2020年05月19日

衣替え

雨の日が続くものだから
静かな店内の衣替えしました。夏.jpg

シャボン玉ハンドソープバブルガードは石けん類の棚に引っ越ししました。

           蚊取り線香.jpg
メインは虫よけスプレーや蚊取り線香、木酢液に枇杷種エキス

日焼け防止のアームカバー、オーガニックコットンの日傘、
足に気持ち良いメイドインアースの靴下アームカバー.jpg

晴れればぐんぐんギラギラ暑い日になるので油断大敵。
しかし、今日のような雨の日は冷えに注意しなくちゃ。
薄手のレッグウオーマーも置いてあります。
(私は今日はレッグウオーマー履いてます)
知り合いの名古屋の自然食品店さんでは、最近、腹巻が良く売れているそうです。
仕舞っちゃったけどもう一度出しておこう。
熱中症に気を付けながら冷えにも注意しないといけませんね。

リマナチュラルUVクリーム20%OFFのサービスは今月いっぱいです。

農家のうどん

親田高原の卵屋さんのうどんの販売を始めました。ほっとするうどん (2).jpg

・幸せな鶏と一緒に育った黄金の小麦。農薬も化学肥料も使ってません。
(鶏の完熟糞を土に入れて育てた)
・日本の名水100選 さるくらの泉
・沖縄の海水(青い海)

気温が上がったり下がったりのこの頃です。
温かい汁でも
冷やしうどんでも

どちらでも美味しく麦の味を味わっていただけます。

上野長一さんの長一の小麦のうどんも美味しいです。
昔ながらの農林61号の味わいのうどんです。
もちろん農薬も化学肥料も使ってません。
http://blog.sizenmura.jp/article/186726023.html

この夏はこのふたつのうどんを交互にどうぞ〜るんるん

急いで、レモン!


そろそろ産地で在庫のレモンが無くなってくる頃です。
しかも、気温と湿度が上がってくると傷みやすい。
毎年、まだまだあると思っていつも作りそびれていたレモネードを作りました。
             レモネード.jpg
とびしま農園の農薬・化学肥料不使用のレモン、
大きいな〜レモン.jpg

暑い夏に飲みたくなりますよね。
自分で作ったレモネード、飲むときはうふふとにやけそうです。わーい(嬉しい顔)


ちなみに、私が作ったのはレモン2kg(端を切ったりして賞味1600g)+洗糖1600g

青豆御飯

仙台にお送りしました。
おひさん自然農園のうすい豌豆とエジプト豆仙台へ.jpg

先回の天然山菜もとても美味しかったと喜んでいただいて話が弾みました。
オオナルコユリはやはりなにも調味しないで召し上がったそうです。
長岡の山独活も香り高かったですね。
うちはまだ残っている山独活を昨晩煮て食べましたが、この香りは菖蒲の香りと一緒!と気が付きまして、
「山独活の香りは菖蒲の香りと一緒だ!」とひとり喜びました。思い過ごしかな〜・・・

こしあぶらは小松馨さん(農的暮らし研究所)のFBにあった、油いためして醤油で味を付けたものをご飯に混ぜ込みました。成る程、また作りたなるこしあぶらの食べ方でした。

本棚からとりだした
辻留 辻嘉一さんの著書
御飯の手習ご飯の手習い (2).jpg

107ページは青豆御飯です。青豆ごはん (2).jpg
青豆は初夏の炊き込みご飯の王座です

米一升に青豆2〜3合。お米の2〜3割ということですね。
お米を研いで水加減し塩を調味してから鞘を剝く。
みなさん参考になさってください。

辻嘉一さんは若い方は知らない方がほとんどかもしれませんが、
私位の年齢ならご存じの人が多いのではないでしょうか。
私が結婚したころまでの「きょうの料理」の巻頭には辻さんの文章がのっていました。
ボロボロになった「きょうの料理」、辻さんの分は処分するのが惜しい格調の高さです。
posted by 自然村 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年05月18日

うすい豌豆とエジプト豆

おひさん自然農園さんから
送っていただきました。

うすい豌豆とエジプト豆です。うすい豌豆とエジプト豆.jpg
うすい豌豆豆の本当の色はもう少し黄色を帯びた柔らかい色です。

              うすい豌豆.jpg
              エジプト豆.jpg
一年に一度か2度のめぐり逢いです。
おひさんの豌豆の豆ご飯を食卓に上らせてください。
初夏の炊き込みご飯の王座中の王座の豆ごはん。
私は冷えて一層美味しく感じます。
鍋に杓文字をつっこんでさらう程の美味しさ!といったらお行儀悪過ぎ?わーい(嬉しい顔)

私の宝野菜のひとつです。

今日、うすい豌豆が入る事を知って、雨の朝、来てくださった。


おひさんからのお手紙です。
 雨上がり霧深い早朝収穫です。
新型コロナウイルスで大変な中、今年もご連絡いただき、こうしてお届けできること、とても有難く嬉しいです。ありがとうございます。

緩〜く細〜く続けています。(笑)継続継続、絶えないように。
今年もえんどう豆類をはじめ春の野菜が生長し実っています。夏の野菜類も発芽を始め少しづつ生長し植え付けを待っています。
 周りの動植物たちも、花を咲かせたり子育てを始めたりと、淡々と生命の営みをしています。
 なんだか人間だけが右往左往な感じです。

posted by 自然村 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜