2019年04月25日

飯田さんの芋

今年も飯田さんの完熟芋が届きました。

ほっこり大野里芋DSC08644.JPG

ねっとり糸引き土垂里芋DSC08641.JPG

甘い八つ子(八頭の孫芋)DSC08642.JPG

写真は撮りませんでしたが(とったけどぼやけました)大和芋。ふわんふわん真っ白な粘り。
posted by 自然村 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年04月13日

佐久間さんの里芋

佐久間さんの土垂里芋は大変良い芋です。
土垂は関東では広く一般的に栽培されている、関東ローム層に適した里芋でしょう。
適しているから美味しい。それだけでなく、
佐久間さんの里芋は美味しい。
店主が「人柄がでてます」とお客さんに説明していました。わーい(嬉しい顔)

今は農家さん、種芋の伏せ込みの時期です。種芋の余剰を出荷なさいます。
昨年冬、「もうない」といわれていた岩崎さんの風黒里芋が最近届くのはそういうことです。

晩秋から初冬に掘り上げた芋は寒さに当たって傷みがでないように土を深く掘って保存します。
佐久間さんの保存の仕方は、
畑に150センチくらいの穴を掘り、さつま芋と里芋をコンテナごと地下にいれ、
板、籾殻、藁を敷いて雨を避けます。
鼠よけの金網を張るそうです。
写真を見ましたが藁の敷き方一つ見てもとても丁寧で綺麗なお仕事です。
大事に育て、大事に保管した愛情を感じました。

そんな人柄も伝わる優しく滋味深い舌触りと味わいの里芋です。
一袋3個入りほどの少量です。DSC08603.JPG
みなさんに食していただきたくたくさん送っていただきました。
味噌汁やけんちん汁にいかがですか。DSC08575.JPG

posted by 自然村 at 17:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年04月03日

なごみ農園さんから

なごみ農園さんからいただきました。
自家採種・無肥料無農薬栽培の葉付き玉ねぎや人参、紅芯大根
            DSC08553.JPG
なごみさんの紅芯大根は素晴らしい紅色。味も抜群です。

村山大長人参DSC08555.JPG
今回初めていただいて、
ぽりぽり食べてみたら、
大変美味しい!!!!
硬さ・この細さはスティックにぴったりだし、
焼いても、揚げてもこの細さ長さが生きると思いました。

今まで案内をスルーしていましたが後悔します。
試しに2袋だけいただきました。
次回もあるでしょうか?

posted by 自然村 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月29日

野菜

今日も味噌作りの会でした。その準備と野菜やポランからの商品を並べる仕事に大わらわでした。
その間にも岩崎さんたちの野菜を買い求めにリュックサックで来てくださるお客さんたちとおしゃべり。
味噌作りの片付けも終わって
今は珈琲を淹れて桜の花カップケーキを食べてほっと一息いれたところです。

池松さんの野菜の写真を撮ってあります。
ケール・嘉禎ニンニクの芽・菜花DSC08543.JPG

たくさんの博多黄金 新玉ねぎDSC08544.JPG

4種の菜花を一袋に。DSC08545.JPG
水菜・中国チンゲン菜・のらぼう菜・かつお菜の菜花です。
どれがどれか分かりますか?ヒント:赤い茎のが一番甘かったです。

佐久間さんがチンゲン菜菜花と白菜菜花の畑での姿を写真で送ってくれました。
みなさんはどんな印象を受けますか?
チンゲン菜のとう立ちの姿チンゲン菜.JPG
白菜とう立ち佐久間 チンゲン菜とう立ち.JPG

白菜とう立ち佐久間 白菜とう立ち菜.JPG
私は子供を残そうとする母親の雄々しさ逞しさを感じてしまいました。


岩崎政利さんの在来の野菜も気温が低めだったのでとても良い状態で届きました。
サニーレタスも素晴らしいものでした。でした、というのはもう売れてしまったのです。

雲仙こぶ高菜は先週お買い上げのお客さんに
茎は薄く切って、葉っぱは適当な大きさにちぎって、軽く塩揉みして三杯酢に浸けて食べたらとても美味しかったです。」と教えていただきました。
三杯酢なんて思いもよらない調理でした。
みなさんにお伝えしますね。

まだ名前のないかぶは皮と実の境にある筋が硬くなっています。網目状になっています。
皮を剥いて、更に筋を剥くとよいです。
果肉は柔らかく蕩けるようです。
皮は味と甘味があるので浅漬け・きんぴらなどにご利用ください。

岩崎さんの直送在来の野菜セットは端境期に入って、今月でお休みになります。
秋冬野菜セットを欠かさず定期購入してくださった皆様、
本当に有難うございました。
次回はいつになるだろう。夏野菜が始まる前にご連絡しますね。

店へは隔週で雲仙から届きます。再来週入荷します。ご来店のみなさま、引き続きよろしくお願いします。

定期購入をしてくださっているSさんからこんなメールをいただきました。
 先日、肉じゃがを作ったおり玉ねぎだけがスーパーのものを使うと娘から今日の肉じゃがは何?と聞かれ、野菜は玉ねぎだけスーパーのものと言ったら、食べて!と言われて食べてみると岩崎さんのじゃがいもとにんじんとスーパーの玉ねぎでは全く味も食感も違い、側で娘がスーパーのものが食べられない、どうしよう〜
口がこえちゃったねー
と2人肉じゃがを前に唸ってしまいました。

毎日の家庭の食卓で食べ続けて、知らず知らずに体にしみ込んで気が付いたら変わっているのですね。。


posted by 自然村 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月27日

菜花

神々しいと思います。DSC08541.JPG
松島新2号白菜の菜花

松島新2号白菜の菜花とチンゲン菜の菜花DSC08540.JPG

味が違います。味比べしてみてください。

私が神々しいと感動したものが他にもあります。
飯塚商店深谷もやしの収穫体験のとき目にしたもやしです。DSC05401.JPGDSC05404.JPG
毎週水曜日は深谷もやしの入荷日です。
posted by 自然村 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

橋本農園さんからは長悦春葱も届きました。
自家採種・無施肥・無農薬栽培。DSC08537.JPG

自然村にも葱がわんさか自家栽培るんるん
店の裏手のプランターに柔らかい葱がいっぱい伸びています。
櫓ねぎです。DSC08539.JPG
何にもせずにほったらかしなのに健気に強いパンチ
食べる分だけ収穫しても伸びてくる。
永久不滅の葱です。パンチ

販売しようかな〜。わーい(嬉しい顔)
お豆腐買った人に薬味用におまけしようかな〜わーい(嬉しい顔)

橋本農園さんからはミックス人参も届いています。よろしく。
posted by 自然村 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

固定種の新玉ねぎ

お客さんに食べていただくために一年中販売したいけどそれは無理なんです。
だから、今、一番嬉しい時期なんですよ。
種を採る農業をする農家さんから
F1品種でない、固定種・自家採種の新玉ねぎが届き始めたのです。
今日は、橋本農園さんから。浜笑新玉ねぎです。DSC08536.JPG
         
スライスして鰹節をふんわり載せて醤油で。
スライスして水で戻したひじきとサラダに。
絶品柚子果汁幹助を使えば香りも爽やかでさっぱりと食べられます。
DSC08538.JPG

今、ほとんどの人が口にしているのはF1品種の玉ねぎ。雄性不稔の玉ねぎです。
雄性不稔については埼玉県飯能市にある野口種苗のHPや野口さんの著書を参考にしてください。
この玉ねぎはネギ坊主が出来ても雄蕊が奇形で種を結ぶことができないそうです。
命を繋ぐことができません。

自然村がお客さんに食べてもらいたいのはいきいきとした命あるものです。
「いきいきした」というのは「鮮度」のことだけでなく、生命エネルギーに満ちたものです。
自然界の生き物は次世代に種を残すために全力です。
その全力を食べて私たちは生きるのです。

みなさんに食べてもらいたい玉ねぎは橋本農園・なごみ農園・池松さん・iikarakanさんから届きます。
無施肥無農薬栽培です。
固定種自家採種の玉ねぎが届くのは一年の内の極短い間です。
店にありましたら是非!お見逃しなく。目
posted by 自然村 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月26日

屋久島の安納芋

屋久島から

種芋の伏せ込みが終わって余剰になった
安納芋と八郎生姜を送っていただきました。
スナップエンドウ・えんどう豆・新じゃがもです。

安納芋、今シーズンは収量が少なくていただけないかと思っていました。
安納芋と紅はるかを焼き芋にしました。
さつま芋の皮も美味しいですね。一緒に食べると胸焼けしません。
      紅はるかDSC08531.JPG
  安納芋と紅はるかDSC08530.JPG

八郎生姜はお客さんに大人気なので早い者勝ちみたいです。
掘りたてのぴかぴかです。

スナップエンドウは売り切れました。
久留米豊(えんどう豆)は一袋のみあります。

これまた大人気の新じゃが
アンデスレッドも出島も今回入荷で最終だそうです。

次は、私の宝のひとつ「枇杷」(茂木)を待ちます。
10箱位の限られた量しかいただけないかもしれません。
posted by 自然村 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

花芽の野菜の花

岩崎政利さんの黒キャベツの花芽の蕾が開いて
花が咲いていました。DSC08533.JPG

のらぼう菜や畑菜の花とは違いますね。

花を食べてみました。
どんな味だと思いますか?
ゴワゴワした黒緑の葉から想像すると・・・・・

なんと!甘いんですハートたち(複数ハート)
美味しいぴかぴか(新しい)
サラダに散らしても良い感じ。
出会ったら食べてみてくださいね。

黒キャベツの葉自体も硬さはあるのでじっくり加熱するとよいですが、
苦みもアクもなく美味しい野菜です。

一方、畑菜の花は苦みがありました。DSC08524.JPG
posted by 自然村 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月20日

春 

            DSC08512.JPG
久しぶりになごみ農園さんからいただきました。
全て自家採種・無施肥無農薬栽培です。
白菜の菜花・葉付きビーツ・紅芯大根・菊芋・人参・春菊
そして、貴重な自家採種の葉玉ねぎ
玉自体はまだ小さめですが、柔らかい新玉ねぎを味わっていただけますし、
青い初々しい葉はヌタにも炒め物にもかき揚げにも楽しんでいただけます。

佐久間さんは自家採種・不耕起草生自然農の野菜
松島新2号白菜菜花・黒田5寸人参・汐留葱・黄金千貫・お米初霜・お米農林22号

なごみ農園さんと佐久間さんの菜花はどちらも固定種の白菜の菜花ですが、
味わいが全然違います。
味比べしてみてください。

一本葱は葱坊主が頭を出し始め董が立って硬くなってきています。
しかし、それに代わって始まりました。DSC08513.JPG
葉の色は眼に染入るような青緑です。葉玉ねぎと汐留ねぎ
やさと共同農場の有機白味噌を使ってぬたを作ってはいかがでしょう。

飯塚商店 幻のノンエチレン深谷もやしも入荷しています。
生きているもやしです。

親田高原の卵は初卵です。DSC08514.JPG


posted by 自然村 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月15日

雲仙こぶ高菜と横川つばめ大根

びっくりしました。目DSC08500.JPG
雲仙こぶ高菜はこんなに大きな株になるんですね!

恥ずかしがって後ろ向きになってるようです。
かくれんぼしているようにも見えます。
そっと覗いてみるけど見えません。
何を隠しているの?DSC08501.JPG

甘くシャキシャキの茎。最後に微かに高菜の香気が残ります。
葉っぱ。山葵のようなきりっと辛みと深い味わいがあります。
大きな株なので小分けしました。

            DSC08502.JPG
一目で横川つばめ大根と分かる中に白い大根が混じっていたので
岩崎さんに聞いてみました。
白いのも横川つばめ大根だそうです。
10本に1本位でるそうです。

横川つばめ大根の花の色は物凄く綺麗だそうです。
大根の頭の所を切って水に浸けて置くと、とう立ちをして花が咲くかもしれません。
試してみてはいかがでしょう。
posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月14日

屋久島より

屋久島から、自家採種・不耕起草生自然農の野菜が届きました。

掘りたて八郎生姜 僅かなので欲しい方はお早めに。DSC08499.JPG

濃厚な甘さのスナップエンドウと
今シーズン初めての久留米豊。実豌豆です。DSC08497.JPG
豆ご飯などにどうぞ!
久留米豊も今シーズン収量が少ないのでお早めに。

新じゃが、出島・アンデスレッド・きたあかり 掘りたてです。

今シーズン最後の収穫のかわひこをいただきました。
けんちん汁に入れて初めて食べた方から
ご主人が「生麩みたい」と仰ったそうです。美味しかったと大層気に入ってくださいました。
生麩みたい。という表現、上手く表していると感心しました。

食感だけでなく、鼻に抜ける香りもとても良いです。
まだ食していない方にも是非味わっていただきたい在来の里芋です。
かわひこは屋久島でも栽培している人は極極僅かになっているそうです。
なにしろ生産性がとても低い。
生産者さんが写真と説明を送ってくれました。

以前にご質問のあったカワヒコの子芋、孫芋の付き方を紹介させていただきます。
実際にやってみますと、カワヒコの場合は一般的な里芋と違い、細くて小さな子芋が多数付く、ということですね。
下に比較のため大和早生(今年は生育不良で、例年ですと倍近く子芋・孫芋が付きます)の画像も添付しておりますが、
程よく子芋が付き太って、孫芋も太っております。
大和早生は子芋専用品種で親芋は食べませんが、それでも子芋・孫芋が最低でも500g、うまくいけば800g近く取れるのに
対して、カワヒコの親芋はだいたい60g〜120gくらいです。また、どちらも栽植密度(植える密度)や必要な管理は同じです。


かわひこの株です。かわひこかぶ.jpg

ばらした株です。一番左の親芋しか正品になりません。かわひこかぶばらし.jpg

大和早生里芋の写真
大和早生かぶ.jpg
ばらした株。並べた子芋孫芋は正品になります。大和早生ばらし.jpg

飯田さんの牛の角葱DSC08448.JPG
葱にネギ坊主が出始めると硬くなるので飯田さんは収穫しません。
ですので、今日で納品は最後です。
黒田5寸人参も残量が尽きて今日で終了です。

種を採る農家さんが次第に端境期に入っていきます。
posted by 自然村 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月12日

塩漬け

ポリ袋塩漬け2種。DSC08491.JPG

沖縄の公設市場に行ったとき、
山に積み上げられた島らっきょうの塩漬けが売られ、
女性たちがらっきょうの皮むきをしていました。
島らっきょうは下処理が大変ですね。
売られている塩漬けが結構お高いのも頷けます。

高木糀商店の生塩糀で漬けました。

岩崎政利さんの時無大根と五木赤大根の塩漬け。
2〜3%の塩で揉みました。
間引き時無大根は瑞々しく、
葉っぱがこれまた素晴らしい食感と味わいです。驚きですよハートたち(複数ハート)

ふたつの塩漬け、春らしくて眺めていて飽きません。DSC08491.JPG

今週も間引き時無大根や五木赤大根が届くといいな〜〜〜DSC08462.JPG
posted by 自然村 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月08日

メール

先ほどブログで紹介した兵庫にお住いの
岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットのお客さんから、
再度メールをいただきました。

今日はザワークラウトをつくろうと思いキャベツをボール一杯に千切りしました。
途中で芯をつまみぐいすると甘くて柔らかで。
思わずひとりほほえんでしまいました(笑)

サニーレタスもとても美しい作品ですね。

キャベツとサニーレタスは種採りではなく購入の一般種子なのですが、
店のお客さんにも人気なんです。るんるん
サニーレタスはまだありますが、キャベツはもう売り切れました。
キャベツもブロッコリーも早い者勝ちみたいな感じです。


posted by 自然村 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月02日

小さい花芽(蕾)

小さい花芽 み〜つけた!

かくれんぼしている花芽を見つけてね。DSC08450.JPG

佐久間さんのターサイの中心にも花芽を見つけました。

ほうれん草を、というお客さんに、
今、食べるならこちらです。と云った私。
日野菜かぶの花芽菜としゃくし菜の花芽菜を選ばれました。

ほうれん草を作ってくれた農家さん、御免なさい。
ほうれん草も販売しなくちゃいけないんだけど、。

葉物は抽苔を伸ばし、玉ねぎやニンニクは緑の芽を出し、
人参も透き通った白い根を出し緑の若芽を出す。
大根は中心から抽苔を伸ばし始める。
店の中は命のざわめきに満ちてくる。
posted by 自然村 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

覚えておこう 品川かぶ

覚書

飯田さんのいろいろかぶ。DSC08447.JPG
津田かぶ・みやまこかぶ・長崎赤かぶ・品川かぶ
白く細長いのが品川かぶ(東京ながかぶ)です。
どのかぶも普通はもっともっと大きく育てて出荷しますが、
飯田さんは小さいうちに収穫してくれます。

全部切って浅漬けに。

どれも美味しいのですが
品川かぶの香り、歯ざわり・甘み 際立つ印象。旨し!

来年まで覚えていてね、私の頭よひらめき 
posted by 自然村 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年02月28日

雲仙赤紫大根

餅つきを手伝ってくれた次男のお嫁さんから

「甘いものが大好きな私ですがあの大根おろしの美味しさ!ビックリしました!!
色も綺麗でおろしてる途中に思わず写真を撮ってしまいました(笑)」

            雲仙赤紫大根おろし (2).jpg
岩崎政利さんの雲仙赤紫大根。

posted by 自然村 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

野菜の色

屋久島から掘りたてかわひこが届いた。
箱を開けて私は「わっ!」とした。DSC08444.JPG
何度もカメラを向けても「わっ!とした」本当の色が出なくて
箱を閉めて写そうかと思ったくらい。
本当の色に会いにいらっしゃ〜い。

自慢気に箱のまま床に置いているけど、
お客さん、素通り。
「この色が目に入らぬか〜〜〜」わーい(嬉しい顔)

写真より胸ドキッ!の色です。
posted by 自然村 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年02月27日

佐久間さんから

佐久間さん(千葉)から自家採種・不耕起草生自然農の野菜が届きました。

時々、贈り物が添えられています。
今日は蕗の薹をいれてくださいました。ハートたち(複数ハート)DSC08438.JPG
白味噌でふき味噌を作ります。

先回いただいたネコヤナギ。
ネコヤナギの気高い美しさに見とれても形容する言葉が見つかりません。
ふと、気づきました。DSC08437.JPG
雄蕊(?)が伸びて花粉がついている目

今日は、めちゃくちゃ美味しい黄金千貫と紅東DSC08439.JPG
(只今、めちゃくちゃ美味しいさつま芋4品種販売中。赤紫さつま芋・紅はるか・黄金千貫・紅東)

ターサイ・チンゲン菜・里芋土垂が届いています。
神楽もち米は早々に完売してしまい、現在玄米1kg2袋のみあります。困った困った〜〜

            DSC08440.JPG
佐久間さんも手書きの(コピー)お便りを入れてくれます。鉛筆の柔らかい字までも人柄が滲み出ているように思われるのです。
丁寧な農作業の一端をお便りの中から紹介しますね。
玉ねぎも葉を伸ばしてきています。周りの草をとってあげてモグラが通って浮き上がった苗を押し込みます。
以前浮き上がっていたのに気がつかず、、そのままにしていましたら、あまり大きくならなかったのです。
一本一本、見てあげることが必要です。
今年、本格的に春植え(冬越し)玉ねぎもやってみましたので、そちらも見て回ります。
気候に合えば大きくなると思っています。


一本一本見てあげる玉ねぎ。一つの種から1玉の収穫!!なんだよ。
そう思ったら!ねっ!

玉ねぎ楽しみです。
posted by 自然村 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年02月25日

屋久島から

自家採種・不耕起草生自然農のスナップエンドウと赤豌豆(ツタンカーメンの豆)DSC08434.JPG
人気の新じゃが アンデスレッドときたあかり。
完熟の紅はるか
バジル塩味のぽんせんが届きました。

初めて食べた人からもめちゃめちゃ美味しかったと言われるカワヒコ。
カワヒコは28日か3月1日に届く予定です。


屋久島は雨が続いているそうです。雨の止み間の日に収穫して送ってくれています。

屋久島の後藤さんとこんなやりとりがありました。
2/21
後藤さん:例年でも春に向けて少しずつ雨が増えるのですが、
昨年12下旬から1月一杯はほとんど降らなかった分、2月に降っているんでしょうか?
気温も高いし、なんだか木の芽流しのようで、例年より20日ほど早く春が近づいている感じです。
先日は沖縄で25度以上の夏日が観測されたと言いますし。

島の農家も毎年言ってます。「今年の気候はヘンだ」と。

私:石牟礼道子さんの「椿の海の記」を読んでいたら、水俣あたりでは梅雨のことを「流れ」といい、まだ麦が青い時期に降る長雨を「前流れ」というそうです。「流れ」の時期の描写があります。
屋久島では「流し」というのでしょうか?

後藤さん:「木の芽流し」とはここ屋久島に移住して知らぬ間に使うようになっておりました。
だいたい3月後半くらいからの、本格的な春めいた暖かさの中続く長雨のことで、
多分、芽吹き出した新芽を長雨が洗い流す感じを言うんだと思っております。
少し調べたら、本土でいう菜種梅雨と同じだ、という説明や
いや木の芽流しの後に菜種梅雨だ、とか定かではありません。
 ちなみに屋久島では梅雨のことを「ながし」と呼び、
梅雨時期、ムッと蒸し暑い夕暮れに一斉に飛び交うシロアリ(羽根つき)のことを
「ながし虫」と呼んだりします。

2/25後藤さん:カワヒコは二日前に掘って少し乾燥させて先ほど土を落とすなど調整したところです。
掘ったの日の晩から今朝までずっと雨でした。
今朝はウグイスが鳴くのを今年初めて聴きました。
昨年は3/14だったので2週間は早いですね。
なのに雨で春作の準備もままならずです。

posted by 自然村 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜