2024年05月14日

うれしいぬか床

糠漬けを食べたい季節ですね。
毎度ご利用頂いていますうれしいぬか床が入荷しました!

           嬉しいぬか床.jpg
うれしいぬか床は栃木の民間稲作研究所の農薬・化学肥料不使用の米糠と、能登の塩を混ぜ合わせ、発酵熟成させた、捨て漬け無しで直ぐに美味しい糠漬けが食べられるぬか床です。
冷凍販売しています。お買上後、常温で解凍してご利用ください。

           嬉しいぬか床寄付.jpg
ご存知の通り、1月1日に発生した能登半島大震災で塩工房も被災しましたが、ようやく何とか塩づくりを再開しました。しかし、まだまだ支援が必要な状況です。

この支援を継続的にするために設計されたのが、ぬか床を作る会社、卸売業者、販売店が売上金の3%づつを負担して総合して5%の寄付金にする仕組みです。
うれしいぬか床の売り上げ金額の3%を当店が寄付金致します。

お客さんが買って、使って下さることで廻っていく仕組みです。
使うことで能登の再建と家庭が繋がることをイメージしていただけたらと思います。


うれしいぬか床で季節の野菜を漬けて
夏の暑さを乗り越えて下さい!
糠漬け伝道師の青木さんのぬか床診断会もその内開催します。
糠漬け初めての方もうれしいぬか床でチャレンジしてください。
そして、美味しい糠漬けには自然村の美味しい野菜で作って下さいね!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

2024年04月25日

15年振りのインスタントラーメン

2009年に、キャリーオーバーも含めてうまみ調味料、たんぱく加水分解物、酵母エキスの入った商品の販売を止めてから、インスタントラーメンは店に並んでいませんでした。
 それはそれで清々しかった。



実に15年振りに、棚にインスタントラーメンが並びました。ラーメン棚.jpg   至高の一杯醤油.jpg  塩至高の一杯.jpg   至高の一杯醤油ラーメン.jpg

謹製醤油ラーメン・淡麗塩ラーメン各¥281
「至高の一杯」なんて、漫画「美味しんぼ」のタイトルじゃありません。(^o^)
桜井食品のインスタントラーメンです。自社ブランドや自然食品系のブランドの商品を数多く作っているメーカーです。
元々、乾麺には定評のある会社です。

原材料の一覧を眺めながら酵母エキスを使わないで消費者に受け入れられる味を作るのは大変なことだろうと思いました。

インスタントラーメンをどんどん食べてねと一押しするわけではないですが、
「時々食べたい時に」、
「保存食に」
このような酵母エキスなしのインスタントラーメンがメーカーの熱意で出来ました。

2024年04月16日

新商品 こどもカレーレトルト

こんなこどもカレーを待っていたよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
光食品のこどもカレー\335オーガニック子どもカレー.jpg

子供の味覚を壊すと「食品の裏側」で安部司氏が指摘した調味料(アミノ酸等)、たんぱく加水分解物、酵母エキスを使っていません。全て素材の味のハーモニーです。

           子どもカレー原材料.jpg
国産有機玉葱と国産有機人参のみじん切りと有機牛肉のひき肉でキーマカレー風に仕上げています
有機バナナと有機りんご果汁でやさしい甘口に仕上げています。
 油脂を使っていないので、後口がすっきりとしています。

小さい子供だけでなく、高齢者のお口にも合うと思いました!
こどもカレーだけど、大人も食べていいんだよわーい(嬉しい顔)


忙しかったり、余裕がない時に常備しておくと助かります。
新商品 ヒカリのこどもカレーは店の此処に置いてあるから、見てね!
           子どもカレー店内場所.jpg

2024年03月23日

自然村オリジナル生麹入荷しました。

さわのはなの原原種を守るさわのはな倶楽部の
山形県長井市 遠藤孝太郎さんの合鴨除草さわのはなを
白鷹町 鈴木味噌店の鈴木徳則さんに麹にしていただきました。
昔ながらの麹蓋で醸します。

生米麹と玄米麹が入荷しました。
ご予約のみなさま、引き取りにお越しください。

麹と共にご注文いただきました在来の大豆と土佐の天日塩あまみのご用意もできています。

2024年03月11日

野生麹菌自然栽培玄米麹と白みそ

鳥取県若桜町 藤原みそこうじ店さんの
野生麹菌で醸した玄米麹が届きました。野生麹玄米.jpg


天然麹菌は蒜山耕藝の自然栽培亀治と氷山山系の天然水を元に、若桜町で採取した野生麹菌です。
お米は丸瀬家の栽培した自然栽培米・鳥取旭。水は氷山山系の天然水で仕上げています。


14日と16日、この玄米麹と在来大豆と土佐の天日塩あまみを使って味噌づくりの会をします。
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/190786681.htmlまだ麹に余裕があるので作ってみたい方はご連絡ください。



麹と共に、
白味噌を仕入れました。白みそ500g.jpg  白みそ200g.jpg
塩分4%非加熱

今の時期の蕗味噌作りやこれからの
独活やワケギの酢味噌
菜花の辛子味噌に使っていただきたいと思って送って頂きました。
甘味の強い美味しい白味噌です。
かぶなど野菜味わいの汁物にたっぷりの白味噌仕立ては如何ですか?
白和えの調味にも色美しく良いかと思います。


鳥取県産栽培期間中農薬不使用化学肥料不使用米と丸瀬家の無肥料無農薬自然栽培のもち大豆と沖縄糸満沖の海水塩、氷山山系の天然水で仕込んでいます。(天然麹菌でなく、純粋培養菌を使ってます。)
たっぷりの500gと試しやすい200gがあります。

2024年03月06日

生甘酒

ひとつだけ残しておいた皮のシワシワになったイエローパッションフルーツと
木次プレーンヨーグルトと
高木糀商店の生甘酒、イエローパッションフルーツあまざけ.jpg

これを食べて朝、おいしい〜!と元気になりました。
高木糀商店の生甘酒は酸味のある果物ととっても合う!
乳製品ともとっても合う!

イエローパッションフルーツはとっても美味しかった!
夏、また頂けるのを楽しみにしています。

蕗味噌と梅干しのお結びも食べました。
蕗味噌のことは又後ほど〜(^o^)

2024年03月04日

合鴨除草有機さわのはなで作る生麹の注文締切は

合鴨除草さわのはなで作った
予約以外、余分には作りませんので欲しい方は必ず予約注文してください。


自分で仕込む味噌の香りと味は文字通り「手前味噌ですが・・」と言いたくなる美味しさです。
毎年仕込みたくなるのはドオリデス。
興味津々、初めての方も是非チャレンジしてください。
まず、失敗することはありません。

美味しいお米で作った力強い麹
美味しい豆
美味しい塩
あなたの手(常在菌と美味しくなあれの心)
これさえあれば美味しい味噌はできます。

自然村オリジナル糀は、いつものように桜の花が咲く、
3月23日入荷です。

花仕込み 手前味噌作り材料予約受付ます! 米麹DSC08521.JPG

玄米麹DSC08522.JPG
桜の開花時期は地域で違いますし、甕を置く環境(温度)でも条件が変わってきますが、
「雑菌の少ない寒」にというのは「寒(勘)違い」のような・・。と考えます。
東京で桜の開花後4、3月23日に麹をお渡しする予定です。
味噌は大量の塩が使われますので、中で雑菌が繁殖することはまずありません。

5月だって7月だって味噌は仕込んで美味しい味噌ができます。

山形県白鷹町のすずき味噌店の鈴木徳則さんにお願いをして、当店で販売している山形の幻の米さわのはな(合鴨農法)をにしてもらいます。
          koujimurosuzuki.JPG
            この麹室で作られます
           koujisuzuki.JPG
           tokunori.JPG    
米の芯まで麹菌のまわった力強い麹になります。力強いというのは、酵素を出す力が強いということです。       

予約承ります 
       注文締切 3月4日(月)
       入荷   3月23日(土)
    
(冷蔵庫で3週間OKですので、受取日を決めてください。)
 @玄米麹 1kg¥2040
 A米麹  1kg¥2040


お薦めの豆。在来種の豆をご案内します。
B白大荒屋豆1kg¥2640 山形県在来の白大豆です。自家採種を繰り返し、無農薬無化学肥料で栽培。
自然乾燥・手選別の2023年度産の新豆です。

白大荒屋豆は大振りで味が良いので昔から味噌づくりに使われています。真室川の隣の金山町から嫁いできた人が種を携えて来、それ以来真室川で栽培されています。味噌にすると濃厚な味わいになります。
限定数量になりますのでお早めにご注文下さい。

毎年、ご案内している新潟の肴豆・世界一。片品村の大白大豆は、
昨年の天候が高温と高温による害虫発生のため、各地で大豆の収量が激減しています。農薬を使わない栽培はことに収量が激減して、次年度の種用確保のためいただくことができませんでした。

お薦めの塩
D土佐の天日塩あまみ 400g¥1760
黒潮洗う海の塩です。お日様と職人の技術の文字通り結晶です。食べて美味しい塩です。
DSC08489.JPG
 
D海の精赤ラベル(釜炊)500g¥1296
E海の精漬物塩1.5kg¥3240


味噌材料のチラシを店頭で配布します。
メールでのご注文は注文商品番号と品名と数量、
お名前・住所・電話番号
来店で引き取り又は発送かを明記してください。
たくさんのご注文をお待ちしています。
*表示価格は全て税込みです。

*土佐の天日塩あまみは只今入手困難な塩になっています。
味噌づくりに合わせて限定数量しか入荷しませんので、先ずは麹・豆をお求めになる方優先で販売させていただきます。味噌用麹と豆の販売後、余裕がありましたら棚に置いて販売いたします。

2024年02月17日

新商品 井上醤油 うすくち仕立て

昼ご飯のおでんに使った調味料は
井上醤油のうすくち仕立てしょうゆ
井上 こはく のみでした。井上.jpg

もろみ醤油にたっぷりの甘酒を追い仕込みした甘めの丸大豆しょうゆです。
薄口醤油のように薄色に仕立てたいときにもよいと思います。
お試しください。

お昼のおでんおでん.jpg

2024年02月16日

杉山ナッツ

杉山ナッツのブリトル、届きました!ブリトル.jpg
嵌るよね〜!

遠州小落花の煎り落花生も頂きました!煎り落花生.jpg  小落花食べる.jpg

幻の遠州小落花の濃厚な味をダイレクトに味わってください!
浜名湖の汽水湖の深塩水に一晩漬けてローストしています。
           
以前試食したんだけど、もう一度食べておこうと袋を開けたんだけど、

ごめ〜〜ん、
珈琲飲みながらほとんど食べてしまった・・・
もう一袋は仲良く食べようね。

みなさんも是非是非、食べてみてください!
手が止まらないのを気を付けてくださいね。

2024年02月08日

アサクラオイル 新物 到来

イタリア産エキストラバージンオリーブオイル
オルチョサンニータでお馴染みの
アサクラ代表
朝倉玲子さんの所有する農園 イタリア・アブルッツオ州ペンネの在来種ディリッタのみでつくられる珍しい単一品種のオリーブオイル 2023年度産 新物のアサクラオイルが到着しました。
           アサクラオイル.jpg
今回は、収穫時期を早めた早摘みオイルと通常の時期の収穫のスタンダードの2種類のオイルが紹介されましたが、自然村ではスタンダードのみを扱います。
限定数量の入荷ですので、食べたい方はお早め購入をお勧めします。
250ml¥3780

今回のアサクラオイルについての詳しくはこちらを参考になさってください。
https://www.orcio.jp/wpcube/wp-content/uploads/202401_%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E6%A8%AA.pdf

2024年02月03日

節分豆 素焼きミックス大豆は美味しいです!!

節分豆まき節分豆.jpg 節分豆外へ.jpg

こどもの頃の豆撒きは、けっこう思い出に残っています。
大きな声で鬼を払って福を呼び込んだな〜

家族総出でやった。

拾って食べた。

後々後、隠れていた豆が埃と一緒に出てきた。


みなさんはいくつ豆を食べますか?
恵方巻なんてなかったけど、とっても楽しかった。

こどもの頃は、レジャーもお出かけも、外食も遊園地もめ〜〜〜ったに、め〜〜〜ったに無い日々。
でも、節目の行事を親は大切にやってくれ、その日が楽しくて輝いていたんだろうと、振り返ってみて思います。

2024年01月29日

節分豆

2月3日 節分
節分豆を揃えました〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
節分豆.jpg

ポリポリ、鬼も喜ぶ炒り豆は
作物の多様性を大切に思う自然村セレクト。ミックス素焼き大豆.jpg
7種類の大豆の素焼きミックスです。
黒豆・大豆・間作大豆・黒千石豆・鞍掛豆・紅大豆・青大豆
(慣行栽培・無農薬栽培が混じっています)

ひとづつ味の違いを面白がって食べ比べ楽しい。
まとめて口に入れれば、ミックスの味!

洗ったお米に置いて炊けば香ばしい豆ご飯になるし、鹿尾菜と煮てとっても美味しいです。
節分は勿論、普段のお総菜作りに是非ご利用下さい!

2024年01月22日

天然麹菌 野生麹菌の米麹

売り切れていました藤原みそこうじ店の
米味噌「自然」が入荷しました。自然.jpg


野生麹菌・自然栽培米の米麹も届きました。野生麹菌米麹.jpg
1月27日(土)この米麹と在来大豆を使って味噌づくりの会をします。

味噌づくりの会は定員満席になっておりますが、
味噌づくりセットを2セット販売します。
1セット¥3144
内容
天然麹菌自然栽培米麹500g・自然栽培在来大豆世界一500g(令和3年度産)
・海の精あらしお240g

ヤマトクール便で発送もできます。


2024年01月19日

大寒 寒餅

1月20日大寒 
一年で一番水の冷たい時期に搗く餅は一年で一番美味しいといいます。

発芽玄米のパイオニア加藤農園さんの
寒餅
の予約を募集中で注文票を配布中です。寒餅.jpg

発芽玄米餅のし餅、よもぎ入り発芽玄米餅のし餅、白米のし餅と、
発芽玄米餅に深層海塩ハイソルトを加えてもち米の甘みを最大限に引き出した、海の海鼠の形に似せたなまこ餅があります。
過去の写真を参考に紹介します。2月2日寒餅 (2).jpg
発芽玄米餅プレーンの他に、
黒豆入り、青のり入り、アーモンド入り、黒米入り、クルミ入りがあります。
1p程に切って焼き餅は勿論、
薄く切ってカラカラに干して揚げ餅にするのもお薦めです。

皆様のご注文をお待ちしています。
注文〆切りは1月24日
入荷は2月5日(月)です。

2024年01月05日

寒干し大根

毎年恒例
毎年大好評切干大根.jpg
山梨 清水さんの手作り寒干し
切り干し大根が始まりました!
農薬不使用化学肥料不使用栽培の大根を干し上げました。

毎年、売り切れてからも、あの切干はないかと問い合わせが続く商品です。
あるうちにお求めくださいね。

オーサワの切干大根も甘く柔らかく煮えてとても美味しいので
こちらも是非ご利用ください。
オーサワの切干大根の品種は固定種の農薬・化学肥料不使用栽培の宮重大根です。
宮崎の寒風に晒して甘みのある美味しい切干になっております。

2023年12月25日

年越しそばにだしを味わう本格鴨せいろ

家で食べれる粋な逸品。 鴨仕立ての温かいツユに、冷たい蕎麦をつけていただく。

年越しそばにいかがですか?だしを味わう本格鴨せいろ.jpg
だしを味わう本格鴨せいろ 2人前 冷凍ケースにあります。

使われている醤油は香川県ヤマヒサ。
昆布は、北海道函館 真昆布
鰹節はタイコウexclamationタイコウ・土居.jpg

タイコウの稲葉社長は「素材を超える調理法なし」と言っておられます。

下記の紹介を読んでいただければ、千葉産直センターの良いもしか作らないという信念がみえてきます。
千葉産直センターはあの絶品の魚の缶詰の会社です。


青森県産フランス鴨(八甲鴨)の炙り鴨ロースが入った本格蕎麦つゆと、蕎麦の実ごと挽いた十割そばのセットです。素材を厳選し、最高級の鰹・昆布だし、鴨ガラだしからとった自家製の「鴨肉入り」そばつゆが自慢の一品。蕎麦通もうならせる鴨せいろが、ご家庭でお楽しみ頂けます。素材と味に一切の妥協をせずにこだわり抜いた蕎麦つゆは、鴨ガラだしに、本枯れ節かつお節と函館産真昆布の濃縮だし、秘伝の自家製本がえしを合わせ、最後に柚子果汁で香りを加えました。すっきりとしながらも滋味あふれた深みのある汁と、喉越し良い十割そばをご賞味ください。

2023年12月23日

かぶら寸し

金沢市の高木糀商店さんの逸品
かぶら寸しが届きました!かぶら寸し.jpg
1個\1836

只今、12個、店売りしております。

高木糀商店さんでは、予約で全て完売だそうです。
買えるのは自然村だけ
生甘酒、生塩糀、生米糀も
届きました。

生甘酒の芳醇にしてすっきりと上品な味わいはこれぞ逸品です。
こんぶ土居さんの鰊昆布巻きとかぶら寸し
共に贈答としても、この上ないセレクトだと思います。

仁井田本家の新酒しぼりたて生、新酒しぜんしゅはつゆきだより(濁り)もお薦めいたします。
          お酒.jpg
かぶら寸しと仁井田本家の自然酒とのセレクトもこの上ないと思います。
クリスマス、正月のお祝いに
是非ご検討下さい。

2023年12月19日

三之助 ゆりねがんも

三之助のゆりねがんもにスポットライトを当てます!
通年、美味しいたまねぎがんもは販売していますが、
ゆりねがんもは季節商品です。ゆりねがんも.jpg

スポットライトの理由は、
使われているゆり根が凄いんです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

北海道十勝の山西農園が、丹精込めて栽培したゆり根
「月光」は他の品種よりも甘味が強いが栽培が難しく、ごくわずかの生産者しか作っていない貴重なゆり根です。
育てるのに長期間の時間を掛けています。
ゆり根の球根を殺菌剤で消毒しません。
有機肥料を主体に栽培しています。

たまたま八王子にある自然栽培野菜を使った和食屋さんのFBに出会って、そこで中西農園の月光について情熱的に書かれているのを読みました。


調べてみると、三之助さんのゆり根がんもに使われていることを発見!
嬉しかった( ´∀`)
今まで食べたことのあるゆりねがんもは「月光」だったのね。
三之助さん、中西農園「月光」を選んでいるって凄いなと思いました。

          ゆりねがんも.jpg
三之助の柔らか豆腐生地の美味しさと月光のほっくりとした甘さのハーモニーを味わいましょう。
油を引かずにフライパンで焼くだけでも美味しいですが、
大根おろしと生姜の摺りおろしを熱い合わせだしで温めて両面を焼いた熱々のゆり根がんもにかける。
「ゆり根がんもの煮おろし」レシピが三之助のHPにあります。参考になさってください。

火曜日入荷で賞味期限が22日までと短いので是非是非お求めいただけたら
美味しいを共有できる喜びと、残らないでよかったという安ど感を持てます。わーい(嬉しい顔)

2023年12月14日

市田の干し柿

日本古来のドライフルーツ
干し柿

ある人が言いました。
「私は干し柿が好きなんじゃなく、この干し柿が好きなの。」
だから、クリスマスプレゼントは、林檎屋さんの市田の干し柿クリスマスツリーサンタ
           市田の干し柿.jpg
林檎屋さんの干し柿は、イオウ燻蒸していないので、「市田柿」と言ってはいけないという変な制度。
ほとんどの市田柿が硫黄燻蒸しているので、していない干し柿は認められないということになったんでしょうね・・・?

だから、「市田の干し柿」と表示しています。
イオウ燻蒸していない方が手間が掛かってリスクはあるけど、ずっと美味しいんです。
          干し柿くんじょうについて.jpg
栽培もずっと殺虫剤を一切使っていません。林檎屋栽培履歴.jpg
有機認証で認められている成分を3だけ使用しました。

林檎屋さんの渾身のお便りを置いておきますので、是非お読みください。
消費者もちゃんと知っておいた方がいいことばかりです。
         ネオニコ.jpg

寺田本家しろうりの奈良漬け

当店にとって、待望の奈良漬けの販売です。
寺田本家 奈良漬け300g寺田本家奈良漬け.jpg  奈良漬.jpg
\1296


地元神崎町の農家さんが無農薬無化学で丹精し育ててくれた瓜を、寺田本家自然酒の熟成酒粕、天然海塩、粗製糖のみで漬け込みました。
酒粕も無農薬米を原料に、昔ながらの伝統醸造法「生もと」仕込みの自然発酵から生まれたものです。
初夏に収穫した白瓜は丁寧に種を取り、塩漬けをし、何度も何度も手をかけ時をかけ熟成酒粕に漬け込みながらゆっくり仕上げます。手塩にかけて出来上がった寺田本家の奈良漬けは、日本酒蔵元ならではの芳醇な酒の香薫る逸品です。
ハリハリした歯ごたえと自然酒の醸す旨み、味わいを存分に御賞味下さい。