2018年02月05日

対談の会

2月4日 たね語り 岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会

文字通りの 対談の会になりました。

集ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。

参加してくださった方からのメールを紹介します。
こんにちは。
昨日はありがとうございました。
対談に行けて良かったです!
雲仙の種市大学の時は、三歳だった娘の成長もあり(会場の中と外を行ったり来たりでお話が聞けない時間帯もあったので)、今回通しで聞けて私が嬉しかった所も大きいです。

岩アさんが最初に種取りした黒田五寸人参のお話、「なんだか蒔けなくて、少しだけ畑のはしに」というのが、とても印象に残りました。

私が初めて「梅と塩」をにぎりしめて梅干しを作った時のことを思い出しました。
梅干しは梅と塩があればできるらしい。
買ってきた梅干しのパッケージの原材料欄にも、梅と塩しか書いてない。
私が持っているのは梅と塩。
作り方の手順を聞いてもそんなに難しそうじゃない。
なのに、本当に梅干しになるか、すごい不安でした。
ちょっと違いますかね(笑)

岩アさんが、「それだけ畑と種が切り離されていた」とおっしゃっていた様に、
キッチンの世界でも、素材と家のキッチンと食卓が切り離されていると感じまして。
私は畑や田んぼで素材を育てることはできないけれど、育ててもらったものを、料理することで食べる形に繋げていくことをもっと頑張ろうと思ったのでした。

上野さんにもお会いできて、一瞬で、家族みんながファンになりました!
娘も、岩アさんにお手紙を書くと言って、上野さんにも書きたいと言って、なにやら書いて、恐れ多くもお二人に手渡ししてきました。

あと、夫と話していたのは、岩アさん・上野さんがちょうど私達の親世代の方で、多分、池松さんが同世代でして。
わが家も池松さんに超期待しちゃってるけど、池松さんへの期待とプレッシャー、すごいね。大丈夫かな。という事でした。

いただいた資料の中のアンケートに回答しないまま帰ってきてしまいまして、すみません。
お弁当も、パンもおいしくいただきました。
(兵庫からもってきていただいたパン、娘がおいしいおいしいと言っていました。)

上野さんの色々米をいつ食べられるのか、何度も聞いてくる娘と(今夜炊きます)、次のしめ縄作りは絶対行こうと約束をしました。
あのバッタを、一つずつ作ってくださった気持ち、大切にしたいです。

今週の直送便も楽しみです!


posted by 自然村 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2018年02月02日

多様な!!

ようやく、並べ終わりました。

外は白い雪模様でしたが、店内は色彩形溢れる野菜を手にあれこれと並べておりました。
雪も止み、どうやら道路も通行できる状態です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

これほどの在来の野菜が並ぶことは滅多にないことです。

弘岡かぶ、松ヶ崎浮き菜かぶ、野崎キャベツ、長崎赤長かぶ、横川つばめ大根、花芯白菜
DSC06946.JPG

向かって右から、
万木赤かぶ、日野菜かぶ、金町こかぶ、長崎赤かぶ、池松さんの聖護院かぶ
            DSC06947.JPG

壬生菜、しゃくし菜、岩崎ねぎ(岩津ねぎ)、水菜DSC06948.JPG

向かって右から岩崎さんの大和真菜、池松さんののらぼう菜、花芯白菜DSC06949.JPG
岩崎さんの大和真菜

池松さんの阿波晩生大根、聖護院大根、
岩崎さんの平家大根、五木赤大根、源助大根、島大根
中国チンゲン菜、ターサイ。
鶴首南瓜とパターナッツは前からあるもの。DSC06950.JPG
中国チンゲン菜はみなさんが知っているチンゲン菜とは別物です。私は中国チンゲン菜を食べてチンゲン菜って美味しいだ!と初めて思いました。

飯田さんの八つ頭、里芋土垂、池松さんの大浦牛蒡、飯塚さんの有機牛蒡
井出さんの大中寺芋、
              DSC06951.JPG

岩崎さんのブロッコリー、池松さんの博多唐人菜、岩崎さんの山東菜
橋本さんの黒田5寸人参、池松さんの博多金時人参、岩崎さんのじゃが芋西豊、岩崎さんの黒田5寸人参
              DSC06952.JPG

橋本さんの石倉一本ねぎ、飯田さんの牛角ねぎ、宇奈根ねぎDSC06953.JPG

どうぞ、ご来店、ご注文をお待ち申し上げます。

尚、2月4日対談の会の会場でも野菜の販売をいたします。
重い野菜がありますので、耐える袋かリュックをご持参するのをお勧めしますわーい(嬉しい顔)
当日持ち帰りが難しい方は、本日か明日発送を承ります。


posted by 自然村 at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年02月01日

多様性豊かな野菜たち

大人気の飯田さんの宇奈根ねぎ、里芋土垂、今日も届けていただきました。
今晩から雪の恐れもありますのでね。

柔らかくて本当に美味しい宇奈根ねぎは本日15袋、後、畑にあっても5袋分位だそうです。
それからは牛角ねぎになります。牛角も一般の葱に比べれば柔らかくとても美味しいんですけどね。

里芋も八つ頭もいいですよ〜ハートたち(複数ハート)

明日は、店内は在来・たねとり野菜がずらっと並び販売します。
飯田さん、橋本さん、池松さん、岩崎さんの野菜たち合わせれば35品種以上になると思います。
どうぞ、この機会にご来店し、野菜の多様性を感じてください。
お米や豆を含めればもっと多くの多様性です。

2月4日の岩崎さんと上野長一さんの対談会、参加申し込みはまだお受けできます。


posted by 自然村 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月31日

深谷もやしレシピ

毎週水曜日は深谷もやしの入荷日です。
早速、ご来店、お買い上げのお客さんからいただきました。


こんにちは。
飯塚さんの深谷もやしを使った料理第二弾の写真をお送りします。
 「飯塚さんのもやし de キムチ鍋」
深谷もやしキムチ鍋.jpg
飯塚さんの深谷もやし一袋で2〜3人分になります。
 作り方をご紹介します。
 キムチの素がなければキムチ200グラム位でもOKです。
1.フライパンにごま油を熱し、にんにく、豚バラをよく炒め、脂が出てきたらしいたけとねぎを加えてくったりするまで炒めて塩コショウする。
2.土鍋にもやし入れて炒めた1を加え、水と鶏ガラスープの素を入れて、オイスターソース、しょうゆ、キムチの素を入れてぐつぐつ煮る。
3.仕上げにねぎの青い部分をちらして出来あがり!

お餅やうどん、ご飯を入れておじやにしても美味しいです。
飯塚さんのもやしのボリュームを活かしたなべを考えました。


Sさん、いつもありがとう!!
寒い日にピッタリ!のお鍋ですね

めちゃめちゃいいです

先日も紹介しましたが、
めちゃくちゃいいです!
毎晩お世話になってます。
ホッカホカのお布団で毎晩幸せに寝ています。
DSC00403.JPG
DSC00374.JPG
陶器製ももちろんいいですが、陶器製に比べて軽いし、割れないし、湯量も少ないし、取扱しやすい。¥13500
満タンにお湯を入れておけば朝もポカポカ。