2018年02月01日

多様性豊かな野菜たち

大人気の飯田さんの宇奈根ねぎ、里芋土垂、今日も届けていただきました。
今晩から雪の恐れもありますのでね。

柔らかくて本当に美味しい宇奈根ねぎは本日15袋、後、畑にあっても5袋分位だそうです。
それからは牛角ねぎになります。牛角も一般の葱に比べれば柔らかくとても美味しいんですけどね。

里芋も八つ頭もいいですよ〜ハートたち(複数ハート)

明日は、店内は在来・たねとり野菜がずらっと並び販売します。
飯田さん、橋本さん、池松さん、岩崎さんの野菜たち合わせれば35品種以上になると思います。
どうぞ、この機会にご来店し、野菜の多様性を感じてください。
お米や豆を含めればもっと多くの多様性です。

2月4日の岩崎さんと上野長一さんの対談会、参加申し込みはまだお受けできます。


posted by 自然村 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月29日

岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園から直送野菜セットのお申し込みが増えています。

自然村には毎週金曜日朝、店に並びます。
遠方で買いに来られない方は直送セットをご案内しています。
ご希望の方は、下記の説明をお読みになってお申し込みください。
2月7日発送分をご希望の場合は、2月3日までにFAX,メール、ご来店でお申し込みください。

みかん箱ほどの大きさにぎっしりと約10品種の野菜が入ります。玉ねぎのみF1品種、それ以外は岩崎さんが種を採り続けてきた在来の野菜です。
価格
➀隔週のご購入の場合は1セット¥4720(税込み)
➁スポット又は月1回のご購入の場合は¥4960(税込み)
*上記の価格は東京周辺までの価格です。地域によっては運賃が加算されます。

お届け日
水曜日、雲仙から発送⇒東海以西は翌日着。東京は運送状況にもよりますが、翌日夕方に届きます。

申込方法
FAX,又はメールshop@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号(必須)を明記してお申し込みください。

お支払い方法
初回は先払いになります。お申し込み後、口座番号をお知らせします。
定期購入の場合は、野菜到着後、1週間以内にお振込みをお願いします。

お問合せ、ご注文をお待ち申し上げます。

いつも岩崎さんの野菜はじめとして、当店をご利用くださっているお客様からメールをいただきました。
 おはようございます。
週末は、発送いただきありがとうございました!
岩崎さんのブロッコリー・パプア・ニューギニアのエビでケチャップ(甘味は高木さんの甘酒で)エビチリにしたり、
岩崎さんのキャベツ・島根のさつま揚げ・きのこ・アサクラさんパスタ・高木さんの塩麹で和風パスタにしたり、
みやさんのお揚げで作るいつものひじきの人参を、池松さんの金時人参にしたら、なんか美味しいと家族に好評だったり、
岩崎さんのしゃくしなを茹でて、根元の所をいつも食べちゃうのですが、そこが1番美味しいかも?とにやけたり
楽しいご飯をいただいています♪
振込済みです。
日曜日の岩崎さん、すっごく楽しみです

日曜日というのは、2月4日の岩崎さんと上野さんの対談の会のことです!
みなさんも日程が合えば、是非に!!るんるんみなさんの参加申し込みを!
posted by 自然村 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月17日

多様性

昨晩、渋谷のデイラトキッチンで開かれた
稲葉俊郎未来会議第1回https://peatix.com/event/333483に参加しました。

幾つかの印象に残る言葉がありました。私の耳と脳の性能により誤訳がありそうですが。わーい(嬉しい顔)
その人本来の根を張って生み出されるオリジナリティ。ひとりひとりが違うジャンル分けされない
多様な人が重なり合い調和し厚みのある社会(場) 

心に浮かんだのは、昔昔、たねの森さんのお話会で聞いたエピソード。
学校に行かれないある少女が、たねの森さんの畑仕事を手伝いながら言った話。
「私はスーパーの人参は嫌い。だってみんな同じ形をしているんだもの」

そして、スローフードの大会での岩崎さんのスピーチより
五寸人参から教わったこと
「私のたねから育てている野菜作りは、この五寸人参から始まりました。自らの畑の中に育っている人参を収穫するたびに、色がきれいなスラリとした特別に美しい人参だけを選んで、その人参からたねを採り続けてきました。世界のどこにもない、私だけのすばらしい人参にしたいと思っていました。毎年、毎年、選抜の中で、これでもかと、すばらしい人参だけを選び抜いてその人参から、たねを採り、そのたねで人参を育てていきました。
ところが10年過ぎても、自分の思いとは反対に、人参の生命力は弱くなり、最後にはたねが年々と少なくなって採れなくなってきました。
私はこの人参から、たねとは、多様性の中に守られていることを知ったのです。
野菜たちの世界も人間の世界と全く同じであることを知ったのです。私は美しい物ばかりに目がくらんで、美しい、女性的人参ばかりから種を採り続けようとしたものだと思ったものです。
生命豊かな男性的人参を無視してしまっていたのです。見栄えの悪い太い人参にも、細い人参にも、それぞれに大切な役目があったのです。野菜たちの世界も、人間社会と同じように野菜たちを見ていく、考えていくことを知らされました。」
 
たねは命です。作物のたねも人の命も多様性の中で守られ豊かに未来に繋がるのですね。
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
posted by 自然村 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月12日

雲仙赤紫大根

Mさん。いつも素敵なセレクト(高いものを買うという意味ではありません。本当にお勧めの価値あるものという意味です。)の買い物をしてくださるお客さんです。
今日もご来店くださって源助大根を手に取られたんですが、
ご出身が佐賀県なので、「この大根は元々佐賀県在来の女山三日月大根だったんですよ。云々」とお話ししましたら、
じゃあ、こちらにするわと変えられました。
雲仙赤紫大根です。

雲仙たねの自然農園からの直送セットを購入してくださった方から、
「入っていた、紫大根ですが
どう料理すると美味しいのでしょうか?」と質問がありました。

過去のブログを紹介させてください。
読んでいただいてその物語に想いを馳せることで野菜への興味や美味しさが増せばいいと思います。
http://blog.sizenmura.jp/article/171495652.html
posted by 自然村 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月11日

ちょっと感動して

岩崎政利さんと池松さんの野菜が届きました。
それぞれの箱には毎回お便りが入れられています。

2月4日(日)9時半開場 10時スタート13時までの
上野長一さんと岩崎政利さんの対談会の準備のために
岩崎さんからの今までのお便りを整理し、読み返しています。DSC06887.JPG
どのお便りも胸打ち深い思考に導いてくれます。
そんな最近なので、
届いた箱を開け、野菜たちが現れると、尚更にその美しさと優しさに感動してしまいます。

今週の内容は、
玉ねぎ(玉ねぎのみ購入種子)、じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、源助大根、
春菊、水菜、長崎赤かぶ、花芯白菜、雲仙赤紫大根、ブロッコリー、しゃくし菜。

雲仙赤紫大根が登場です。長崎赤かぶの色が更に冴えた深く鮮やかな赤紫になっています。
水菜の葉は柔らかい深緑。茎は真っ白。
杓子菜の柔らかな緑の葉。幅広の白い茎。大きな杓文字の形です。
「なぜに在来種たちがやわらかくておいしさが生まれるかは、この杓子菜の仲間の青菜のように、数本の株を料理していく中で、一株ごとに違う味の多様性が混ざり合ってまろやかなる味に膨らんでいくのではと感じています。」とお便りの文章です。
杓子菜は青菜の中でも花芽がでるとう立ちが一番早く、収穫の終わりは1月いっぱいだそうです。
杓子菜のあるうちにどうぞ召し上がってください。

池松さん、
博多金時人参、千筋京水菜、津田かぶ、阿波晩生大根(購入種子)、聖護院大根(購入種子)

津田かぶは、まあ見事な!本当に見事な勾玉の形といい、鮮やかな綺麗な色、大きさ。
畑に成っているときの姿が想像できる葉の付き方。実際に畑で見たら皆さん驚いたり喜んだりすると思います。
聖護院大根も、年末よりもぐんと大きくずっしりとなりました。胸を張って聖護院大根といえますね。

只今、昨年秋の天候の影響と厳しい寒気のために葉物が本当に少ない状況ですが、
明日は、岩崎さん、池松さんの葉物野菜が豊富ですよるんるん
どうぞお越しくださいね。

そして、明日には、2月4日の対談会の案内をブログに書きます。
どうぞ、みなさん、集ってくださいね。
posted by 自然村 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月09日

在来の大豆 2品種

群馬県片品村在来のセトヤマさんの大白大豆と新潟県長岡在来の刈屋さんの青大豆肴豆の新豆が揃いました。
どちらも大切に自家採種し続け、農薬も肥料も一切使用せず、自然乾燥、手選別した粒ぞろいの大豆です。
            DSC06895.JPG
手づくり味噌用に、煮豆にお求めください。
各1kg¥1800です。

自然村では麹菌がよく働き始める気温になるころ、東京周辺では3月下旬の桜の花の咲くころから始める花仕込み味噌をおすすめしています。
糀は、山形県白鷹町の鈴木徳則さんにお願いして作っていただく、合鴨農法幻の米さわのはなの糀を予約販売しています。
しかし、
もう、早く味噌作りをしたいという方には、
島根県やさか共同農場のこうじの予約をお受けします。
有機米こうじ1kg1350
有機玄米こうじ1kg¥1540
有機麦麹1kg¥1390
*麦麹ご希望の場合はやさか農場のみになりますのでご注文をお忘れなく。

ご注文は随時お受けしています。
やさか農場のこうじは3月1日が最終締め切り日です。
ご注文からお渡しまでは、約2週間かかります。仕込みのスケジュールを考えてご注文下さい。
posted by 自然村 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

大中寺芋

             DSC06892.JPG
届いた箱を開けて、まあ美しい独楽みたいにexclamationるんるんと思いましたよ。
           
絶品中の絶品里芋だと思っています。DSC06893.JPG
中サイズをいただきました。

今年も沼津 
愛鷹山山麓在来の里芋 大中寺芋を守り繋ぐ井出さんからいただきました

八つ頭と里芋の間のような里芋です。きめ細かく煮崩れしません。

まったりとした上品な風味は所縁の大中寺の風格品格に似ているのかもしれません。
大中寺ご住職 下山光悦氏の文章〜「里芋のおばけ」大中寺芋によせて〜をお買い求めの皆さんにお渡ししています。
            DSC06894.JPG
大中芋が守られてきた由来に想いを馳せながら
是非一度は味わっていただきたい里芋です。

栽培は種芋を植える時に一度農薬を使っています。その後は農薬不使用です。

posted by 自然村 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月06日

雲仙たねの自然農園からの直送便

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの
在来の野菜セットのご案内です。

岩崎さんが縁ある方から譲られた(中には門外不出だったという種も)種や
種屋から購入した種から自家採種を繰り返して固定していった種を
何代にも渡って自家採種し、
雲仙の風土に馴染み、岩崎さんに寄り添ってきた在来の野菜を
セットにしてお届けします。
種たちが雲仙の畑にゆっくりとゆっくりと馴染んでいったように
食べ続けていく内に優しく、深く、じんわり食べる人の体に馴染み、やがて感性まで変えてくれるような気がします。
1月は10日発送から月1回、隔週で。毎週ご希望の場合も可能です。
*毎回、お届け週の頭の日曜日までにお申し込みください。

この写真は、
昨年12月27日発送で翌日夕方届いたセットの様子です。DSC06880.JPG
箱にぎっしりと約10品種の野菜が入ります。玉ねぎのみF1品種、それ以外は岩崎さんが種を採り続けてきた在来の野菜です。
価格
➀隔週の定期購入の場合は1セット¥4720(税込み)
➁スポット又は月1回のご購入の場合は¥4960(税込み)
*上記の価格は東京周辺までの価格です。地域によっては運賃が加算されます。

お届け日
水曜日、雲仙から発送⇒東海以西は翌日着。東京は運送状況にもよりますが、翌日夕方に届きます。

申込方法
FAX,又はメールshop@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号(必須)を明記してお申し込みください。

お支払い方法
初回は先払いになります。お申し込み後、口座番号をお知らせします。
定期購入の場合は、野菜到着後、1週間以内にお振込みをお願いします。

お問合せ、ご注文をお待ち申し上げます。

posted by 自然村 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年12月28日

胸がいっぱいの

福岡から池松さんの、
雲仙から岩崎政利さんの
自家採種 在来の野菜が届きました。

先ず、
一年の締めくくりには池松さんの日本ほうれん草をみなさんに食べていただきたい、という想いから
日本ほうれん草をたくさんたくさん送っていただきました。
           DSC06881.JPG
池松さんからのメッセージは、
 ほうれん草は外葉が少し黄色くなりかけたぐらいが美味しいと言われていますが、今まさにそんな状態です。ほうれん草は根っこも美味しいので、根っこを切らずに収穫しています。それもあって収穫は大変ですが、ほうれん草の全体像を見てほしいので頑張ってそうやっています。

積み重なったほうれん草の下には、博多金時人参があります。見えないのですが、コメントによるとなかなかワイルドな形になっているようです。わーい(嬉しい顔)
その下には、「根っこ?」って聞かれそうな、「いや正にごぼうは根っこなんですけど〜」答える大浦太牛蒡が大浦太牛蒡好きなお客さんのご要望で入っています。

池松さんのほうれん草の美しさに胸がわくわくキューンとなったところで、
岩崎政利さんの箱を開けました。
これは店の近くの方が直送セットを買ってくださってそれを私がお届けするんです。
           DSC06880.JPG
は〜〜っと息を呑む美しさに感動してしまいました。
写真に写っているのは、
花芯白菜、サニーレタス、中葉春菊、水菜、手前に小さな赤いかぶが付いているのが万木かぶ、
その下には日野菜かぶ、源助大根、黒田5寸人参、風黒里芋、じゃがいも、玉ねぎ

直送セットを購入してくださったみなさま、本日届いたみなさま、箱を開けられていかがでしたか?
私は、こうしてブログを書いている今も胸がいっぱいです。

万木かぶはささっと洗ってがぶりと齧ってみてください。
葉っぱもむしゃむしゃ食べてみてください。

もう間引きが終わってしまって今回いただけなかった「金町こかぶ」の間引き菜も本当に素晴らしかった。
生での香り味わいと、茹でた菜の味わいの変化、そのどちらも胸に残っています。

今回は万木かぶを是非生で、茹でて、炒めて、味わっていただきたい。

店売りは、今回は、中葉春菊、水菜、黒田5寸人参、万木かぶ菜、長崎赤かぶ、風黒里芋、花芯白菜、、源助大根です。
源助大根もぶっくりぷっくり素晴らしい源助さんです。

 水菜も素晴らしい味わいです。DSC06878.JPG
スライス玉ねぎとかもめ屋のツナ缶(オイル漬け)でサラダにしたら3人で1束食べちゃう色彩と美味しさでした。

岩崎さんの野菜はレストランやカフェだけで食べるのはもったいない野菜です。
なぜなら、自分で直に触って葉の柔らかさに触れ、黄色くなった葉などを取り除きながらその形や色を楽しみ、雲仙のたねの自然農園の土に触れ、畑の様子を想い、
水で土を洗い流すときに表す色彩に胸打たれ、
それらのことは、家の台所でないと味わえないものだから。

明日は飯田さんもいっぱいの野菜を運んでくれます。
芋類、三浦大根、宇奈根ねぎ、いろいろかぶ、小松菜、後関芯とり菜、みやまこかぶ、

ポラン広場の生産者の在来の生わさび、有機のゆり根など、

こういう、素晴らしいと心から思える野菜を一年の締めくくりにお客様にお渡しできることに感謝の気持ちでいっぱいです。

買わなくてもいいです。買わなくても見に来るだけでもいいのでみなさん、野菜たちに会いに来てね。ハートたち(複数ハート)


posted by 自然村 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年12月22日

入荷情報

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの在来の野菜たちは、
玉ねぎ(のみF1)、黒田5寸人参、赤紫さつま芋、じゃがいも西豊、長崎赤かぶ、赤水菜、パクチー、春菊、風黒里芋、金町こかぶの葉、源助大根、花芯白菜

福岡 池松さんからの種採り野菜は、
小田部大根、金時人参、大浦太牛蒡、日本ほうれん草、水菜、赤リアスからし菜、みやまこかぶ、聖護院かぶ

飯田さんの種採り野菜は、
宇奈根ねぎ、大野里芋、大和芋、八つ頭、いろいろかぶ(万木、津田、みやま、品川、長崎赤かぶ)、みやまこかぶ、市川小松菜、後関しんとり菜、東京べか菜、大蔵大根、源助大根

ポラン広場からは、
有機長芋、蓮根、無農薬白菜、天恵のキャベツ、セロリ、きゅうり、有機生姜、有機ゆり根、無農薬きのこ類、有機牛蒡、有機さつま芋紅東など始め、みやさんの食べ飽きない豆腐類や肉類などなど。

人気のいちうろこさんのおでん種セットは今日で入荷は年内おしまいです。来週からおせち用製造で係きりになりますからね。おでん食べたい人はお見逃しなく。

日曜日、クリスマスイブということで丹那の生クリームも仕入れました。残念ながら苺は欠品でしたが、パイナップル缶や木村秋則さんの林檎の甘煮などを飾ってもいいんじゃないかしら。

それから、清水さんの白首大根の切干大根が飛ぶように売れていきます。
切干大根を好きな人って多いのねDSC06832.JPG
今日は冬至、柚子湯に入ろうDSC06831.JPG

昨日、大好評の杉山ナッツさんのロースト仕立てのピーナッツバターが届きました。
もうすでに残り僅かになっています。
クリスマスクリスマスプレゼントや新年のお持たせに喜ばれること請け合いです。
木のひげとベッカライヨナタンのシュトーレンもいかがですか?

他に、林檎屋さんの干し柿や高知の黒糖が出来上がって届く予定。明日かもしれないけど。
新物青まぜ海苔プレミアムも届くかな〜
明日は、佐久間さんから新米はつしも、神楽もち米、昭和のせんべいが届きます。

唐桑の生牡蠣もどうぞ〜DSC06858.JPG
posted by 自然村 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年12月14日

分かるかな〜

つむじ風が枯れ葉の独楽回しをしていた寒い朝。

北風吹きぬく寒い朝も飯田さんの野菜で暖かくなる〜るんるん
(私の年代なら分かるかもしれないわーい(嬉しい顔)

この3品種の菜っ葉、どれが何か分かりますか?DSC06822.JPG
左から後関芯とり菜、東京べかな、長崎白菜菜。
だったかな〜〜?
茎の所の色や幅、葉の葉脈の入り方、葉の形が微妙に違いますね。

大和真菜、小松菜、たけのこ白菜菜、宇奈根ネギ、いろいろかぶ、大蔵大根、源助大根、京芋、八つ頭、大野里芋、大和芋がたくさん。
そして、
本当に本当にこれで最後の春菊が沢山。
少し霜けた葉を取って揃えてくださいました。香りが高く美味しいです。これで最後なんです。

屋久島から八郎生姜の根生姜、安納芋も届きました。
新米のポンせん3種類もです。

以上、全て自家採種・無肥料無農薬です。(飯田さんは緑肥を使いましたが、自然栽培の人も緑肥を使いますのでこれから簡単に無肥料と表現します。)
posted by 自然村 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年12月13日

雲仙種の自然農園からの直送便

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの在来の野菜セット
12月20日発送から再開します。
年内は、
12月20日発送と27日発送の2回。
1月は10日発送から隔週で。毎週ご希望の場合も可能です。


定期購入のみなさま、予約をいただいていたみなさまには個別にご連絡申し上げます。

新しく、岩崎さんの野菜を食べてみたいという方々、野菜セットのご案内です。

みかん箱ほどの大きさにぎっしりと約10品種の野菜が入ります。玉ねぎのみF1品種、それ以外は岩崎さんが種を採り続けてきた在来の野菜です。
価格
➀隔週のご購入の場合は1セット¥4720(税込み)
➁スポット又は月1回のご購入の場合は¥4960(税込み)
*上記の価格は東京周辺までの価格です。地域によっては運賃が加算されます。

お届け日
水曜日、雲仙から発送⇒東海以西は翌日着。東京は運送状況にもよりますが、翌日夕方に届きます。

申込方法
FAX,又はメールshop@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号(必須)を明記してお申し込みください。

お支払い方法
初回は先払いになります。お申し込み後、口座番号をお知らせします。
定期購入の場合は、野菜到着後、1週間以内にお振込みをお願いします。

お問合せ、ご注文をお待ち申し上げます。

posted by 自然村 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月30日

たねの野菜

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの在来の野菜は、DSC06740.JPG
なんと!パクチーも作ったんですね。思わず笑顔になっちゃいました。わーい(嬉しい顔)
今年の天候の影響で冬野菜は一か月位遅れています。例年なら様々な在来の冬野菜が届くのに・・・
でも、少しですが、ようやく長崎赤かぶが入っているのを見て嬉しい気持ちになりました。
鍋物や汁物に壬生菜もありました。
別格の味わいの中葉春菊
他にはじゃがいも、葉付き人参(時無)、玉ねぎ(玉ねぎのみF1)
そして、暖かいポタージュや味噌汁にバターナッツ南瓜

寒くなったので冬の瓜 冬瓜

味噌汁の実やことこと煮て葛餡かけに。
冬瓜は池松さんからも冬瓜料理の定番のあんかけが合う季節になってきたのでどうぞお試しください。と沖縄小型冬瓜が届いています。

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの直送セットは12月20日発送から始まります。
長くお待たせしていますが、天候の影響が大きく、在来の野菜が揃う頃まで待ってくださいますようお願いいたします。12月27日発送の直送お正月セットも予定しています。

福岡県池松さんからは、小田部かぶ、博多金時人参、晩生千筋京水菜、赤リアスからし菜、後関晩生小松菜、おたふく春菊、レタス、日本ほうれん草、沖縄小型冬瓜です。

後関晩生小松菜は、「とても大きくなってしまいましたが、見た目とは裏腹にやわらかいです。昨晩は、軽く炒めてあんかけ(甘酢醤油あん)にしました。写の

小田部大根は我が家は豚肉と中華風煮にしました。包丁を入れると分かるのですが大変瑞々しい大根です。煮て大根らしい風味があります。
池松さんは「私の得意料理、小田部大根の卵とじ。小田部大根を太めの千切りにして、厚めの鍋で少しの油を引いて弱火でじっくり蒸し焼きにして、柔らかくなったところで卵を溶き入れ、仕上げに醤油を垂らす。大根の優しい甘味と卵と醤油で一本丸ごとしてもぺろっと食べます。」です。
食べたくなったな〜〜わーい(嬉しい顔)
すらーっと伸びて美足です。一番長いのは50cm近くあります。

小さめのレタスですが、葉が詰まっているのでずっしりしています。結構美味しいレタスだと自信あり気のコメント付きです。
おたふく春菊もたくさんです。

博多金時人参
DSC06739.JPG
煮物に汁に金時人参の色は映えますね。味も一味違います。関東では馴染みが薄いですが、西の方では金時ですね。
あらら〜いろんなおみ足ですねわーい(嬉しい顔)
細い足もしっかりした腰も切り方、使い方次第でこれも重宝かもしれませんね。るんるん

明日は想いやり生乳が届きます。
posted by 自然村 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

自然村では芋類が人気なんです。

茨城の飯塚さんの紅東も大人気ですし、安納芋、黄金千貫、紫さつま芋、坂出金時とどの品種もです。

そして、飯田さんの山芋も大人気で、売り切れていても毎日「山芋はある?」と聞きに来てくれる人もいて。わーい(嬉しい顔)
今日も早速買いに来てくれました。あってよかった〜わーい(嬉しい顔)
           DSC06737.JPG
八つ頭も1個あります。見方によって畑の陽気な妖精のような顔をしてますね。

京芋も始まりました。大野里芋も始まりました。DSC06738.JPG

いろいろかぶは品川かぶ(東京長かぶ)が加わって5品種のいろいろかぶセットになりました。
           DSC06734.JPG
このような料理例を置いておくとイメージが掴めるのか、買っていただけます。DSC06735.JPG
1袋250円でオーガニックレストランの一品が何皿も手(チョキ)インスタ映えわーい(嬉しい顔)

大和真菜、市川小松菜、宇奈根ねぎ、春菊

そして、ようやく大根が始まりました。
源助大根と大蔵大根 DSC06736.JPG
源助大根は元々石川県の在来種で青首、大蔵大根は東京で白首大根です。
どちらも良く火が通るのに煮崩れしにくく、煮痩せしません。
ようやく大根が始まったのですが、飯田さん曰く、
今年は小さい〜大きくならない〜。天候の影響ですね〜
三浦大根も年末までにどの位大きくなってくれるか〜?

大きくなってくれますように〜かわいい

posted by 自然村 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月29日

入荷情報

橋本農園さんのブロッコリーと野崎カリフラワーが最盛期の様です。
自家採種・無肥料・無農薬DSC06720.JPG
たくさん、たくさんですexclamation×2
黒田5寸人参もたくさん届いています。

昨日は、飯田さんが自家採種・緑肥のみ・無農薬の
宇奈根ねぎ、大和真菜、市川小松菜、いろいろかぶ、春菊をたくさん届けてくれました。
春菊は霜が降りるまでなので、今のうちに飯田さんの春菊を食べてくださいね。

明日も、飯田さんが持ってきてくれます。
明日は大人気の山芋、それから大野里芋も持ってきてくれます。

青見平の卵 初卵が届きました。DSC06725.JPG

佐久間さんの新米が始まりました。自家採種・無肥料無農薬天日干し米
イセヒカリDSC06729.JPG
農林22号DSC06728.JPG
神楽餅米DSC06727.JPG
黄金千貫さつま芋DSC06726.JPG

ポラーノの鶏肉は本当に美味しい。
美味しいポラーノの鶏肉の手羽先も
定番商品として冷凍ケースに並べました。5個¥460DSC06730.JPG
鶏ガラ2羽¥280も予約でご用意できますが、
手羽先は簡単に鶏スープが取れてしかもとても美味しく食べられますので便利です。
冬瓜やお豆、大根、なんでも美味しくなります。
もちろん、甘辛焼き、から揚げもいいですね。

鍋にはこれがないと始まりません。DSC06721.JPGDSC06722.JPG
人気の細切りしおふき昆布やふりかけなどもたくさん。あれば大助かりの十倍出汁も冷蔵ケースにあります。

毎週水曜日は飯塚商店深谷もやし400g¥310の入荷日です。DSC06723.JPG
ノンエチレンで発芽姿が大変美しい。ぴかぴか(新しい)
一般のもやしと味・食感・香りが全く違いますよ〜。
生命力もですパンチ

では、みなさまのご来店、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月28日

丹波黒豆

日本中 おせちの予約案内でぎっしりいっぱい!!!という位に
おせちおせちおせちのこの頃ですね。
自然村も同じように、おせちクリスマスクリスマスおせちクリスマスクリスマスの案内の真っ最中なんです。
みなさま、よろしくお願いいたしますexclamation×2

おせちの中に、黒豆煮ももちろんありますよ。ポランのもムソーのもどちらもふっくら柔らかく上品な甘さで美味しく炊けた丹波の黒豆煮なんですが、

自分で煮た黒豆の風味は別物に良いと思っているんです。
今までに3回くらいしか作ったことないので偉そうなこといえないんですが、
母が昔作っていた黒豆煮の味と風味なんです。

蒲鉾や数の子や昆布巻きは買うけど
黒豆は自分で炊くというお客さんもいらっしゃいますね。

ということで、
今年は、黒豆煮を自分で作りませんか、
というご案内ができそうです。

無農薬無肥料の丹波黒豆を探していらっしゃいましたら記憶していてくださいね。
めったに出会えるものではありませんよ。

今日、兵庫県丹波市から丹波黒がサンプルで届きました。
自家採種・無肥料・無農薬・自然乾燥の晩成種の丹波黒DSC06714.JPGDSC06715.JPG
充分乾燥し煮豆にしやすい2016年度産です。

黒豆煮を作ってから良ければ正式に案内いたします。

農家さんからの説明です。
品種は丹波黒です。後から開発された早生とかではなくて、昔からある晩成種の丹波黒です。篠山と丹波市の農家からいただいた種を種取りし続けています。農協から買った種ではないので証明書はないですが、本拠である丹波地方篠山市の小田垣商店が、丹波黒を次のように説明しています。
「丹波黒とは、兵庫県丹波地方発祥の「丹波黒」という品種名の極大粒な黒色の大豆で、秋ダイズ型極大粒種の晩生品種である高級黒大豆です。丹波黒は丹波黒大豆や丹波黒豆、あるいはぶどう豆とも呼ばれ、その特徴は「粒が丸くて大粒である」、「モッチリとした口当たりのいい食感で美味である」、「表面に白い粉が吹いている」ことです。」
もともと農家が伝えてきた種なので、このような特徴をもった黒豆が丹波黒と言っていいと思います。
丹波黒生産の本拠地は隣の篠山市、その中でも発祥地といわれるのが川北地区です。私どもの農園はこの川北地区の北側数キロのところにあり、発祥の地にとても近いところです。





posted by 自然村 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月27日

信州伝統野菜

11月25日の信州伝統野菜の講師である大井美知男氏共著の本
           DSC06711.JPG
こちらを予め読んで参加すれば理解関心がもっと深まったと後悔しますが、本をざっと読んでも興味深いことばかりです。

大井氏が時間をかけてお話なさった親田辛味大根DSC06712.JPG
朝鮮半島から朝鮮使節団によって江戸に行く途中、尾張にもたらされた種が当時、尾張徳川氏に事実上支配されていた下伊那地方下條村に伊那街道を通じて持ち込まれたと推測されるというお話しや、
収量が極めて乏しく、おろして搾って蕎麦の薬味としてしか利用のない大根を、経済的に決して豊かであったと思えない地理的条件の中で栽培されつづけてきた理由を推察し、
本当の豊かさと表現なさったことが強く印象に残っています。

本当の豊かさ 

時々、考えることではあります。豊かさって?と。
多分、いつの世でも、農山海村であれ都会であれ、お金持ちであれ貧乏であれ、
本当の豊かさは誰の傍にもあるはずのものだと思う。

NHKのうまいッ! 焼き畑のことが分かりやすかったです。美味しさのために焼畑を守ってきた。
おいしいという価値を付けて売るためでない。美味しいかぶにという食べる人への想いを感じました。
それは誇りのようにも感じました。

藤沢かぶも登場しました。DSC06704.JPG
生でぽりぽりも美味しいかぶです。伝統野菜プロジェクトスタッフの方はローストしてオリーブオイルと塩をふるだけで大変美味しいと何度もおっしゃっていました。今晩食べます。
posted by 自然村 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月25日

温海かぶと王滝かぶと東西食文化と伝統野菜

今日は、店を抜けて、伝統野菜プロジェクト主催の「東西食文化と伝統野菜」の講座に参加しました。DSC06701.JPG
大井美知雄氏(信州伝統野菜認定委員会委員長)のお話と、信州伝統野菜を含む9品種のかぶの味を楽しみました。DSC06702.JPG

丁度、今日、鶴岡在来の焼畑の温海かぶが入荷したところでした。ドンピシャのお話を聞くことができました。

かぶが日本に伝わった経路は中国経由から入った和種系とヨーロッパからシベリア経由で入った洋種系があります。DSC06693.JPG
            DSC06699.JPG
日本の農耕の仕方は独特で畝を作ってそこに栄養繁殖で芋を植えたり、苗を定植したり、種を播きます。
ヨーロッパはミレーのたね蒔く人に見られるように基本的に種はバラ播きです。

温海かぶのお話をされました。
8月、山焼きの後、まだ熱いうちにタネをバラまきするのです。
ヨーロッパからシベリア経由でかぶが入ってきたそのルートの名残があるというお話でした。

温海かぶのたねは門外不出。生の温海かぶを出荷する時は、たねを採ることができないように、根を切るか根と葉を切るそうです。

信州伝統野菜 王滝かぶは温海かぶと近縁だそうです。DSC06691.JPG

砂糖と塩と漬物のこと、蕎麦に山葵と辛み大根のこと伝統野菜を守り続けてきたことと豊かさの話などなど
面白い、へ〜へ〜へ〜とそうなんだ〜と言うお話が山のようにあったんですが、
文章にできる頭がありません・・・・
たまに小出しに店でお話するかもしれません。その時はお付き合いくださいね。わーい(嬉しい顔)

温海かぶ DSC06683 (1).JPG

明日日曜日NHK総合8時25分からうまいッ!
見るのが楽しみです。

同じく焼畑で作る藤沢かぶもいただいてきました。甘みが強く甘酢漬けも美味しいかぶです。
月曜日にお目にかけますね。

posted by 自然村 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年11月24日

焼畑の温海かぶ入荷します。

明日 11月25日、

山形在来のかぶ、 
焼き畑の温海かぶが自然村に初登場です

写真は山形食べる通信さんのメールからお借りしました。1.jpg
           2.jpg

渡辺監督のドキメンタリー「よみがえりのレシピ」を見て、いつか自然村のお客さんにも食べていただきたいと思っていました。
私たちも実際に見たり食べるのは初めてです。

山の傾斜地を焼畑してその熱で病害虫対策になり、灰が肥しになるという昔ながらの循環の畑作で栽培された温海かぶです。ですので、他からの肥料も入れず、無農薬栽培です。

11月26日の日曜日、朝8時25分〜55分のNHK総合TV うまいツ!
 パリッ!シャキ! 焼き畑で育つ“温海かぶ”(山形・鶴岡市)
 だそうです


posted by 自然村 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

新生姜

水は一滴も入っていません。
無肥料無農薬栽培の生姜と洗糖のみの生姜シロップ
DSC06680.JPG
                  180ml¥1330
お湯で割ったり、炭酸で割ったり、ホットミルクや紅茶に入れたりして
体の中からぽかぽかを楽しんでください。
冬の贈り物にもお勧めです。

原料になっている新生姜も一緒に届きました。約500g¥1180DSC06679.JPG
甘酢漬けや赤梅酢に漬けて紅生姜に、生姜の佃煮、油揚げと生姜ご飯にとお勧めです。

今晩も冷えそうですね、体の中から温かくね。
心の中もぽかぽか温かいハートたち(複数ハート)週末でありますように。
posted by 自然村 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜