2018年01月22日

高木糀商店 

雪が降って道路に薄く積もり始めました。
足元に気を付けてくださいね。

雪が積もると畑で収穫できないので、今日中に収穫して、橋本農園さんの野菜は
明日入荷します。

島根県岡富商店さんの一夜干しの魚も明日午後入荷予定です。

今週木曜日に金沢 高木糀商店さんの生甘酒、生塩糀、生米糀300gが入荷予定です。
糀など欲しい方は、今日中にメール又は電話でご注文下さい。

2018年01月19日

寒餅

一年で一度きりの製造です。
発芽玄米のパイオニア 加藤農園さんの寒餅の予約締切が
明日 1月20日(土))です!
(FAX,メールの場合は21日まで受け付けます。)
忘れていた人、明日中にご注文を!
迷っている人、食べてみなきゃ〜。
1年に一度きり。1年で一番おいしい寒餅 なまこ餅ですよ〜
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/182053388.html

寒餅の予約と一緒に、発芽玄米パンやまんじゅうの注文をする方も多いです。
その場合は、まんじゅう・パンは、毎週水曜日製造ですので、水曜日夕方に寒餅と一緒にお渡しできます。
発送の場合も水曜日発送いたします。
発芽玄米パンはhttp://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125311&csid=0
まんじゅうは、http://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125317&csid=0
もちろん、発芽玄米のご注文もどうぞ。店で常時販売しています。

ではでは、1月20日(土)の締切ですよ〜(FAX,メールの場合は21日まで受け付けます。)

落花生

待ち焦がれていた。ようやく届きました。

愛知県碧南市棚宗サラダ園さんの煎り落花生1袋¥500
早速味見しましたが、
丁度よい煎り具合で、香ばしさと落花生の甘さが抜群です。
自家採種・無肥料自然栽培の落花生です。

そして、杉山ナッツ遠州半立ち落花生ピーナッツバター
プレーンとハニーロースト、ロースト仕立てで入荷しました。

2018年01月10日

さきいかの食べ比べを〜

「さきいか」の試食をどうぞ〜 なんちゃってわーい(嬉しい顔)DSC06891.JPG
レジのところで味見してもらってます。
ちびっ子が何度も試食してるので、袋に入れて持ち帰りしてもらいましたよ。
にっこりバイバイしてくれました。ハートたち(複数ハート)

は〜い、さきいかじゃありませんね。わーい(嬉しい顔)

今、大人気の清水浩二さん(山梨)の白首大根の切干大根¥240DSC06832.JPG
と、
オーサワジャパンの宮重大根(固定種)の有機切干大根(長崎)¥380です。DSC06886.JPG

こちらは、同じように調理した煮物です。DSC06882.JPG
切干と干し椎茸の戻し汁と醤油の味付。向かって左が清水さんの、右がオーサワジャパンのです。
清水さんのは比べると生大根風。オーサワはしっかり乾燥して味のしみ込みが良いです。
どちらも、原料の大根は固定種です。
それぞれお好みでご利用くださいね。
地味な料理ですが風とお日様の作ったほっとする風味のお惣菜です。

今日は水曜日。
水曜日は毎週深谷もやし400g¥310の日です。
オーサワジャパンの有機切干大根のチラシに、
もやしと切干大根のナムルのレシピが載っています。
みなさんに差し上げています。お試しください。
           

2018年01月06日

寒餅 予約 承ります!!

昨日1月5日は小寒。これから日に日に寒さが増していきます。
今日も寒いです!
今年の大寒は1月20日。
年末、お正月用のし餅をお渡しする時にすでに「なまこ餅はいつですか?」と聞かれる程、
みなさん、加藤農園さんの寒餅を楽しみにしているんですね。るんるん

大寒 寒餅

一年で一番水が冷たくなって、このころに搗く餅が一番美味しいといいます。
毎年好評の加藤農園さんの発芽玄米餅のなまこ餅伸し餅のご案内です。
 過去の写真の使いまわしですが、DSC00482.JPG

今年も写真のようなたくさんのご注文をよろしく!
    DSC01776.JPG

秋田県産農薬・化学肥料を一切使用しないもち米を使用しています。
なまこ餅は焼き餅はもちろん、薄く切って乾燥させ、揚げもちやかき餅にしても美味しいです。

店頭お渡し、地方発送もいたしますので振るってご注文ください。

毎年、「もっと買っておけばよかったわ」という言葉を聞くわーい(嬉しい顔)そんな寒餅です。

予約締切:1月22日(月) 
お渡し:1月29日(月)午後〜

なまこ型 約500g 全6種類 
発芽玄米プレーン・黒豆入り・青のり入り・黒米入り以上は各¥800
・オーガニックアーモンド入り
・オーガニックくるみ入り
各¥950

伸し餅 約1kg 3種各¥1400
・発芽玄米餅
・発芽玄米よもぎ入り餅
・白米餅

店頭で注文用紙を配布しています。
発送の方はshop@sizenmura.jp へお名前・住所・電話番号・ご注文の餅と個数をご連絡ください。
折り返し返信いたします。


*寒餅と一緒に、発芽玄米パン、発芽玄米まんじゅうのご注文もお受けします。
種類たくさんなので、加藤農園さんのHpをご覧になってみてください。

2017年12月25日

干し柿

北風小僧が作る味の凝縮
清水さんの白首大根の切干大根が大人気ですが、
同じく寒風が作る日本のドライフルーツ
市田柿が入荷しています。DSC06864.JPG
天候の影響で例年よりも若干小さめですが
いつもと変わらぬ美味しさです。DSC06863.JPG
長野の林檎屋さんがボルドー3回使用、今年は無肥料で栽培した柿を丁寧に干し、揉んで仕上げました。
どんどん売れていますので、
年末、お正月のおやつやなます、オードブルに使おうという方はお早めにお求めくださいね。わーい(嬉しい顔)一袋¥690です。

2017年12月19日

生甘酒

12月21日予約締切で高木糀商店のかぶら寸しの予約を承っていますが、
生甘酒、生米糀300gの予約もお受けしています。

高木さんの生甘酒は、私は格別に美味しい甘酒だと思っています。
ふっくらとした膨らみがあるしっかりと甘いのに甘すぎない、上品な生の甘酒です。
お好みに薄めて飲んでよし、そのまま掬って食べて良し、
そして、かぶや大根の甘酒漬けも手軽にできます。
食事の中にちょっと甘さのあるものがあると嬉しいものです。

贈り物にも喜ばれると思います。
ご相談ください。namakamazake.JPG

かぶら寸しは予約で完売しました。(実は1個余裕がありますが、予備にします。確認後余裕が確定しましたら販売します。)
生甘酒、生塩麹、生米糀300gのご注文は21日までにどうぞ。

2017年12月04日

田作り

おせちづくり
忙しくてとてもとても、と思う方も多いと思います。
作ったことないし・・という人も多いと思います。
私も暮れまで忙しくて、実家に帰省するし、おせち作る時間ない毎年ですが、
ひとつふたつでも作ってみると「私ってやるじゃん」と誇らしくなりますよ〜わーい(嬉しい顔)

黒豆、作ろうと思えば案外できます。
錆釘なくても、真っ黒の黒豆煮じゃなくてもいいんじゃないかな。
            DSC06751.JPG

田作り、自分で作ると今まで買っていたものよりも!!
角谷文次郎商店三河味醂白扇の福来純本みりんとお好みの伝統醸造の醤油で
ついつい味見の手が止まないほど美味しくできあがります。
思った以上に簡単に!
「田作りは家族があんまり好きじゃなくて」という方も、自分で作った田作りを食べさせてみたらどうですか〜

三陸水産の田作り 産地は高知他の国内。DSC06763.JPG50g¥485
とてもとても綺麗な田作りです。DSC06764.JPG

2017年11月23日

加藤農園の餅

発芽玄米のパイオニア
加藤農園さんの餅が始まりました。DSC06675.JPG
           DSC06676.JPG
白餅、発芽玄米餅、発芽玄米よもぎ餅各¥570
端餅¥540

世界初!玄米を糖化させたマクロシュガー使用のビスコッティ―プレーン¥320とココア味¥340に
新しくグラノーラが仲間入り。
マクロシュガーと有機玄米味噌のナッツたっぷりの
味噌グラノーラ
通称みそグラ¥580です。
お試しください。DSC06672.JPG

加藤農園さんのお正月用 伸し餅の予約も承っています。

2017年11月21日

一気に冬になりました。

それで、今日は、珈琲でなく
葛湯を食後にDSC06653.JPG

葛湯は数々メーカーあれど、DSC06654.JPG
康八堂さんのは澱粉なしの本葛100%。
そして、甘みが柔らかくて甘すぎないんです。
そこが気に入っています。
手軽に飲むことのできる葛湯です。

長年飲んで来て、やっと知ったんです!くず粉を湯のみに入れたら一気に熱湯をじゃっと注がないで、
少し入れてよく溶いてから熱湯を足すと玉にならないってね手(チョキ)
やっと今になってです。笑っちゃいますわーい(嬉しい顔)

汁物やお出汁たっぷりの煮物のトロミも片栗粉もよいですが、
寒い冬は本葛どきにすると温まりますね。
オーサワジャパンの寒晒し吉野本葛を販売しています。

2017年11月16日

高木糀商店の

金沢唯一の糀屋さん、高木糀商店さんの
生甘酒、生塩糀、生糀300gが入荷しました。。namakamazake.JPG
siokoujitakagi.JPG

今年もいただくことができます。
伝統の発酵食品 かぶら寸し

加賀百万石 金沢の品格を感じます。
金沢で八代続く糀屋さん 高木家の品格・知性を感じるかぶら寸しです。

12月25日に金沢 高木糀商店のかぶら寸しが入荷します。kaburazusi.JPG
kaburezusi2.JPG
kabura3.JPG
1個¥1500です。掌にのる大きさです。
賞味期限は2週間。若い味から徐々に熟成していきます。

ご注文受付を始めます。
店売り分もあると思いますが、必ず欲しい方は予約してください。
発送もいたします。他の冷蔵品と混載できますのでお問い合わせください。
自然村の特選品と一緒にプレゼントギフトもご提案いたします。

このような素敵なサイトがありましたので紹介させていただきます。https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_463/
高木糀商店の店内やかぶら寸しの製造の様子をご覧いただけます。

金沢ご出身のお客さんが口を揃えて「高木さんのところのかぶら寸しは美味しいのよ」とおっしゃいます。わーい(嬉しい顔)

同時に、生甘酒、生糀の予約もお受けします。

お申し込みは、shop@sizenmura.jp 又は、FAX03−5927−7880へお名前・住所・電話番号、希望個数を明記してお申し込みください。

2017年11月14日

一足先に

50cm以上離れていても香ばしい香りが鼻と食欲を擽りますわーい(嬉しい顔)DSC06524.JPG
(実際の色はも少し濃い色です。)

昨日、イイ男の声が電話から聞こえてきました。ハートたち(複数ハート)
「杉山ナッツです。お待たせしました。本日発送できます。」ですって!!
「ええ〜〜!12月8日ってお話でしたけど」
新豆が始まってほとんど毎日焙煎して忙しくってそんな話をしていたことはどんかに飛んだようです。わーい(嬉しい顔)

予定より一足早く届きました。
2017年の杉山ナッツピーナッツバター
DSC06522.JPG

 先日もブログでお伝えしたように、今年は静岡は雨が少なかったそうです。
以下は杉山ナッツさんのお便りからメール
 自然の力で育つように、私たちは水を与えず雨を待ちます。雨が降らない日が続けば落花生は乾き、生きるために強くなります。栄養を蓄え逞しく育った落花生は濃厚な甘みと旨味がぎゅっと詰まった実を実らせてくれるのです。2017年は空梅雨や夏場に雨の降らない日が続きましたが、毎年変わりつつある厳しい環境を生き抜いた落花生は、細実ながら力強く、甘い香り豊かに仕上がりました。

尚、引き続き、12月8日入荷分の予約もお受けしています。詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/181499045.html

2017年11月09日

小麦・大豆アレルギーのある方にも食べられる醤油 

小豆島産のそら豆で作った
      そら豆醤油 300ml¥1000DSC06486.JPG
小豆島産そら豆と食塩だけで作った醤油風調味料です。
小麦や大豆を含む和えるギー表示対象27品目の食品を一切使用していません
旨み成分はこいくちしょうゆ(本醸造・特級)と比べ遜色ありません指差し確認左本当です

そら豆醤油の屋若い風味をお楽しみください。料理用はもちろん、かけ醤油としてもお勧めです。

天然醸造醤油の本場として知られる香川県小豆島でも、三番目に古い醤油蔵・山茂屋(高橋商店)が、
大豆・小麦のアレルギーの消費者の要望を受けとめ、研究・開発しました。

胡麻

大分の川野さんがご高齢になって胡麻づくりを自家用と親戚用だけに縮小され、今年から頂けなくなりました。
残念がるお客さんが多く、自然村も仕方ないことと思いつついつか何処かに良い胡麻が・・と念じて居ましたら、

近くに胡麻を作っていらっしゃる農家さんがいることに気が付きました。
お聞きしましたら分けていただけることになりました。
東京都武蔵村山の森谷園さん、無農薬のお茶や落花生、胡麻を作っていらっしゃいます。
今年の残っていた胡麻、全ていただきました。
黒胡麻と金胡麻です。
栽培は農薬不使用。肥料は落葉堆肥。地力が落ちると牛堆肥を入れます。
 
胡麻は99%輸入といわれる中、貴重な正真正銘森谷園産の金胡麻と黒胡麻です。
            DSC06488.JPG
天候に左右されやすいし、生産がなかなか難しく、収穫、収穫後もかなりの手間がかかります。

生胡麻です。
炒ってから擂るととても香ばしいです。DSC06483.JPG

川野さんの胡麻の価格に比べると高くはなりますが、鹿北製油の釜煎りごまが現在30g¥400であることを参考にすれば格別にお安いと思います。
販売価格は生黒胡麻・生金胡麻 各200g¥1140です。
土に播けば芽の出る生胡麻ですので消費期限はありません。長く保管する場合は瓶にでも入れて置くといいですね。
黒胡麻8kg、金胡麻7kgの限られた数量です。売り切れご免。

2017年11月06日

ピーナッツバター

新物が始まるのが待ちきれなくて予約がすでに次々と、

杉山ナッツさんのピーナッツバターの注文をいただいています。
12月6日焙煎、7日発送 8日午前に店に届きます車(RV)

そこで、ちゃんと予約を承ることをお知らせしようと考え、ご案内します。
送料値上げのため若干の価格変更をするかもしれませんが、11月中までに予約をいただいた方には今まで通りの価格で販売いたします。
             DSC04130.JPG
杉山ナッツ プレーン¥1204
杉山ナッツハニーロースト¥1370

杉山ナッツさんに今年の遠州半立ち落花生の出来についてお聞きしました。
 今年は静岡は雨が少なかったのだそうです。雨が少なかったが敢えて潅水をしないで、落花生の生きる力を高め、粒は小さいけど、味の濃い、香りの高い落花生ができたそうです。
水が多ければ粒の大きいものになり収量は増えますが、粒の大きいのは油分が多くピーナッツバターにすると油分が分離してしまうそうです。
以前、お邪魔した時に、事業の拡大を目指すのでなく、この瓶の中を高めていきたいとおっしゃっていました。変わらぬ意志を持ち続けていらっしゃることに接し、
杉山ナッツさんに出会えて本当によかったと心から思いました。

杉山ナッツのピーナッツバターを楽しみになさっているみなさん、
本当に久しぶりのピーナッツバターです。予約をどうぞ、お待ちしています。
丁度お歳暮やクリスマスプレゼント、手土産にも良い時期ですね。


お母さんが楽しみにこっそり食べていたピーナッツバターを小さいお嬢ちゃんが見つけて「これなぁに?」少しだけよとうっかり食べさせてあげたらもう大のお気に入りになって、パンを食べる時には「あのジャム(?)」をとご指名。最後は瓶の底を綺麗になさったそうです。

杉山ナッツが品切れしている間に他のを買ってみたけど味が違ったという声もいただいています。

2017年10月09日

高木糀商店

10月13日(金)
金沢の高木糀商店さんの
生甘酒
生塩糀
生米糀300g

入荷します。
確実に欲しい方は11日午前中までにご注文ください。

2017年09月18日

クラタペッパー白胡椒

白胡椒は発酵食品!
目

クラタペッパー黒胡椒・白胡椒を販売しています。DSC03170.JPG
    DSC03065.JPG

黒胡椒と白胡椒は同じ樹に実る実から作られます。
黒胡椒は未熟な実を天日干しし、手作業の選別をして作られます。

では、白胡椒はどのようにできるか、倉田浩伸さんのFBから紹介します。
【クラタペッパー白胡椒が出来るまで】
クラタペッパーの白胡椒は、完全に発酵させて作る発酵食品です。
胡椒は、果肉にある糖分と、水、温度の条件がそろうと自然に発酵します。
一ヶ月程水につけて、適温で発酵させると皮がとろとろになるので、皮をむいて、果肉と種子だけの状態にして天日干しします。
1週間弱天日干しして、良質の粒だけを選別して、ようやくクラタペッパーの白胡椒が出来上がります。
こだわりは、果肉の色です。
ミルキーホワイトの最高級の白コショウに仕上がる秘訣は、次々と湧き出る湧き水に漬け込むことです。
発酵水が常に入れ替わり、果肉に黒い色が付着しないので、自然なミルキーホワイトの色合いに仕上がります。
白胡椒用の胡椒ですが、クラタペッパーでは、完熟胡椒を別の製品として使用しているため、半熟の実だけを使用しています。
半熟の実は、収穫後、天日乾燥している際に追熟して赤くなってくるのですが、あっという間に黒くなってしまうので、畑での選別が難しく、弊社のプノンペン作業場で黒胡椒を選別する際に、取り分けていきます。
黒胡椒は、未熟の緑の実から出来ているので、白胡椒用の追熟した実とは、天日乾燥させた後でも、黒さにほんの少し違いができます。
弊社の中でも、熟練の作業員でないと、なかなか見分けがつきません。
その熟練作業員に寄って、一粒づつ目視選別していきながら、白胡椒用の粒を集めていきますので、量がまとまるのにとても時間がかかります。
商品の生産量がとても少ない理由は、そこにあります。
皆様のご理解、何卒よろしくお願いいたします。
クラタペッパー
倉田浩伸


黒胡椒はフルーティーな芳香
白胡椒は、果肉の発酵の香りと旨み。
料理とお好みで使い分けてください。
ミル¥1200は別々に使う事をお勧めします。

2017年08月19日

クラタペッパー

夏休み前にクラタペッパーをご購入のお客さんから「この胡椒美味しかったわよ」と嬉しい声を聴いたところでした。
新聞を読んでいた店主が、「倉田さんが出てる!」って
今日の東京新聞「あの人に迫る」に
クラタペッパー代表 倉田浩伸さんが取り上げられていました。DSC06051.JPG

何故ここに日本人が?

内戦の荒廃で滅びようとしていたカンボジアの胡椒を、奇跡的に残っていた3本の在来の胡椒の木から
過去に世界一美味しいと言われていた胡椒。
もう一度世界中の人に認めてもらえるように
現地の人々と日本人が頑張っています。本当に美味しいですよ〜
クラタペッパー白胡椒¥715DSC03170.JPG
黒胡椒¥790     DSC03065.JPG

2017年07月27日

梅干し

お待たせしていました。
在庫切れしていました自然梅の練り梅、入荷しました。
           梅干しDSC05885 (1).JPG

熱中症予防に梅干し
梅酢を水に入れて携帯するのも良いそうです。

本物の梅干しは八徳あり。

我が家の梅漬けは甕に漬けたままです。梅雨明けしてからと思っていましたが思う空模様ではありません。
その内良い天気の日も来るでしょう。
みなさまの梅漬けも美味しく干しあがるといいですね。

2017年06月12日

料理酒 旬味といかご

昨日の まちゼミ 仁井田本家の酒造りと田村を味わう会 に参加してくださったお客様が
旬味を買いに来てくださいました。
スプレー容器に入れて、魚や肉にスプレーして使ってみたいとのこと。
八方出汁を作ってよく使うのでと旬味1升瓶をお求めになりました。

瓶物を購入する時にいつも持参なさるのがいかごの瓶かごDSC05692.JPG
使い込まれ凄くいい色になって素敵なので「こんなに素敵になりますよ」という見本で写真をパチリ。カメラ

昨日の片山雄介さんのお話に何回もでてきました。
「新しいのが(若いのが)いいとも限らない。古い(年齢を重ねた方が)方がよいこともある」
ガハハハッ〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)