ(のみF1)、じゃが芋(西豊)、5寸人参、赤紫さつま芋、冬瓜、八媛南瓜
そして、
間引き菜!
左から 
平家大根→弘岡カブ→黒田5寸人参→五木赤大根DSC07959.JPG
岩崎さんの青菜は間引き菜から始まります。
私たちが思う以上に間引き作業は大変だそうです。
岩崎さんの間引き菜の量は小屋一杯になるほどだと聞いたことがあります。
スーパーや八百屋、宅配では先ずお目にかかれない
貴重な菜なんですよ。

小さく細く付いた根やぷっくりし始めたかぶを見ると
もう少しの間瑞々しく柔らかい葉を楽しみながら
私たちが大きくなるのを待ってくださいね、と
言っているようです。

食すに向く美味しい品種の間引き菜を送ってくれています。
胡麻和え、かつお節和え、汁物の実に、菜飯に、
品種による風味の違いもお楽しみください。
posted by 自然村 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年10月25日

甚五右ヱ門芋

山形の在来の野菜に出会う
初めての甚五右ヱ門芋の食べ方には簡単に
皮ごと茹でてつるんと皮が剥ける。DSC07899.JPG
そのまま何もつけなくてもねっとりもっちり
風味がとても良い里芋です。DSC07898.JPG
良い塩をふったり、味噌をつけたり、
オリーブオイルも合いそうです。

今年は収量が少ないようです。後、1回いただくことになっていますが、
どうぞ、是非、
posted by 自然村 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年10月20日

かぼちゃ

秋が深まってきましたね。
あんなに暑かったのに、もう直ぐ
「寒いですね〜」の挨拶。
カロチンの多いものを食べて風邪に備えましょう。

在来の日本南瓜はしっとりが多いので煮物を上手く作るのはハードルが高いかもしれません。
でも、
若い人にもご年配にも、離乳食にも介護食にもピッタリカンカンひらめきの南瓜なんです。

ポタージュに、南瓜プリンに最適。
油やバターで焼くだけでおやつになる甘さです。

岩崎政利さんの
鶴首南瓜
バターナッツ南瓜&八媛南瓜
八媛南瓜は、佐賀県八女の在来の南瓜です。DSC07732.JPG
初めての日本南瓜にトライしませんか。
食べれば驚くこと請け合います。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年10月19日

岩崎政利さん

本日入荷の岩崎政利さんの種採り野菜は
じゃがいも(西豊)、5寸人参、葉人参、冬瓜、ツルムラサキ、風黒里芋
赤紫さつま芋、八媛南瓜、鶴首かぼちゃ、バターナッツ南瓜

葉人参はすでに売り切れました。

在来の南瓜は全て日本南瓜です。
煮物には今の方々のお好みとは離れていると思いますが、
ポタージュスープにするには最高の南瓜です。
また、バターで焼くだけでおやつになる美味しさです。
生で薄く切ってラペやサラダも美味しいです。

冬瓜と南瓜、た〜〜くさんあります。
暖かいスープにご利用ください。

山形真室川 
無肥料無農薬の栗
甚五右ヱ門芋 入荷しました。

澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどう入荷しました。
ピアレス、マスカット東京、かおる

posted by 自然村 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年10月06日

世界一 枝豆

関町中の人に知ってもらいたい、
石神井、関町、西東京市の人たちみんなに
食べてもらいたい
exclamation

そんな想いで販売した刈屋さんの肴豆は、
3回の仕入れ全て完売して、昨年よりも多くの方に食べていただけました。

そして、今シーズン最後の枝豆の販売は、
刈屋さんの思い入れ深い、世界一の名付けられた枝豆です。
           DSC07701.JPG¥560
肴豆とは莢の付き方も木の大きさも全く違う豆です。
食味も全く違いますね。
肴豆の香りと相まった芳醇な風味は枝豆中の枝豆
当に唯一無二の枝豆だと思います。

一方、世界一は、豊かな甘みと旨みがあります。DSC07702.JPG
茹で上げて塩を振ってすぐよりも、冷めてしばらくたった方が
甘味も濃くも増します。

刈屋家秘伝の大豆、絶品の豆と大層大切になさっていますのは、
数十年前におばあさんが隣の谷の集落の人から
「世界一美味しい豆だ」といって譲り受けて以来、
ずっと種採りされてきた豆なのです。

以前紹介しましたNHKBSプレミアムのドキメンタリー「北海道 豆と開拓者の物語」の中で、
女たちの伝える豆の物語として、真珠豆が登場しました。
女たちがこの豆は美味しいからと掌にのる豆を渡し合うのです。
丁度お惣菜をお裾分けするみたいに。
そして、作ってみて美味しくなかったらもう作らない。
美味しいから作り続けると話していました。

刈屋さんの世界一も同じように
台所を預かる女たちが自給用として
美味しいからと
手から手へ繋いできたのでしょう。

posted by 自然村 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月27日

池松さん

今週の池松さんの種採り・無肥料無農薬の野菜は

池松家のコメントと一緒にご紹介します。

皮も薄く美味しいので、皮ごと調理する料理が良いと思います。
マーボーナスなどいかがでしょうか?

新長崎長茄子

何故か八百屋さん等から人気なので、家であまり食べていません。やはり揚げ物がお勧めです。
白丸茄子

塩もみやぬか漬けがおすすめです。皮がパリッとして美味しく水分の多いリンゴのような甘味のある茄子です
泉州水茄子

秋になるとますます黒くなるのが多くなりますが、アントシアニン色素なので味に問題はありません。
赤い完熟万願寺もいれています。赤くなると甘くなるのでかじってみてください。

万願寺唐辛子

秋になってからの方が新芽がよく出てきています。よく茹でて刻むと食べやすいです。
生姜醤油なんかもお勧めです。

つるむらさき

コンパニオンプランツとして植えていた葱です。汁物のお供にお使いください。
夏を越したらネギが元気になってきました。

九条ネギ

池松さん、嬉しいことがあったそうです。ハートたち(複数ハート)
毎年自家採種を試みるもうまく種が稔ってくれなかった玉ねぎですが、
今年はなんとか種になったそうです。
それを9月上旬に蒔いたのが、奥州玉ねぎがきれいに発芽しているそうです。
快挙パンチ

台風の進路が気になります。
どの地域も被害がありませんように!

posted by 自然村 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

肴豆

昨日、刈屋さんの肴豆、今シーズン最後の収穫をし、
本日届きました。

「美味しかった」からと
再購入のお客様に
嬉しい気持ちでいっぱいです。DSC07675.JPG

posted by 自然村 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月25日

肴豆 入荷!

肴豆 入荷です。DSC07675.JPG

朝一番で、先週お買い上げの新潟出身の方が
再び買いにいらっしゃいました。
新潟にお住いの時に肴豆を沢山食べていた方です。

お二人目は肴豆を食べたことが無く、
お勧めしたら、食べたいけど、ご高齢で、茹でるのが面倒ということで、
私が茹でてお届けしました。
だって、この枝豆を一人でも多くの人に知ってもらいたいから。
直ぐご近所さんだしね。

お三人目のご来店も、
今回初めて食べて、とても美味しかったからと
27日入荷分を沢山ご注文に来て下さったのでした。

最初の入荷は私たちの口に入りませんでしたが、
ハネだしのを試食用に沢山入れてくれたので、
サラダマスター鍋でDSC07674.JPG
これから茹でて試食にお出しします。

ゆうパックチルド便で発送も承ります。
27日入荷分のご予約も承っています。
250g¥560です。

posted by 自然村 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月21日

茄子祭りだ!

             DSC07659.JPG

綺麗な島オクラも沢山!
甘みのあるサクサクの果肉の
水茄子は浅漬けDSC07655.JPG
             
万願寺とうがらしと博多長茄子DSC07656.JPG

新長崎長茄子DSC07657.JPG

ポラーノのムネ挽肉はDSC07658.JPG
冷凍庫に入れておくとめちゃ便利です。
茄子のそぼろ餡いかがですか?

岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの野菜は、
玉ねぎ、5寸人参、冬瓜、鶴首南瓜、バターナッツ南瓜、じゃが芋(西豊)、空芯菜、葉えごま、伏見甘長とうがらし、八丈オクラ、つるむらさき、
美しい花の穂紫蘇の付いた赤裏紫蘇も届きました。

今回の岩崎さんのお便りの題は「コオロギ」
後ほど全文を掲載いたします。

想いやり生乳
依田さんの収穫までに足掛け4年かかる在来のわさびはお勧めです。
高知の有機生姜新物です。

大豆工房みやさんの豆腐類、
ポラーノの鶏肉(冷凍)など毎日の御飯づくりにきっとお役に立ちます。

明日は、
佐久間さんから自家採種・不耕起草生自然農の野菜
澤登さんの葡萄各種
北海道北見の伊藤秀幸さんの無肥料無農薬のとうもろこし
などが入荷します。
posted by 自然村 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月20日

肴豆 始まる!

今年も
刈屋さんの肴豆 始まりました。DSC07653.JPG

枝豆の名物数々あれど香りの高さは
唯一無二です。DSC07654.JPG

肴豆の豆腐を食べたことがありますが、
甘い甘い。

枝豆は豆の甘さと濃くに抜群の香気が合わさって
口の中、鼻腔に広がります。

実は、私たちまだ試食していないんです。
試食に茹でようと思いましたが、
入荷数のほとんどが予約で埋まって
店売り分が5袋しかなかった。
だから、私たちはお預けです。
只今1袋のみになっています。
完売御礼

次回は25日入荷です。実入りももう少し膨らみます。
盛りの味わいになります。

今回は、収穫初めの8分の実です。
新潟出身の方は、「この位の時がいいのよ」と大量にお買い上げでした。
お知り合いに贈るそうです。

出始め、盛りとそれぞれの味わいを楽しむ予約をなさる方もいます。

250g¥560です。
予約も承っています。

肴豆は茶豆ではありません。
美しい輝く緑です。
成熟すると大粒の楕円の豆です。当店では味噌材料に販売しています。

posted by 自然村 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月18日

肴豆 もう直ぐ!

いよいよ肴豆の収穫の期間がスタートします。
刈屋さんはドキドキ高揚しているんじゃないかな。
大量の注文が入っているようです。
明日収穫して、
明後日20日に自然村に入ります。
収穫はじめの8分位の実入りの初々しい風味を存分に味わっていただきたい。

そして、
9月25日にはピークを迎える盛りの風味を
後悔しないように食べつくす。

今朝、肴豆と書かれた外の看板を見て
女性が入っていらっしゃいました。
新潟出身だそうです。
こちらへ来て、香りのない枝豆ばかりでと。
肴豆の香りの高さと甘さだけでなく味わいの深さ、
美しい輝く緑の豆をよくご存じの方でした。
だだちゃもいいけど
肴豆は格別なんですよ〜

予約いただいた以上にたくさん仕入れます。
だって多くの人に肴豆を食べてもらいたいんですexclamation
posted by 自然村 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年09月09日

絶品 枝豆 肴豆

枝豆 肴豆の予約受付を始めます。

各地にご自慢の枝豆はありますが、どれも美味しい枝豆には違いないでしょうが、
これほど美味しい枝豆はぜひ、みなさんに食べてもらいたい と惚れ込んでいます。
刈屋さんの肴豆9月20日から一週間程の短い期間に届きます
           DSC03488.JPG
新潟県長岡の在来の枝豆です。美しい緑色のまめです。香り甘みと濃くが抜群で、特に香気が素晴らしい。
茹で上がる時に広がる香りにきっとびっくりしますよ。
香りと甘み旨みが一体となる風味。
食べ終わった後の余韻。
茹でたてよりも冷めてからの方がより甘みが増します。
肴豆の凄さは、もちろん届きたてが良いですが
日にちが経過した後も長く美味しさが失われない事。肴豆って凄い!って思います。
           DSC02509.JPG
ほとんど新潟県内で消費され、関東に出回ることはまれだと聞いています。
栃尾で農薬・肥料を一切使用せず農業を営む刈屋さんの肴豆。
もちろん、大切に種を採り守っています。

プレゼント贈り物にしてもきっと驚き喜んでいただけると思います。

ご予約くださいるんるん
9月15日までに予約していただいた場合は、ありがとう価格です。るんるん
1袋250g位¥540 

予約なしの店売りもいたしますが1袋¥560で販売いたします。

店頭でご注文をお受けしています。
通販ご希望の場合は、メールにてご住所・お名前・電話番号・希望数量をお知らせください。
ゆうパックチルド便でお送りします。

プレゼント17日の敬老の日には間に合いませんが、贈り物としても最高だと思います手(チョキ)
長命の一滴仁井田本家の田村亀の尾生酛木桶仕込み生原酒も熟成を経て入荷しました。
肴豆と一緒に贈り物にいかがでしょう。



posted by 自然村 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜