2018年12月30日

大中寺芋 大きくなったね。

2015年3月10日DSC02959.JPG
小さめの約650gの大中寺芋と大きさ比べ。

2018年12月30日
1kgを越える大中寺芋と大きさ比べDSC08242.JPG
            DSC08243.JPG

お引っ越し先の川崎から年に2度3度電車に乗って(電車大好き!)来てくれます。
立派なやんちゃ坊主になりましたよわーい(嬉しい顔)

年末という事で立川や遠方からもご来店いただきました。
本当に有り難いことです。

本日で2018年の自然村の通常営業は終わりました。
ご愛顧賜りまして誠にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

通常営業は??ということは?
明日31日、まだ残っている美味しい元気な野菜たちや生蕎麦を販売しようと考えています。
野菜福袋作ったら、という提案がありましたのでね。手(チョキ)
店先に立って売り子をやってみようかな。
朝、10時位からお昼過ぎぐらいまで店先で販売。
まだ足らないものがあったら自然村に来てみてください。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年12月15日

棚宗サラダ園の無肥料無農薬栽培 煎り落花生入荷!

待ってました!

愛知県碧南市 棚宗サラダ園さんが
肥料農薬を一切使わないで栽培した落花生を
香ばしく煎り上げた殻付き落花生です。

パチンと殻を割って、
手が止まらなくなって
気が付くと周りが散らかっています〜〜〜わーい(嬉しい顔)DSC08192 (1).JPG

パンパンに実入りがいいのも嬉しいですが、
小さく萎んだような実が
とっても甘くて香りが良くて濃い味なんですよるんるん

完売しています杉山ナッツのピーナッツバターは
来週金曜日にロースト仕立てで届きます。
お味は3種。その内の1種は自然村オリジナルの味です。
posted by 自然村 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年12月08日

大中寺芋

今年もいただきました。

沼津在来の里芋 大中寺芋です。DSC08166.JPG

一緒に写真に写しているのは岩崎さんの風黒里芋。大中寺芋の大きさが分かるでしょう。DSC08167.JPG

愛鷹山山麓にある名刹 大中寺所縁の里芋です。

きめ細かく、甘みがあり、それは上品な風味の里芋です。
私は絶品だと思っています。

大中寺芋を守り栽培し続けてきた井出さんから送っていただきました。
今年も農薬は定植時に1回使用です。

和風はもちろん、洋風にも調理できると思います。
大きく切って蒸かして塩や味噌だけでも味わえますが、
お出汁でことこと。決して強火でぐらぐらでなく、じっくりことこと煮て
食してみてください。
posted by 自然村 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年12月07日

雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園から冬野菜の直送便です。

蜜柑箱位の箱にパンパンに詰めて、約10品種の野菜が入ります。

玉ねぎ・今シーズンの人参は購入の一般品種ですが、
その他は岩崎さんが花を咲かせ、莢をあやし、
果実から種を採り、
そして土に播き、また花を咲かせ・・・
野菜たちの一生を何代にも渡って見てきた
雲仙の畑で岩崎さんと共に暮らしてきた野菜たちです。

1セット¥4960:お試しスポット購入・月1回購入の場合
1セット¥4720:月2回以上のシーズン定期購入の場合
毎週ご希望日の前週土曜日までに
お申し込みは、お名前・住所・電話番号を明記してご連絡ください。
折り返しご連絡いたします。*尚ドコモはメール送信ができません。
メール:tane★sizenmura.jp(★を@に変えてください)
電話:03−5927−7787
FAX03−5927−7880


長年定期購入を続けてくださっているお客様からこのようなメールをいただきました。
ご紹介いたします。


ブログを拝見しました。
「献立ありきではなく、セットの野菜の顔触れからメニューを決める」
って楽しいですよね!最近特にそう思います。

岩崎さんのお野菜セットをお願いするようになって、時に耳に(目に)したことのない野菜名を携帯で検索し、普段出会わない方のお料理ブログからレシピを学んだり、そして新しい食感や味覚を味わうなど、色んな意味で勉強になりますし。

約8年前に第一子が誕生し、それ以来より安心安全な食材を求めてたどり着いた岩崎さんのお野菜セット。
野菜自身に岩崎さんのお気持ちが入っているので、余計な難しい調理は要らず素材の味で十分美味しい!
子育て中の身には時短にもなるし、高いエネルギーも取り入れられて、家族の健康の原動力とも言える岩崎野菜です!


posted by 自然村 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

種採り野菜 在来野菜

今週の岩崎政利さん
雲仙たねの自然農園からの種の野菜は
油菜・じゃが芋(西豊)・中葉春菊・パクチー・赤水菜・長崎赤かぶ・島大根・赤紫リアスからし菜・風黒里芋・赤紫さつま芋
(玉葱と人参・白菜のみ一般種)
油菜は茹でて辛し和えやお浸し、胡麻和え。炒め物にもどうぞ。
紫ピンクの色も可愛い乙女の風情の島大根。鹿児島在来の美味しい大根です。
煮物にめちゃめちゃ美味しい。

赤紫さつま芋はこのさつま芋4品種のどれでしょう?DSC08127.JPG
簡単に分かりますね。わーい(嬉しい顔)

池松さんは全て種採り野菜
黒田5寸人参・おたふく春菊・豊葉ほうれん草・芥屋かぶ・大浦太牛蒡
博多金時人参は更に立派になりました。年末にはお節料理やお雑煮に欠かせません。
頭の中にちゃんとチェックしておいてください。

小田部大根について池松さんの奥さんが面白いコメントを書いてくれました。
一番好きな大根です。
今年は肌も綺麗で、
こんな大根足だったら
私の人生は変わっていたかもしれません。
おでんや煮物にするときは、
皮も剥かず下茹でもせず使ってください。
弱火でじっくり火を通すと
優しい甘味が出る大根です。


奥さん、人生変わらなくてよかったですね!わーい(嬉しい顔)
素敵な池松さんとお子さんに出会えてよかったですね。ハートたち(複数ハート)
池松さんの奥さん、優し気で綺麗な方です。

明日は、沼津在来の里芋 大中寺芋が届きます。全国津々浦々一家庭1個は食べてもらいたい、
こんな里芋があるんだと、お味を見てもらいたい里芋なんです。わーい(嬉しい顔)

竹村さんの苺も届きますハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月26日

蔓無源氏 さつま芋です。

10月20、21日の枕崎かつお節生産現場見学会に行ったとき、
鹿児島市内の中華屋さんで昼食。
その隣に物産店がありました。
店頭に野菜棚があって目についたのが1袋だけあったさつま芋。
これです!DSC07896.JPG
即買いるんるん

帰ってからネットで調べると焼酎酒造会社のHPにしか出てこないさつま芋でした。
食べてみると安納芋の祖先としては安納芋のねっとり高糖度の食味ではなく、
ほっこりして甘味はすご〜〜くではないけど、いい感じの甘さで
美味しい。

生産者さんと連絡をとることができて

安納芋の祖先というのは、一説です。蔓や芋の形は酷似しています。

蔓無源氏は100年前、私の地元付近で盛んに栽培され、「東の紅赤(埼玉で栽培されている品種)、西の源氏」と評されるほど人気の芋でした。

今の人たちのニーズである「高糖度、ねっとり」の芋は、色んな芋を交配し品種改良を重ねた結果、出来た品種たちです。
蔓無源氏は昔の芋ですから、高糖度ねっとりは期待できないと思います。
しかし、媚びない自然な甘さでほっくりしている、シンプルな味のこの芋はとてもおいしいと
私は思いますし、100年の時を経て育てている事を誇りに思っています。

蔓無源氏は熟成に要する日数が他の芋より遅そうです。
1か月経ってやっと、全体の半分が安納芋状になってきました。
完全に熟成させ、安納芋のような食味にするには、1か月半〜2か月かかりそうです。


というような
いろいろのやり取りを経て、
約1か月半の熟成を経て送ってもらえました。
また焼き芋にしてみましたよ。DSC08077.JPG
初めに食べたよりもしっとりねとっとして甘くとても美味しいです。

100年前から作られ、やがて作られなくなったさつま芋です。
こんなに美味しいのにもったいないです。
生食用としての栽培は少ない希少なさつま芋。

只今、自然村では、
桜島の蔓無源氏
佐久間さんの紅東・黄金千貫
飯田さんの紅東・安納芋
岩崎さんの赤紫さつま芋
宮下さんの坂出金時
7品種のさつま芋があります。るんるん

posted by 自然村 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月24日

雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット

冬野菜セット直送便の開始を首を長くして待っていてくださる方が大勢いらっしゃいます。
大変有難いことです。

いよいよ、来週 11月28日発送から
岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの
直送冬野菜セット 開始です
exclamation

購入希望の方は、前週の土曜日までにご注文下さい。
メール:tane★sizenmura.jp (★を@に変えてください)
電話03−5927−7787、
FAX03−5927−7880

定期購入月2回以上の場合は、1セット¥4720(税込み)
お試しスポット、又は、月1回は1セット¥4960(税込み)


初めてご購入の方にお伝えしたいことがあります。
例えば、
岩崎さんの間引き菜は繊細なので届いた野菜は
見かけはぽろくみえることもあるかもしれません。
黄色くなった葉など取り除いたり綺麗にしなくてはいけません。DSC08056.JPG
手間が掛かると言えば掛かります。
でも、見方を変えれば、
雲仙の畑全体に触れている気がします。(かもしれません。)わーい(嬉しい顔)

例えばあぶら菜の間引きなんてほとんど一般の店には並ばないと思います。
食べる経験をする人はほとんどいないんじゃないかな。
こんなに美味しいのにね。
だから、面倒くさがらないでお客さんに食べてもらいたいな〜って思ったんです。
農家さんはもっと手間なことしているんですよね。

黄色い葉傷んだ葉を取って、
少し、盥に水を張って浸けて置きます。
土を落した葉をまな板に置きます。
魔法が起きますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
どんな魔法かは実際に体験してくださいね。

そして、生でちょっと味わってください。
そして、茹でたり加熱して味わってください。
野菜の風味がどんなふうに変わるか!

野菜を切ります。包丁で切る手に伝わる感触や音を聞いてみます。
切り方で表す野菜の表情の変化!

私は
岩崎さんの種の野菜に付き合っていくうちに
私の内なる感性の新しい扉が開いた!と感じる時を何度か経験しています。
それは、美味しい美味しくないを超えた感覚です。

冬野菜はかぶや大根の多様性に出会える時期です。
こちらは過去のブログの中からの紹介です。

冬の色彩
        DSC03659.JPG
日野菜かぶ、雲仙赤紫大根、源助大根、長崎赤カブ、大野紅かぶ
             DSC03660.JPG
花芯白菜、中葉春菊、赤水菜、赤紫さつま芋、沖縄南瓜、黒田五寸人参

外の色彩だけでなく、切った中から現れる色に心も潤います。
どの野菜も先ず生で味わってみてください。それから、・・献立を決めてから材料を揃えるのでなく、
野菜たちの姿、無垢な味をみてから、さあ、どんな料理にしましょうか〜と楽しむ料理もよいのではないでしょうか。


長い説明になりました。最後まで読んでくださってありがとうございます。
posted by 自然村 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月23日

入荷情報

今週の岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの種採り野菜は
玉ねぎと葉付き人参のみ購入一般品種です。
その他は種採りの在来の野菜たち。

じゃが芋(西豊)・縮緬南瓜・中葉春菊・パクチー・赤リアスからし菜間引き・赤紫さつま芋
間引き菜です。
大型山東菜間引き
金町かぶ間引き菜
あぶら菜

先日ブログでお話したように、それぞれを袋から出して傷んだ葉や黄色い葉を取り除いて店に並べます。
作業をしながら茎や葉っぱの味見します。
あれっつ?
この2つの葉っぱ目
DSC08074.JPGDSC08075.JPG
先週、ブログでアブラ菜と紹介したのはやはり違うぞ
exclamation
お便りの下に入っている野菜の名前が書いてあり、電話で岩崎さんにも確認したんですが、多分勘違いでしたね。
先週の味の宝石箱や〜ぴかぴか(新しい)は正解は金町かぶの間引き菜でしたexclamationDSC08075.JPG
先週よりも膨らんだ赤ちゃんかぶがついている。ハートたち(複数ハート)

そして、緑の濃い方のがあぶら菜です。DSC08074.JPG
少しぴりっと辛みがあって、深い味わいがいろいろに合わさって
あぶら菜も味の宝箱や〜ぴかぴか(新しい)

長崎赤かぶは葉も美しいです。大変美味しいかぶです。DSC08076.JPG

雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットは11月28日発送から始まります。
お申し込みお問い合わせはメール:メール:tane★sizenmura.jp
(★を@に変えてください)

池松さんからは、
大浦太牛蒡・黒田5寸人参・博多金時人参・後関晩成小松菜・おたふく春菊・芥屋かぶ・豊葉ほうれん草

池松さんは只今、玉ねぎの苗の定植に勤しんでいます。
玉ねぎは自家採種に5年がかりで初めて成功したもの(玉ねぎの自家採種は難しいのです)と、同じ品種の購入種です。
F1は作っていません。 池松

腰に気を付けて頑張ってください!

果物は、
西北さんの富有柿
香川県宮下さんの金時みかん
澤登さんのキウイフルーツ 牧11号とゴールデンキング
山形県の佐藤果樹園さんのラ・フランス(減農薬・無化学肥料)はめちゃくちゃ美味しいです。
洋梨の最高峰 ハートたち(複数ハート)DSC08073.JPG
私は母の誕生日のお祝いに送ります。プレゼント
有機バナナ

そして、和歌山 三尾さんの無肥料無農薬のレモンぴかぴか(新しい)DSC08071.JPG
箱を開けたらレモンの香りが立ち上がりました。
レモネード作りましょるんるん

長い間1か月、待って、届きました。
蔓無源氏 このさつま芋のことは後ほど〜

想いやり生乳

売り切れていました杉山ナッツピーナッツバターハニーロースト再入荷しました。
posted by 自然村 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月20日

自家種の野菜は 風土と作り手 人 の味?

岩崎政利さんの金町かぶの間引き菜を生で食べて
茹でて摘んで。DSC08046.JPG

生で、
茹でて、
ゆっくり咀嚼していると
タレントのセリフが浮かんだ。
味の宝石箱や〜〜ぴかぴか(新しい)

咀嚼する間、口腔にいろいろな味や香りが変化してキラキラきらめく。

うむ〜〜〜と考えてしまった。
このままなにも調理しないで食卓に出そうか・・・

考えて、タイコウの一本釣りかつお節のかつお出汁と
少々の味醂・紫大尽(大久保醸造薄口醤油)のお浸しとした。
           DSC08051.JPG

今、自然村には橋本農園さん、池松さん、飯田さん、ポラン広場の小松菜がある。
橋本農園、池松自然農園、飯田たまの里農園の小松菜を食べ比べ。
面白い。違うのよ。それぞれ種を採り続けた小松菜。
橋本さんと池松さんは同じ後関晩生小松菜だけど、茎の太さ、葉の色全く別物みたい。
ご来店の時、4つの小松菜が並んでいたら聞いてください。
お好みで選んでいただけるようアドバイスいたします。

飯田さんのはアサクサノリの海苔和えに。
長ねぎ・おたふく春菊・水菜は生姜風味のお浸しに。DSC08052.JPG

青菜をたくさん食べました。

岩崎さんのあぶら菜金町かぶ、あんまりにも美味しいので
今週金曜日にたくさん送っていただくようにお願いしました。
岩崎さんの間引き菜は繊細なので届いた野菜は
見かけはぽろくみえることもあるかもしれません。
黄色くなった葉など取り除いたり綺麗にしなくてはいけません。DSC08056.JPG
手間が掛かると言えば掛かります。
でも、見方を変えれば、
雲仙の畑に触れている気がします。かもしれません。わーい(嬉しい顔)

あぶら菜の間引きなんてほとんど一般の店には並ばないと思います。
食べる経験をする人はほとんどいないんじゃないかな。
こんなに美味しいのにね。
だから、面倒くさがらないでお客さんに食べてもらいたいな〜って思ったんです。
農家さんはもっと手間なことしているんですよね。

黄色い葉傷んだ葉を取って、
少し、盥に水を張って浸けて置きます。
土を落した葉をまな板に置きます。
魔法が起きますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
そして、生だったり、茹でたり加熱してちょっとつまみ食いしてみてください。

あぶら菜だけでなく山東菜や他の間引き菜も届くはずです。
今、岩崎さんは畑で間引き作業ばかりしているそうですよ。
それはどれだけ大変なことか。
やってみないとわかりませんね。

雲仙たねの自然農園から直送野菜セットは11月28日発送から始まります。
購入希望の方は、前週の土曜日までにご注文下さい。
メール:tane★sizenmura.jp (★を@に変えてください)
電話03−5927−7787、
FAX03−5927−7880

定期購入月2回以上の場合は、1セット¥4820(税込み)
お試しスポット、又は、月1回は1セット¥4960(税込み)



posted by 自然村 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月16日

新生姜と生姜シロップ

大分から新生姜DSC08033.JPG約500g¥1080

生姜シロップ
熱いお湯で割ったり、炭酸で割るとジンジャーエールに。
ホットミルクに入れたりチャイにもどうぞ。
プレゼント贈り物にもどうぞ。DSC08034.JPG¥1500

農薬と肥料を使わず栽培しています。

ハウス物の促成栽培でない生姜は新物は秋〜今なんですよ。

油揚げと生姜の炊き込みご飯
生姜の煮つけ
赤梅酢漬け
甘酢漬け
佃煮
生姜シロップ
生姜湿布
などなどにご利用ください。

posted by 自然村 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

今週の岩崎政利さん

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの種の野菜は

玉ねぎ(これのみF1でも美味しいので大人気!)、じゃがいも(西豊)、黒田5寸人参
八媛南瓜、冬瓜、日野菜かぶの間引き葉

葉物が増えてきましたよ。DSC08032.JPG
赤水菜・中葉春菊・山東菜・あぶら菜
岩崎さんの葉物の柔らかさと美味しさをご存知の方は待っていたかのように喜んで買って行かれます。

パクチーなんていうのもありまするんるんDSC08030.JPG
タップリ入っているのでパクチー好きにはたまりませんよ。わーい(嬉しい顔)
(私は苦手なんです・・)

中葉春菊はことに美味しいのですが、今日の岩崎さんのお便りは
この中葉春菊についてでした。
今年は3回目の種播きの春菊です。
1回、2回はコオロギの食害し芽が消えていったそうです。
コオロギとは鈴虫と同じく秋の夜長を鳴き通す風物詩としての虫でしたが
害虫としてのコオロギとは思いもよりませんでした。

農薬を使う農業ではコオロギを殺す農薬を草むらに播くそうです。
しかし、無農薬栽培をする岩崎さんはそれができません。
今年はコオロギが異常発生だそうです。
除草剤を使わない農園にとってコオロギたちは餌の多い隠れ場所の多い、居心地がいい最高の場所だそうです。

しかし、この害虫としてのコオロギもそのうちに食べなくなり
ただの虫になっていくのです。

一般に春菊は厳冬の間も鍋物食材として豊富に並ぶので
冬野菜と認識されているかもしれませんが、
寒さ霜に弱く、露地栽培では霜が2度3度と降りると葉は傷んでしまいます。
年内あるといいのですが。

とても美味しい春菊、是非今のうちに沢山召し上がってくださいね。

岩崎さん雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット
11月28日発送から冬野菜セットが始まります。
ご案内を近々いたします。
お申し込みをお待ち申し上げます。
posted by 自然村 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月15日

池松さんの野菜

今週の池松さんの自家採種・無肥料無農薬の野菜は
赤リアスからし菜、水菜、津田かぶ、おたふく春菊、後関晩生小松菜、豊葉ほうれん草

           DSC08027.JPG
黒田5寸人参と博多金時人参 金時人参はまだ細めですがとても綺麗なので送ってくれました。
年末、お正月食材には必須の人参です。
池松さん、よろしくね!

大浦太牛蒡についてとっても面白いことを書いてくれたので紹介します。
 今年は立派に育ちすぎて(嬉しい悲鳴)、掘るのにとても時間がかかります。
           DSC08028.JPG
だいたい一本10分強。なので、たくさんお届けできないということです。
そして、ひび割れの理由は、掘っていると音でその理由が分かります。
スコップと山芋ほりを使って遺跡の発掘のように片側の土を取っていきます。
70〜80cm掘り進めていくと、ピキッと音がします。
掘り上げた後、次のを掘っているときにピキッという音がすることもあります。
つまり、80cmぐらい埋まっているわけですから、
圧力(土圧)がかなりかかっているなかで根っこが成長しています。
なので、ベルトをきつく締めていて、緩めた時に腹が膨らむのと一緒で、
掘り上げたら圧力から開放されてヒビが入るようです。DSC08029.JPG
面白いですね〜


明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの野菜

日本で唯一加熱殺菌しない牛の乳そのままの想いやり生乳

ポラン広場の有機の野菜や食品たち

大分から自家採種・無肥料無農薬の新生姜と
水を一滴も使わないで作ったしょうが糖(生姜シロップ)が届く予定です。

みなさまのご来店、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月14日

たくさんの入荷情報

橋本農園さんDSC08012.JPG
            DSC08013.JPG
大蔵大根
岩槻ネギ
小松菜
黒田5寸人参
ブロッコリー

飯田さんDSC08015.JPG
大和真菜
市川小松菜
水菜
土垂里芋
大野里芋
安納芋
紅東
むかご

ポラン広場
有機白菜
有機牛蒡
れんこん
などなどたくさん

澤登さんDSC07973.JPG
牧11号キウイフルーツ
ゴールデンキングキウイフルーツ

西北さん めちゃくちゃ美味しい!
富有柿DSC07968.JPG

深谷もやし
posted by 自然村 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

佐久間さんの野菜

佐久間さんは自家種を採り不耕起草生自然農で野菜を育てています。

佐久間さんのニラの美しさ。
こんなに美しいニラを私は見たことがありません。DSC08016.JPG

聖護院大根の間引き菜。立派な葉に蕪ほどの大きさの大根が育っています。

白い(ベージュ)の皮は黄金千貫
赤紫の皮は紅東DSC08020.JPG

焼き芋にしてみました。
綺麗に写真に撮れなかったのが残念ですが、DSC08024.JPG
佐久間さんのさつま芋はホクホクという表現ではなく、
肌理が細かく絹のような舌触りで優しく甘く
「このさつま芋と出会えてよかったわね」と食べる人を癒すようなお味です。

今、自然村で販売のさつま芋はDSC07976.JPG
飯田さんの紅東、安納芋
香川の坂出金時芋
岩崎政利さんの赤紫さつま芋

全部で6種のさつま芋を販売しています。

そして、もうひとつ、鹿児島県枕崎のかつお節生産現場見学会での途中で出会ったさつま芋があります。
店に届くのはもう少し後です。
これです。DSC07896.JPG
ネットで情報を探してもなかなか出てこないかもです。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月13日

新胡麻

森谷農園さんの2018年度産
新物 生胡麻 入荷しています。

農薬と化学肥料を一切使用せず栽培しています。
日本で消費される胡麻のほとんどは外国に頼らざる負えません。
国産の胡麻は僅か1%以下といいます。
その上に無農薬無化学肥料の胡麻は本当に僅かです。

だって栽培以上に収穫後の調整に物凄い手間がかかるんですから入るお金の嵩を考えたらやってらんないですよ。

今、日本中の量販店小売店含めて国産無農薬無化学肥料栽培の胡麻を販売しているところは!
本当に少ないと思います。

生胡麻ですから油気のないフライパンやあれば焙烙で煎ってお使いください。
煎りたて摺りたての香りはたまんないですよね。

面倒だといわないでね、
言いたい気持ちは分かるけど、
生産者さんの方が何百倍も何千倍も面倒な手間を掛けてくれているんですから。わーい(嬉しい顔)

お値段は、DSC08001.JPG
金胡麻、黒胡麻ともに200g¥1140です。
posted by 自然村 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月10日

杉山ナッツ

杉山ナッツ 新豆のピーナッツバターが始まりました。
ハニーロースト
DSC07991.JPG
プレーンDSC07990.JPG
今年のプレーンは
目指したのは
チョコレートのようなアロマとビターな風味が
甘味を引き立てるピーナッツバター


昨年はプレーン、ハニーローストと焙煎の深さと豆のブレンドはほぼ同じでしたが、
今年は焙煎と豆の配合を昨年より変更しました。
渋皮を削る割合も変えています。

今年のプレーンは
チョコレートを意識して、昨年より印象深い商品に仕上げようと思ったそうです。

           DSC08003.JPG
ハニーローストとの印象もよりはっきりしました。
それぞれの風味の違いをより楽しんでいただけると思います。

実際、
プレーンとハニーローストをペアでお買い求めや
プレゼントになさる方も多いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

只今、ハニーローストは売り切れました。
次回の入荷をお待ちください。
プレーンは多めにいただきましたのでまだございます。



posted by 自然村 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月09日

杉山ナッツ!

           DSC07989.JPG
ご挨拶
この度は杉山ナッツ製造ピーナッツバターをお買い上げ頂き、
誠にありがとうございます。本製品の原料は、
1904年にセントルイス万博で金賞を受賞した落花生
‘遠州半立ち‘を使用しています。杉山ナッツでは
この落花生の美味しさを最大限に引き出すために、自社農場で
農薬・化学肥料を使用せず、浜名湖で採れる自然の資源で土を耕し栽培しています。
収穫後に秋冬の1か月半遠州の空っ風で天日乾燥させた後、
莢付きのまま保存させることによって一粒一粒に
旨みがギュッと詰まった実が出来上がります。
全てを自然の中から自分たちの手で作り上げるという信念から生まれた
落花生本来の甘みと旨みを贅沢に閉じ込めた最高のピーナッツバターを
心ゆくまでご堪能ください。

2018年の栽培
2018年は連日の猛暑、大雨や台風など自然n脅威を
身をもって感じる年でした。過酷な環境に強い落花生は
その中でも強くたくましく育ち、
より一層風味豊かな実を実らせました。
本年度は堆肥にアマモ、藁、米ぬかを。
肥料には牡蠣殻、卵殻、草木灰を使用しました。
また、収穫後の畑には小麦を撒き、穂がつき始める4月に
色鮮やかに育っている小麦を収穫せずに落花生のために土壌にすき込み畑を肥やします。
そしてもう一つ、自然の力で育つよう、私たちはあえて水を与えず雨を待ちます。
雨が降らない日が続けば落花生は乾き、
生きるために強くなるよう栄養を蓄え
逞しく育った落花生は濃厚な甘みと濃厚な旨味が
ぎゅっと詰まった実を実らせてくれるのです。
余計な手は加えず自然の中ですくすくと育った‘遠州半立ち‘は
まさに世界一の名に相応しい一品となりました。

出来立ての美味しさを
自分たちの手で愛情たっぷりに育てた遠州半立ちの美味しさを、
最高の状態でお客様にお届けしたい。そのために私たちは
在庫は一切作らずご注文を受けてから莢を剥き、焙煎・加工しています。
蓋を開けた瞬間出来立ての甘く香ばしい香りがふわっと広がり、
思わず笑顔がこぼれる。
そんな幸せなひと時をお楽しみいただければ幸いです。
     
プレーンDSC07990.JPG
ハニーローストDSC07991.JPG

アメリカではパンにジャムONピーナッツバターで食べるのが普通だそうです。
それを聞いた時に、
「杉山ナッツさんはどんなジャムを乗せるのが好きですか?」と尋ねたら
ブルーベリージャムですハートたち(複数ハート)とお答え。DSC07995.JPG
高知の棚田のブルーベリージャムexclamation
私は柑橘系のジャムも合うと思います。わーい(嬉しい顔)
屋久島の黒島みかんジャム

プレゼント杉山ナッツピーナッツバターと贈り物にする人も多いです。
posted by 自然村 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月08日

久しぶりの池松さんの野菜

久しぶりの池松さんの野菜は大箱に一杯詰められて届きました。
一杯詰められてはいますが、送料がめちゃくちゃ上がっているので
一袋当たりの価格に占める運賃は高い割合になります。
自分で福岡まで取りに行くことを考えれば仕方ないことと理解していただけたら有難いです。

余談ですが、今日は先日お引っ越ししたお客さんがレンタカーを借りてお買い物に来てくださいました!
驚くやら嬉しいやら有難いやらです。

さてさて、久しぶりの池松さんの野菜はいい感じですよ〜わーい(嬉しい顔)
全て自家採種・無肥料・無農薬栽培です。

発芽も最高で立派に育っている豊葉ほうれん草と
黒田5寸人参葉付きDSC07978.JPG

過去最高の出来のおたふく春菊と晩生千筋京水菜
            DSC07979.JPG

まだ採れている万願寺唐辛子

糸島市芥屋地区の在来種 芥屋かぶと大浦太牛蒡DSC07980.JPG

大浦太牛蒡が新鮮でポキット折れてしまった先をクンクン。
おっ!いい香り!
貴方も嗅いでみて。
嗅いでいる写真を撮らせて。
やだよ、お前を撮ってやるよ。
私?いやよ。
ということで、ブログを読んでいる貴方にどうぞ〜DSC07982.JPG
香るでしょうるんるん

大浦太牛蒡は見かけは太くて皮がひび割れていたりごつごつしているけど柔らかくて香りと味がいい牛蒡で知られています。
貴方の身近にそういう人がいませんか?

久しぶりの池松さんから力作の通信が入っていました。読みたい人は店で声を掛けてくださいね。



posted by 自然村 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月05日

晩成丹波黒豆

自家採種・無肥料無農薬自然乾燥手選別の
晩成丹波黒豆、
日本料理屋さんがおせち料理の黒豆煮のために
大量お買い上げくださいました。

ご希望の方はお早目のお買い上げをお勧めします。DSC07967.JPG
posted by 自然村 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年11月03日

晩成丹波黒豆 入荷しました

兵庫県丹波市より
自家採種・無肥料・無農薬・自然乾燥の
晩成種 丹波黒豆
が届きました。DSC07967.JPG
葡萄のようです。

昨年よりも1か月早く送ってもらったのは、お正月前に黒煮豆の練習したい!という人もいるかもね、
と思ったからなの。
それに、昨年はご注文に応じきれないほど欲しいという人がいてお断りしたこともあって、
今年は倍の量いただいたからなの。

袋を開けて見たらそれは見事な晩成丹波黒豆で本当に嬉しくなっちゃったハートたち(複数ハート)

何といっても自家採種・無肥料・無農薬・自然乾燥・手選別の丹波黒を販売できるのは挑戦のし甲斐があります。
きっと、全国には、黒豆は自分で煮ようとか、今年は黒豆煮にトライしてみたい、
それには良い豆を使いたいという人たちはたくさんいると思います。

是非exclamation×2お求めください。
100g、200g、300g・・・でご購入ください。
お値段は、驚くお値段ですexclamation喜んでいただけるお値段ですわーい(嬉しい顔)

<生産者さんより>
品種は丹波黒です。後から開発された早生とかではなくて、昔からある晩成種の丹波黒です。篠山と丹波市の農家からいただいた種を種取りし続けています。農協から買った種ではないので証明書はないですが、本拠である丹波地方篠山市の小田垣商店が、丹波黒を次のように説明しています。
「丹波黒とは、兵庫県丹波地方発祥の「丹波黒」という品種名の極大粒な黒色の大豆で、秋ダイズ型極大粒種の晩生品種である高級黒大豆です。丹波黒は丹波黒大豆や丹波黒豆、あるいはぶどう豆とも呼ばれ、その特徴は「粒が丸くて大粒である」、「モッチリとした口当たりのいい食感で美味である」、「表面に白い粉が吹いている」ことです。」
もともと農家が伝えてきた種なので、このような特徴をもった黒豆が丹波黒と言っていいと思います。
丹波黒生産の本拠地は隣の篠山市、その中でも発祥地といわれるのが川北地区です。私どもの農園はこの川北地区の北側数キロのところにあり、発祥の地にとても近いところです。

posted by 自然村 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜