2017年02月16日

大豆工房みや

大豆工房みやの油揚げ2枚¥220DSC05083.JPG

我が家では油揚げが残ると冷凍して、貯まるとお稲荷さんにしたりしますが、
引頭佐知さんの出汁とり料理教室のブログを見て、福袋いいねるんるんと思い立ちました。DSC05076.JPG
先日は、具材に豆腐を使ったのですが、油揚げ+豆腐で豆腐豆腐したので、今回は石川県在来の泥芋を鬼おろしで摺って具材にしました。泥芋・ゆり根・きくらげ・鶏肉(塩麹漬け)・絹さや。
お出汁は羅臼昆布と伊吹島いりこ。
泥芋がもっちりとして美味しい福袋になりました。

我が家は、この仕事を始める前から大豆工房みやの豆腐と油揚げ一筋に食べてきました。(外食時除く)
30年近く大豆工房みやの豆腐を食べてきたのです。

週に3回月・水・金にポラン広場を通して届きます。硬い木綿豆腐・そふと木綿・絹豆腐・厚揚げ・油揚げ。
常連さんはこれからもよろしく。いろいろな調理でお楽しみください。
まだの方は、どうぞ味をお試しくださいね。

【商品紹介(調味料・農産加工品)の最新記事】

2017年02月15日

ご飯のお供に

お米の御飯はそのままでも美味しいですが、お供があるともう一膳おかわり〜ってなりますね。

玄米がゆに高菜漬け。DSC05067.JPG
高菜漬け、取り合いになりそうでした。DSC05073.JPG¥290
有機栽培の高菜と天日塩を使用し、あっさり味に漬け込んだ体に漬け込んであります。原材料は有機高菜・食塩・有機醤油・ウコン粉のみ。
チリメンジャコと高菜漬けのチャーハンもいけます。

遠忠の生のり佃煮¥350も海苔の香りがよくって炊き立てご飯が進みます。
千葉県で昔ながらの養殖法で養殖した生のりを使っているので、酸処理した海苔と違ってアミノ酸などうま味成分が多く、その生海苔を、圧力釜でなく、直火炊きしているので風味が違います。

これから時々お米の御飯が進むご飯のお供を時々紹介していこうと思います。

今、試食販売している青まぜ海苔¥800もそのひとつです。DSC05050.JPG

1年掛けて米作りするお百姓さんに感謝しながら、米の消費量が増えますようにと思います。

瑞穂の国 日本 主食はお米と言われているけど、
2011年度には
世帯当たりの消費額がパンがお米を抜いたそうです。
もっともパンの価格はお米よりも高いので消費量ではお米の方が上だとは思うのですが、結構衝撃的でした。

ごはんですよ〜 
なにがなくても○○






入荷します!

明日、木曜日 朝一番に入荷しています!

唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣。今回は生食用です。
ただ、体調の良くない人は十分加熱してお召し上がりくださいね。
賞味期限は来週月曜日までになります。

海のミルク 濃厚な旨みたっぷりでぷりぷりの身です。300g¥1460、200g¥1000DSC04993.JPG

活き帆立1枚¥300。甘い貝柱。我が家ではフライパンで蓋をして焼きます。DSC05062.JPG
           DSC05063.JPG

牡蠣と帆立をより美味しく楽しむのに
熟成された田村生原酒¥2100も冷蔵庫にありますよるんるんDSC05047.JPG

2017年02月14日

あげたい人がいることは幸せですね。

ドキドキしていたあの頃は遠い昔になりました。

あげたい人がいることは幸せですね。ハートたち(複数ハート)
バレンタインデー
DSC04704.JPG
           DSC04665.JPG

木槽しぼり酒粕チョコレート¥1000は1箱だけありますよハートたち(複数ハート)DSC04932.JPG

さぁて、ろばやさんのコーヒーを淹れて店主とチョコタイムしようかな。

2017年02月13日

田村生酛純米吟醸 うすにごり生

福島県郡山市 仁井田本家がdancyu3月号で8ページに渡って紹介されました。DSC05051.JPG
           DSC05049.JPG
           DSC05048.JPG           
           DSC05046.JPG

           DSC05047.JPG
田村 取扱い店限定商品のご案内です。18年目になる「自社田・無肥料無農薬米」による「田村」の
しかも、蔵でしか味わえなかった荒ばしりをお届けします。

旨い酒

限定販売です。 予約をお受けします     
  田村生酛純米吟醸 うすにごり生720ml¥1900(税別)

予約締切 3月5日(土)お渡し開始3月30日(水)

萌いづる芽吹きの中を雪解けの水がほとばしって流れる。清冽でわかわかしいイメージをもちます。
澄んだ香りときりっと引き締まった中に甘さを感じ、のどを流れてすっと消える。切れのよい酒になっていると思います。
今年はじめの田村うすにごり生。届いたらまずは一献、一献と繊細で純粋な味わいを楽しんで。
もう一瓶の楽しみは、冷蔵庫に置いて、秋口まで待つんだよ。

若者が人生の初めに出会う日本酒は本当に旨い酒であってほしい。
まず、田村を!


予約は、店で、メールshop@sizenmura.jp、電話又はFAXでお受けします。
posted by 自然村 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒