2020年09月15日

肴豆 予約締切

私の味覚の中で最高峰の頂に立つ枝豆のひとつです。
刈屋さんの肴豆

9月の敬老の日、秋分の日の週、1週間足らずの短い期間の味わいです。
枝豆好きな方はもちろん、
肴豆を食べたことのない方にも
是非、一度は知っていただきたい新潟県長岡に伝わる在来の枝豆です。

店売りもしますが、予約を承っています。
18日までに予約するとお買い得な価格設定にしています。
一袋で本当に後悔しませんか〜〜?わーい(嬉しい顔)誰かに食べさせたくなりませんか〜〜?わーい(嬉しい顔)という枝豆ですよexclamation

詳細はこちらです。http://blog.sizenmura.jp/article/187844724.html
posted by 自然村 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年09月12日

佐久間さんの野菜

自家採種・不耕起草生自然農
モロヘイヤ・ときわ地這きゅうり・ミニトマト・山科ししとう、伏見甘長とうがらし
出雲メロン佐久間まくわ.jpg

向かって左が山科ししとう、右が伏見甘長伏見甘長山科ししとう.jpg
伏見甘長は程よい辛味を楽しめます。
山科ししとうは深い旨味を感じます。

出雲メロンは、岩崎政利さんの種から繋ぎ続けているものです。
ネットメロンが大衆的になる前は、甜瓜がよく食べられていました。
プリンスメロンが登場した時は衝撃的に美味しかった。
その後、ネットメロンが普通に市場に出回るようになって、プリンスメロンを凌駕しました。
市場から姿を消した甜瓜ですが、味覚の記憶として忘れがたく、作り続ける人がいます。
また、近年は、甜瓜に市場性を見出して策付けする若い農家さんもいます。

私は、ネットメロンの華やさも大好きですが、
甜瓜の素朴かつ農家的でありながら、優雅な香りと甘さと舌触りを感じています。

種を取る時が悩みどころ。メロンの種.jpg
種を包むワタのところの甘さったらないですから!
誰も見てなければわたを掬って口に入れ、種だけぷっぷっと出しますね。わーい(嬉しい顔)


posted by 自然村 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年09月11日

山形在来

弥四郎ささぎが再登場。弥四郎ささげ.jpg
茹でてみれば、やはり甘みと風味が際立って、このいんげんに出会えた幸せを感じます。
もう少し柔らかく茹でてもよかったかな。
天麩羅はもちろん、油で焼いて醤油を少しも美味しい。

自家採種農薬不使用化学肥料不使用栽培

同じく真室川在来のきゅうり
勘次郎きゅうり勘次郎.jpg
最盛期よりもちょっと短めになっていますが、歯触りの軽さと、これがきゅうり!?という濃い甘さと、
口に残る香りは相変わらずのすばらしさ。

勘次郎きゅうりが無い間、何回も、「あのきゅうりはない?」と尋ねられたお客さんがいます。
早速電話しましたら、大変喜んでいただけました。

弥四郎ささぎ、勘次郎きゅうりも入荷はこれで最後かもしれません。
まだ食べたことのない方はお見逃しなく。
食べれば、来年の夏の始まりを待つ楽しみが増えますよ。わーい(嬉しい顔)
来年もまた、 この夏もまた出会えた、そういう季節の迎え方ができることの豊かさよ。

池松さんと岩崎さんの野菜は、暫くお休みになります。
岩崎さんの南瓜や冬瓜、じゃがいもはまだあります。

市川さんの無肥料無農薬無潅水の無花果が届きました。

澤登さんの葡萄 オリンピア、ブラックオリンピア、ピアレス、牧5号、サフォークレッド、
京秀京秀.jpg
京秀も皮ごとサクサクと食べられます。

生まれながらに種のない皮ごとサクサク食べられる小さなおこさんに大人気のサフォークレッドは多めにいただいてありますよ。サフォークレッド.jpg

20世紀梨、豊水も人気です。

明日は、佐久間さんから、モロヘイヤや山科しし唐、伏見とうがらし、出雲メロンなどが届きます。



posted by 自然村 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年09月04日

雲仙たねの自然農園

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんのたねとり野菜
沖縄でであったという紫ささげ紫ささげ.jpg
花が満開のときは美しいし、鞘が垂れ下がっている姿も又美しい。と、
お便りに書かれています。

柔らかくなるまで茹でると、赤色は抜けてシックな紫になります。
甘みのある味、そして、アントシアニンの香りがほのかにします。

お昼ご飯に生姜醤油でさっぱりと食べました。紫ささげ生姜醤油.jpg

いんげんと同じ調理法で、いろいろな味わい方ができます。

他には、じゃがいも(西豊)、黒田5寸人参、ミニ冬瓜、鶴首南瓜、八丈オクラ、モロヘイヤ、赤浦紫蘇、熊本在来地きゅうり、苦瓜。

本日も、完全無農薬無肥料無潅水の無花果が届きました。
桝井ドーフィン、ホワイトゼノア、ビオレソリエス。
どれも大変に美味しいでするんるん

青森 魔法の庭さんの無肥料無農薬栽培のすもも
大石中生は鮮やかな赤い果肉
オザークプレミアはクリーム色の果肉。
どちらも清らかな甘い果汁がたっぷりです。

明日は、澤登さんの葡萄が5種類届きます。

明日のご来店もお待ちします。
posted by 自然村 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年09月02日

台風が来る前に急いで収穫!

台風が来る前に、
収穫できるだけ収穫を!

山のように野菜が届いています。
福岡県 池松さんの島オクラも山のように届いて、
台風でダメになる前に、という池松さんの気持ち痛いほどわかります。
             島オクラ9.2.jpg
大きく伸びていても先がくにゃっと曲がりますので固くなく食べられますよ。
橋本農園さんの3種のオクラも沢山です。
みなさん、たくさん食べて粘り腰を身につけてね〜〜

茄子祭り〜ぴいひゃらぴいひゃら〜茄子祭り9月2日.jpg
             茄子2日.jpg
新長崎長茄子、博多長茄子、桐岡茄子、泉州水茄子、白丸茄子
天狗茄子、真黒茄子、埼玉在来青茄子
これから種が大きく、皮が硬くなってくるのです。
今、食べてね〜〜〜
揚げても、焼いても、蒸しても、煮ても、揉んでも、漬けてもいいので、
家庭で茄子祭りしてくださいね。

因みに、長茄子2品種の説明です。お買い物の参考にしてください。
新長崎長茄子はすでに何度か届いているのですっかり味のファンになった方もいます。加熱してねっとり甘く美味しいんです。
焼きなすがお勧めです。」
皮が硬いと感じた場合は皮を剥いてお使いください。

博多長茄子は、新長崎長茄子に比べて少し太くて短いです。皮は黒光りせず、「つや消し黒紫」みたいな感じですが、新長崎長茄子より皮が薄く蒸して食べるとこちらの茄子のほうが美味しいです。市場に出回っている博多長茄子はF1のものですが、この博多長茄子は固定種のものです。

*伝統野菜もF1にされているものが多くなっているそうです。京野菜がそうですね。伝統野菜としてブランド化して流通にのせるための戦略ですね。「昔の○○の味と違う・・」と思う人もいるでしょう。

天狗茄子も皮の色が薄い茄子紺です。このような皮の茄子は、皮が薄い傾向にあると思います。

佐久間さんのモロヘイヤやときわ地這きゅうりも凄くいいです。

えごまの葉、つるむらさき、ゴーヤ、十六ささげもあります。
posted by 自然村 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月28日

アサクラアイテムと在来の茄子

エキストラバージンオリーブオイル オルチョサンニータの
アサクラさんがアサクラチャンネルというYouTubeで料理講座をしています。
先日、見たら、茄子のミートソースでした。
とても美味しそうだし、おいしい茄子に溢れる今だから
丘の上のポモドリーノをたくさん仕入れてみました。DSC09259.JPG
ぐるめくにひろさんの挽肉もありますしね。


ミートソースにお勧めの茄子はこちらDSC09258 (2).JPG
天狗茄子、桐岡茄子、青茄子です。めちゃうまです。真黒茄子でもよいです。

因みにアサクラさんが使用しているのはサラダマスター鍋です。
当店でも販売していますよ。
アサクラチャンネルhttps://www.youtube.com/watch?v=iPZ6FenzghE&t=3s
posted by 自然村 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月26日

唯一無二の枝豆 肴豆

枝豆 肴豆の予約受付を始めます。

各地にご自慢の枝豆はありますが、どれも美味しい枝豆には違いないでしょうが、
新潟県長岡の在来の枝豆 刈屋さんの肴豆は絶品であると思っています。
肴豆はほとんど新潟県内で消費され、関東に出回ることはまれだと聞いています。
しかも農薬・肥料を一切使用せず農業を営む刈屋さんの肴豆。

もちろん、大切に種を採り守っています。

これほど美味しい枝豆は、ぜひ、みなさんに食べてもらいたい と惚れ込んでいるのです。

刈屋さんの肴豆9月22日と24日に届きます
      どうぞ、見逃さないでください。
           DSC03488.JPG
新潟県長岡の在来の枝豆です。美しい緑色のまめです。香り甘みと濃くが抜群で、特に香気が素晴らしい。
茹で上がる時に広がる香りにきっとびっくりしますよ。
更に食べるとき、香りと甘み旨みが一体となる風味。
食べ終わった後の余韻。
茹でたてよりも冷めてからの方がより甘みが増します。

肴豆の凄さは、もちろん届きたてが良いですが
日にちが経過した後も長く美味しさが失われない事。肴豆って凄い!って思います。
           DSC02509.JPG

プレゼント贈り物にしてきっと驚き喜んでいただけると思います。

ご予約くださいるんるん
9月18日までに予約していただいた場合は、ありがとう価格です。るんるん
1袋250g位¥600(税込み)
5袋¥2900(税込み)
予約なしの店売りもいたしますが1袋¥630で販売いたします。

店頭でご注文をお受けしています。
通販ご希望の場合は、メールにてご住所・お名前・電話番号・希望数量をお知らせください。
ヤマトクール便でお送りします。
posted by 自然村 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

自然農の野菜

同じ野菜なら、どこで手に入るものでも同じでしょ、
というのは違うと思います。わーい(嬉しい顔)

同じ品種なら同じ味でしょ、というのも違いますね。わーい(嬉しい顔)

この農法ならとか無肥料自然栽培だったら美味しい。というのも違いますね。わーい(嬉しい顔)

と、毎日の食卓で感じています。

昨晩は黒ごまそうめんと野菜天婦羅でした。
しし唐は2種あげました。

ひとつは先週いただいてあった佐久間さんの山科しし唐。目印に蔕もつけておきました。
もちろん、もうひとつのしし唐(自然栽培)も美味しいですよ。
一緒に食べると違いがよくわかります。
みなさんも食べ比べてみませんか。
今日は少し多めに、佐久間さんの山科しし唐が届いています。DSC09221.JPG

佐久間さんのときわ地這きゅうりは淡く優しい緑色のグラデーションをしています。
              DSC09223.JPG
              DSC09225.JPG
ネットでときわ地這きゅうりを検索してみてください。色はF1のきゅうりと同じ全体が濃い緑色です。
橋本農園さんのときわも濃い緑一色です。橋本さんは支柱仕立てしています。
佐久間さんのときわ地這きゅうりは別物かと思うくらいです。
この違いについては佐久間さんに聞いてみようと思います。
このきゅうりも香り色、歯ざわりに触れて幸せな気持ちになるんです。

モロヘイヤ、十六ささげ、
天狗なす、寺島茄子、緑茄子と、茄子の多様性も豊かです。

すべて自家種採り。不耕起草生自然農。ビニールはじめ石油資材は畑にありません。





posted by 自然村 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月21日

雲仙たねの自然農園

                DSC09193.JPG
                DSC09192.JPG       
一年に一度のお楽しみ、お盆過ぎ、
今年もいただけるかしらと気をもんでいました。

わ〜〜い!岩崎さんの出雲メロンDSC09195.JPG

私くらい以上の年齢の方にはきっと懐かしい味。
若い人には新鮮な美味しさと思います。

ネットメロンももちろん美味しいですが、
まくわ瓜の美味しさには風情があると思います。

今週の雲仙たねの自然農園からの在来の野菜は
じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、八丈オクラ、モロヘイヤ、青茄子、ミニ冬瓜、つる紫、苦瓜
平家きゅうり、熊本地きゅうり、赤裏紫蘇、勝間南瓜、出雲メロン

今年は在来のきゅうりのスープをよく作っています。ほのかな酸味と風味が良いのです。
               DSC09197.JPG

晴れ私の夏休み日記
赤裏紫蘇で紫蘇ジュースを作った他に、
もみ紫蘇を作りました。10月に新生姜が出たら漬けて紅生姜を作ろうと考えてね。
              DSC09201 (2).JPG


ところが、ポラン広場の生姜の生産者である高知の碓井農園さんの圃場の一部に、病気が入ってしまい、このままでは病気が拡大してしまうことから、病気になる前の丈夫なものを新生姜として出荷開始したいということで、ポラン広場から販売促進の協力お願いが来ました。
それで、自然村でも無農薬有機の新生姜を来週沢山販売します。
私は来週、早速、紅生姜づくりします。
甘酢漬けもたくさん作ろうと考えています。
よろしければ、みなさんもご協力くださいね。
posted by 自然村 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月20日

橋本農園さんも

いつもの生産者さんの野菜たちが届いて
徐々に日常モードの店になっています。

橋本農園さんの真黒茄子と埼玉在来青茄子DSC09163.JPG

オクラは3品種のミックスです。DSC09166.JPG

ピカピカ光るゴーヤやミニトマトもあって、
佐久間さんの茄子やささげと共に並べています。DSC09162.JPG
あれまあふらふら暑さでくらくらしたような写真です。もうやだ〜(悲しい顔)

ねばねばとろとろ夏野菜DSC09167.JPG

灼熱の畑の中で生きている野菜の力を食べてくださいね〜






posted by 自然村 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月19日

夏休み日記

佐久間さんからの野菜

美しいモロヘイヤもございます。DSC09137.JPG


夏休み日記
モロヘイヤの冷製スープ、
モロヘイヤのすり流しでございます。なんちゃって〜

モロヘイヤをサッとゆでて、
バーミックスでとろとろにして、
土居さんの昆布で出汁をとり少々の塩、醤油で薄く味をつけ
モロヘイヤと合わせました。

小さなガラス容器に入れて食卓に。
店主が美味しいとお替りしました。

これは自然のとろみがあるので介護食にもいいと思います。
塩・醤油なしの昆布出汁だけで離乳食にも良いと思います。

何年も前、雲仙観光ホテルでの山本晋平シェフのモロヘイヤを使ったお料理は
こちらの中にあります。
http://blog.sizenmura.jp/article/156652955.html
posted by 自然村 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

佐久間さんから

まだ夏休みだったけ?というくらいにお客さんが少なかった昨日・・もうやだ〜(悲しい顔)
でしたが、
今日からようやく新学期が始まったようです。わーい(嬉しい顔)

定番の飯塚商店 幻のノンエチレン深谷もやしも届いています。DSC09125.JPG
ぐるめくにひろさんへ豚肉を仕入れにも行ってきました。
親田高原の卵も入荷。
少しづついつもの状態が始まっています。

佐久間さんから野菜をいただけました。
きゅうり。注目点はいぼです。DSC09127.JPG
黒いぼが聖護院きゅうり
白いぼがときわ地這きゅうりです。

大きく黄茶のひび割れたような皮のきゅうりは種用になります。
自ら種を採る農をする場合、きゅうりはこのようになるまで熟させます。種の母。母本(ぼほん)といいます。
このように黄色くなるのでキウリ→きゅうりと言われるようになったという説があります。
一般の消費者の方は見たこともないでしょう。知っていただきたいと佐久間さんが入れてくださったのだと思います。
店にお越しくださったらご覧くださいね。皮も触ってみてください。

佐久間草生園の茄子畑で実った茄子です。DSC09081.JPG

これは天狗茄子DSC09131.JPG
果肉がふわふわ。こういう茄子は加熱するととろける美味しさです。

真黒茄子はオールマイティDSC09133.JPG

江戸東京野菜の一つである寺島茄子DSC09136.JPG
皮は硬めですが、焼きナスにすると、とろっと美味しい、揚げ茄子、てんぷらも美味しいそうです。

十六ささげを見るたびに自然の造形の妙に驚かされます。
             DSC09140.JPG
鞘の中の豆の色をそっと教えてくれています。気づいたかな?

自然村の夏、 初物唐辛子は佐久間さんからのプレゼントの一袋だけ。DSC09141.JPG
そのくらいに自然農で得る収穫は少しなのです。それでも営み続ける。
農そのものが生き方、そう感じます。

大葉もあります。



posted by 自然村 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月05日

池松さんの野菜

長い雨というトンネルを抜けたら
真夏だった!

けれど7日は立秋。

山梨や長野や群馬などではススキの穂が出始めるころです。

海もお盆のころにはクラゲがでて泳げなくなります。

今年の夏は短い。しかも暑さに身体が慣れていない。
こんな時は、夏野菜をもりもり食べましょう。
小松菜やほうれん草やブロッコリーなど食べている場合じゃないexclamation

箱を開けたら、オクラが一面にぎっしり入っていました。ぎっしり島オクラ (2).jpg
いい感じの島オクラです。ヌルヌルオクラを山ほど食べろという天からのお告げです。わーい(嬉しい顔)
オクラは天に向かって伸びます。島オクラ.jpg

相模半白きゅうり
スーヨー(四葉きゅうり)
カルフォルニアワンダーピーマン
空芯菜
桐岡茄子
水茄子
北海道地南瓜
posted by 自然村 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

自然農の畑から

自然農の人の野菜は美しい佇まいだな〜といつも心打たれます。

野に生きる花や草の趣を感じます。

久しぶりに佐久間さんの野菜をいただけました。DSC08983.JPG
聖護院きゅうりと十六ささげです。
聖護院きゅうりは切り口が三角のような形をしています。
サクサクと咀嚼するときゅうりの香りが濃く口腔に広がります。若いものは皮も硬くありません。
大きくなって皮が硬くなれば叩ききゅうりや、炒め物にも。

歳時記カレンダーより
ささげつむ 田舎といえど 京ちかくDSC08989.JPG

もうすぐ旧盆です盆飾りにささげを吊るすところもあるようです。
淡白ですが鄙びた味わいのある豆です。茹でて生姜醤油でさっぱりと食べたり、胡麻和え、茄子や茗荷、厚揚げなどと炊き合わせても美味しいです。天婦羅は言わずものがな。

沼津 標高300mの段々畑より高橋さんからは
相模半白きゅうりもいただきました。DSC08979.JPG

佐久間さんの聖護院きゅうりも相模半白きゅうりもDSC08987.JPG
今では一般流通ではまずお目にかからない黒いぼです。
posted by 自然村 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年08月01日

雲仙たねの自然農園 直送野菜セットのご案内

8月の雲仙たねの自然農園 
岩崎政利さんの直送野菜セットは2回のみです。
8月5日(水)発送
8月12日(水)発送

夏野菜のセットは期間が短い。本当に短いです。

ご希望の方は、明日、日曜日までにご連絡ください。
tane@sizenmura.jp
1セット¥5050です。
・何日発送を希望か
・時間指定の希望
・お名前・住所・電話番号を明記してください。
posted by 自然村 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

種採りの夏野菜

晴れ晴れ梅雨明けexclamation×2

待ち望んでいた梅雨明けだけど、
いきなり暑い暑い。晴れ
身体が暑さに慣れていないと思うので、くれぐれも熱中症にお気を付けください。
混みあっていない道路の歩行はマスクはなし。
時々意識してゆっくり深い呼吸をしてみましょうね。

抗酸化力、ミネラル、ビタミンの多い夏野菜をたくさん召し上がれ〜〜
             DSC08925.JPG
橋本農園さんの固定種自家採種・無肥料・無農薬の野菜を今日もいただきました。
自家採種の玉ねぎノンクーラー(小玉です)
ゴーヤ、ときわきゅうり、
2色のオクラ、真黒茄子、埼玉在来青茄子
購入固定種のつるむらさき
固定種赤玉ねぎは在庫でございます。

posted by 自然村 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年07月31日

雲仙たねの自然農園

九州は梅雨明けしたようです。
雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの箱を開けたら
八丈オクラが入っていました。岩崎八丈オクラ.jpg

あの大雨あの豪雨で今年の八丈オクラは諦めていましたのに、
まあ嬉しい!
つる紫モロヘイヤも入っていて、これから夏野菜が盛り返してくれたらこんなに嬉しいことはありません。
粘り腰で頑張れ!頑張ろう手(グー)

赤裏紫蘇も入っています。咳止め、風邪に良いそうです。

山口在来きゅうり平家きゅうり。どちらも違う個性でどちらも味をお試しください。
             山口在来きゅうり.jpg
今日のお便りは地きゅうりがテーマです。地きゅうりお便り (2).jpg
平家きゅうりの2番花が成り出したそうです。どちらかといえば平家きゅうりとは、2番花のほうが本来の姿を現してくる。まとまりにくい多様な姿をしている。
山口在来のきゅうりは果皮は白っぽいのですぐにわかる。肉質は平家きゅうりに比べてやわらかい。
8月になれば熊本在来地きゅうりの収穫が始まる。今ツルが伸び始めている。
お盆を過ぎてそのころに収穫にと先日、モーウィを定植しました。

もう長年、一般的なスーパーで売られているキューリを栽培を止めています。
地きゅうりのアジはわかっても一般的な細いキューリの味も知らずにいます。
どちらのキューリが良いかは比較するする必要もありませんが、なぜか昔の在来きゅうりがたくさん食べられる。まさにキューリよりウリに近い仲間かもしれません。


今週は池松さんの野菜はお休みでした。長雨でとうとう収穫できるものがなかったのです。
しかし、ようやく梅雨明けしてお日様がでればまた盛り返します。来週はモリモリに送ってね、とお願いしてあります。
posted by 自然村 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年07月29日

橋本農園

自然村 初物ゴーヤは橋本農園さんのです。橋本農園夏野菜.jpg

オールマイティーな真黒茄子や茄子ステーキや田楽にして大変美味しい埼玉在来青茄子、
夏の葉物の王様のひとりであるつるむらさき

ぬるぬるねばねばで新型コロナと長雨の鬱陶しさとこれから来る猛暑に耐えてください。
2色のオクラ。橋本農園オクラねばねば.jpg

ときわきゅうり、奥武蔵きゅうりもあります。固定種の赤玉ねぎもあります。

沼津 標高300mの段々畑から自然農の茗荷。高橋さん茗荷.jpg
薬味にどうぞ。味噌汁に少し入れるだけで一ランク風味が上がります。

橋本さんの野菜は今週土曜日にも届く予定です。
posted by 自然村 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年07月27日

岩崎さんのお便り続き

梅雨明け前の畑から
ようやく梅雨末期の夕立やカラッとした夏の天候が現れてきた。
今年の梅雨は豪雨で長い。いつもより梅雨明けが出ないために農作業の判断が難しいものです。梅雨末期の集中豪雨がくるのか、不安ながら畑の作業を進めていく。梅雨の中期以降には畑の耕運などついつい控えていく。畑の流亡してしまうからである。
しかし、7月20日頃の梅雨末期にもなるとさすがに畑の中は雑草が生い茂り、しかも梅雨の中での強風に飛ばされない様にと被覆資材をまだかぶせているが、中と南瓜と冬瓜とても暑そう。しかし、被覆してない冬瓜はほとんど強風で無くなっている。やはり、被覆しておかないと今年の梅雨とは生き残れない。
鶴首南瓜も3割位はなくなってしまっているが良く生き残ったものです。
梅雨明け後は多分ツルが広がっていますので、うね間の雑草は除去するためにトラクターで耕していくが、まだ豪雨は恐ろしい。
つるくび南瓜、ちりめん南瓜、八姫南瓜と昔ながらの在来種の南瓜ですが、この梅雨の中でも生き残ったら、生命力は証明される事ですが・・・
今はやりの南瓜ではこの豪雨の中では生き残れる種は数少ないのではと思える。特に豪雨や強風と合わせて発生する濃霧とは野菜にとってはやっかいな状況です。八姫南瓜の畑とは下の方の畑であり、この濃霧の発生が少ないため山の畑のつるくび南瓜やちりめん南瓜よりは元気でいます。
・・・・・・・・・・・・・省略


私はお便りを書き写しながら、気が付きました。
私は、セットの中の品目が少ないことをお客さんが残念に思うかもしれないとそれを気にかけていました。でも違うのですね。

今、届く野菜たちは豪雨と強風のすさまじの中で試練を受けきた野菜たちです。
岩崎さんの想いと共に生き残ることのできた野菜です。凄い野菜たちです。
多分、直送野菜セットをとってくださっているみなさんは
岩崎さんのお便りを読みながら、このことをきちんと心に受け止めてくださっているのだと思いました。

posted by 自然村 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

岩崎さんの直送野菜セット

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園 からの直送野菜セットを定期購入してくださっているみなさまへ
そして、店で岩崎さんの野菜を買ってくださっているみなさんへ、
そして、岩崎さんの野菜だとは知らずに食べているみなさんへ

まずは定期購入のみまさま、変わらずに食べてくださっていて心から感謝申し上げます。
特に今年は届く箱の品目の少なさや品種の少なさにかかわらず、

このような温かいメールをいくつかいただいて有難いという気持ちでいっぱいです。
 今月も岩崎さんのお野菜をありがとうございます。
昨日届いたお野菜も、お便りを読まなければ
わからないほどしっかりとしたものです。
この雨が、梅雨の最後の雨と願いたいばかりです。ニュースで九州の大雨が報道されると
心配することしかできず、また、そこに限らず災害になりませんようにと願うばかりです。
野菜もそうですが、普段以上に忙しい状況に岩崎さん自身もお体を気をつけていただきたいと思います。


昨年の同じころに届いた野菜は、
じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、ピーマン、赤裏紫蘇、葉えごま、つるむらさき、スイスチャード、平家きゅうり、伏見甘長ししとう、長茄子、北海道地南瓜、勝間南京、打木赤皮栗南瓜
玉ねぎのみはF1品種です
。でしたのに、

例えば先週はこのような内容でした。岩崎さん7月17日.jpg

6月梅雨に入ってからの豪雨、そしてその後何度もの豪雨と強風で在来の作物、農薬を使わない農業に大打撃を受けています。
最近の岩崎さん手書きコピーのお便りを店でご覧いただけます。
一部を紹介します。岩崎さんのお便り (2).jpg

集中豪雨の畑
熊本在来きゅうりがあまりの強風で根こそぎ飛ばされそうな状態。このままではなくなってしまいそう。あわててキューリの上に網をかぶせる作業を強雨の中でやってしまう。終わったところで有明海のほうを見上げると、異様な光景だ。真白い幕を下げた様に全体につながっている。その時にレベル5の大雨警報まで発令された。収穫に行ったピーマンは哀れな姿になってしまい、収穫の終わりを告げてしまう。大雨の時に発生す疫病だ。夏やさう達が次々に大不作に終わってしまう。やはり雨量の多い梅雨なのだ。苗床にかろうじて生き残っていたピーマン苗すぐに別の所へ定植してみたが・・
それにしてもこれほどに次々に夏野菜収穫もなく終わってしまう事になろうとは・・・!!
温暖化による異常気象とはこんな事だったのですね。
豪雨、長雨、暖冬、干ばつ。高温と形を変えながら表現してくる。
今年の梅雨の豪雨によって夏野菜の生産とは今までどおりではいけないと感じます。特に梅雨入り前に収穫を始めたり、6月20日までに収穫を終える様な生産方法しかかんがえられません。
・・・・・・

posted by 自然村 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜