2021年04月22日

池松さんから

只今端境期真っ最中、夏野菜のための仕事に精をだしている福岡の池松さんから久しぶりに届きました。

久しぶり〜〜と喜んでくださっているお客さんの笑顔が目に見えるようです。わーい(嬉しい顔)

いよいよピース類の季節です。4月22日池松スナップエンドウ絹さや.jpg

スナップエンドウはぷっくらしているのが、甘みが増すので、畑でなるべく「でぶっちょ」にして収穫しているそうです。
私も食べたら甘いのかしら?わーい(嬉しい顔)

仏国絹さやは大きいサイズの絹さやです。
絹さやと卵の相性がいいです。そして、絹さやといえば三色ご飯ですexclamation
炒り卵、鶏肉のそぼろ、絹さや。彩りが春らしいですね。
絹さやはスナップエンドウに比べて地味な存在ですが、
茹で立ての香りは花のようで色んな料理に合う優れものです。
妻は「私は絹さや派!!」と言ってます。(池松さん談)

三色ご飯を意識して、ポラーノの鶏むねひき肉バラ凍結が使いやすくて美味しいので少し多めに仕入れていますよ。わーい(嬉しい顔)鶏そぼろを作って冷凍しておくとお弁当作りにも役立ちます。

固定種の新玉ねぎ(博多こがね)もいただきました。
固定種・無肥料無農薬栽培の玉ねぎは貴重品です。4月22日固定種玉ねぎ.jpg

明日は、雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの野菜が届きます。
固定種ではありませんが昔の品種を選んだ新玉ねぎは甘くて大変美味しいと喜んでいただいています。
明日は先週よりも多めにいただく予定です。

私の可愛い苺も少しですが入荷します。
沖縄のパイナップル、いい香りで美味しそうです。
posted by 自然村 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

山菜の食べ方

蕨は灰汁抜き用に灰を差し上げます。4月21日刈屋さんうるい.jpg
灰を塗して熱湯を浸るほど注ぎ、鍋蓋をして一晩位の時間置きます。
灰汁が抜けたら水洗いして晒して冷蔵庫保存すれば幾日か持ちます。
沼津の高橋さんの蕨をそうしておいたものを今日の昼ご飯に、糸こんにゃくと煮物にしてくれました。
            4月22日蕨の煮物 (2).jpg
美味しくて二束近く作ったものを二人で完食してしまいました。
我が家では蕨の炊き込みご飯も美味しくて何度か食べました。
繊維が多いので腸内環境に良いようです。わーい(嬉しい顔)

以下は、農家さんが食べ方をメールしてくださいました。
あまどころ(甘野老)の食べ方4月22日甘野老.jpg
◆調理のポイント
アマドコロは豆類やアスパラと似た風味と甘みがあり、緑が濃い葉の部分には少し苦味があります。葉の部分の苦味は下茹でした後、水にさらしておくことである程度抜くことが出来ます。

葉の部分とはかまの部分、そして芯の茎の部分でそれぞれ食感が違うので、大量にある場合は分けて使っても良いでしょう。
◆下処理
少しアクがあるので下茹でします。茹でる湯には塩は入れなくても大丈夫です。ゆですぎるとズルズルした感じになってしまい、食感が損なわれてしまうので、1分前後でさっと茹で上げます。茹で上がったらすぐに冷水に放ちましょう。茹で上がったものを食べてみて苦味がある場合はそのまま水にしばらくさらしておきます。
●アマドコロの主な料理
◆和え物やおひたし
下茹でしたものをおひたしや色々な和え物にします。シャキシャキした食感と甘い風味が最も活かせると思います。
◆天ぷら
アマドコロを丸のまま、または適当な長さに切って天ぷらにすると甘味があり美味しいです。
◆炒め物にも
アマドコロは適当な長さに切って炒め物に使っても美味しいです。特に芯の茎の部分はアスパラに似た風味と食感が楽しめます。パスタの具材としても季節感があり、風味も良く合います。
◆汁物や椀種に
アマドコロは味噌汁や澄まし汁などの具としても相性がとてもいいです。

              4月22日山わさび.jpg
「山わさび」はあがらしゃれ真室川に掲載の方法で「ふすべ」にしていただくと一番おいしいと思います。
ふすべにしたら密閉容器に入れて冷蔵庫で1週間は大丈夫です。
お浸しに醬油と一緒にかけたり、
私は納豆にわさびのふすべと醤油をまぜごはんをいただくのが大好きです。

「行者にんにく」は肉炒めにいれたり、天ぷらにもしますが、4月22日行者ニンニク.jpg
一番多いのは醤油漬けです。
洗って水気をきって細かく切って瓶や密閉容器に入れてひたひたになるまで
醤油を入れておくだけです。一日たったら食べられます。
冷蔵庫で1か月くらいは大丈夫です。
生のまま漬け込むのが抵抗あればさっと湯がいて水気をきり、同様に漬けられます。
人によっては酒とみりんを煮切ったものに醤油入れ、漬け込む人もいます。
他にも唐辛子やしょうがなどで味をアレンジしたりもします。
漬かったら、アツアツごはんにかけたり、冷奴にかけたり、
野菜炒めの味付けにもできます。
漬けた醤油が余ってもスープやお浸しにかけておいしいです。



posted by 自然村 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年04月20日

ひろこ

先週、真室川から在来作物がた〜〜くさん届きました。
「たくさん送ってください」とお願いしたので、一生懸命た〜〜〜〜〜〜〜〜くさん、送ってくださったのです。わーい(嬉しい顔)

残念なことにひろこがかなり多く残ってしまいました。
それで、お試し価格で販売しています。4月20日ひろこ花くらべ.jpg
風味を知ってリピーターになっていただけたらとても嬉しいです。
私の宣伝不足ですね。
こんなに美味しいのにみんな知らないたらーっ(汗)とみんなのせいにしたらあかんです。
茹でるだけで、それだけで美味しいです。
歯ざわりや芳醇な香りや深い味わいがあります。
それから、鰹節とほんの少しの醤油やポン酢だけで食べてみようとか、
酢味噌あえにしてみようとか、
味噌汁にいれようとか、炒めてみようとか、しゃぶしゃぶにしたらどうだろうとか、考えるのも楽しいですね。

生産者さんは今日も電話で
卵と相性がいいので卵とじにしてみてください!と一押しでした。わーい(嬉しい顔)
よっぽどひろこの卵とじがお好きなんですね。黒ハート3月31日ひろこ卵とじ (2).jpg

明日、また、ひろこが届きます。
本日、益子の丈夫卵入荷です。明日は親田高原の卵が入荷します。
ひろこの卵とじも是非!どうぞ。
真室川在来の雪割菜(露地)、地ねぎも届きます。
天然の山菜 行者ニンニク、山わさび、も届きます。


明日も自然村にお越しください。

竹村慎一さんの私の可愛い苺も入荷します。

今朝、新潟県長岡市栃尾の山に登って刈屋さんが採取してくれた天然山菜も届きます。
コゴミ
赤コゴミ
ウルイ
ワラビ
タラの芽



posted by 自然村 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年04月14日

山形在来作物

真室川在来作物
露地の雪割菜、ひろこ、地ねぎを沢山送ってくださいました。
来店のお客さんにもれなく3点をお求めいただけるほど届きました!
    
雪割菜         4月14日露地雪割菜.jpg
ひろこ           4月14日ひろこの葉の青さ.jpg
              4月14日ひろこ.jpg
  地ねぎ           4月14日地ねぎ.jpg

雪割菜
ハウス物は早くに収穫できます。ハウス物といってもとても甘みがあって柔らかい、食べてくださったお客さんから「美味しかった」という声をいくつもかけていただきました。

ただ、私が露地にこだわったのは、
東北の雪解けの土から芽を伸ばす緑の葉は寒い地方の人達にとって随分な喜びであったと思うのです。
今年の気温を気にかけ、雪解けは早いかもしれない、
もうそろそろか、もう出たのではないかと気を揉んだそういう「待つ時間」も食べる時の味わいの深さに繋がると感じています。

地ねぎは、昨年、地ねぎとしては終わりの頃に「こんな地ねぎがあります」とおまけでいただいて、甘く大変に美味しく、
次年度こそは、と1年楽しみにしていたものです。

ご来店の私と同年代以上のお客さんはもれなく、
ヌタにしたら美味しいのよね」と言われました。
私は愛知で育って、家では根深ネギを知らずに育ちました。
葱といえば分葱です。
烏賊や浅利の剥き身と分葱の酢味噌和えは、春の懐かしさが込み上げてくる味です。
烏賊や浅利がなくとも新の若芽とのヌタも美味しいですね。

今日は、このように袋に入れずに販売しています。4月14日プラごみ削減 (2).jpg
家庭ごみでプラ袋はいっぱい出て始末に困るほどですので、
一枚でも少なくなればと考えています。
帰宅後、使いまわしのプラ袋に入れるか、濡れ新聞紙に包んで保管していただければと思います。
ただ、
鮮度の様子を見て明日からは袋に入れるかもしれません。

ご来店のみなさまがもれなく3点はお買い上げですと、
一枚も新品の袋を使わずに済むのですよね。

もう一つ、山形在来作物登場しています。4月14日おかひじき.jpg
おかひじきです。シャキシャキとした食感でファンの方多いです。

雨が上がって来たかしら。ご来店をお待ちしていますね。手(パー)

#自然村
#真室川在来作物
#雪割菜
#ひろこ
#地ねぎ
#ヌタ
#待つ時間
#在来野菜が買える店
posted by 自然村 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年04月07日

水ぶき

沼津標高250mの段々畑からの水ぶき。
ふきの香りの気高さよ。
            4月7日蕗の葉を茹でました。.jpg
葉を茹でて、刻んで、胡麻油で炒めて、味醂と醤油で煮つけたらとても美味しい総菜になりました。
家族全員大好評なんです。

今日は、ネットで探したレシピで佃煮を作りました。

こんぶ土居さんの天然真昆布を細く切って入れてありますし、
タイコウの本枯節のかつおぶしの粉を使いましたので、4月7日蕗の葉の佃煮を作っています。.jpg

ふきの香りとほろ苦さの豊かな味わいの佃煮になりました。
ご飯のお供に、酒のお供に十分楽しめます。4月7日蕗の葉の佃煮が出来上がりました。.jpg

ふきはがんもと炊き合わせました。
このだし汁にはタイコウの「いつものだし粉」を利用し、
花くらべをたっぷり入れます。

#自然村
#自然な関係ファーム
#水ぶき
#ふきの葉の佃煮
#いつものだし粉
#花くらべ
#こんぶ土居天然真昆布
posted by 自然村 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年04月02日

岩崎政利さんの野菜

今週の雲仙たねの自然農園
岩崎政利さんの野菜です。四月二日岩崎さんの野菜.jpg

ブロッコリーは蕾の色が・・
早く茹でて食べていただいたいですが、
見た目で判断ですとお買い求めいただけるかどうか・・という心配をしています。
先々週のブロッコリーも同様でして、早くに下げてしまいました。ただ、茎は時間が経過しても瑞々しく、
ある日の天ぷらに大変甘く美味しい(何か?)がありましたので
「セロリ?」と作り手に聞きましたら、
「ブロッコリーの茎だよ。味覚がないんじゃない」と軽蔑されてしまいました。泣き笑い
そのような岩崎さんのブロッコリーです。いかがですか?

大根の間引き菜も袋に入れずに届いたので葉がくたんとなっていました。このままでは手に取ってもらえない恐れがあるので、
洗って水揚げして販売します。4月2日間引き大根.jpg
見た目で売れ行きが左右されるものはあります。
洗う手間がかかりそうだとか、もです。
ただ、この大根の間引き菜は、茹でれば目の覚めるような緑が輝き、菜飯にしたらいくらでも食べられそうでしたし、
大根は、練り物と一緒に炒め醤油煮の賄いにしたら
大根の風味の美味しいこと!つぎつぎと食べました。
せっかくの大根の間引き菜をみなさんに楽しんでいただきたいので、少し手間をかけて販売します。

今週のお便りのテーマは「晩生あぶら菜」です。4月2日晩生アブラ菜(宮内菜).jpg
有機農家から離農しタクシー運転手になられた方の荒れた畑の中に残っていた宮内菜から種を守っているものです。
毎回、岩崎さんのお便りは野菜と岩崎さんの心の姿が
生き生きと綴られています。
野菜の傍に置いておきますので時間がありましたらお読みください。

#自然村
#在来野菜を買える店
#雲仙たねの自然農園
#岩崎政利
#大根の間引き菜
#晩生あぶら菜
#宮内菜
#じゃが芋西豊
#黒田5寸人参
#四季穫キャベツ
#紅芯大根
#ちりめんケール
#雲仙こぶ高菜花芽
#昔ブロッコリー
#九条太ねぎ
#大根葉
posted by 自然村 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月31日

卵とじ

昨晩の1品はひろこの卵とじ。3月31日ひろこ卵とじ (2).jpg
帰宅してから簡単に作りました。
土居さんの本格十倍出汁のおかげです。わーい(嬉しい顔)

三河味醂と海の精旨しぼり醤油の味付け、丈夫卵

おかずは作っていってくれた厚揚げとキャベツの炒め物と卵とじ。
味噌汁とご飯。

今朝は、散る桜の下を通って来ました。道に吹き寄せられ流れる様が美しいです。
長者橋の袂にある一個のレモンも見上げてきました。

今日は風に吹かれてお散歩日和だと思います。
posted by 自然村 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月30日

雪割菜!ひろこ!

今回届いた雪割菜の栽培の情報に誤りがありました。
訂正してお詫びいたします。
雪割菜は露地栽培と思っていましたが、今回はハウス栽培でした。生産者さんとの行き違いでした。ハウス物も甘く柔らかいです。露地は2週間後位になるそうです。誤った情報で案内してしまいましてお詫びと訂正をいたします。ひろこは露地栽培です。

生産者さんにお願いして送っていただいた畑の写真でそのことが分かりました。
これから思い込みにならないように気を付けていきたいと思います。
雪割菜のハウスの様子です。3月31日雪割菜.jpg
ひろこの畑の様子です。3月31日ひろこの畑1.jpg
             3月31日ひろこの畑の様子.jpg

待ちに待っていた雪割菜が届いています。
雪解けの始まった畑で採取してくださいました。
瑞々しく甘く、茎の端まで召し上がってください。3月30日雪割菜.jpg

            
            3月30日ひろこ.jpg
            30日ひろっこ.jpg
ひろこ(あさつきの一種)は
生ではひょ〜〜っ!と辛みが突き抜けます。
薬味に刻んで汁の煮えばなに放って。
加熱すると辛みが変わってぬるっと甘くなります。
新物の若芽や烏賊とヌタを作りたくなります。

高橋さんのお勧めは、卵と相性が良いので卵とじだそうです。

目を見張るような雪うるいをいただきました。雪下うるい3月30日.jpg
posted by 自然村 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月29日

雪割菜とあさつきひろこ

明日、届きます!

待ちに待っていて、何度も生産者さんに電話をかけていました。

今朝、電話が掛かってきました。

明日、届きます!

〜山形真室川在来の
雪解けの後、出てくる その名も雪割菜
そして、
あさつきの一種であるひろこ


3月31日追記:下記の文章は誤りであることが分かりましたので訂正して間違った情報をお伝えしたことをお詫びいたします。今回送ってくださったのはハウス栽培のものでした。もちろん、農薬不使用化学肥料不使用栽培です。露地は2週間後位になるそうです。
雪割菜はハウス物は既に出荷されていましたが、露地栽培の雪解けの土に伸びたものをみなさんに食べてもらいたくて首を長くして待っていたんです。

ひろこが届くんだからこれはもう、タイコウの花くらべは必須ですね。
それに、酢味噌!
やさかの白味噌在庫大丈夫かな〜わーい(嬉しい顔)

写真は2019年4月に初めて雪割菜をいただいた時のものです。
生と茹でたものです。DSC08663.JPG
             DSC08662.JPG
いや〜美味しさに驚きましたね。
posted by 自然村 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月26日

雲仙たねの自然農園

最近は紅芯大根のピンクの滲み、濃淡に見とれています。
それから中国青梗菜。
艶、曲線と立体感、白と緑の対比、などが本当に見事で、まるで陶製の作品のようです。

        (直送野菜セット定期購入者Sさんより)
            26中国チンゲン菜陶器のような.jpg

今週の岩崎政利さんの野菜は、
じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、四季穫キャベツ、昔ブロッコリー、雲仙ねぎ(九条太ねぎ)、五木赤大根、紅芯大根
大根の間引き菜、雲仙こぶ高菜、のらぼう菜、中国チンゲン菜です。

ブロッコリーも良い状態で届いています。
雲仙こぶ高菜の美味しさが徐々にお客さんに伝わってきて、
「この間食べたけど美味しかった」と言っていただけます。

のらぼう菜は世間に知られるようになってきて、関東西多摩地区だけでなく各地で栽培されています。
美味しい菜として認知されてきました。よく食べているわ、という人も多いと思いますが、
岩崎さんののらぼう菜はいっぺんは食べてみてね。違うんですよ〜わーい(嬉しい顔)26日のらぼうな岩崎.jpg

長らくニンニクが店にありませんでした。
このニンニクが始まるのを待っていたのです。
沖縄在来の島にんにく。26新しまにんにく.jpg
在来のにんにくは皮に赤紫の色素のあるものが多いです。にんにく自体は美しく艶のある乳白色です。
農薬不使用化学肥料不使用栽培です。



posted by 自然村 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月18日

吹田慈姑

最後に送ってくださった吹田慈姑を食べました。
くわい焼売にしました。
吹田慈姑の甘さが際立って
吹田慈姑のことをより知ることが出来たと思いました。
これは次のシーズンに活かしたいと思います。

野路真孝さんが田の写真を送ってくださいました。13自力で芽を出す慈姑.JPG
田も畑も米糠しか肥料分を与えてなくて、微生物任せです。
4月になると前年掘り残したくわいが自力で発芽して来ます。
田畑が凍結しても腐らず越冬し、すごい生命力です。
雑草に負けない様にくわい苗をバケツで大きくしてから定植します。


            13野路さんの田.JPG
この風景の一か所に、三島独活の独活小屋があると思います。
独活の藁のために無農薬無化学肥料栽培天日干しで米を作っているのです。

吹田慈姑の野路さんも三島独活の中井さんも愛情と心根が伝わってきて
ちょっと涙ぐんでしまいます。

           
posted by 自然村 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

八郎生姜 生姜の無農薬栽培は非常に難しく一般流通はほとんどないのです。

今シーズン最後の掘り立て八郎生姜が届いています。最後の八郎生姜.jpg
次作の伏せ込みが始まり、次の収穫、新生姜は秋10月末〜11月ごろになります。
(夏に流通する新生姜はハウス栽培です。)

屋久島は暖かいので地上部の葉が枯れず、いつも掘り立ての素晴らしくフレッシュな生姜です。
肌理が細かく香り高く、買っていただいているみなさんには大変満足していただいています。

甘酢漬け、紅生姜作り、ジンジャーシロップ作り、蜂蜜漬、生姜オイルを作ったり、
もっと手軽には、生姜の佃煮、生姜ご飯にするとおかず要らずです。

完全無農薬栽培。肥料としては米ぬか(自家栽培米)と油粕のみ。
これはとても貴重なことなんですよ。

以下は、お付き合いのあるポラン広場の宅配通信です。18日POD生姜.jpg

生鮮生姜の自給率は40パーセント。塩蔵・酢漬け、粉末、加工品等の輸入品を考えると実質的な自給率はさらに低いと考えられます。
高知県が生姜の生産40%を占めています。
ちなみに、高知県が定めた生姜の慣行栽培レベルは、化学合成農薬の成分×回数が30、10aあたりの化学肥料投入量34kg。これは栽培期間中の規定で、その後の長期に渡る貯蔵についてはルールがありません。
貯蔵期間に使われる農薬成分の回数はブラックボックスです。


写真を拡大して読んでください。18生姜の農薬について.jpg

八郎生姜が売り切れた後は、ポラン広場の生産者の有機生姜を販売します。
そして、秋に直接の農家さんの新生姜が始まったらそれを販売します。
自家採種・無肥料無農薬栽培、または、自家採種・無農薬・米ぬか油粕少々栽培。

これが自然村の販売する生姜の一年です。

posted by 自然村 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月17日

沼津の自然農のだんだん畑より

冬シーズンは猪や鹿の食害にあって収穫物が少なく、しばらくいただけませんでした。残念でした。
久しぶりに送っていただけました。
沼津 標高250mの段々畑
高橋さんの自然農の畑から
からし菜とな露地原木生椎茸です。17日高橋さん椎茸からし菜.jpg

椎茸の春の盛りは1個から買っていただける量り売りです。
水分が抜けて目方がどんどん減る前にお買い上げいただきたいな〜顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

昨年の春からの高橋さんの作物を思い浮かべています。
わらび、みずぶき、明日葉・・どれも美味しかった!そして驚くほどお客さんが買ってくださった。
今は、柔らかい清浄なよもぎがあればと願っているところです。


#自然村
#沼津標高250mの段々畑
#自然農
#自然な関係ファーム
#からし菜
#生椎茸
posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月12日

在来野菜

三島独活が届きました。3月12三島独活.jpg

急いで新聞紙に包み、レジ横に立てて置きました。
吹田慈姑と並べて置いたのです。10最後の吹田慈姑.jpg
吹田慈姑は1個から必要な数買えます。

三島独活は私が適当にexclamation&question同じくらいに(だいたい)分けて包みました。
みんな同じ値段です。中身の見えない状態でそれを文句も無く買ってくださるお客様に
内心(凄い!)と思いながら心から感謝しています。ハートたち(複数ハート)

今週の雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの野菜は、
じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、五木赤大根、金町かぶ、紅芯大根、壬生菜、ちりめん菜、雲仙こぶ高菜、中国ちんげん菜、岩崎ねぎ、四季穫キャベツ、ブロッコリー、白菜

ちりめん菜、雲仙こぶ高菜、 油との相性がとても良いです。よい油で炒めるだけで滋味!
            3月12ちりめんな雲仙こぶ高菜.jpg

壬生菜はサラダも美味しいです。中国チンゲン菜を見てもチンゲン菜と思わない人の方が多いでしょうね。
              3月13中国チンゲン菜.jpg
岩崎さんの中国チンゲン菜を初めて食べた時の驚きは今も記憶にあります。
いつものチンゲン菜とは別物の感動の美味しさです。

四季穫キャベツとブロッコリーの見事なこと!3月12日キャベツブロッコリー.jpg

岩崎ねぎはそろそろ薹立ちが始まる予感がします。
今のうちに岩崎ねぎの味わいを知っておいてくださいね。

みなさまのご来店をお待ちいたしております。
posted by 自然村 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月10日

吹田慈姑

なにわ伝統野菜のひとつ
吹田慈姑を野路真孝さんが送ってくださいました。
今シーズン最終の収穫です。10最後の吹田慈姑.jpg

写真を送ってくださいました。
田は草が伸びて、その間に吹田慈姑の茎葉が見えます。3月8日吹田慈姑の畑の様子.JPG

バケツ栽培している様子です。3月8日吹田慈姑バケツ栽培.JPG
大丸百貨店だっかた、阪急だったか、あるイベントで吹田慈姑の株をこのように鑑賞用として販売したことを聞いたことがあります。

今日、味噌材料の申し込みに来られた方が、
レジの上の吹田慈姑を見てお買い上げくださいました。
最近、大阪から引っ越してきたばかりだそうです。
吹田慈姑は名前は聞いたことがあるけど何処にもなくて見たことがなかったそうです。
遠く離れた東の地で偶然出会われました。
幻のなにわ伝統野菜なのですね。吹田慈姑は。

江戸時代の魯山人が赴任地大阪から江戸にもどって、
懐かしいものは、鱧と天王寺蕪と吹田慈姑と狂歌に読んだといいます。

野路さんの関東の人にも吹田慈姑が届けるならと、掌で慈しむように送ってくださった真心は心の真ん中で受け取ります。

posted by 自然村 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月06日

三島独活

とても嬉しいことがありました。

昨年、三島独活を買って食べて、とても美味しかったので、
「独活があるといいな」と思いながら店にきてくださったそうです。


レジ台に置かれた買い物かごの中に新聞紙で包まれた長いものがありました。
店内の入り口の方に置いてあるので、私が声掛けしたのではありません。
お客さんが自ら選んでくださったのです。

販売していながら何故?わーい(嬉しい顔)とお聞きしました。
だって、説明しても直ぐに反応してくださる方は稀ですから。

武蔵関駅の近くに弘明堂という鍼灸院があります。遠方からも多くの患者さんが訪れる鍼灸院です。
弘明堂さんにいらっしゃった時に来店くださっているそうです。

季節の味わいとして
あの独活と出会えるといいな
、と思ってくださったことがとても嬉しかったです。
posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月04日

池松さん

野崎参りは 屋形船でまいろ
どこを向いても 菜の花ざかり〜

と、昔懐かしい唄が聞こえてきそうな
池松自然農園さんからの野菜です。池松さんの菜花ばかり.jpg
一箱全部、菜花です!!5池松の字 (2).jpg
ええよ〜わーい(嬉しい顔)

明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの在来種野菜が届きます。どんな花芽野菜が入っているでしょう。
#自然村
#池松自然農園
#菜花
#のらぼう菜花
#みやまこかぶ菜花
#赤リアスからし菜花
#山汐菜花
#野崎新2号白菜菜花
#岩崎政利
#花芽野菜
#雲仙たねの自然農園
posted by 自然村 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

独りじゃ活きられへん

三島独活がどんなふうに栽培されるのか、
千提寺ファームさんのFBをたどっていくと、
どれほどの大変な労働と緊張を必要とするか、想像できます。
是非、時間がある時に訪問してみてください。

読みながら、農業をしない自分にも深く強く訴えてくるものを感じています。

一部を紹介します。
1月のFB記事を転記させていただきました。
【軟白促成栽培が始まりました】
1年で最も緊張感のある作業で、藁と干し草を発酵させる軟白促成栽培が始まりました。
畑から掘り起こしてきた独活の株を、独活小屋の中に敷き詰め、その上に藁と干し草を7層積み重ねていきます。
1番上に藁の束をぎゅうぎゅう詰めにし、しっかりと蓋をして、水を大量にかけ、1個30キロくらいの重たい石をたくさん載せたら、干し草についている微生物が活性化し、藁と干し草が発酵し、熱を持ちます。
放っておくと、50度ほどになっていくので、熱が上がってきたら、藁の束に隙間をつくり、熱を逃し、20度から25度に保ちます。
この温度が低すぎても、高すぎても独活はうまく育ってくれないので、毎日何度も温度調整のために、藁の隙間を調整します。
今日は、その藁と干し草を積み重ねて、石を載せるまでの作業でしたが、、その年の気温や水温、湿度によって、藁と干し草の厚みを調整しています。
2017年は、初めての栽培で加減が分からず、藁と干し草が厚すぎて、、温度が上昇。。。
多くの独活を腐らせてしまい、大変なことになりました。
2018年は、寒い年だったので、厚みが足りず、今度は待てど暮らせど、藁と干し草の温度が上がって来ず、、、危うく収穫ができなくなるところでした。
厚みを後で足して、何とか収穫まで辿り着くことができましたが、ひやひやでした。
2019年は温度調整はうまくいきましたが、災害で3分の2の独活の株が腐ってしまい、、収穫量は落ち込みました。
2020年は、湿度が高すぎて、真ん中の湿度が逃げにくいところに病気が出てしまい、、予定量を収穫することができませんでした。
今年は、、何が起こるのか、、、楽しみです。
この伝統栽培を引き継ぐのは、私たちが最後の一軒となりました。
ボタン1つで温度も湿度も調整できないので、大失敗もするため、消えていった技術ですが、
私はこの不確実なところが、すごく好きです。
大失敗した時にこそ、「限界値」と「独活が持つ特性」がはっきりわかるからです。
人生も同じだなぁとつくづく感じます。
良い独活をつくるために、大失敗が必要だったように、逆境の時にこそ、自分のことがよくわかります。
幸せになるために大切なことは、自分をよく知ることなんじゃないかと、感じています。
コロナや気候変動で、逆境が続きますが、そんな時こそ、大事なことがよくわかるので、ワクワクしていたりもします。
(その時は大変ですが笑)
今年も無事、温度が安定してくれれば、2月の初旬には、収穫の目処がたつので、予約販売を開始できそうです。
みなさまに、今シーズンも春をお届けできるよう、たくさんの人に支えてもらいながら、頑張ります!
引き続き見守っていただけると嬉しいです。


4三島独活.jpg
こんな三島独活に興味を持って、食べてみたいと感じましたら自然村へお越しください。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

三島独活

なにわ伝統野菜のひとつ 三島独活が届きました。4三島独活.jpg
早速、少し摘まんで食べました。
瑞々しく甘く微かにアクとそして香りがふぁーっと広がります。

丁寧に厳重に新聞紙に包まれて届きました。
私もできるだけ光に当たらないよう
緊張しながら小分けにして新聞紙に包みました。
なので、写真のように謎の姿です。4三島独活販売.jpg

店の近くや立川では軟白独活「東京うど」の産地があります。
三島独活は東京独活とは全く違う栽培の仕方です。
重く積み重ねた干し草や藁、重石を押し上げて下草や藁の発酵熱で伸びていく。
重く暗いその下で発酵熱の暖かさを春を春が来たと感じて伸びるそうです。
そのストレスが甘くするそうです。

千提寺は隠れキリシタンの村だったそうです。
三島独活の栽培の仕方と隠れキリシタンの物語とを重ね合わせてみるのは
想像の飛躍だと言われそうですね。
posted by 自然村 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月03日

季節の変わり目に

飯田さんが今シーズン最後の人参筑摩野5寸人参を掘り上げて運んでくださいました。
            3日飯田筑摩野5寸.jpg
佐久間さんも人参を
そして、里芋も。3日佐久間里芋.jpg
写真よりも百倍も美しく美味しさの光ビンビン放つ里芋土垂です。
posted by 自然村 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜