2018年07月11日

加持養鰻場のうなぎ

お客様から有難いメールを頂戴いたしました。

今年はブログで土用の丑の日のご案内がないようですが、うなぎの蒲焼きの販売(しじみなども)はないのでしょうか。

あります! あります! ようやく昨日チラシが出来て、只今、店舗、ポスティングで配布中です!
ブログでも紹介始めます!

晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ
土用の丑の日

7月20日  


四万十川で獲れた稚魚(シラスウナギ)のみを育てた
加持養鰻場の純国産うなぎ
既に冷凍ケースに置いて好評販売中ですが、土用の丑の日に合わせて予約をお受けしています。
白焼き、うなぎの肝、宍道湖しじみなどのご案内もあります。
ヤマト冷凍便での発送車(RV)も承っています。
プレゼントリサイクル箱簡易包装でよろしければ、このような贈り物にもいたします。DSC07255.JPG

最終予約締切7月16日(午前)→7月20日お渡し可(7月13日午前中までのご注文は18日お渡し可)
スイマセン。写真は昨年のを使いまわしております。昨年は7月25日が土用の丑の日だったんですね〜(オトボケ)ふらふら
DSC05799.JPG

これまた昨年の写真なので価格が違います。
今年は稚魚不漁のため値上がりしています。DSC05801.JPG
@特撰うなごかば焼き約160g¥2500
(タレ・山椒付)四万十で獲れた稚魚を1年以上かけて大ぶりに育てました。
Aうなぎ蒲焼約120g(タレ・山椒付)¥2300
Bうなぎ白焼(タレ・山椒付)約120g¥2150
 わさび醤油や生姜醤油でシンプルにどうぞ。
Cうなぎの肝60g¥340
旨みが凝縮した肝にはビタミンAなど栄養もたっぷり
D宍道湖の大和しじみ180g¥420
さっと洗ったシジミを冷凍のまま沸騰したお湯に入れて殻がが開いたら味噌などで調味してください。

ポラン広場カタログによる加持養鰻場のうなぎの説明

四万十川河口域では、海から川へ移動しようとして水面にただよっている爪楊枝ほどの大きさのシラスウナギを、直径20センチほどの小さな網で一匹ずつ丁寧にすくい取るという、ひたすら地道な漁法で漁が行われています。
 加持養鰻場のうなぎは四万十川で獲れたシラスウナギのみを使って稚魚の段階から大切に育てています。
活性炭を施工した養殖池で育成し、イオン装置を活用して活力豊かな優化水(イオン水)を与え、稚魚(シラス)から成鰻まで飼育され、運動も十分で健康に育てたうなぎは、薬品を使うこともありません
  加持養鰻場のうなぎは、硬めの皮と引き締まった厚い身が特長。天然鰻に似た旨みがあります。タレは国産丸大豆醤油を使用し、仕上げに炭火で香ばしく焼き上げました。

ふっくら美味しい四万十の純国産うなぎで土用の丑の日をお楽しみください晴れ
【商品紹介(魚・干物・練り物・海産物)の最新記事】

2018年07月10日

飯田さんの縮緬赤紫蘇 13日入荷!

自家採種・無施肥・無農薬の縮緬赤紫蘇
13日に朝採りで入荷します。

初めの全量収量予想は60束、その後70束はいけそう。ということでしたが、
雨が降って、90束程はいけそうになりました。

そこで、現在14束 9束は余裕があります。
1束¥540 
欲しい方は12日までにご連絡ください。
メール送受信できるようになりましたるんるん
shop@sizenmura.jp
店主があれこれ頑張って回復しました。るんるん
私「ITってなんの略?」
店主「なんだろう?」
ネット検索店主「インフォメーションテクノロジーだって」
というほどの二人がパソコンいじってます。わーい(嬉しい顔)
でも、写真を取り込めなくなった…たらーっ(汗)
素敵な赤紫蘇の写真を撮ったのにたらーっ(汗)
posted by 自然村 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

7月15日 シンポジュウム開催延期のお知らせ

 先日ご紹介しました7月15日の「たねの賢者の生語り」ですが、
開催が延期されることになりましたので、お知らせします。
 ご登壇予定の一部の方が今回の豪雨の影響で参加できなくなったためです。
残念ですが、開催日が決まりましたら改めてお知らせします。

下記アドレスのFBでご案内の文章を転記いたします。
 https://www.facebook.com/bioculturaldiversity/

この度の豪雨災害にて、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。ご遺族の皆様へ、謹んでお悔やみを申し上げます。
また、行方不明の方々が少しでも早く皆様の元へ戻ってこられますよう、心よりお祈り申し上げます。

7/15に開催予定の「たねの賢者の生語り」は、延期いたします。
この豪雨被害の影響で、一部の話者の登壇が困難になりました。運営として、対談という性質上、お一人の話者も欠けない状態でみなさまに想いをお届けしたいと考え、止む無く延期といたしました。
楽しみにされていたみなさまには、多大なご迷惑をおかけしますこと、また開催直前のご案内になりましたことを、深くお詫び申し上げます。

なお、「たねの賢者の生語り」につきましては、後日開催予定です。
開催日程が決まり次第、改めてご案内いたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by 自然村 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年07月09日

またまた、

いろいろなことが起きます。ふらふら

只今、shop@sizenmura.jp
のメールの送受信ができません。たらーっ(汗)

sizenmura@hb.tb1.jpは送受信できます。メールの場合はこちらへご連絡ください。

何かご用件がありましたら、
рO3−5927−7787
FAX03−5927−7880
までご連絡ください。

早く直ると良いです・・・・


明日は橋本農園さんから固定種無肥料無農薬の玉ねぎと自家採種の夏野菜が入荷します!
posted by 自然村 at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年07月06日

今週の岩崎政利さんの野菜は

わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)今週の雲仙たねの自然農園からの野菜は、
じゃが芋(西豊)、5寸人参、伏見甘長、青茄子、モロヘイヤ、赤裏紫蘇、スイスチャード、平家きゅうり、北海道地南瓜、冬瓜。以上は種採り野菜。
玉ねぎ、ピーマン、長茄子、枝豆は購入一般種。

直送野菜セットのお客さんからメールをいただきました。
 メール夏野菜各種うれしいです(^-^)
今日のお弁当は、枝豆と赤紫蘇の混ぜごはんにしました。
夕べは、お手紙にあった八丈オクラを茹でて丸かじりしました(笑)
てっぺんから先っぽまでしなやかでした。
岩崎さんのお野菜らしいやさしさと美味しさですね〜〜
ありがとうございます!!


直送セットには八丈オクラが入っていたのですね。羨ましいです。わーい(嬉しい顔)

私のオカズデザインさんのブログを読んで、
メール
オカズさんの苦手はスイスチャードでしょうか?
違っていたらまたこっそり教えてください(笑)
スイスチャードは大きく切った葉っぱと適当に切った茎をオイルと塩なんかで炒め煮して、肉厚の葉をジュワッと噛みしめるのが好きです。
茎が立派なときは刻んでスープにするのもセロリみたいな食感で好きです。
トマト煮もチャレンジしてみます!
自然村さんも書いておられたように、お野菜はおまかせの直送だと発見工夫の機会が増えますね。
続けるうちに主婦なりにたのしめるようになってきたのがとてもありがたいです。


「スイスチャードでしょうか?」 ピンポーンるんるん
もうひとつ、空芯菜もでした。わーい(嬉しい顔)

ですがね、今朝お買い物にいらしたお客さんが、
「家でじゃが芋とスイスチャードの炊き合わせを作りました。美味しかったです。スペインでは前菜としてでるそうですよ。」と教えてくれました。
(「スペイン」と聞いて「スペインでは雨は主に広野に降る」と直ぐ浮かんでくるわーい(嬉しい顔)

アリスウォータース アート オブ シンプル フードの中に、チャードのグラタンというのがあります。
チャードの代わりにほうれん草でもよい。とあります。やはりスイスチャードはほうれん草と同じ科なのだと納得です。
また、チャードの茹でただけの葉とパルメザンチーズとバターがこんなに合うなんて!とあります。

まだ食べたことのない皆様、作ってみたくなりましたか?わーい(嬉しい顔)


posted by 自然村 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜