2018年04月17日

入荷情報

今晩、松熊さんの掘りたてたけのこが届きます。

明日水曜日は橋本農園さんの汐止晩生ねぎ

佐渡の古澤さんから天然こごみ
届きます。あく抜き必要ありません。

奈良王隠堂さんの天然わらび(灰付)DSC07145.JPG
あく抜きします。

毎週水曜日は飯塚商店 幻のノンエチレン深谷もやし入荷日です。

橋本農園さんの今とこれからの情報は
「今は汐止晩生ねぎのみになります。
4月下旬くらいから新玉ねぎ、エンドウ、5月半ばくらいから春人参、春キャベツの予定です。
エンドウは少しなのでタイミング次第になります。
こかぶは今年は作っていません」

池松さんの今とこれからの情報は
「今週は、・玉ねぎ・ニンニクの芽しかないと思います。」
「来週になれば、スナップエンドウ、絹さや、山東菜、小松菜ぐらいが増えると思いますが、葉物は虫食いがどうかといった感じです。完全に春の端境期です。
 関東の農園の方ももう端境期でしょうか?」

今週は岩崎さんの野菜も入荷します。

【お知らせ・お買い得情報の最新記事】
posted by 自然村 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

企業努力で更に値下げ!!

宅配料金、その他いろいろ値上がりの春ですが、

企業努力で更に値下げ!!になったのは、
薬剤一切不使用の船凍天然えび
パプアニューギニア海産の商品です。

更なる企業努力をするパプアニューギニア海産ですが、
更に努力を要するのは自然村の販売力。
値下げになった条件として仕入れ量を多くしないといけないというハードルが高くなっているのです。

購買のハードルを下げて、販売店のハードルを上げる。
お客さまと一緒にハードルを飛び越えたいと思いますパンチ
よろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)

海老を食べるなら
パプアニューギニア海産の船凍天然海老、
DSC07144.JPG
             DSC07147.JPG
             DSC07148.JPG
エビフライを手軽に食べるなら
台所で作ると同じ手順。
完全手作りパプアニューギニア海産のエビフライ
DSC07146.JPG
原材料:天然海老、岩手県産小麦のパン粉(桜井食品)、金沢大地の小麦粉、木頭村の山の湧き水
*手洗い等の洗剤はシャボン玉石鹸

発送もしておりますよ。車(RV)
詳しくはHPをご覧ください。

2018年04月16日

筍一本 使い切り

お嫁さんからメールが来ました。

立派なたけのこ 1本 使い切り、堪能したようです。image1.jpeg
            image2.jpeg

ちょうど 筍の季節だな、食べたいなと思っていたので嬉しかったです!
筍ごはんや炒め物、白和えにしてみたのですが、改めて季節のお野菜が食べれるのって本当に嬉しいなぁと感じています。
ありがとうございます^^

若い夫婦と先日お食い初めをしたばかりの孫の家族。孫は直接には食べられないけど、湯がき上がる匂いはかいだはず。きっと記憶に残る香りだと思うな。

息子とお嫁さん2人ともよく食べるのでするんるん
posted by 自然村 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

新 熟

コーナー

ポランの生産者 立野さん(山梨)の有機レタスが始まりました。
柔らかく瑞々しい姿に「これは美味しそう!」と嬉しくなりました。DSC07140.JPG

若々しく、瑞々しく 固定種の新玉ねぎ(博多こがね玉ねぎ)と血合い抜きかつおたたき¥1200
            DSC07141.JPG
スライスした新玉ねぎや新の島ニンニク、汐止晩生ねぎ、
三陸新物塩蔵わかめ¥330をたっぷり添えて楽しんでください。
脂がのってコクのある濃厚な味わい、とろっと軟らかい食感で人気のかつおたたき(腹)です。

鹿児島有機の新牛蒡も始まりました。

旧 熟コーナー

飯塚功さん(茨城)の室だし紅はるか 、室で完熟を経て出荷が始まっています。

恒例になりました。
飯田さんの種芋の伏せ込みが終わり、残った芋を届けてくれました。
先ず一般市場には出回らない貴重品です。
だって、次の生産のための種芋なんですから。残ったのは農家の自家消費でしか食べられないのです。

丸ごと茹でて衣被でも、もちろん煮物にしてもよろしいです。
熟成して美味しいんですよ〜
大野里芋 DSC07142.JPG
八つ子(八つ頭の子芋)DSC07143.JPG

2018年04月14日

屋久島の枇杷

屋久島の枇杷の予約のご案内

完熟の印が皮にでています。DSC03997.JPG
私の引き出しには宝箱があります。
その中には一年の短い間だけのとびっきりのものたちが入っているのです。
そのひとつが、屋久島の枇杷です。
私がこれまで出会った中で最高の枇杷
DSC04028.JPG
肥料は米ぬか・農薬は一切使わず大事に手入れされ実ります。
完熟で収穫されるのでジューシーで甘みが強く、かつ、穏やかで体に馴染む美味しさです。DSC01970.JPG

DSC04015.JPG
4月15日過ぎ、まとまった収穫が始まりましたら完熟で届きます。
今年は、昨年の大きな台風の被害により、収量が大変少ないと予想されます。
そのことについては、後ほど、お話させてくださいね。
自然の大いなる試練を耐えて実った枇杷です。
今年も巡り合えた幸せを生産者さんと共に味わっていただきたいと思います。

予約価格 1箱¥3200(税抜き)(箱の重さを入れて約1kg)
     半箱¥1750(税抜き)
予約外の価格は1箱¥3390(税抜き)、半箱¥1840(税抜き)とさせていただきます。
ご予約申し込みはFAX03−5927−7880又はメールshkp@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号・注文数を明記して注文してください。
予約申し込み期限は収穫期間を確認してから後ほどお知らせします。
兎に角、お早目をお勧めします。ダッシュ(走り出すさま)

単品又は他の商品と混載で発送もできます。
プレゼントギフトにもご利用ください。